ウイグル 問題。 ウイグル自治区とは?ウイグル弾圧問題をわかりやすく!

【ウイグル人収容所】中国はなぜウイグル人を弾圧&収容するのか

ウイグル 問題

恐ろしい「想定問答集」である。 里帰りした学生が、自らの家族が拘束されたことを知る。 その際、地元当局者はこう対応するよう指示されている。 (学生)わたしの家族は罪を犯したのですか? (当局者)彼らはよくない思想に感染しました。 中国の新疆ウイグル自治区のイスラム系住民に対する弾圧は今も、ベールに包まれている。 だが最近、注目すべき報道が相次いで世界を驚かせている。 米ニューヨーク・タイムズが入手した中国当局の内部文書には、冒頭の問答集を含む様々な当局の内実が記されていた。 世界の報道機関や記者でつくる「国際調査報道ジャーナリスト連合」(ICIJ)は、新疆に強力な監視網が張り巡らされたことを示す文書を報じた。 1週間で2万人以上が、テロ関連で「疑わしい人物」として特定されたという。 別の内部文書によれば、習近平(シーチンピン)国家主席は「イスラム過激分子」を「容赦なく」取り締まれと指示したとされる。 人権団体の報告では、「テロ対策」の名目で100万人規模の人々が収容されたとの情報もある。 確認はむずかしいが、重大な弾圧が起きているのは確かだろう。 中国当局は「テロ」「過激思想」などの言葉を用いているものの、実態はウイグル族などの特定の文化と宗教の住民に対する民族的迫害と呼ぶべきだ。 断じて容認できない人権侵害である。 中国政府は現地での記者の取材を制限している以上、説明責任は自らにある。 情報を自ら積極的に公開し、国際社会の指摘に真正面から答えるべきだ。 中国政府は「過去3年間、新疆でテロは封じられている」として政策の正当性を訴えるが、説得力はない。 民族としてのアイデンティティーや内心の自由は人間の尊厳にかかわる問題であり、公権力が踏み込むべき領域ではない。 そもそも強引にテロを封じ込める手法には限界がある。 弾圧は憎しみを増幅し、世代を超えて大きな暴力に向かう。 中国政府は強権ではなく、融和策によって各民族が共存できる社会を実現させるべきだ。 国外在住のウイグル族も恐怖を抱える。 日本に住む30代の女性は「新疆にいるすべての親族の電話がつながらなくなった。 生きているのかも分からない」と東京での集会で語った。 日本を含む国際社会は、現実から目をそらしてはなるまい。 新疆を覆う闇の実態を明らかにし、膨大な数の人々を救う国際的な取り組みを急ぐべきだ。

次の

日本で「ウイグル問題を報じづらい」3つの深刻な理由

ウイグル 問題

中国新疆ウイグル自治区カシュガルで、巨大スクリーンに映された習近平国家主席=6月4日(AFP時事) 100万人以上のウイグル人が「強制収容所」で不当に拘束されているとされる中国新疆ウイグル自治区の現状はどうなっているのか。 強制収容所では拷問が横行し、在日ウイグル人が海外報道や関係者証言を集計したところ「施設内の死者は100人を超える」との情報もある。 在外ウイグル人は「中国当局は中国人と違う文化を消し、われわれを中国人にしようと狙っている」と絶望感を強める。 インターネットを通じて映像で登場した米国在住のウイグル人女性、メヒルグル・トゥルスンさん(29)は15年、滞在先のエジプトから生後45日の三つ子とともに里帰りした際、ウルムチ空港で突然拘束された。 子供と引き離され、強制収容された。 「暴力や電気ショックを受け意識を失い、注射や正体不明の薬を投与され、記憶力がなくなった。 施設内で9人の女性が死亡したのを目の当たりにした。 子供が重体と言われて仮釈放された際、三つ子のうち一人は遺体で引き渡された」。 18年まで計3回収容されたが、子供がエジプト国籍だったため同国政府の働き掛けで奇跡的に出国できた。 施設内では習近平国家主席の長寿を祈らされ、「共産党は神様だ」と強要された。 トゥルスンさんの家族・親族26人も拘束され、同じウイグル人の夫は、消息不明になった妻を捜そうとエジプトから新疆に入ったが、ウルムチ空港で拘束され、懲役16年の判決を受けた。 これに対して米国務省は今年3月、中国当局がウイグル人80万~200万人以上を拘束し、「宗教や民族の独自性を消去しようとしている」と非難している。 ウイグル問題を研究し、明治大での集会を企画した同大商学部の水谷尚子准教授は「強制収容所の拡大が伝えられたのは16年から。 以降、規模は爆発的に拡大している。 ウイグル人には火葬の習慣がないのに、17~18年には収容所近くに9カ所の大規模火葬場が建設された」と指摘する。 水谷氏や在日ウイグル人によると、中国当局は16年、ウイグル人に対して従来厳格だったパスポート発券要件を緩和。 多くのウイグル人が新疆から海外旅行などに出掛けたが、17年に入ると一転、海外に行ったり、海外に家族・親族がいたりするウイグル人が一斉に強制収容所に連れて行かれた。 海外の「テロ勢力」に関係していると主張し、不当拘束の口実にしている可能性がある。 在日ウイグル人の多くも、家族が強制収容所に入れられ、「連絡が取れなくなっている」という。 職業訓練など不必要なはずの学者や企業家、文化人らが多く収容されているのは、中国当局がウイグル知識人に警戒を強めている表れだ。 このほか新疆ではウイグル人家庭に中国当局者が監視のため寝泊まりしたり、イスラム教徒向けの「ハラル食堂」が閉鎖されたりしている。 子供が両親から離れ、寄宿学校に入り、中国語と中国文化を集中的に学ばされるケースも拡大。 新疆から「ウイグル」は消し去られようとしている。

次の

ウイグル自治区とは?ウイグル弾圧問題をわかりやすく!

ウイグル 問題

少数民族のなかでも、イスラム教を信仰するウイグル人は、中国共産党にとっては「党以外の存在」に忠誠を誓っているように見える。 彼らは人種や文化習慣の面でも漢民族との隔たりが大きく、中央アジアや中東との結びつきも強いことから、他の少数民族以上に強い警戒を持たれている。 結果、近年のウイグル人への締め付けはいっそう厳しくなっている。 中国は現在、「テロ防止」を最大の名目として国内の治安維持費用に国防費を約20%も上回る予算を投入、さらに国内に1億7000万台近い監視カメラを設置(2017年時点)したり、当局が国民のネット接続を監視したりする監視国家になっているが、その最大のターゲットはウイグル人と言ってもいい。 古くからシルクロードの要衝として栄えたカシュガル市の旧市街。 こうした街並みもどんどん壊されつつある。 2014年3月筆者撮影 新疆は中国の治安機関の見本市 いまや新疆は、のどかなシルクロードのイメージとは裏腹に、強力な監視・警備体制が敷かれる恐ろしい場所になっている。 筆者が2014年春に訪れたときは、街のいたる場所に制服姿の治安維持要員が立哨したり巡回したりしており、城管・公安・武装警察・特殊警察……と中国の各種治安機関の見本市のようになっていた。 これらは現在、いっそう深刻になっているようだ。 また、近年の新疆では多くのモスクが閉鎖されるなど、ウイグル人はイスラム教の信仰を事実上禁止されるに近い状況に置かれており、公教育機関でも、ウイグル人としての民族的なアイデンティティを持ちづらい教育が行われているとされる。 家族や親戚を含めて、国外にいる知人と連絡を取ることも容易ではないという。

次の