ピアス開けたあと 痛い。 軟骨ピアスについて2日前に軟骨にピアスをあけました。開けた日はあまり痛く...

自宅でピアスを開けよう!痛くないピアスの開け方を解説

ピアス開けたあと 痛い

ピアス穴を開けるとき、痛みに対する大きな不安を感じる人も多いのではないでしょうか? 実は、ピアスの穴を開けるには、「 痛くないピアスの開け方」があるのです! では、痛くないピアスの開け方というのは、どういった方法なのでしょうか? ここでは、自分でピアス穴を開ける人のための、 痛くないピアスの開け方を紹介します。 まず、ピアスを開ける前の3つの準備アイテム ピアスの穴を開けるのには、 ピアッサーという道具を用いるのが一般的です。 先の尖った鋭利な道具で、最初は恐怖心を覚えるかもしれません。 市販されているタイプでは、「16G」と呼ばれるものが多いのですが耳たぶが厚い人は、ロングタイプや14Gを用意しておくと安心です。 ピアスを開けるためには、ピアッサー以外に、以下のものを準備しておきましょう。 ジェル状の消毒液• マジック• 保冷剤 これらを用いることで、痛みをほとんど感じることなくピアスを開けることができるのです! ちなみに、全く痛くないピアッサーはがオススメです。 本当に一瞬で、楽に貫通してくれるので痛みはほとんど感じません。 ピアス穴を開ける前に耳たぶを冷やそう 気持ちの整理が出来たら、いよいよスタートです! まず、 保冷剤で耳たぶを10分程度冷やします。 こうすることで、痛みをあまり感じることなく穴を開けられるのです。 スポンサーリンク 自分で耳たぶを触ってみて、 感覚が無くなってくるまで冷やし続けてください。 次に、手と耳たぶをジェル状の消毒液で消毒します。 ピアッサーは、そもそも消毒されているので特に注意する必要はありません。 適切に消毒をすることによって、耳を開けた後に化膿しにくくなります。 ピアス穴を開ける場所に印を付ける 続いて、マジックで開けたい場所に印を付けるようにします。 こうすることで、左右で高さが違ったり、どの位置にピアッサーを発射するか狙いが定まらずにブレてしまいます。 マジックで印を付けるときには、 鏡で左右をよく確認しながら印をつけておくようにしましょう。 鏡だけでは、もしかしたらブレてしまうかもしれません。 出来ればマジックで印を付けるときだけでも、誰かに見てもらうとより正確です。 ピアッサーの発射角度を調整してからピアス穴を開ける マジックで印を付けたらいよいよ耳に穴を開ける手順に進みます。 ピアッサーで開けるときのコツは、テーブルに肘をついて固定させ、耳たぶにつけた印にファーストピアスの先端を定ませるようにします。 ファーストピアスは耳たぶに対して垂直に設置してください。 スポンサーリンク もし斜めにして発射をしたら、傷が癒えるのに時間がかかってしまいます。 準備が出来たら、ボタンを押すと「 バチン」と大きな音がしてファーストピアスが耳たぶに刺さります。 あまり血は出ませんが、もし出る場合にはコットンで抑えて血を吸い取ってあげましょう。 ニードルでピアス穴を開ける方法 ピアスは、ピアッサーという専用道具を使えば、痛みを伴わずに簡単に開けることが可能です。 しかし方法はこれだけではなく、「 ニードル」を使って穴を開けるやり方もあります。 開け方は、ピアッサーと基本的には似ているので、下記に簡易的に記しておきますので、参考にしてみてくださいね。 耳たぶを保冷材を使って感覚が無くなるまで冷やし続ける• ピアスを開けようと思っているところを、消毒液を使い必ず「 消毒」をする• 開けたい位置が決まっているなら、マジックを使ってマーキングを行う• 「ピアッシングニードル」を減菌パックから取り出して、消毒用のジェルを使って滑りを良くしておく• マーキングをした場所に、ピアッシングニードルの先端を当てて、その反対に消しゴムなどを使って、ゆっくりと力を入れて貫通させる• 最後は、ニードルを押し出すようにして、ピアスを入れたら完了 いかがでしたか? ピアスを初めて開けるときは、痛みへの恐怖心や抵抗する気持ちのほうが強くなってしまい、躊躇ってしまいますよね。 しかし、正しい開け方を知っておけば、痛みをほとんど感じることなく開けられるので、ぜひ参考にしてみてください!.

次の

【グロ画注意】舌ピアスを開けてきました。痛みや開けたお店などをレポート

ピアス開けたあと 痛い

Contents• ピアッサー、ありすぎてどれが良いかよくわからない問題について ピアッサーは簡潔に言うと 「ピアスを開けるホチキスみたいなプラスチックの器具」です。 ファーストピアスが内蔵されてます 雑貨屋や薬局に行くとズラっと並んでます。 ぶっちゃけ種類ありすぎてどれが良いか分かんないやつ という事でざっくりと 「それぞれのピアッサーの特徴」を描いてみようと思います ちなみに今このくらい開いてます ピアス増やした😌上2つ 開けたい開けたいと思っててまあいずれ開けるなら今開けても変わらんのじゃない?と思ってやってしまった — PTK ぱつこ ptkcosme 何個か閉じたりしましたが、現在右3・左6個空いてます。 高校生の時は膿みまくってましたが、最近膿んだ記憶がないレベルの安定具合です• このピアッサー、使った事がないです。 というのも、20G(普通のファッションピアス程度)のファーストピアスなんですね ぶっちゃけ安定するのは他より遅いと思います・・・失敗してピアスが曲がった人も見た事ありますし でも痛くなかった〜〜なんて声もよく聞くので、痛いのがどうしても嫌!細くても痛くない方がいい!なんて人には良いかもしれません・・・ 自分で押し込むタイプのピアッサー バチンってなるの嫌だ!しっかり狙ったところに開けたい!なんて方にはコチラ。 押し込む勇気は要りますが、狙った所に開けられるので不器用な人には良いかもしれません 位置を固定できる・ワンダーワークス チタン製ピアッサー ティピア• さっきのはチタン製なんですけど、こっちは透明ピアスバージョンです。 と言っても、政府ティーピアッサーと違って透明ピアスを押し込んで開けるわけじゃないんです。 針で開けた所に透明ピアスがハマる仕組みになってます そして透明ピアス自体に穴が空いてるので最初から好きなピアスを付けられます、便利だね(フック式は出来ないです) 個人的にオススメのピアッサーはどれかって話 個人的には セイフティーピアッサーが一番痛くなかったです。 音もうるさくないですし カッッチャーン・・・って感じで終わりますし、人に開けてもらえる時も安心して使えると思います 瞬間ピアッサーは楽だし力もあまり必要ないんですけど、誤作動を起こす心配とズレるのが怖いんですよね・・・でも確かに痛くないです。 ピアスを開ける前、耳を冷やした方がいいのか問題 よく 「氷や保冷剤で耳をキンキンに冷やしてから開けた方がいいよ!」なんて言うじゃないですか。 あれ、 正直あまりオススメはしないです 冷やそうが冷やさまいが痛い人は痛いんです。 穴を開けてるんだから仕方ないです。 所謂ボディピアスってやつです 玉だけじゃなくて可愛い形のも色々あって、最初から好きなピアスを付けられます 開け方なんですけど、 後ろにコルクや発泡スチロールを当てがって、その後ただぶっ刺すだけです 勇気が要ります、ピアッサーより格段に勇気が要ります・・・ しかし恐ろしいほどあっさり開きます。 「あれ、もう貫通したの?」程度です。 何故なら針が鋭いから! ピアッサーとニードルの違いはこんな感じです ニードルの方が鋭くサクっと開くので傷の治りが本当に早いです。 痛みは正直どっこいどっこいです とっても鋭利だね。 私の場合、ピアッサーで開けたところが1ヶ月以上安定しなかったのにも関わらず ニードルで開けた場所は二週間でほぼ安定しました。 早い・・・ でもニードル、全然売ってない問題 しかしですね、だからと言って絶対ニードルを勧めるかと言ったらそうでもないです 何故なら 全然売ってない!!!そして一歩間違えると流血する!!!妙に難しい!!! 昔はたくさん安く手に入ったんですけどね、今はそうでもないです。 規制でも入ったのかな・・・ ピアッサーで自分で開けず病院で開けるべきなのか 私の妹がですね、ピアスを病院で開けてきたんですよ。 しかしですね、結局「これ自分で開けれるやんけ」と思ったらしく、ピアッサーを購入して自分で開けてました 病院で開けるとそこそこするんですよね・・・両耳に開けたら5000〜1万円くらいする模様。 そこまで払って病院で開けるメリットと言えば• 衛生的で安心感がある• 失敗される心配が少ない• アフターケアもしっかりしてる なんて所ですね。 要は 「お金を払ってでも安心感を得たい」人には病院で開けてもらうのはぴったりだと思います。 友達とか家族に開けてもらうのなんて怖くて無理!でも自分でも怖くて無理!なんて人にはオススメです 病院で開けてもらったから痛くない!なんて事はありません。 穴を開けるので一緒です あ、でも軟骨やへそ等、開けにくい場所を開けてもらうのには良いかもしれません。 へそなんか特に排除(体がピアスを異物だと勘違いしてピアスを体外へ押し出してしまう現象)されたりする事があるので・・・ ファーストピアスのキャッチが取れない人へ 簡単に取る方法があります ピアッサーに内蔵されているファーストピアス、正直固すぎませんか。 勢いでピアスを吹っ飛ばしたとか流血したとかよく聞くんですよね。 しかし安心してください、 簡単に取る方法があります 用意するのはこちら!眉毛用の小さくて先端が細いハサミ!• これだけです。 方法ですか?こういう事です 鏡を見ながらやれば自分でもあっさり取れます。 ペンチとかでも良いんですけど、デカいのでやりにくいです ちなみにこの形じゃないキャッチは力づくで引っこ抜くしかありません・・・薄手のゴム手袋とか履けば滑りにくいので多少は楽です ピアスを開ける痛みなんて人それぞれ!まずは開けてみよう 正直に言いますと、私は痛みに強くないです。 病院も大嫌いです。 注射なんてもってのほかです。 ですが、ピアスは痛くないんです。 今まで10回開けてますが 一度も痛いと思った事がありません・・・ しかしですね、注射は全然平気だと言う子は 「ピアス開けるの痛い」って言うんですよ。 不思議なんですよねー・・・ 結局痛みなんて人それぞれなんです。 痛かった人に話を聞いても 「ゴムで弾かれたような痛み」なんて言う位です はっきり言って開けた後の方が痛いんですよね・・・ という事で、痛そうだし怖い!痛くない開け方はないの!!!!!なんて人、 そんなものは開けてみないと分からないので思い切って頑張りましょう! 三日も経てば開けた時の痛みの事なんて忘れてますよ。 あ、でもタオルや枕に引っ掛けるのはくれぐれも注意してくださいね・・・(流血した人) 次回は開けた後の事やら何やら書いていこうと思います! ピアスを開けた後のアフターケアについてはこちらをどうぞ 消毒する必要はなし!なんて話を書きましたが、その話はこちらに書いてます!.

次の

初めて耳たぶにピアスを開ける!痛くない開け方

ピアス開けたあと 痛い

ピアスの正しい開け方の手順とポイント アクセサリーショップで気軽に手に入れることのできるピアッシング器具を使えば、好きな時に好きな場所にピアスを開けることができますが、ピアッシング器具だけを用意するだけではピアスを開ける準備が整ったことにはなりません。 では、ピアスを開ける際、ピアッシング器具の他にどのようなものを用意したらよいのでしょうか。 用意するものや必要な道具• 消毒液• コットンや綿棒• 塩湯(ソルトソーク)• 消しゴムやコルクなど 痛くないピアスの開け方のポイント 保冷剤 ピアスを開ける時、耳を保冷剤などで冷やすと痛みを感じにくくなるとよく聞きますが間違いです。 これは、耳を冷やすことで感覚が麻痺して痛みを感じなくなると言われているのですが、実際は耳が冷えるとジンジンとした痛みがするため、刺す時の痛みが多少軽減する程度のものです。 むしろ、冷やすことで耳の皮膚が硬くなり穴が開けにくくなることがあるので、保冷剤を使って耳を冷やすのは止めておいた方がよいでしょう。 ただし、穴を開けた後、耳が熱く感じることがあるので、その際には保冷剤を使って冷やすのはよいでしょう。 なお、保冷剤はそのまま患部にはあてず、清潔なガーゼなどに包んで耳にあてるようにして下さい。 ピアッサーで開ける場合の手順 1. 手を綺麗に洗います。 不衛生な場所(トイレなど)での使用は控え、消毒液で丁寧に洗ってから行います。 開けたい場所も消毒液で消毒します(コットンや綿棒に染み込ませて塗りましょう)。 開けたい場所にペンで印をつけます。 印をつけた場所にピアッサーの中のピアスの先端があたるように調整して、器具を押しこみます。 この時、まっすぐに押して斜めにならないように注意して下さい。 また、最後まで押し切らないと、貫通する前にピアッサーが止まってしまうので、押す時はしっかりと押しましょう。 ピアスをしたまま穴の部分に消毒液を吹きかけて消毒します。 ピアッサーを選ぶ時、患部が腫れることを想定してピアスの長さに余裕があるものを選ぶのがよいでしょう。 耳の場合は、+3mm程が目安となります。 また、ピアッサーを友人同士で貸し借りするのは衛生上問題があるので止めましょう。 ニードルで開ける場合の手順 1. あらかじめ、ピアスとニードルを消毒液に30分ほど浸けておきます(滅菌済のピアスやニードルの場合はこの作業は必要ありません) 2. 手を綺麗に洗います。 開けたい場所を消毒液で消毒します(コットンや綿棒に染み込ませて塗りましょう)。 開けたい場所にペンで印をつけます。 ニードルに軟膏をつけます。 裏に消しゴムやコルクをあて、刺したニードルを受けます。 ニードルを奥まで差し込んだら、ピアスをニードルにつけた状態でニードルを押し出すようにして穴に差し込みます。 安全ピンで開ける場合の手順 1. 安全ピンはライターなど火で炙って滅菌します。 安全ピンとピアスを消毒的で消毒します。 手を綺麗に洗います。 開けたい場所を消毒液で消毒します(コットンや綿棒に染み込ませて塗りましょう)。 開けたい場所にペンで印をつけます。 裏に消しゴムやコルクをあて、刺した安全ピンを受けます。 貫通した後すぐに安全ピンを抜いてしまうと、穴が塞がってしまうことから、落ち着くまでしばらく刺したままにしておきます。 安全ピンを抜いたら、ピアスを刺します。 ピアスをしたまま穴の部分に消毒液を吹きかけて消毒します。 安全ピンで開ける方法は、自宅にあるもので手軽にできるというメリットがあるとしても、衛生的にも不安ですし感染症の心配も大きくなるため、あまりおすすめできません。 ファーストピアスについてと注意点 ピアッサーを使用して穴を開ける場合、自分で行う方法の他に友人などに頼んでやってもらう場合もあると思います。 しかし、ピアスの穴を開けるのは医療行為になるため、気軽に頼んでしまうと行った方が違法行為に問われることがあるので注意しましょう。 同様に、ピアッサーを売っているお店で開けてもらう場合も、担当者が医師免許を持っているか確認して下さい。 なお、ピアスの穴が完成するまでは4~6週間程度かかります。 その際には、以下のことに注意をして下さい。 ・穴が完成するまでは、1日1回消毒液で清潔を保つようにして下さい。 ・穴から分泌液が出てくることがありますが、固まってしまうと厄介なのでこまめに拭き取るようにしましょう。 ・ヘアスプレーやワックスなどが穴に付着すると感染症の恐れがあるので、気を付けて下さい。 ・衣服を脱ぎ着する時、引っ掛けないようにしましょう。 ・サウナには入らないようにしましょう。 金属部分が熱を持って火傷の原因となります。 金属アレルギーの人がOKなピアスとNGなピアス! 金属に触れると、触れた部分が炎症を起こしてしまう金属アレルギー。 特にピアスは、アレルギーを起こしやすいと言われていますが、素材の中には金属アレルギーを起こしにくいものも数多くあります。 それでは、金属アレルギーの人でもOKなピアスやNGなピアスとは、一体どのようなものなのでしょうか。 樹脂 金属アレルギーの人でもOKなのが、樹脂ピアスです。 樹脂は石油からできているため、金属によるアレルギーの心配がありません。 ただし、樹脂は傷がつきやすいため雑菌が繁殖しやすいので使用には注意しましょう。 チタン・ステンレス チタンやステンレスも金属アレルギーを起こしにくいと言われています。 特に純チタンや医療用ステンレスは、金属アレルギーを持っている方のピアスとしてよく選ばれています。 ただし、チタンによるチタンアレルギーを持っている人もいらっしゃるので、使用には注意しましょう。 なお、チタンアレルギーがあるからといって、イコール金属アレルギーというわけではないようです。 チタンがNGでも、他の金属は大丈夫な場合もあります。 ニッケルフリー ニッケルが金属アレルギーを起こしやすいのに対し、ニッケルフリーは金属アレルギーを起こしにくいと言われています。 しかし、業者や販売店によってニッケルフリーの定義が曖昧であり、ニッケルを全く含まないものを呼んでいる場合もあれば、ニッケルメッキの上に金メッキや塗装で覆ったものをニッケルフリーと呼んでいることもあるため注意が筆等です。 プラチナ・金・銀 プラチナ、金、銀は、金属アレルギーを起こしにくい素材と言われていますが、金は傷付きやすいため雑菌などの繁殖の心配があるため使用には注意しましょう。 また、一見銀のみを使っているように見えるものでも、合金の場合は他の金属も含まれているため、金属アレルギーを起こすことがあります。 金属アレルギーを起こしやすい素材 金属の全てが金属アレルギーを引き起こすわけではなく、金属の中でも金属アレルギーを起こしやすいものと起こしにくいものに分かれています。 その線引きになるのが「イオン化傾向」。 このイオン化傾向の値が高いほど、汗に溶け出しやすくなり金属アレルギーになりやすいと言われています。 そして、金属の中でもイオン化傾向が高いと言われているのが「ニッケル」です。 ニッケルは安価で加工がしやすい金属のため、私達の生活の様々なものに使用されており、特にピアスや指輪などのアクセサリーに多く使用されています。 中でもピアスの場合は皮膚を貫通しているため、汗と接する機会が増え、おのずと金属アレルギーが起こりやすくなります。 後悔しないファーストピアスの位置はここ! ファーストピアスの位置で最も多いのは「耳」です。 さらに耳の中でも「耳たぶ」を選ぶ人が多いのですが、これは、オシャレをしやすいだけではなく、体や軟骨に穴を開けるよりも痛みが少ないため負担が小さいことが挙げられます。 また、耳たぶのどの辺りに穴を開けるかですが、できれば最初は中央付近がよいでしょう。 と言うのも、あまりに耳たぶの際に穴を開けてしまうと、ピアスを衣服に引っ掛けた時に耳たぶをちぎってしまうといったトラブルが起こりやすくなるからです。 ピアスの位置と意味 ピアスの歴史は以外と古く、古代エジプト時代からピアスは装飾品として親しまれていたそうです。 また、ピアスには着ける位置によって意味があるとも言われています。 それでは、ピアスの位置によってどのような意味があるのか見ていきましょう。 ピアスの位置の基本的な意味 ピアスの位置の基本的な意味は、右耳は「守られる人」、左耳は「守る人」と言われています。 また、男性か女性かによって位置の意味が違うと言われています。 両方の耳に開ける場合の位置と意味 耳たぶに開ける場合、位置によって意味はないと言われています。 しかし、両方の耳に開ける場合は左右のバランスを見ることがとても重要で、耳は左右で微妙に高さや長さなどが異なるため、鼻を目安として同じ位置にピアスが並ぶように調整するのがよいと言われています。 また、耳たぶのど真ん中に開けるのは、ファッション的にダサいと思われるようなので、真ん中よりも少し下に着けるとよいでしょう。 片方だけ開ける場合の位置と意味 耳の片方だけ開ける場合、どのような意味があるのでしょうか。 男女別の違いも踏まえてご紹介したいと思います。 右側 男性の場合:ゲイ 女性の場合:優しさと成人女性の証 左側 男性の場合:勇気と誇りの象徴 女性の場合:レズ ピアスをあける個数による意味とは? ピアスは、位置だけではなく開ける個数によっても意味があると言われています。 今回は、女性の場合をご紹介したいと思います。 左だけに偶数のピアスをあける場合 複数のピアスをする場合、意味を持たせたい位置のピアスを偶数にするのが海外の慣習。 そのため、左だけに偶数(例:左2右1、左4右3など)のピアスを開けると、「私はレズビアンです」と主張しているという意味になります。 右だけに偶数のピアスをあける場合 右だけに偶数のピアスを開ける場合(右2左1、右2左3など)は、ノーマルであることのアピールとなります。 また、ただ単に女性らしさを主張しているという意味にもなります。 両耳に奇数のピアスをあける場合 両耳に奇数のピアスを開ける場合(左1右3、左3右1など)は、特に意味がないと言われていますが、日本の場合奇数は縁起がよいと捉える見方もあることから、このような奇数を基準としたピアスを着けている方が比較的多いようです。 両耳に偶数のピアスをあける場合 両耳に偶数のピアスを開ける場合(左2右4、左4右2など)も、特に意味がないと言われていますが、海外の場合割り切れない数(奇数)は縁起が悪く、偶数は縁起がよいと考えられています。 ピアス穴の消毒と正しい耳の洗い方 ピアスの穴が完成するまで、およそ一ヶ月程度掛かりますが、その間穴を清潔に保つことが大切です。 なお、ピアスの穴を消毒する際は、霧状の消毒液は殺菌作用が強すぎることがあるため、おすすめできません。 ジェルタイプのものを穴に載せ、ピアスの軸を数回回して消毒するのがよいでしょう。 また、細菌の感染を防ぐために過剰に消毒を行う方がいらっしゃいますが、消毒は1日1回で十分と言われています。 何度も消毒をしてしまうと、消毒液自体に皮膚がまけてしまうので、適度を守るようにして下さい。 さらに、耳を洗う際には「耳の裏」「耳の正面」「耳の穴」の3つに分け、耳の裏は入浴の時に泡立てた石鹸で優しく洗い、耳の正面はタオルなどで凹凸を拭うようにするだけでOKです。 ちなみに耳の穴は洗う必要はありません。 病院でピアスを開けるといくらぐらい?何科に行けばいいの? 病院でピアスの穴を開けてもらう場合は、皮膚科か形成外科、耳鼻咽喉科を受診しますが、病院によってはピアスの穴開けを行っていないケースもあるため、事前に調べてから行きましょう。 また、料金は病院によって異なり、1,000~20,000円とかなり差があります。 相場は両耳で4,000~10,000円程度となっていますが、料金の中に消毒や抗生物質の価格が含まれていないことがあるため、こちらも事前に問い合わせてみるのがよいでしょう。 まとめ ピアスはオシャレの幅がぐんと広がるため、今後も装着する人が増えるアクセサリーと言えるでしょう。 しかし、安易に穴を開けてしまうと位置によってはかわいく見えなかったり、痛みが出る場合もありますので、ピアスの穴を開ける時は位置やケアに十分気を付けて行って下さい。

次の