風邪 食べ物。 風邪になった!鼻水の治し方や効果のある食べ物は?

風邪の諸症状に効く食べ物や食事は何?これがおススメです!

風邪 食べ物

風邪をひいてしんどい時は、あたたかくして布団で寝るというのが基本ですが、それと併せて、風邪に効く食べ物を効果的に摂取することがとても重要です。 これは何故かと言うと、風邪でうなされて布団の中でじっとしていても、体の中ではウイルスや細菌と常に闘っていて、エネルギーは消費しているからなんですね。 そこで、風邪の症状別に効果がある食材や食べ物を摂って、エネルギーを補給し、免疫力を高め、できるだけ早く風邪を治してしまおうと言うわけです。 ただ、闇雲に風邪に効く食べ物を摂取しても効率は良くありませんよね。 なので、ここでは風邪に効く食べ物の効果を最大限に得るために、どのタイミングで何を食べたら良いか。 風邪の症状別に最も効果的な食べ物は何か。 さらには、手軽にコンビニでも買えて風邪に効く食べ物などなど、詳しく見ていきましょう。 風邪に効く食べ物 普段生活していると、いろいろなところで腸内環境を整えよう!といったことをよく見聞きすると思います。 これは、 人間の体の健康は腸が支配していると言っても良いくらい、腸は重要な器官なんですね。 腸にはたくさんの免疫細胞が存在しています。 そして通常は口から入った風邪の菌など、体に害があるものは腸の免疫器官で体外に排出されます。 しかし風邪をひくと、腸の働きが悪くなり正常な働きをしなくなるので、まずは腸内環境を整えるべく、 免疫力を向上させる食べ物を摂取することが大切になってきます。 さらに、ビタミン類など 抗酸化作用のある食べ物も積極的に取り入れることで、細胞の老化を防ぎ免疫力の向上にもつながっていくというわけです。 殺菌作用、咳止め、吐き気止め、頭痛などにも効果があり、風邪には必須の食材のひとつです。 また、ねぎの辛み成分のアリシンは、ビタミンB1の吸収を助けるため、豚肉などとの摂取が効果的です。 刻んだりすりつぶしたりすることで、より多くのアリシンを発生させることができます。 にんにくには、疲労回復や血行促進の効能があります。 レバーと食べると効果的です。 また大根のエキスには消炎作用もあり、風邪のときにはよく用いられる食材です。 ビタミン類、タンパク質が豊富に含まれています。 タンパク質をはじめ、カルシウム、カリウム、マグネシウム、鉄分、ビタミン類など、栄養価も高いです。 たまご、ねぎとの相性もよく、合わせて摂取しても効果的です。 体力が落ちているときに摂取したい食材で、ネギと合わせて食べることでより高い効果が得られます。 ビタミンC、カリウム、タンニン、食物繊維などバランスよく含まれていて、油を使った調理法がお勧めです。 カリウムやミネラル、食物繊維が多く、風邪で弱った胃腸を助けてくれます。 食欲がない時にも比較的摂取しやすい食材です。 またカリウムや食物繊維も含んでいて、腸の働きを助けてくれます。 風邪の症状別で効果的な食べ物 風邪に効く食材はいろいろあることがわかりましたが、「これらの食材をどのように調理して、どのタイミングで食べると最も効果が得られるのか。 」と言うことで、ここからは食材を使ったより 具体的な調理法と、風邪の 症状別に効果のある摂取の仕方を見ていきます。 風邪の予兆があるとき、又はひき始め 自己免疫力が低下している時などは、風邪の予兆を感じることがあります。 喉に違和感を覚えたり、実際に喉の痛みや咳、鼻水や寒気など、風邪の初期症状が現れたときは、とにかく質の良い食事を心がけ、免疫力を高める効果の食べ物を意識して摂るようにします。 風邪の初期症状には、 ビタミンAを多く含む食材が効果的です。 なので、野菜をできるだけ 細かく切って、スープやポトフなどの調理法で、しっかり煮込んで 柔らかくして食べることが重要で、最も効果的な食べ方と言えます。 また、喉に違和感や痛みが出始めたり、食欲が落ち始めた頃でも、スープなら比較的食べやすく、色々な野菜がたくさん摂れるのでオススメです。 体の中から内臓を温めてくれたり、消化の吸収を助けてくれたり、免疫力の向上、解熱鎮痛作用、吐き気止め、胃腸の機能を高めるなどなど…。 これらの恩恵を最も手軽に受ける方法として、 生姜湯にして飲むという選択があります。 そして最も効果的なタイミングとしては、 夜寝る前に飲むと言うことです。 生姜のパワーで腸が温められ、寝ている間に腸の機能を高めることができると言うのは、風邪のひき始めにはとてもありがたいことですよね。 熱が出て風邪の症状がピークの時 風邪の症状が悪化してきて熱が出ると言うことは、体の中の免疫細胞が、ウイルスや風邪の原因菌と闘っているということなんですね。 体中の 免疫細胞の約7割が腸に密集していると言われていますが、その免疫細胞が活性化され、ウイルスと闘うにはエネルギーもたくさん消費されます。 そのためにもしっかり栄養を摂ることが求められますが、実際には 体力も低下し、胃腸の働きも弱ってきていると、なかなか食欲が出ずに、食事をとることも難しくなってきます。 そんなときは 無理に食べても逆に胃腸に負担をかけてしまうので、水分やゼリーなど体が受け付けるものだけ摂取して、その他のものは食べないという選択もありますよね。 ただ、食事もできず、水分もとれず、胃腸の働きが悪くて下痢などしている場合には、 脱水症状に注意する必要があります。 特に大人に比べて、子どもは体が小さく脱水症状になりやすいので、水分の補給にも心がけるようにしましょう。 特に食欲がなく、ぐったりしているお子さんでも、すりおろしりんごなら比較的食べやすく、何より水分を補給することができます。 すりおろしたことで 弱った胃腸にやさしく、腸から栄養を吸収しやすくなると言うメリットもあります。 もし食欲があるようなら、風邪のときに効く食材の 「ヨーグルト・はちみつ」を混ぜて食べても効果的です。 免疫力を高め、体力をもつける豆腐は、風邪で食欲がないときや、喉が痛いときでも食べやすく、調理法も簡単で重宝しますよね。 湯豆腐として、ねぎと一緒に食べても効果的ですが、もし食欲があるようなら、調理の幅も広いので、お好みでいろいろアレンジも可能です。 逆に熱が高く食欲がないときは、冷奴豆腐としてなら食べられるという人も多いと思います。 豆腐自体やわらかく、弱った胃腸にもやさしいく、栄養も吸収されやすいので、体調の悪いときには是非摂取したいですよね。 食材のところでもお伝えした「れんこん・梅干し・さつまいも」は、どれも風邪のときに効果的な具材なので、その時の気分や好みで調理するとよいと思います。 このはちみつ大根は、もう本当に喉が痛くてつらいときや、咳が止まらず苦しいときなどには、かなり 即効性があり欠かせない存在ですよね。 もしまだ試したことがないという人は、材料さえあればとても簡単に作れるので、是非作ってみてください。 しかし、体感的に回復したように感じても、弱っていた胃腸は急には良くならないので、あまり 負担をかけず軽めのものから摂取するように心がけましょう。 もし食べられそうなら、高たんぱくで低脂肪の鶏肉をトッピングで使うなど、胃腸と相談しながら具材をプラスしていくことも可能です。 薬味に 生姜や ねぎを使えば、風邪のこの時期にはとても効果的な一食となります。 実はこの鍋、風の時にぜひ摂取したい食材の「 豚肉・豆腐・にんにく・生姜・大根・ほうれん草」などが入っている、とても優秀な鍋なんですね。 食材の消化が良く、 常夜鍋一食で摂れる栄養も豊富で、体力が落ちているこの時期にはぴったりな鍋です。 ちなみに常夜鍋の名前の由来は、毎晩食べても飽きないほどおいしいとか、一晩中食べていたいほどおいしい。 と言うところから来ているそうです。 コンビニでも買える風邪に効く食べ物 風邪の症状がひどく、しんどくて自炊することが大変な時や、一人暮らしの場合でも、風邪に効く食べ物を手軽で簡単にコンビニで買うことができます。 ポイントは、自分が食べたいと思うものの中から選ぶと言う事も大切ですが、風邪の時は特に ビタミン・ミネラル・タンパク質を積極的に摂るように心がけたいですね。 コンビニには数多くの飲料水が売られているので、脱水症状にならないように、スポーツドリンクや野菜ジュースなどを買っておくと便利です。 ただ、 風邪の時はビタミンやミネラルが不足がちなので、 糖分の多いジュースなどは避けるようにしましょう。 またコンビニならではのものと言えば、インスタントのお味噌汁やスープ、調理済みの缶詰のおかずなどもあり、手軽に栄養補給することができます。 さらに、年中果物が置いてあるコンビニもあるので、不足しがちなビタミンを果物から摂取することも可能です。 コンビニで手軽に買える風邪に効く食べ物• ヨーグルト• 茶碗蒸し• ゆでたまご• レトルト食品(うどん・お粥・チキンサラダ)• インスタント食品(味噌汁・スープ)• 缶詰のおかず(鶏肉・豚肉)• おでん• 果物(バナナ・りんご)• 野菜ジュース(糖分の少ないもの)• ゼリー• etc. まとめ 風邪のときは、布団の中で寝ているだけでもエネルギーを消費していきます。 なので何か食べられそうなときは、胃腸にやさしく免疫力を高めるものを意識して、食事をとるようにすることが重要ですよね。 また、風邪の症状にあわせて、自分の体とも相談しながら、どのタイミングで何を食べると効率が良いのかを考え、少しでも早く回復できるようにしていきたいですね。

次の

風邪の治し方、速く即効で治す方法、食べ物とノドにはこれが効く!

風邪 食べ物

(1)ビタミンC 「ビタミンCは風邪のひき始めに摂ると、治るまでの期間が短くなるといわれています。 体内にウイルスが侵入すると、白血球がこれを撃退する役割を担いますが、ビタミンCは免疫細胞を活性化し、白血球のはたらきをサポートしてくれるのです。 また、ビタミンCは過剰に摂取しても不要な分は通常、尿として排出されるので、摂りすぎによる害もありません。 手軽にビタミンCを摂取したいなら、顆粒のビタミンC飲料に頼るのもアリでしょう」 (2)みかん 「みかんはビタミンCが豊富で抗酸化作用もあるため、風邪をひいた際に積極的に摂ってもよい食品の1つです。 成人の場合、ビタミンCの推奨量は1日あたり100mg。 みかん1個には35mgのビタミンCが含まれるので、1日3個食べれば推奨量を満たします」 (3)しょうが 「しょうがはからだを温めるはたらきがあるので、風邪を予防するにも早く治すのにも有効だといえるでしょう」 (4)ビタミンA 「緑黄色野菜などに含まれるビタミンAは、気道の粘膜を保護・強化するはたらきがあります。 風邪のウイルスは気道粘膜からからだに侵入しますから、そのバリア機能を高めるために、ビタミンAを積極的に摂るようにしましょう」 (5)栄養ドリンク 風邪をひいたときには、しっかり栄養をとるべきとはいえ、体調が悪いなか食事の準備をするのもなかなか大変……。 また、食欲がなくて食事が喉を通らないこともありますし、栄養ドリンクに頼っても大丈夫でしょうか? 「栄養ドリンクの主成分であるタウリンやビタミンBには、疲労回復や粘膜を正常に保つ効果があるので、風邪の症状改善に有効だといえます。 また、タウリンには肝臓のはたらきをサポートする効果も。 肝臓は、栄養をエネルギーに変換したり、老廃物や毒素を排出したりする臓器なので、風邪でからだが弱っているときに、栄養ドリンクでタウリンを摂取するのはよいと思います。 「卵酒が風邪によいとされるのは、卵が高級食材だった頃のなごりかもしれません。 栄養価の高い卵と、体を温めるお酒を組み合わせたものですから、昔の人は風邪のときに卵酒を重宝したのでしょう。 ただ、卵酒を飲めば風邪が早く治るという医学的なエビデンスはありません。 このため、ブルッと悪寒がするような風邪のひきかけ段階では有効だといえるでしょう。 他方、すでに発熱してしまった状態では、あまり効果が期待できません。 「市販の薬には、風邪の諸症状を緩和するさまざまな成分が含まれていますが、なかには患者さんの健康状態に悪影響を及ぼす可能性があるものもあります。 たとえば、先日、高齢の男性患者さんが、前立腺肥大が増悪して来院されました。 抗コリン作用のある市販の風邪薬を服用したのが原因です。 このほか、市販の風邪薬のなかには、緑内障など眼圧が高いかたは避けたほうがよいものもあります。 たしかに、市販の風邪薬は便利ですが、患者ひとりひとりの症状や体質などに合ったものとは限らないので、より安全を期すなら病院で処方してもらうほうが望ましいでしょう」 最後に、「風邪を早く治すために最も気をつけたいことは?」と質問したところ、「十分な栄養と休息」とのことでした。 うっかり風邪をひいてしまったら、今回ご紹介した方法で、できるだけ症状を長引かせないようにしましょう。

次の

コンビニで買える!風邪で動きたくないときにおすすめのやさしい食べ物

風邪 食べ物

1 レモン片、生姜片、蜂ミツを空のジャム瓶に入れる。 2 熱い紅茶を注ぐ。 3 蓋をして冷蔵庫に保存。 するとゼリー状に。 出来上がった大匙1をコップにいれ熱湯を注ぎ飲む。 ゼリーは2〜3ヶ月保存可能。 下手な薬なんかよりよっぽど効くので、風邪以外でも喉の痛みに困ってる人は是非やってみてください。 ちなみに紅茶にも利尿作用があるので、特に 熱がある場合などはただのお湯で作ることをおすすめします。 部屋が乾燥していると余計に喉が痛くなるので、加湿器などで調整する事も忘れずに! もし作るのが面倒という人がいたら、通販で 「 ゆず茶」というのが売ってます。 レモンではなくゆずですが、お湯を注ぐだけなのに甘くていい香りと味が楽しめます。 最終手段だから、栄養は出来るだけ食事から取ってね 熱風邪 熱がでて頭がぼーっとする、体の節々が痛いなのど症状の時は、発汗をうながす食べ物が有効です! お粥やうどんなどに、しょうがやニンニクをいれて汗を出すことで熱を下げます。 体温が上昇すると、免疫力が活性化されウイルスを撃退することが出来ます。 風邪をひいて熱が上がるのは、体がウイルスと戦おうとしている証拠です。 特に 「風邪のひき始めは体温を上げる」 事が早めに風邪を治すポイントとも言われています。 出来るだけ温かい恰好をするのはもちろん 、汗で失った水分は必ず補給してください。 風邪の時は 「食べない」という選択が正しい事さえありえるのを覚えておいてください。 無理して食べる必要はありません。 風邪を治すには免疫力を上げる事が大切になりますが、 食べ物を消化する事にもすごくエネルギーを使います。 食べる事で弱っている胃腸がさらに疲れてしまい、風邪の治りを余計に長引かせる可能性すらあるんです 看護婦さん談 私の周りにもいます、食べない方が確実に早く治るっていう人! ただし 「食べない」という選択肢は、全ての人におすすめ出来る訳ではありません。 なぜなら風邪が短期間で治る保証はどこにもなく、場合によっては1週間~1か月近く長引く事もありますよね。 そうなった場合、完全に何も食べないというのは体のエネルギーが切れてしまいます。 まとめ 基本的に風邪は予防のほうが大事です。 手洗いうがいはもちろん、マスクを活用しましょう。 完全に風邪を引いてから薬を飲んでも中々治らない事があるので、あやしいと思ったら薬を服用するのもいいと思います。 薬や病院を否定される人もいますが、柔軟に考えて我慢せずに病院などに行くことも検討して下さい。

次の