ラトリエ ヒロ ワキサカ 焼き 菓子。 COSUGI COMMONSのパティスリー「ラトリエヒロワキサカ」のタルトフリュイ・シャインマスカットのガトー・スフレショコラ・桃のショートケーキ|武蔵小杉再開発|武蔵小杉ブログ(武蔵小杉ライフ 公式ブログ)

COSUGI COMMONSのパティスリー「ラトリエヒロワキサカ」のタルトフリュイ・シャインマスカットのガトー・スフレショコラ・桃のショートケーキ|武蔵小杉再開発|武蔵小杉ブログ(武蔵小杉ライフ 公式ブログ)

ラトリエ ヒロ ワキサカ 焼き 菓子

フィナンシェ ナチュール ¥220(税別) 焼き立て! 店頭には焼きたての焼き菓子が並び、焼き立てのフィナンシェの良い香りが店内に広がります。 「フランスの小さいパン屋さんの焼き立てのフィナンシェが美味しくて。 そんなフィナンシェを目指しています」と脇坂さん。 「フィナンシェ・ナチュールはバターの焦がし加減を浅めにして、バターのミルキーでリッチな香りと味わい表現しています」(脇坂さん) アーモンドはスペイン産のマルコナ種を使用し旨みが強い。 ごく軽い塩気が、粉やアーモンドの旨み、さらにバターのコクを引き出しています。 焼き立ては表面がサクッ!中はしっとり。 2~3日経った後も、生地がバターを抱き込んで、しっとりとまとまりのある味わいです。 ほろ苦く香ばしいキャメルを忍ばせた「ガトーブルトン キャラメルサレ」 エキゾチック ¥500(税別) 「エキゾチック」はコロリンと可愛いフォルムが印象的なパッション、パイナップル、マンゴーとバナナのプティガトー。 一口いただくとパッションやマンゴーに負けない、バナナの芳醇な香りが印象的。 「完熟させたバナナをアングレーズソースで合わせて、バナナシェイクを作るようなイメージでバナナを使用しています。 バナナのピューレでは表現できない完熟バナナならではの香りです」(脇坂さん)。 中心のバナナムースを一口いただくと、バナナを頬張った時に感じるあの香りがいっぱいに広がります。 隠し味程度にパッションの軽やかな酸味。 さらに、マンゴーとパイナップルの果肉が加わりフレッシュ感が広がります。 サクサクのココナッツのサブレが食感のアクセントになって、夏にふさわしいプティガトーです。 「エキゾチック」は現在は周りにココナツがまぶされています。 ラトリエ ヒロ ワキサカのお菓子は、どれも「香り」が印象的。 「人はふとした瞬間にかいだ香りで、その香りにまつわる記憶や思い出、その時の情景が瞬く間に蘇ることがよくあります。 香りというものは、記憶に残り、脳に直接訴えかけることができるすばらしい要素だと思います。 今後はチョコレート作りも手掛けられ、香りを移したオイルを忍ばせたボンボンショコラを制作予定。 「香りのオイルだと、より繊細に香りを表現できるんです」と語る脇坂さん。

次の

武蔵小杉に新星「ラトリエ ヒロ ワキサカ」 [スイーツ・デザート] All About

ラトリエ ヒロ ワキサカ 焼き 菓子

フィナンシェ ナチュール ¥220(税別) 焼き立て! 店頭には焼きたての焼き菓子が並び、焼き立てのフィナンシェの良い香りが店内に広がります。 「フランスの小さいパン屋さんの焼き立てのフィナンシェが美味しくて。 そんなフィナンシェを目指しています」と脇坂さん。 「フィナンシェ・ナチュールはバターの焦がし加減を浅めにして、バターのミルキーでリッチな香りと味わい表現しています」(脇坂さん) アーモンドはスペイン産のマルコナ種を使用し旨みが強い。 ごく軽い塩気が、粉やアーモンドの旨み、さらにバターのコクを引き出しています。 焼き立ては表面がサクッ!中はしっとり。 2~3日経った後も、生地がバターを抱き込んで、しっとりとまとまりのある味わいです。 ほろ苦く香ばしいキャメルを忍ばせた「ガトーブルトン キャラメルサレ」 エキゾチック ¥500(税別) 「エキゾチック」はコロリンと可愛いフォルムが印象的なパッション、パイナップル、マンゴーとバナナのプティガトー。 一口いただくとパッションやマンゴーに負けない、バナナの芳醇な香りが印象的。 「完熟させたバナナをアングレーズソースで合わせて、バナナシェイクを作るようなイメージでバナナを使用しています。 バナナのピューレでは表現できない完熟バナナならではの香りです」(脇坂さん)。 中心のバナナムースを一口いただくと、バナナを頬張った時に感じるあの香りがいっぱいに広がります。 隠し味程度にパッションの軽やかな酸味。 さらに、マンゴーとパイナップルの果肉が加わりフレッシュ感が広がります。 サクサクのココナッツのサブレが食感のアクセントになって、夏にふさわしいプティガトーです。 「エキゾチック」は現在は周りにココナツがまぶされています。 ラトリエ ヒロ ワキサカのお菓子は、どれも「香り」が印象的。 「人はふとした瞬間にかいだ香りで、その香りにまつわる記憶や思い出、その時の情景が瞬く間に蘇ることがよくあります。 香りというものは、記憶に残り、脳に直接訴えかけることができるすばらしい要素だと思います。 今後はチョコレート作りも手掛けられ、香りを移したオイルを忍ばせたボンボンショコラを制作予定。 「香りのオイルだと、より繊細に香りを表現できるんです」と語る脇坂さん。

次の

【武蔵小杉】ラトリエヒロワキサカ 手土産やプレゼントにもおすすめ!人気のガトーブルトンやシュークロッカン

ラトリエ ヒロ ワキサカ 焼き 菓子

日本医科大学武蔵小杉病院のそばにある、2007年にオープンしたのケーキ屋さんです。 カシス色の店構えが目印。 オープン当初からおいしいと人気で、早々にケーキが売れてしまう日もあるそうです。 ホールでもピースでも買える人気の品が「フロマージュ・クリュ」と「クルチョコ」。 「フロマージュ・クリュ」はムースタイプのチーズケーキで、ふわっとした口当たりがくせになりそう。 「クルチョコ」は、くるみの入ったビター風味のチョコレートケーキで、上にかかったチョコレートソースもおしゃれな感じです。 シュークリームが好きなかたは「パリ・ブレスト」もぜひお試しください。 中のクリームが、ちょっと驚くほどおいしいです。 ほかにも、果物のグラタンふうお菓子「サバイヨン」、紅茶風味にアレンジした「みつ豆」など、オリジナリティあふれるケーキがいっぱい。 入ってすぐ左手に、ガラス越しに厨房がのぞけるのも、素敵な演出です。 元住吉駅からブレーメン通りを15分ほど行った先にある、大人な雰囲気のケーキ屋さん。 シェフは、市ヶ谷「シェ・シーマ」を経て渡仏し、帰国後に目黒「キャトル」(「うふプリン」で有名ですね)のシェフ・パティシエを7年間勤めた方。 2007年独立し、オープンさせたのがこのお店です。 ケーキ好きな方が行ったら、間違いなく、迷いまくりのお店です。 四角いシェイプが小粋な苺のショートケーキや、フレッシュなフルーツがおしゃれにのったタルト。 苺のミルフィーユは、パイ生地が葉っぱの形をしていて、遊び心をくすぐられます。 どれもこれも美しく、おいしそうで、迷いに迷ってしまうのです! なので、一つだけ、おすすめをご紹介。 スイスチョコレートを使用し、パッションフルーツをアクセントにしたチョコレートケーキ「マラカイボ」はどうでしょう。 食べてみると、しっとりと濃厚で、チョコ レートがぎゅっとつまった大人の味。 ぜひお試しください。 生ケーキのほか、素朴な味わいの焼き菓子(フィナンシェなど)もあります。 ちょっとしたおみやげにもいいですね。 下小田中3丁目の住宅街にあるシフォンケーキのお店。 武蔵小杉駅・武蔵中原駅からは距離がありますが、2~3台分の駐輪場、1台分の駐車場が用意されています。 同店のメイン商品は、毎日10種類以上を焼き上げるシフォンケーキです。 そのほかクッキーなどの焼き菓子のほか、ケーキなども作っています。 シフォンケーキはメイプルシフォン、リッチチーズ、チョコレートシフォンなど定番のほか、「季節のおすすめ」もあります。 また、テラスにはイートイン席もあり、店内のシフォンケーキやドリンクをオーダーすることができます。 こちらは「ワンちゃん可」で、ワンちゃん用シフォンケーキなどのワンちゃんメニューも用意されていますので、お散歩中の一休みにも良いでしょう。

次の