潜水艦 航路 ff14。 【FF14】【飛空艇】探索 エアシップボイジャー 入手アイテム

【FF14 金策】潜水艦 シルドラ級(パッチ4.5版)

潜水艦 航路 ff14

解説 今更感がありますが、サブマリンボイジャーでレアアイテムを狙うためのパーツの構成を考えてみます。 サブマリンボイジャーではマテリアなど様々なアイテムが入手できますが、マテリアは現在マテリダまでしか入手できないため、どちらかと言うと換金アイテムとして使うような状態となっています。 そのため、稼ぐにはサブマリンボイジャーでしか入手できないアイテムを狙う必要があるため、以下のようなアイテムを集めるパーツ構成を考えてみます。 紅蓮珊瑚 舞海月 巨像の欠片 沈没船シリーズ まずは各パーツの性能を見てみます。 潜水艦 パーツ性能 一覧 ・ウンキウ級は潜水艦のランクが15以上で装着可能になります 部位 コスト 探査 収集 巡航 航続 運 シャーク級艦体 5 -10 +30 +20 +40 +20 シャーク級艦尾 5 -30 +20 +60 +30 +15 シャーク級艦首 5 +50 +40 +10 -20 +15 シャーク級艦橋 5 +20 +20 +20 +20 +20 ウンキウ級艦体 9 +15 +10 0 +60 +15 ウンキウ級艦尾 9 +15 0 +30 +40 +25 ウンキウ級艦首 9 +60 +20 +20 -15 +10 ウンキウ級艦橋 9 +25 +5 +25 +30 +30 シャーク級構成 20 30 110 110 70 70 ウンキウ級構成 36 115 35 75 115 80 必要素材 シャーク級 ウンキウ級 パーツ構成 これらのアイテムを狙うためにはパーツを高性能なものに変える必要があります。 以前のギャザクラ本にはエアシップボイジャーの入手アイテムが載っていましたが、今回のギャザクラ本にはサブマリンボイジャーの現時点での入手アイテムが載っています。 こちらを参考にすると、実はシャーク級で構成された潜水艦ではこれらのアイテムを入手することはできません。 各アイテムには入手可能になる性能のラインがあり、シャーク級の構成ではこの基準を満たしていないので、まずは潜水艦のランクを19以上にまで上げてウンキウ級のパーツを装着できるようにしなければいけないのです。 まだコストには余裕がありますし、現時点では全パーツをウンキウ級にするのがいいというわけですね。 どのアイテムを狙うか 基本は舞海月・巨像の欠片・沈没船シリーズの3つを狙うことになります。 紅蓮珊瑚はこの中では比較的入手しやすいだけでなく、これで作れる調度品も特に人気があるというわけではないので、他のアイテムを狙った方がいいと思います。 ただ、舞海月もサーバーによってはだいぶ値段が下がっています。 沈没船シリーズは沈没船の高級首飾りなど高級なものを引き当てれば3万ギル程度で売却することができるので、舞海月の値段次第ではこちらを狙った方がいいかもしれません。 そして、この中で最も高額なのが巨像の欠片です。 数十万ギルで取引されているほどのアイテムなので、最も稼ごうと考えるなら、このアイテムだけを狙うのもありですね。 入手先 紅蓮珊瑚・・・・・・黒の海盆、リミララ海溝南端 舞海月・・・・・・・沈没海03、アンブレラ海峡 巨像の欠片・・・・・石人島 沈没船シリーズ・・・名も無き沈没船 サブマリンボイジャーはエアシップボイジャーと比べてアイテムから入手先を推理しやすいのがいいですね。 後は探索時間を考慮しながら、どのルートにするか決めていけばいいと思います。

次の

【FF14 金策】サブマリンボイジャーでしか入手できないアイテムを集めるためのパーツ構成(パッチ4.25版)

潜水艦 航路 ff14

サブマリンボイジャーとは? カンパニークラフトで潜水艦を制作する事で、サブマリンボイジャーを実行できるようになります。 すでに実装されている、エアシップボイジャーの海底探索版と考えると分かりやすいでしょう。 ボイジャーで探索に出す事によって、通常では入手出来ない貴重な素材や、高価なマテリア等、 沢山の貴重品を入手する事が出来るようになります。 特定の素材を集めて潜水艦の設計図を製図すると、カンパニー制作手帳に潜水艦を作るためのパールのレシピが出ます。 画像はいくつか製図しているので少なくなっていますが、第1集に関しては、園芸師で採取出来て木工師で作れる素材を納品するだけで取得する事が出来ます。 潜水艦を入手する為の製図を入手したり制作する場所は、これから説明する 地下工房で行う事が出来ます。 地下工房とは? 地下工房は、 フリーカンパニーのハウス内に80万ギル支払う事で増設出来ます。 そこから、地下工房のカンパニー制作設備からカンパニー制作手帳を開き、必要素材を納品していく形になります。 基本的に、潜水艦を制作したり、飛空艇を制作したりする時にはこの地下工房を使用して作っていく事になりますね。 地下工房ではハウスの外装の部品も作る事が可能です。 カンパニークラフトのやり方や注意点等 まずは素材の納品 まずは、さきほど説明した通り、カンパニー制作手帳から素材を納品するを選択し、必要素材を納品していく形になります。 そして、全ての素材の納品が終わったら、作業工程を進歩させる、を選択して作業を進めていきます。 ここで一つ注意点があり、 クラフター4人以上でパーティを組んでいないと、工程を進歩させる事が出来ません。 なので、作業を進歩させる時は、最低4人集めてクラフター職に変えた状態にしておかないと先に進む事が出来ない、という状況になってしまうので注意です。 パーティのクラフターのレベルはいくつでも大丈夫なので、どうしてもクラフターの人数が足りない場合は、すぐ近くで取れるクラフターを取得してもらうようにお願いしましょう。 素材を納品したら、作業を進歩させる 作業工程を進歩させると、ランダムで品質が上昇する事があります。 品質が高くなると次の工程で、 状態が良や最良になりやすくなります。 状態が良くなると、納品する素材の必要数が少なくなります。 なので、余分に素材を作りたくない場合は一つの工程の素材を作って納品し、工程を進歩させ、次の工程の必要素材数を確認してから素材作りを開始する、という順序で進めていくと余分な素材を出す事無く進めていく事が出来ます。 ただ、その場合の注意点としては、一つの工程の納品素材の数が多いので、 確認してから納品する、という事を続けていると制作作業に時間が掛かってしまいます。 そして、作業を進歩させるにはクラフターで4人パーティが必須なので、 他のメンバーの時間を拘束してしまう事になってしまうので、注意しましょう。 制作手順の例として、自分達のFCの使用した進め方を紹介 自分達のFCでは、品質の上昇による素材数の減少を考慮せず必要素材数を計算し、 最終工程分まで全て素材を制作してからクラフター4人パーティを組み、一気に作業を進歩させてパーツを完成させる、という順序で作っていました。 この順序で制作した場合、品質の上昇により素材が余ってしまう事がありますが、潜水艦や飛空艇はパーツのランクを上げていく事が出来ます。 その際に、 低いランクの時にも使用した素材も必要になる事があるので、前回余った分の素材を、次のランクのパーツを制作する時に納品する、という事も出来ます。 なので私個人としては、 潜水艦のパーツを制作する時は、必要分を全て作り終えてからクラフター4人パーティを組み、一気にパーツを完成させる、という方法をオススメします。 一気に作ってしまった方が、パーティを組んでくれた方達の時間拘束も少なく済みますしね。 パーツ制作時の素材納品は、クラフターの経験値を入手する事が出来る また、 パーツを制作する時の素材納品は、該当クラフター職に経験値が入ります。 HQ素材を納品すれば、2倍の経験値を入手する事が出来ます。 なので、クラフターをレベル上げしているメンバーがいる場合、出来る範囲で納品を任せるようにすると、納品する側も経験値がおいしいのでオススメです。 因みに、HQ品の納品は経験値が2倍になるだけなので、カンストジョブで納品する場合の素材は全てNQで大丈夫です。 (自分はそれを知らずに途中まで全部HQ作ってました…) パーツの納品を終え、全てのパーツが揃ったら潜水艦の完成 全てのパーツを制作し、潜水艦を完成させることが出来たら、サブマリンボイジャーに出す事が可能になります。 潜水艦を完成させるには、潜水艦登録手形が必要になるので、完成の目途が立ったら忘れずに住居区担当官から交換しておきましょう。 このサブマリンボイジャーを何度も出す事で、 潜水艦のランクが上昇し、キャパシティが上昇し、もっと性能の高いパーツを付けられるようになっていきます。 まとめ まだ実装したばかりで分からない事が多いサブマリンボイジャーですが、 探索を繰り返し、性能の高い潜水艦を作って探索に出せば、高価なアイテム、マテリア等を沢山集めれるようになるので、一気に資金を得るチャンスです! 一度の探索の時間は長いので、早い時期に潜水艦を完成させることをオススメします。 また、定期的に探索に出す事が出来ればすぐに、性能の高いパーツを付ける事が可能になるので、周囲のヒカセンに差を付ける事が可能ですね! 皆さんもFCメンバーと協力して潜水艦を完成させ、サブマリンボイジャーを活用しましょう!!自分は先に3層の練習頑張ってきます….

次の

FF14攻略サイト【エアシップボイジャー:雲海一覧】

潜水艦 航路 ff14

Contents• 何故今頃、潜水艦作りに挑戦したのか? 潜水艦に関しては「紅蓮」の時から見向きもしなかったのだが、最近のパッチでは相応の金策が可能になるのを知り、遅ればせながら私も潜水艦に挑戦。 正直な所、「蒼天」では飛行艇を4隻所持していたものの、特に目を見張る様な金策にもならなかったので「漆黒」の現在まで、振り向きさえも行わずであった。 折しも個人的にやりたい事が発生したので、金策の為のゲームIN時間を極力減らしたい希望があり、潜水艦作りに挑戦したのだ。 勿論、稼げる金額は盛り上がっていた時よりも遙かに安くなっているが、それでも現状では(目当てのアイテムに当たれば)相応の金策になるので、非常に有り難い。 最も「蒼天」から続けていた、霊砂、クリスタル金策が悉く潰されてしまい、マケボを見て金策手段を再考する手間も嫌になった。 非戦闘民族で金策が日課としていた私は、かような理由で金策さえも億劫になってしまった。 ココボロ材以外の素材は、既に揃っていました。 ココボロ材は灰海海域のみの入手な上に、トレードこそは可能なものの、マケボの販売が不可という非常に厄介な代物だ。 そこで私はギルの力を借りて灰海に到達した潜水艦をギルの力で全て改パーツにした。 ここで約900万ギルぐらい散財したと思う。 改パーツさえすれば、ココボロ材を入手するだろうと、たかをくくっていたのだ。 私が揃えたパーツはレア目当てに特化した構成で… 艦体 シーラカンス改 艦尾 ウンキウ改 艦首 ウンキウ改 艦橋 シーラカンス改 以上の構成にした。 いざ、全て改パーツと化した潜水艦を潜水! ところがだ! 全身改パーツにも関わらず、何回結果を見てもココボロ材を拾う痕跡が見られない。 6~7回ぐらい潜水させてみたが、せいぜい3個の収集が関の山だった。 残りの15個を自力入手するとなると、相当の日数を要するのは必定。 結論:ココボロ材18個は自力入手よりも、取引に応じて貰う人を探した方が遙かに早い。 改パーツ自体の素材がエグい ココボロ材問題は解決したのだが、作成段階では更なる地獄が待っていた。 新たに作成した潜水艦の改パーツは既述のレア特化型仕様だ。 既存パーツのフレーム化以外にも、改パーツ独自の素材がエグ過ぎるのだ。 相変わらずコークスの消費量が異常過ぎる コークスは飛行艇の時も大量に消費したが、超ガーロンド鋼やピュアチタンプレートで相当必要• 入手経路が限定される素材が多い ピュアチタンプレート、ハードシルバー・エンチャントインクなど• そして、強化ガラス板合計60個でとどめをさされた コークスはもんち君にも入手を依頼していたので、尽きなかったのだが、入手経路が限定された素材はマケボで見る限り、概ね高額であった。 しかしお陰で、稼げる素材を理解したのは大きな収穫でもある。 これら全てギルの力で入手し、更に改パーツを合計2隻分作成したので 1000万ギル散財しましたー! 改パーツ作りは、殆どギルの力で自己完結したので、ココボロ材の時と比較すると楽であったのだ。 ともあれ…潜水艦所持4隻中、3隻が全て改パーツとなったので、本懐は概ね遂げられた。 苦労した分、灰海での新規航路開拓も順調であり… ここまで到達した。

次の