お 元気 です か 中国 語。 中国の言語

中国語の基本あいさつ20フレーズ!最初に覚えてすぐ使おう!

お 元気 です か 中国 語

読み方は「コモスタ?」といった感じですが、スペル的には「コモエスタ?」でも良いとされます。 発音の問題ですので、慣れるまでは言いやすい方を使ってみましょう。 カジュアルに「元気?」と言いたい場合は、「コモシスタ?(コモエシタス?)」を使います。 逆に相手から聞かれた時は、「元気だよ、ありがとう」「元気です!」「はいorいいえ」で返事をしましょう。 「ガード」は男性形、「ガーダ」は女性形です。 また、フォーマルな表現です。 似た表現には、「お会い出来て光栄です」を意味する「ムイント・プラゼール!(Muito prazer!)」もあります。 「嬉しいです」よりも「喜ばしい感覚」が強いです。 カジュアルに言うなら、「プラゼール!(Prazer!)」だけでも問題ありません。 この場合、日本語で言うなら「会えて嬉しいよ!」のようなニュアンスになります。 初対面の相手には使用を避け、既に知っている人と会った時に使うのが好ましいです。 読み方は「アデウシュ」で、もっとカジュアルに「またね」と言うなら「チャウ!(Tchau!またはChau!)」を使います。

次の

中国語のインターネット流行語(1) 给力(gěi lì)

お 元気 です か 中国 語

中国語について ギネスブックによれば中国語は「現存する世界最古の言語」だそうです。 一般的に中国語では、文字のある言語を文といい、 方言あるいは口語・会話のことを指す時には活(話)といい、 前述の両方に使われる浯(語)があります。 ちなみに、日本語は日文とも日浯とも表記されます。 人口がハンパでないですネ~ 十数億の人口を擁している巨大国家中国は、他民族国家であるため、漢民族の言語である漢語以外に多くの言語が話されています。 また、漢語の中にはおびただしいほどの方言の分枝があり言語の壁が厚いです。 この方言の壁を打ち破るために設定されたのが北京語を標準とした 普通話です。 中国で基本的に標準語として使われているのは北京語です。 英語ではMandarin Chinese マンダリン といいます。 よく国際政治関連のニュースで、習近平国家主席とか、華春蛍報道官などの政治家が話しているのが、北京語ですね。 ちなみに、私の知っている中国語は ニーハオ(こんにちは)とシェイシェイ(ありがとう)だけです・・・ 又、日本で地域ごとに方言が話されているように中国でも地域ごとに話されるいくつかの中国語の種類があります。 中国語まとめとして 中国という国は、歴史的背景からみてもその時代、時代で主要民族が変わってきてしまった為に歴史の連続性に乏しく、さらに広大な国土を持つために様々な言語が入り混じってしまっているようです。 次に、台湾で使われている言語 台湾の人に聞いたら、言語は北京語・福建語(台湾語)・ 客家語の3つがあります。 台湾の公用語は台湾の言い方で「国語」、一般的な日本人の言い方で「北京語」になります。 普段の会話でどの言語を使っているか、地域によって違います。 北京語:台北(首都圏)・東部(花連、台東) 福建語:南部(雲林、台南、高雄、屏東) 客家語:桃園、新竹、苗栗 けど、学校の授業も北京語で行いますので「話せる」言語の話者数でも北京語はダントツ1位です。 そして台湾では、 福建語の歌もダサイ感じがするためか、若者は北京語しか使わない傾向があるようです。 又、台湾ではテレビのチャンネルが多く、台湾語専門の局もあり中高年のひとは台湾語のラジオを聴く人も多いとのことです。 まとめとして 台湾は多重言語の国ですから、2~3ケ国語を使うのは当たり前で、日本語も基本会話が出来る人がいるので旅行の時、安心かも! 最後に、香港で使われている言語 香港で使われているのは広東語が母国語です。 一時イギリスの植民地だったので学校教育は英語でしていました。 故に、香港は英語も100%通じると思いがちですが英語しゃべれない人は結構います。 返還後は北京語で行う学校が増え、今は若い人はほとんど 北京語を話し、家庭や友達の間ではやはり広東語です。 普通語(北京語)が出来ないと、ろくな就職が出来ない位 普通語が浸透してきています。 香港映画で、ウォン・カーファイ監督の「恋する惑星」やアンディ・ラウが出演している「インファナル・アフェア」で使われているのは広東語です。 声調も中国語とちょっと異なります。 ちなみに、香港で娯楽映画が多く作られているのは日中戦争の勃発にともない、多くの上海の映画人が香港に逃亡し、彼らが作り始めた北京語映画は「広東語映画よりも上品で格調が高い」と香港人からも人気を集める様になりました。 以上、「中国・台湾・香港で使われている言語」について 全体のまとめとして 各国の地域、民族の違いによって想像もつかないほど言葉の種類が多いのです。 中華圏エリアを旅する時の参考にしてください。

次の

「元気」の外国語一覧

お 元気 です か 中国 語

こんにちは、じゅり です。 前回、「」という記事を公開したのですが、その中の一つの理由に、「標準語でなければいけない」というのがありました。 日本でいうと、ドラマの中ではさまざまな設定がありますが、それぞれ違うなまりがあるとその設定が崩れてしまいます。 例えば、東京で育てられた幼い馴染みのカップルなのに、一人が東北なまりで、一人が関西なまりだとすると、「何、これ?」と思いますよね。 中国語の「沖縄なまり」「関西なまり」というと、やはり本土から離れる香港や台湾です。 アクセントが異なったり、感嘆詞が違ったり、なまりが強かったりするので、最もわかりやすくなまりのある「標準語」で、中国では「港台弁」と呼ばれています。 それが中国ドラマはいつも吹き替えされる理由です。 引用元: 声優さんが吹き替えしなければいけない標準語とはどんなものなのかを、実体験を交えてお話ししたいと思います。 中国語の標準語とは? 中国にはたくさんの方言があり、それぞれが自分の故郷の方言を使うと、故郷以外の人と全く意思疎通ができないため、 標準語という、いわゆる中国国内の共通言語があります。 今では学校内にも「標準語で話しましょう」という看板が立っていたり、私が上海に留学していた時も、上海語が喋れなくても暮らしていけていたので、標準語の教育が進んでいる事もすごく感じています。 なまりのある標準語とは? 標準語は中国国内の共通言語ではありますが、「 なまり」の部分でいうと、こればかりはとても厄介です。 私が接した中国人はほとんど、標準語が喋れる人ばかりでしたが、私にとって、標準語の中でも 「聞き取りやすい標準語」と「聞き取りにくい標準語」があります。 なまりがひどくない(あまり故郷の方言に引きずられていない)標準語は聞き取りやすくて、なまりがひどい(故郷の方言に引きずられている)標準語は聞き取りにくいです。 例えば、母国語が日本語の人が話す英語でも、日本語に引きずられた英語と、日本語に引きずられていない英語があると思いますが、同じイメージです! 私が聞き取りづらかった標準語 私の今までの中国語人生の中で覚えている限りだと、四川の友人が話す中国語はとても聞き取りづらかったです。 なぜかというと、その友人は「N」と「L」の区別がつかないからです。 何回きいても分からない単語があって、何度も聞きなおしてやっと理解出来た時、その人は「N」と「L」の区別がつかないという事実がわかりました。 「N」と「L」の区別を教えれば解決する問題でもなくて、とても苦戦したのを覚えています。 他にも、台湾の人の標準語も、すごく聞き取りづらかったです。 しかもそこを指摘すると、わざとらしい標準語を喋るので、たぶんいい気はしないのだと思います😔 発音以外にも、単語が違うこともありました。 この言い合いはそれ以降しませんでした! 最後に 中国語の標準語のなまりについて、実体験を交えてお話ししましたがいかがでしたか。 なまりの違い1つをとっても、ドラマの内容に影響してしまうということを、納得していただけたら嬉しいです😊 こちらの記事もおすすめ 💡 💡•

次の