なめ とこ 山 の 熊 あらすじ。 なめとこ山の熊【みんなの声・レビュー】

宮沢賢治童話『なめとこ山の熊』の作品考察 / 鍋島直樹(センター長・龍谷大学法学部教授)

なめ とこ 山 の 熊 あらすじ

* なめとこ山の熊 初発感想文 なめとこ山の熊 初発感想文 a 最初、小十郎が熊を殺したくて取っているんじゃないと言った時、まじめすぎると思った。 普通だったらそんなことは考えずに、ただスリルを感じるためだけに熊を殺すのに、小十郎はそんなことも考えず、生活のためだけに殺していた。 と、これは読んですぐの感想なのだが、時間がたって考えてみると、小十郎をまじめだと思ってしまう都会の人へ何かを訴えていいのではないか。 小十郎だって罠などを使えばもっと楽に取れるわけだし、旦那にヘコヘコするのもつらいだろう。 都会の人なら生きるためなら仕方がないと思い、たくさんの熊を殺す。 しかし小十郎は、そこまで自分が偉いと思えずに、木の実でも食べて死んでいったらそれでいいと言っていた。 そこが小十郎が熊に好かれる理由だと思う。 小十郎は都会の人にない、本来の人間の生き方をしていると思う。 b 「淵沢小十郎の気持ち」 私がこの話聞いて思ったこと、考えたことは、小十郎が熊を誤って殺してしまってよかったなぁということです。 死に顔からも察するに、家族のことが心配だが、すべてのしがらみから解放されて、うれしさがあふれている感じがするのです。 生活がかかっているために、したくもない猟をやり、熊のことが好きなくせに殺さなければならない。 しかも、たった米6キログラムもことのために無情にも熊2頭もの命が失われるなんて。 安すぎると思いませんか。 そしてもの凄く嫌な荒物屋の旦那にペコペコしてたとえどんなに安くされようが、売らないわけにはいかない。 熊のことが好きな小十郎に耐えられると思いますか。 だから「水に入るのがいやになった」という日に、大好きな熊に誤って殺されたこ小十郎はたぶん幸せだったろうと思う。 家族のこれからの生活は大変だけれど、小十郎にはよく生きたたとほめてあげたいです。 c 「生かし合い」 なめとこ山の熊のことなら面白い、というか見出しとは裏腹に、この話は冷たくて哀しい話だと思う。 小十郎と熊たちき「生かし合い」は、はたから見て面白いと言えるような生温かいものではない。 両者とも、それぞれを信頼している。 熊の方など、自分たちを殺すため、山にやってくる小十郎を好いてさえいるのである。 それを考えるとき、私は小十郎の死骸が浮かべる、さえざえとした微笑みは、やはりあのクマたちに対してではないのだろうかと思う。 そんな彼の笑っているような顔を見て、クマたちは一体何を思ったのだろうか。 少なくとも、もう殺されることがないのでうれしい、という思い以外の気持ちもあったように思う。 そしてそれは、クマに殺された小十郎も同じで、うらめしいという感情よりも強い他の思いがあったのではないだろうか。 d 「本音はこんな感じでは」 小十郎は、自分が生きるために熊を殺してきたが、最後は自分が熊が生きるために殺された。 みんな生きるのに必死で気づかっているように見えて結局を自分のことしか考えていないということがよく分かった。 死んだ小十郎が最後笑ったように見えたのは、自分のしてきた悪事がチャラになったと思ってすっきりしたじゃないかと思った。 宮沢賢治の話にはいつも星が出てくると思った。 星が好きな私は、今回はどんな星が出てくるのか楽しみにしていました。 小十郎は猟師しかする仕事がなかったように言っているが、実際のところ頑張れば他に仕事があったと思う。 熊ももしかしたら小十郎を信頼していたのじゃなくってバカにしていたのかもしれないとさえ思いました。 e 「2つの生き方」 この話では現実ではあり得ない熊が言葉をしゃべってで、なんかすごく「あー、熊の気持ちってこんなもんかなぁ」と思うところがいくつもありました。 この話の中で1番考えされたのは熊が小十郎に撃たれそうになっているとき,熊が「お前は何が欲しくておれを殺すんだ」と叫んだとき、小十郎が「毛皮と胆の他あって何もいらない」ということは自分にとって結構ショックだった。 熊は確かに凶暴な生き物たとイメージが強い。 今でも熊の毛皮売れている。 売るにも何頭もの熊が殺されてしまう。 だからといって殺すなというと猟師が食べていけなくなる。 でも私は熊の毛皮など必要もないし、殺すなんて最悪だと思う。 何か本の話とかなり逸れてしまったけれど、1番思ったことは、人間と動物との世界今難しいなあと思いました。 f 熊と小十郎の関係は、たぶん取るか取られるかの本当にお互いの生死がかかっているし生活の共存があったと思う。 小十郎が熊を殺すのも生活のためなので仕方ないという視点で話を読んでいたけれど、最後はやはり、人間だけの生活ではなく生き物の掟が出てきたと思います。 人間だってその世界で例外ではないし。 殺されて行った熊や小十郎も、分かっていたことだと思います。 g 僕はこの話を聞いて、とてもいい話だと思った。 なぜなら小十郎のカッコよさと優しいところが見れたからだ。 小十郎は,熊を取るのがうまいし、熊を恐れない。 ただ単に殺すだけじゃなく、殺した熊に対して少し罪悪感みたいなものをいた言っているし、そこが小十郎の正しいところだと思う。 熊を殺して取ることが、いいことだと思わないけれど、小十郎の家族が生きるためには仕方がないと思う。 しかしそんな小十郎も荒物屋の旦那さんにはかなわないところが面白い。 山の中と町とでのギャップの激しさがすごいからだ。 そのようなところも踏まえて、僕は小十郎が好きだ。 しかし最後には小十郎は熊に殺されてしまう。 小十郎が死んだときに回りに熊が集まった時に、やっぱり小十郎は熊たちに好かれていたんだと思うと、とても良い話だと思った。 h 「なめとこ山の熊」 少し疑問な点もあったけど、いいお話でした。 疑問というのは、母熊と小熊の2匹の熊が話していたところで、「小十郎はもう胸がいっぱいになって」という文が、何で胸がいっぱいだったんだろうと思ったし、荒物屋では安すぎる値段で売っていて、こんなの熊にかわいそうと思うし、何でそんな安くて売るのかなぁと不思議に思う。 日本では狐拳いうものがあるらしいけれど、その説明を見ていると「〜負けるに決まっている」と書いてある。 何でそんなふうに決定されるんだろう。 あと「1月のある日、小十郎が今までに行ったことがないことを言った」と書いてある文のあたりを見ていると、小十郎はもう少ししたら死ぬんじゃないかと考えていた。 予想通り、最後には熊に頭を殴られて死んでいった。 この後もまた不思議なことで、「小十郎を殺すつもりはなかった」という声や黒い影がずっと雪に、ひれふしていたりと、奇妙なことが起こった。 声の主はだれかとか、黒い影はやっぱり熊かなと、いろいろ考えさせられた。 小十郎の最後の言葉、「熊ども、許せよ」というのは今までに殺した熊たちに対するものなのだろうか。 これも考えさせられた.

次の

宮沢賢治の絵本 なめとこ山の熊【みんなの声・レビュー】

なめ とこ 山 の 熊 あらすじ

小十郎は貧しくて、一家の生計をたてるために、しかたなく鉄砲で、熊を撃って殺します。 そのとき、死んだ熊に対して、小十郎がこう語りかけています。 おれはてまえを憎くて殺したのでねえんだぞ。 おれも商売ならてめえも射たなけぁならねえ。 ほかの罪のねえ仕事していんだが畑はなし木はお上のものにきまったし里へ出ても誰も相手にしねえ。 仕方なしに猟師なんぞしるんだ。 てめえも熊に生れたが因果ならおれもこんな商売が因果だ。 この次には熊なんぞに生れなよ。 」 そのときは犬もすっかりしょげかえって眼を細くして座っていた。 いのちの尊さは、生きとし生けるものものすべて同じです。 しかし、人間は、生きていくために、動物のいのちを奪ってしか生きられません。 いのちは他のいのちを自分の血肉として生きています。 小十郎には、熊を殺生することでしか生きられない「いのちの悲しみ」と、それがゆえに、あふれてくる「いのちへの慈愛」があります。 ですから、あるときなどは、小十郎は、母熊と小熊が、月の光のなかで咲いている花を見て話しているのを聞いて、熊を撃つのをためらっています。 「おかあさまはわかったよ、あれねえ、ひきざくらの花。 」 「なぁんだ、ひきざくらの花だい。 僕知ってるよ。 」 「いいえ、お前まだ見たことありません。 」 「知ってるよ、僕この前とって来たもの。 」 「いいえ、あれひきざくらでありません、お前とって来たのきささげの花でしょう。 」 「そうだろうか。 」子熊はとぼけたように答えました。 小十郎はなぜかもう胸がいっぱいになってもう一ぺん向うの谷の白い雪のような花と余念なく月光をあびて立っている母子の熊をちらっと見てそれから音をたてないようにこっそりこっそり戻りはじめた。 風があっちへ行くな行くなと思いながらそろそろと小十郎は後退りした。 小十郎には、この母熊と小熊が愛しくなって、殺せないのです。 熊のことが心の底では好きなのです。 また、あるときは、ある熊が小十郎に語りかけ、二人は話しあっています。 「おまえは何がほしくておれを殺すんだ。 」 「ああ、おれはお前の毛皮と、胆のほかにはなんにもいらない。 それも町へ持って行ってひどく高く売れると云うのではないしほんとうに気の毒だけれどもやっぱり仕方ない。 けれどもお前に今ごろそんなことを云われるともうおれなどは何か栗かしだのみでも食っていてそれで死ぬならおれも死んでもいいような気がするよ。 」 「もう二年ばかり待って呉れ、おれも死ぬのはもうかまわないようなもんだけれども少しし残した仕事もあるしただ二年だけ待ってくれ。 二年目にはおれもおまえの家の前でちゃんと死んでいてやるから。 毛皮も胃袋もやってしまうから。 」 小十郎はじっと考えました。 すると熊は背中をみせてゆっくり歩き出します。 小十郎がいきなり熊の背後から鉄砲で撃ったりしないことがわかっているかのように、ゆっくり歩いて去っていくのです。 そして時を経て、それからちょうど二年後のある朝に、あの熊が横になっていました。 そばに寄って見ましたらちゃんとあのこの前の熊が口からいっぱいに血を吐いて倒れていた。 小十郎は思わず拝むようにした。 このように、小十郎は、その一匹の熊のやりとげたいこと、熊のいのちのかけがえなさをわかる人でした。 その一方で、くまとりの小十郎は、街に熊の毛皮や肝を売りにいくときは、商売人に安くたたかれ、頭が上がらず、小さくなっています。 そして最後には、この小十郎は、大きな熊に殺されてしまいます。 そのとき、大きな熊は小十郎に語りかけ、小十郎も熊たちに自分の思いを告げています。 「おお小十郎おまえを殺すつもりはなかった。 」 もうおれは死んだと小十郎は思った。 そしてちらちらちらちら青い星のような光がそこらいちめんに見えた。 「これが死んだしるしだ。 死ぬとき見る火だ。 熊ども、ゆるせよ。 」と小十郎は思った。 なめとこ山の熊たちを殺してきた小十郎が、今度は、その熊に殺されてしまう。 本当の意味で、「支えあって生かされている」いのちの現実を、ここに賢治は教えてくれています。 その物語の最後のシーンでは、熊たちが、半分座ったまま死んだ小十郎の遺体を、輪になって取り囲んでいます。 そこには、いったいどういう意味があるのでしょうか。 「熊ども許せよ。 」そう言って死んでいきます。 それから三日目の晩、熊たちは小十郎の遺体をなめとこ山の頂上の岩の上に置きまして、お通夜をする。 彼のまわりに集まって、熊たちが輪になって。 賢治は、この作品の最後を次のように結んでいます。 「それらの黒い大きなものどもは、琴の星(昴でしょうか)、空の真ん中に来ても、もっと西に傾いても、じっと化石のように動かなかった」と、お通夜をしているのですね。 ・・・・・・とても私が勝手にこの童話を加減することを許さん、何か深さと厳しさ、それから広さを持っている作品と思います。 この作品をつらぬく一本の太い線、それを私は宿業と言ってみたいのです。 ・・・・・・宿業のめざめが開いてくれる交わりこそ連帯の世界原理であり、平等の地平を開く根源的感覚であり、それが宿業のめざめだと思うわけであります。 まさに一如平等、熊と小十郎との一如平等の、怨親平等の世界がこのように具象化している、表現している作品を私はまだ知りません。 「宿業」とは、いのちあるすべてのものが、時代を超え、地域を超えて、相互に支えあって生かされているとともに、実際には、はるかなる過去から、相互に傷つけあったり、殺しあったりしてしか生きられない姿を意味します。 熊を愛する小十郎が、生計を立てるために、しかたなく熊を鉄砲で撃ち、その熊の皮と肉を街で売っていることも、宿業の姿です。 反対に、熊が、小十郎に「おまえを殺すつもりはなかった」といいながら、小十郎を殺すのも、宿業の姿です。 殺生してしか生きえないいのちの現実にきづき、「熊ども許せよ」と涙することが、真実にめざめた誠実な生き方なのです。 また、「怨親平等」とは、愛と憎しみを超えて、自分にとって都合のよい愛すべき者も、都合の悪い憎むべき者も、まったく同じ重さをもったいのちであり、すべてが同じように願われ、かけがえのないものとして見抜いていく心です。 熊たちは小十郎の遺体をいきなりむしゃむしゃと食べたりはしませんでした。 熊たちは、自分たちの仲間を鉄砲で撃ちながらも、愛してくれた小十郎のことをよくわかっていました。 天に輝く星が西に傾いても、夜の間ずっと、小十郎の死骸のまわりを、熊たちが輪になって囲み、ただじっと化石になったかのように、小十郎を見守っています。 ひとつのいのちが終わりを迎えたとき、人も動物も、生きとし生けるものすべてに、黙ってそばにいるお通夜が必要であるように感じてなりません。 死別の悲しみから、私たちははじめて亡くなった存在に愛され、支えられていることを知ることができるからです。 【註】• 「なめとこ山の熊」 『宮沢賢治全集7』 58-70頁。 ちくま文庫。 『新校本 宮澤賢治全集』 第九巻。 筑摩書房。 円日成道・田中郁朗著 『もえいづる芽』 「なめとこ山の熊」 58-59頁。 永田文昌堂。 堀尾青史は、「こうして憎しみあうことなく命のやりとりをした同士は、生きる悲しさをもっとも理解しあって、ある高い心の境地に到り得たと察しられます。 」とわかりやすく解説している。 『フォア文庫 なめとこ山のくま』所収。 岩崎書店。

次の

なめとこ山の熊のあらすじ/作品解説

なめ とこ 山 の 熊 あらすじ

「なめとこ山の熊」のあらすじ なめとこ山の熊の胆は名高い。 熊捕りの名人・小十郎は山刀と大きな鉄砲を持ち、なめとこ山を縦横に歩く。 熊たちはそんな小十郎に敬意を抱いて木の上から眺めている。 小十郎も熊が自分をめがけてかかってくると、ズドンとやるが、そのあとにこう語りかけるのだ。 「熊、おれはてめえを憎くて殺したのでねえ。 おれも商売ならてめえを射たなけあならねえ。 この次には熊なんぞにうまれなよ」 熊の言葉さえわかってしまう熊捕りの名人と熊たちとの不思議な交歓を描いた物語。 群読がすばらしかった」と好評をいただき、ありがとうございました。 『今はむかしのこんなこと』は単調になりがちなエッセイを少し芝居がかった構成にしてみました。 表情豊かな"5人の佐藤愛子さん"に、客席では笑いもおこり、楽しく聴いていただけたようです。 ちなみにスーダラ節のカンカン帽は団員の手作り。 りっぱにワキを飾ってくれました。 『なめとこ山の熊』は宮澤賢治の澄んだ世界をいかに群読で表せるかが課題でした。 群読は一朝一夕に出来るものではなく、息があうまでに充分な練習を重ねます。 そうして皆の気持が一つになった時に、聴き手にも感動してもらえるのだと思います。 今回の再演では舞台と客席との空間が一つになったように、聴き入ってくださっているのがよく判りました。 これからもあめんぼ座は群読を強みにもっと語りに磨きをかけて進化してまいります。

次の