英語であそぼ あやか。 えいごであそぼあやか 関連動画

えいごであそぼを卒業したキコってこんなに可愛かった!?現在はしまじろうとも共演中!

英語であそぼ あやか

概要 [編集 ] その名の通り、身体を使って動作(掴む・投げるなど)を教える番組であり、運動だけでなく作法を教えるコーナーもある。 基本的に2週間本放送後、次の2週間はその再放送となる。 2004年度は10分番組だった。 2005~2007年度は15分番組に拡大されるも、2008年度は『』の開始に伴い再び10分枠に縮小される。 2009年3月27日をもって番組を終了し、2009年3月30日から2010年3月26日に5分番組『 あさだ! からだ! 』に縮小移行。 内容は、からだであそぼで放送されていたコーナーを再放送する形になった。 番組開始時やレギュラー放送初年度は、における放送を行っていたが、2年目にあたる2005年度以降よりに対応した。 放送時間 [編集 ] いずれも教育テレビ• パイロット 2004年1月1日~2日 16:05-16:20• 2004年度 月~金曜 7:50-8:00 17:00-17:10[再]• 2005年度 月~金曜 7:10-7:25 17:00-17:15[再]• 2006年度 月~金曜 7:10-7:25 17:15-17:30[再]• 2007年度 月~金曜 7:00-7:15 17:00-17:15[再]• 2008年度 月~金曜 7:30-7:40 17:00-17:10[再]• あさだ! からだ! 2009年度 月~金曜 7:35-7:40 コーナー [編集 ] 最終回まで放送されたコーナー [編集 ]• 36のうごき - 「あるく」「とぶ」などの36の動きの中から毎週1つの動きを出演者が実演する。 番組の核となるコーナー。 踊る内臓 - がさまざまな内臓を体で表現する。 2006年度以前は日替わりでさまざまなテーマを、2007年度は週ごとに36のうごきと連動した動作を表現していた(金曜は休止となることが多い)。 たのもう - あかり・あつき(2006年度まではあい・たいき)がさまざまなスポーツの基礎を、その道のプロに教わる(月曜~木曜。 2005年度~2006年度は金曜に総集編を放映)。 2004年度 - 柔道()、ジャグリング(マサヒロ水野)、陸上()、水泳()、太鼓()、ラグビー()、相撲()、歌舞伎()、スケート()、サッカー()• 2005年度 - テニス()、歌舞伎、トランポリン()、水泳、禅寺修行()、レスリング()、バスケットボール()、殺陣()、アウトドア()• 2006年度 - サッカー、バレエ()、走り方()、ボクシング()、バスケットボール、登山()、テニス、柔道()、野球()• リトルボニー - 骸骨の子供リトル・ボニーとペットの骸骨犬マイティ・ドッグが登場するCGアニメ。 2004年度は毎日放送されていたが、2005年度以降はランダム放送。 アイーダアイダ - さまざまな基本動作を組み合わせたダンス・エクササイズ。 との共同開発。 (2005年度~)• しゅうぞう・ちひろとみんなでボールであそぼ! - しゅうぞう(松岡修造)とちひろ(宮谷千尋)ら子供たちがさまざまなボール遊びをする。 2007年度はしゅうぞうとちひろのみの出演だったが、2008年度より新たに3人の子供たちが加わった。 (2007年度~。 金曜のみ)• 歌舞伎なりきりわざくらべ - 市川染五郎出演。 「かぶきたいそう」第2弾。 (2007年度1月~)• ケインのたいそう - ケインはじめ出演者たちが36のうごきに基づいた動作の体操をする。 原則としてオープニングにて放送。 (2008年度~)• ほぐそう - あかりがからだをほぐす体操を実演する。 体操はとの2種類。 (2008年度~)• かもしれないたいそう - の近藤良平があかり・あつきと共に不思議な体操をする。 (2008年度~)• ちょっくらたいそう - 羽崎泰男とあつきがちょっとした体操をする。 (2008年度~。 金曜のみ) 番組期間中に終了したコーナー [編集 ]• 達人に学ぶ - 「たのもう」の前身コーナー。 パイロット版で放送。 () - コーナー名はない。 暮らしの中の行動をバレエ風にする。 (2004年度)• きょうの作法 - ケインとあいがさまざまな作法(「箸の使い方」など)を指導する。 2004年度は毎日放送されていたが、2005年度以降は放送は不定期。 ほぐしあそび - あいとせいしろう(2005年度まではあいとたいき)が一緒にからだをほぐすいろいろな「ほぐしあそび」を紹介。 小澤直子監修。 (2004年度~2006年度)• (2005年度~2006年度。 2006年度は金曜のみ)• きょうのサムライ - 侍の一挙一動を指導。 (2005年度~2006年度。 火曜、木曜)• 禅の作法 - 禅の作法を指導。 (2006年度。 月曜、水曜)• いざやカブかん! - 市川染五郎出演。 歌舞伎のいろいろな動きを歌にした「かぶきたいそう」の演技。 (2005年度1月~2007年度1月)• こんどうさんちのたいそう - コンドルズの近藤良平が不思議な体操を歌い、紹介。 コンドルズのメンバーも出演。 ロケでは雷門、アイスランド(ブルーラグーン)、フィリピン(マニラ)、タイ、イギリス(ロンドン)、イタリア(ローマ)など。 作曲は近藤良平、歌・振付は近藤良平・近藤燈子が担当。 (2005年度~2007年度)• - ほね組 from が歌う歌とダンス。 体すべての骨を歌う。 (2006年度11月~2007年度。 2007年度は火~木曜)• 己を守る - 沖縄に伝わるの型をケインと地元の子供たちが表現する。 ナレーションは。 (2007年度。 月曜、火曜)• きょうの茶道 - たいきとあかりが茶道の作法を実演する。 指導は倉斗宗覚()。 ナレーションは。 (2007年度。 水曜、木曜)• 手ぬぐいおじさんがゆく - 手ぬぐいを使った遊びを通じて、子供たちと手ぬぐいおじさん(羽崎泰男)が勝負をする。 (2007年度。 金曜のみ) 年末年始や祝日の都合などで、特別編成となる場合はたのもうや36のうごきの単発の総集編となることが多い。 歌やダンスのコーナーも通常より多くなることが多い。 歌のコーナー [編集 ] この節のが望まれています。 番組の後半に、体を使う体操の歌コーナーがあった。 アイーダアイダ• 作詞: 作曲: 歌: 振り付け:近藤良平• いざやカブかん!• 作詞: 作曲: 歌:村治崇光 台詞:市川染五郎 振り付け:• 歌舞伎なりきりわざくらべ あさだ! からだ! [編集 ] 2009年3月30日から2010年3月26日まで放送された5分番組。 夕方の放送は無くなり、朝だけの放送になった。 内容は『からだであそぼ』の2006年度~2008年度の内容を再編集したもののほか、一般の子供たちが遊ぶ様子なども放送する。 コーナー [編集 ]• 36のうごき• アイーダアイダ• こんどうさんとたいそう! - 『こんどうさんちのたいそう」と『かもしれないたいそう』を放送• カイジくんがおどる - 『カイジくんのうごき36』と『踊る内臓』を放送• リトルボニー• しゅうぞう・ちひろとみんなでボールであそぼ!(金曜のみ)• かぶきたいそう - 『歌舞伎なりきりわざくらべ』もしくは『いざやカブかん!』を放送(金曜のみ)• たのもう - 不定期に放送。 月曜から金曜までの5回分で1シリーズが完結するように再編集されている。 このコーナー放送時は「36のうごき」と「しゅうぞう・ちひろとみんなでボールであそぼ!」が休止される。 出演者 [編集 ] スタジオメンバー [編集 ]• ケイン()• たいき()• あい(宗本愛)(2004年度~2006年度)• せいしろう()(2006年度のみ)• あかり()(2007年度~)• あつき()(2007年度~) キャラクター [編集 ]• リトルボニー(2004年度放送開始時~2008年度最終回) コーナー出演者 [編集 ]• (2004年度放送開始時~)• (2004年度のみ)• (2005年度~)• ()(2005年度~)• (2006年度~2007年度、一部メンバーのみ出演)• 羽崎泰男 (2007年度~) ナレーター [編集 ]• (2004年度放送開始時~)• (2007年度のみ)• (2007年度のみ) 変遷 [編集 ] 2004年度放送開始時 [編集 ]• スタジオ• 、宗本愛、• キャラクター• リトルボニー• コーナー• ナレーター• 2005年度 [編集 ]• スタジオ• ケイン・コスギ、宗本愛、我妻泰熙• キャラクター• リトルボニー• コーナー• 森山開次、、• ナレーター• 土田大 2006年度 [編集 ]• スタジオ• ケイン・コスギ、宗本愛、我妻泰熙、• キャラクター• リトルボニー• コーナー• 森山開次、市川染五郎、近藤良平、• ナレーター• 土田大 2007年度 [編集 ]• スタジオ• ケイン・コスギ、我妻泰熙、、• キャラクター• リトルボニー• コーナー• 森山開次、市川染五郎、近藤良平、AKB48、羽崎泰男• ナレーター• 土田大、、 2008年度(最終年度) [編集 ]• スタジオ• ケイン・コスギ、我妻泰熙、工藤あかり、湯山敦紀• キャラクター• リトルボニー• コーナー• 森山開次、市川染五郎、近藤良平、羽崎泰男• ナレーター• 土田大 スタッフ [編集 ]• 監修 -• 構成 -• ロゴデザイン - ナガクラトモヒコ• ヘアデザイン -• コスチューム・セットデザイン -• コスチューム制作 - 武田園子• 影絵 -• 音楽 - 、日下義昭、河崎亜美、• 振付 - 、KAIJI リトルボニー• キャラクターデザイン - ディビット・ホーヴァス• アニメーション制作 - スリー・ディ 外部リンク [編集 ]• この項目は、に関連した 書きかけの項目です。 横山結衣• 布谷梨琉• 井上美優• 御供茉白• 佐藤朱• 長谷川百々花• A、チームAキャプテン• 清水麻璃亜• 髙橋彩音• 吉川七瀬• 塩原香凜• 左伴彩佳• 歌田初夏• 鈴木優香• 服部有菜• 松村美紅• 橋本陽菜• 平野ひかる• 坂川陽香• 髙橋彩香• 永野芹佳• 福留光帆• 濵咲友菜• 徳永羚海• 奥原妃奈子• 蒲地志奈• 奥本陽菜• 春本ゆき• 行天優莉奈• 高岡薫• 立仙愛理• 吉田華恋• 川原美咲• 尾上美月• 山田杏華• 上見天乃• 藤園麗• 宮里莉羅• 4 研究生•

次の

菊地あやか

英語であそぼ あやか

今月の歌とは? 今月の歌、 「月歌」「マンスリーソング」とも呼ばれていて、その月毎日流れる番組オリジナルの一曲です。 同じくEテレの『おかあさんといっしょ』にもありますよね、最近で言えば「ふわふわ ふゆ~ん」「オカリナのリーナ」「お豆戦隊 ビビンビーン」などなど… えいごであそぼにも毎月の歌があります。 「」、「」、「」、「」などが最近の月歌です。 (注:2017年度の曲です) 季節に関係ない曲もありますが、例えば10月はハロウィン、12月はクリスマスをテーマにすることが多いです。 新しいえいごであそぼの月歌が超いい感じ 「えいごであそぼ with Orton」が始まる前の旧「えいごであそぼ」にも今月の歌がありました。 しかし!!私は断然新しい方の月歌が気に入ってます。 個人的に大好きだし、英語の学習としても今の方が断然おすすめできます。 可もなく不可もなくという感じで、まぁ普通に子供向けの歌い方で聞きやすいですよね。 作詞はほとんどブライアン・ペック氏、作曲はほぼ赤坂東児氏。 だからなのか?毎回同じような曲調で、なんとなく「いかにも子供向け英語番組用に作りました」というメロディーでした。 歌詞も同じで、簡単な英語、とくに深いテーマがない歌詞が多く、 あまり面白味がありませんでした。 それはそれで、子供が覚えやすい!というメリットはありましたが。 新えいごは英語らしさ満載! 英語を活かしたメロディー 今のえいごであそぼでは、数多くの作詞作曲家が参加していて、曲の雰囲気も毎回だいぶ違います。 パンク、ポップ、オールディーズ風など、英語ならではのメロディーを聴くことができます。 「こどもの歌」ではなく 「洋楽」と言えますね。 子供のうちにこういうメロディーに慣れておくと、将来洋楽を聴くきっかけになったり、英語を勉強しようと思ったとき洋楽への抵抗がなくなります。 特に高校生~大人の英語学習では洋楽が役立ちますが、それまで一度も聴いたことがないと、ちょっとハードルが高いかもしれません。 子供のうちから毎月違うテイストの洋楽を毎日繰り返し聴ける「えいごであそぼ」という機会をスルーするのはもったいないです。 いろんな声が聴ける そして歌っている人も違うので、「聴きやすい英語」だけじゃなく、いろんな声質やクセのある歌を聴くことができます。 これって本当に重要なことです。 すら聞き取れなかった」なんてよくある話です。 子供の頃からいろんな人の英語を聴くことは、将来的に リスニング能力にも影響してきます。 だからはっきり言って覚えても無駄ですよね。 せいぜい中学一年の英語テストで1点取れるかな、という程度です。 今すぐこんな特別なフレーズを実生活で使うことはないと思いますが、将来ふと使う必要が出てきたときに「あれ?この言いまわし知ってる」となるはずです。 他のコーナーはまぁ…(まぁ、と思う理由は「」に書いています) なのでこのDVD には私がオススメする内容がギュッと凝縮しています。

次の

えいごであそぼのはくと(山田羽久利)の年齢や両親!性格も可愛い?

英語であそぼ あやか

(C)NHK 新しいスタイルの幼児向け英語番組として大人気のNHK Eテレ『えいごであそぼ with Orton』。 大人や子どもたちが英語の「音」であそぶ内容だ。 2019年度最初を飾った4月のマンスリーソングは、春を感じる爽やかなポップチューン「SPRING IS HERE! 天気の良い日に公園でピクニックをしたくなるような明るい曲となった。 続いて5月のマンスリーソングは、本を読むことで無限に広がるファンタジーの世界へと誘う「OPEN THE BOOK」。 ゆっくり目なテンポが子供も一緒に歌いやすく、子供の想像力を育む歌詞が好評だった。 是非お子様と一緒に聴いてみて。 さらに、【えいごであそぼ ポニーキャニオン】SNSアカウントがインスタグラム、ツイッター、フェイスブックにて同時開設された。 これを記念して、【えいごであそぼ ポニーキャニオン】インスタグラムでフォロー&リポストキャンペーンがスタート。 同インスタグラムをフォローし、インスタグラムが投稿する「フォロー&リポスト プレゼントキャンペーン」と書かれた特定のツイートをリポストすると、毎月抽選で1名様にCD「えいごであそぼ with Orton 2018-2019ベスト」アルバムがプレゼントされる。 また、いろんな夏の音が聴こえる「SOUNDS OF SUMMER」(なつの おと)、ハロウィンにぴったりなオバケがテーマの「HEY GHOSTS! 」(ヘイ ゴースト!)、お馴染みのクリスマスソングがメドレーとなった「CHRISTMAS FANTASY」(クリスマス・ファンタジー)など、四季を彩る曲も。 作詞作曲には数多くのアーティストが参加しており、本格的な洋楽に仕上がっているのもポイント。 ポップ、ロック、フォークなどメロディーの種類も多く、ボーカルを務めるのも子どもから大人まで多岐に渡り、様々なテイストの英語曲に触れることができる魅力的な一枚だ。 『えいごであそぼ with Orton』の総合指導を担当する佐藤久美子教授 (玉川大学大学院教育学研究科)によると、6歳くらいまでの子どもたちは英語と日本語を区別せず素直に聞き取ることができるそう。 プレゼントキャンペーンが気になった方は【えいごであそぼ ポニーキャニオン】インスタグラムより詳細をチェックしよう。 04 FOLLOW MY DREAMS 05 SOUNDS OF SUMMER 06 HELLO, EVERYBODY! 07 HEY GHOSTS! 08 FUN TOGETHER 09 CHRISTMAS FANTASY(クリスマスソングメドレー) 10 THE BEAT 11 DRAGON AND ME <アカペラでうたおう!> 12 SEVEN SNAKES 13 PUSH PULL POPCORN PARTY 14 HOT DOG ROCK 15 GOOD COOKBOOK 16 LOLLIPOP LIGHT 17 FUNNY FACE 18 SIX BOXES ONE FOX 19 VEGETABLE VACATION 20 HIGH HELICOPTER 21 DASH! 22 BIG BLUE BALLOON 23 COOL KANGAROO 24 KANGAROO KICK 25 GREEN DRAGON MOON 26 WHO? 27 LONG SONG PING PONG.

次の