リカオン ハイエナ。 野生の犬のリカオンとは? ハイエナとの違いは何だ?

リカオンハイエナ < ビースト一覧

リカオン ハイエナ

「リカオン」の意味 リカオンの分布地はアフリカ大陸でありウガンダ、ギニアビサウ、コートジボワール、ナイジェリアなどです。 砂漠や草原で生息しています。 最小で3~6頭で群れを作り群れの中ではオスのほうが多く、お互いの鼻を押し付けたり鳴き声でコミュニケーションをします。 繁殖は胎生で妊娠期間は80日ほで一度に2~19頭の幼獣を生みます。 「ハイエナ」の意味 ハイエナはアフリカ、インド、中東などに分布し、主にサバンナや低木林で生息しています。 夜行性であり日中は岩や穴の隙間などにいます。 ハイエナは狩りをするよりも腐肉を漁ることが多く、サバンナの掃除人と言われています。 10~15頭の群れを作りヌーやシマウマなどを狩ります。 他の動物が掘った巣穴に住み、周りには骨などが落ちています。 「リカオン」と「ハイエナ」についてのその他 リカオンは家畜などを襲う害獣と見なされることがあり、交通事故や射撃などで生息数が減っています。 アフリカ大陸西部や北部ではほとんど絶滅し、アフリカ大陸中部や北東部ではかなり減っています。 ハイエナは腐肉を漁るので貪欲のイメージになっています。 獲物の横取りを表すたとえになっていて、利益を奪うことや見返りを求める時などに用います。 「リカオン」と「ハイエナ」についてのまとめ リカオンとハイエナは見た目は似ていますが、属性や大きさなどが異なります。 分布地は同じところもありますが、違ったところに広範囲に生息しています。 群れの頭数や関係性もそれぞれ特徴があります。 また人間との関係ではリカオンもハイエナも悪いイメージを持たれることが多く、頭数の減少やリカオンの絶滅が問題になっています。

次の

リカオンとハイエナを見比べよう!ブロンクス動物園アフリカの平原

リカオン ハイエナ

リカオンの生態 まずはリカオンの生態などについてみていきましょう。 リカオン(lycaon)とはオオカミの意味もあり、実際にリカオンとオオカミの生態には共通点が多いようです。 リカオンは体長75~112cm、体重17~36kg、尾長30~40cm程度の小型の動物です。 全身が短い体毛に覆われており、その色は白や黒、オレンジのまだら模様で、模様は個体によりそれぞれ異なります。 中には突然変異により一色の個体もいるようです。 耳は大きく丸みを帯びており、四肢は長くイヌ科の動物でありながら足の指は5本ではなく4本しかないのが特徴です。 スポンサードリンク 社会性が高い! ここで、リカオンの社会性についてご説明します。 リカオンはパックという群れを作るのですが、血縁関係のあるオスたちで形成されリーダーはメスになります。 はじめにオスとメスのペア、そして兄弟などを合わせた3~6頭の群れを作り、子どもが生まれて最終的に20~40頭にまで増えます。 リカオンは社会性を大切にしており、普段から毛づくろいをしあうなどコミュニケーションを図り、怪我などで弱っている仲間がいても決して見捨てず獲物も平等に分け与えます。 逆によそ者が近づいてきた場合は厳しく接します。 狩りも群れで行うため、狩りの成功率を上げるために普段から団結力を高めているのです。 また、アフリカのサバンナには多くの肉食獣が存在し、小型であるリカオンは立場の弱い状況にいます。 ときにはライオンなどに獲物を横取りされたり襲われたりします。 リカオンはこのような厳しい環境でも生き抜くために、高い社会性を作ってお互いを守っているのだと言われています。 しかし、皆仲良しに思えるリカオンですが群れ内での序列は厳しいようで、低位のメスが出産しても高位のメスが赤ちゃんを殺してしまうという一面もあるそうです。 出典: ライオンなどのネコ科動物は獲物に忍び寄りながら襲いますが、リカオンは獲物と決めたら一気に群れで襲いかかります。 これは、サバンナの動物の中で最も高い成功率なのです。 ちなみに、百獣の王ライオンは20%ほど、チーターは50%ほどだそうです。 チームワークを駆使して獲物を誘導し、ひたすら追いかけ攻撃をし続け、獲物が疲れてきたところで最後にお腹を食い破ってとらえます。 そして、群れで一気に獲物を食べ尽くしてしまうのです。 リカオンは大食漢で、自分の体重の倍もあるハイエナと同等の量を食べるそうです。 天敵 リカオンの天敵には、 ライオンと ハイエナが挙げられます。 同じサバンナに生息しているため出会う機会も多く、獲物を横取りされることも多々あります。 リカオンはどうしても体格差で劣るため、ライオンと争った結果殺されてしまうことも多いようです。 絶滅の危惧 さて、そんなリカオンですが自然下で人間を襲うことはないものの、家畜を襲う被害が多発しているため害獣とみなされています。 よって駆除の対象となり、人間により射殺されることが多いです。 また、交通事故死や狂犬病、ジステンパーという犬からの伝染病にかかって死ぬ個体が多く、さらには土地開発による生息地の減少によりリカオンの生息数は激減しています。 2012年の時点でその個体数は3000頭ほどと言われているため、現在はさらに減少している可能性があります。 サバンナにおいてのライオンなどとの生存競争に加え、人為的な影響が増えると、リカオンの個体減少に歯止めが利かなくなってしまうでしょう。 スポンサードリンク リカオンに関する事故 リカオンに関する人間の事故と言えば、2012年11月に起きたアメリカはペンシルバニア州のピッツバーグ動物園における幼児転落事故が記憶に新しいでしょう。 母親と一緒に動物園を訪れていた2歳の男児がリカオンの展示舎内に誤って転落し、11頭のリカオンに襲われて亡くなってしまったのです。 展示舎には柵があったにも関わらず、それを乗り越えて落ちてしまったようです。 リカオンとしては獲物と勘違いした可能性が高く、非常に悲しく残念な事故だったというほかありません。 まとめ リカオンは、アフリカに生息する大きく丸い耳が特徴のイヌ科の動物です。 群れ内での社会性が高く、そのチームワークを駆使した狩りは成功率80%と非常に高い数字です。 アフリカのサバンナや草原に暮らすリカオン。 今や絶滅の危機に瀕したこの動物はとても貴重な存在と言えるでしょう。 日本においては自然環境下で出会うことはまずありませんが、動物園に行けば見ることができます。 富士サファリパークやよこはま動物園ズーラシアで飼育されているので、興味のある方は是非足を運んでみてください。

次の

【グロ注意】リカオンの群れが生きたままのクーズーを貪る狩り動画

リカオン ハイエナ

オオカミやハイエナとよく間違われ、同じアフリカのサバンナに生息するライオンやキリンなどに比べていまひとつマイナーなリカオンですが、実は肉食動物ナンバーワンの優秀なハンターであり、絶滅の危機に瀕している貴重な野生動物です。 最近けものフレンズでもリカオンの特徴である大きな丸い耳を持ったキャラとして登場しており、少しづつですが日本での知名度も上がっているのではないでしょうか。 リカオンは食肉目イヌ科リカオン属に分類される肉食動物で、別名ハイエナイヌとも言われハイエナに近い種類の動物かと思われますが、ハイエナはハイエナ科に分類されておりリカオンとは大きく異なります。 リカオンはどちらかというとオオカミに近い種類の野生動物です。 スポンサーリンク リカオンの生息地は、サハラ砂漠以南のアフリカ大陸の草原やサバンナ、半砂漠地帯に生息しています。 リカオンの体長は75~110cm、体重は17~35kgほどの大きさとなり、大型のイエイヌやオオカミと同じくらいの大きさです。 体は粗く短い体毛におおわれ、黒、オレンジ、白など個体ごとに不規則な模様をしています。 リカオンの特徴となるその大きな丸い耳は、体温を調節する機能などがあると考えられています。 またリカオンの寿命は10~13年程度となります。 肉食動物であるリカオンは、主にトムソンガゼルやインパラ、シマウマなどの中型哺乳類を狩りしますが、大型哺乳類であるヌーやアフリカスイギュウを食べることもあります。 狩りの際は赤ちゃん子どもやケガをして弱った動物などを優先的に獲物として襲うのは他の肉食動物と同じです。 スポンサーリンク 群れで狩りを行うリカオンの狩りの成功率は80%もの高さとなり、肉食動物でもひときわ高い狩りの成功率となっています。 スタミナ抜群のリカオンは、時速50kmほどのスピードで何時間にも渡って群れで獲物を追跡することができ、獲物が疲れ切ったところを集団で襲い仕留めるのです。 ちなみに百獣の王と言われるライオンの狩りの成功率は20%ほどで、狩りの名手と言われる陸上最速のチーターでさえも50%程度なので、リカオンの狩りの成功率がいかに高いかわかると思います。 リカオンの生態としては、オオカミのようにパックと言われる群れで生活し、群れの中できちんとした序列がある社会性の高さが特徴です。 パックを構成するのはだいたい10頭前後のオスとメスですが、赤ちゃんが生まれた後は20~40頭もの大きさにもなります。 リカオンの群れの結束はライオンやハイエナなどよりも強く、ケガや病気をして弱ったリカオンにも餌を分け与えるなど、非常に仲間思いの野生動物であるという事もリカオンの生態の特徴です。 またリカオンは特定の縄張りを持たず常に移動しながら生活しており、1日に平均10kmも移動し獲物を探す生活をしています。 同じエリアにずっと居続けないため、広大なサバンナでリカオンに出会う事はなかなかないようです。 スポンサーリンク 同じ生息環境にいるライオンやハイエナがリカオンの天敵となり、しばしば獲物の横取りをされるほか、リカオンの赤ちゃんがライオンなどに殺されます。 また人間の開発による生息地の減少や家畜を襲う害獣としての駆除、イエイヌからの狂犬病や犬ジステンパーといった伝染病の感染などで1980年代における生息数は8,000頭ぐらいまで減少し、さらに最近の調査では3,000頭ほどしか生息していないと言われています。 すでに絶滅危惧種に指定されていますが、マイナーな野生動物であるリカオンの保護活動はお世辞にも進んでいないのが現状です。 貴重な野生動物のリカオンをアフリカの野生で観察するのは難しいですが、日本のいくつかの動物園でも飼育されているようです。 静岡県の富士サファリパークや神奈川県のよこはま動物園ズーラシアで飼育されているようなので、興味がある方は絶滅危惧種「リカオン」を間近で見れると思います。 今回の動画は、リカオンの群れがクーズーを襲い生きたまま捕食するグロい動画です。 クーズーは、体長180~240㎝、体重180~310㎏にもなり、シカのようなツノを持つ大型哺乳類ですが、ウシ目ウシ科に属する大型のウシの仲間です。 たくさんのリカオンの一斉攻撃を受けあえなくダウンしてしまうと、リカオンたちはクーズーが生きたままなのも気にせずかたっぱしから貪り始めます。 生きたまま体を引き裂かれるクーズーを見るとなんとも哀れで残酷に思えますが、これも自然界の弱肉強食の摂理なんでしょう。 苦手な方は閲覧にご注意ください。

次の