魔剣伝説 セット機能解放。 魔剣伝説のキャラの強化育成・結婚のやり方について

マフィアシティ|英雄おすすめランキング!使い方やレベル上げについても

魔剣伝説 セット機能解放

魔剣サファイアの評価と性能を掲載しています。 魔剣サファイアの使い方を知りたい方は参考にしてください。 魔剣サファイアの評価と使い方 魔剣サファイアの評価点 評価点 7. 5 点 魔剣サファイアの簡易性能• 呪い耐性か毒耐性を選択できる武器• 伝説化で呪い耐性持ち武器に• 英雄化で毒耐性持ち武器に• 伝説と英雄は使い分け サファイアは、伝説と英雄で状態異常耐性が異なる。 敵が使ってくる状態異常によって、使い分けをしよう。 魔剣サファイアを使うテンプレ装備 火 水 風 346 346 346 土 光 闇 346 0 1733 オプション:魔剣乱舞の王印 レベル最大状態の性能を掲載しています。 スキル威力が上昇• スキル威力が上昇•

次の

【グラブル】土ジークフリートの評価/最終後の性能検証まとめ【グランブルーファンタジー】

魔剣伝説 セット機能解放

CV:(書籍版5巻特装版ドラマCD) 概要 元々は現代日本のオタクの社会人だったが、交通事故で死亡後、何故か異世界で剣に転生した。 享年30歳。 生前の記憶はあるが名前だけが思い出せず(web版では一応覚えているが転生したこともあり名乗っていない)、魔剣の銘も不明なため、フランから「自分を鍛えてくれる人」という意味で 師匠と名付けられた。 師匠本人は当初はこの名はイマイチと思っており、フランがこの呼び名を気に入っているため仕方なく受け入れていたが、次第に愛着がわいてきており、現在では文字通りフランの師匠としてのこの名に半ば誇りをもっている。 生前からポジティブな性格だったようで、何事も前向きに捉え、細かい事は気にせず行動に移す事が多い。 また環境適応能力が高く、剣へ転世した事もすぐに受け入れている。 一方で、剣という 無機物へと転世した為、食事や睡眠を必要とせず、女性への関心も薄い。 一応前世では巨乳好きで、漫画版・ドラマCD版では女性への裸体に興奮する事もあったが、web版・書籍版ではドライな反応を示している。 また、殺傷行為についての忌避感も特に感じなくなっている。 保護者としてのことは大事にしており、男性が近寄ってきたりすると「フランはやらん」とすぐに警戒する。 それ故に、フランの生命に関わる危険性を察知すると、途端に逃走を模索するなど普段と真逆のネガティブ思考を見せる(そして大抵の場合、フランの「まだ行ける!」という覚悟と気迫に根負けする)。 魔剣としての彼は、 『 伝説の存在である「」と呼ばれる知性を持つ武器である』 『 魔物の体内の「魔石」を吸収することで自己進化したり、倒した敵のスキルを習得することができ、取得、成長したスキルを装備者と共有することもできる』(後述も参照) ということ以外、詳細は不明。 ただし、書籍版第3巻終盤で、何らかの強大な力を持つ存在が封印されていることが明らかになっている。 伝説の武器である「 神剣」と呼ばれる世界最強クラスの武器たちには及ばないものの、後述の様々な能力から、web版では師匠の正体を知っている人から「 準神剣」と呼ばれるほど。 そのため、正体が下手にバレると、その希少価値から自分やフランが狙われる危険があるため、表向きはただの魔剣としてふるまっており、フラン以外で師匠の正体を知っているものはごく僅かである(大概はスキルなどで気付かれた、フランの危機などの緊急事態で止むを得ず正体を明かしたのいずれかに該当する)。 外見 刀身は白く輝く不思な金属で、三本の青い縦線が入っているのが特徴。 サイズに関しては、くらいに勘違いされる事もあるが、これは対比となるフランが小柄かつ、背中に背負うようにして運んでいるためで、実際は程度の大きさである。 鍔の部分に狼のエンブレムが彫り込まれており、漫画版ではここが顔として感情表現が描かれている。 もっとも、あくまでも漫画的表現であり、他者からはただの装飾としか映らない。 視界もこの辺りから発生しているようだが、生物的視覚ではないため、布などで覆っても視界を遮る事はできない。 また、自己再生スキルを持つため、破損しても魔力さえあれば元通りに再生する事が可能。 魔石吸収とスキル取得能力 魔物の体内に存在する魔石に刀身を突き立てる事でこれを吸収し、「魔石値」というポイントを溜める事ができる。 一定までポイントを溜める事で自己進化が発動され、能力が強化されたり、新たにスキルを取得する事ができる。 ちなみに、初期のころは 基本攻撃力が普通の鋼鉄製の剣以下だった。 魔石を吸収する際、その魔物が持っているスキルも取得する事ができ、メモリ上限内ならば自由に付け替えて使用できる。 そのため、膨大な数のスキルを戦局に応じて使い分け、あらゆる状況に対応する事ができる、まさに。 また、自己進化の際にはポイントを一定量獲得でき、これを消費する事でスキルのレベルアップや進化を行ったり、ボーナススキルを取得する事もできる。 なお、ポイントの振り直しはできない。 スキル共有 取得し、セットしたスキルを装備登録者にも共有して使わせる能力。 これにより、幼いフランでも熟練の冒険者ばりの戦闘能力を発揮する事ができるようになるが、何らかの事情で装備登録が解除されると、スキル共有も解除されてしまうのが二人の弱点である。 念動 手足に類する器官は持ち合わせていないが、「念動」のスキルを駆使する事で、自在に空を飛び、物を動かす事が可能。 特に最大限に魔力を込め、念動の力を爆発させる事で加速した体当たりは「 念動カタパルト」と呼称しており、ここ一番の必殺技として扱われている。 鑑定 いわゆるモノではお約束のステータス閲覧能力。 彼固有の能力ではないものの、習得には才覚に左右される比較的稀有なスキル。 また「神眼」や「魂魄眼」といった、特殊な上位スキルも複数確認されている。 アナウンスさん スキルの解説などをしてくれる謎の声。 名前は師匠が命名した。 後述の潜在能力解放のスキル発動時に活性化、一時的に自我を持ち、師匠本人に代わって魔剣の主導権を有して師匠一行を救うが、その代償として自我を完全に失い、アナウンス機能だけの存在になってしまった。 謎の男 時々、のような形で師匠の前に現れる謎の人物。 ごく短時間しか師匠と接触できないようで、その正体は不明だが、助言を与えたりして師匠を助ける。 装備者登録の固定 師匠の能力を応用したあるイレギュラーな方法でフランに「進化」を会得させた代償として、「混沌の女神」から掛けられた呪いのようなもの。 フラン以外が師匠を装備しようとすると罰が下る。 知らずに装備した場合は弱い雷に打たれるが、知っていてその上で装備した場合は混沌の女神に頭の中(もしくは魂)を破壊されて死ぬ。 たとえ呪いを信じなくても知っていれば対象となり、師匠を奪おうとした悪人に試しに渡したところ、 「お許しを!お許しを!--ごぶばぁ!」と絶叫し、目と口と鼻から大量の血を吹き出しショック死した。 ただし、装備しなければ発動しないので、触ったり持つ程度なら命の危険はない。 潜在能力解放 スキルの一つであるが、ここに記載する。 その名の通り潜在能力を解放してステータスを爆発的にあげるスキルだが、代償として生命力を急激に失い、長時間の使用は死に直結する。 さらには、効果終了後に、何らかの大きな代償を払う上に、その代償はランダムのため実際にその時が来ないとわからないと非常にリスクが高い。 師匠の場合は、上記のアナウンスさんの機能不全に加え、魔石値がゼロになり自己進化まで時間がかかるというものだった。 使用するには危険すぎるため、師匠はこのスキルをフランが使用することを固く禁じている。 その他多種多様なスキルを取得しているため、戦闘だけでなく生活面(主に料理)などでもフランを手助けしている。 また料理スキルが高い事もあって、フランのために現代日本の料理をふるまうことが多く、その一巻でこの世界にをもたらした張本人となってしまう。 関連タグ 関連記事 親記事 pixivision• 2020-07-16 18:00:00• 2020-07-16 17:00:00• 2020-07-15 18:00:00• 2020-07-15 17:00:00• 2020-07-14 18:00:00 人気の記事• 更新された記事• 2020-07-17 04:48:48• 2020-07-17 04:42:29• 2020-07-17 04:36:03• 2020-07-17 04:34:49• 2020-07-17 04:29:48 新しく作成された記事• 2020-07-17 04:28:37• 2020-07-17 04:29:48• 2020-07-17 03:16:27• 2020-07-17 01:30:20• 2020-07-17 02:39:45•

次の

【星のドラゴンクエスト(星ドラ)】「魔剣士ピサロを倒せ!(魔王級)」の攻略方法|ゲームエイト

魔剣伝説 セット機能解放

i:: 、:::::::::::ヘ:: ::::::: ト. 、 \ NAME:「黒夜 海鳥」 ::::::::::::::! l:l ヽ_:::::::: :::::::::::: l \ ヽ 属性:<星風>:(風の亜種属性、冷気運用が可能) 、:::::::::: i! ノ:::::::::::! ::::. :::::! イ:::::. <:: ::::. ::::. :::::::. 配送屋をしている猫亜人 ただし、純粋な亜人じゃない の冒険者で、と関係を持っている13歳。 とセットで<矛盾姉妹>(ミューチュアル・シスター)の2つ名を持つ。 その相方の絹旗は、機巧繰りの青年が所属する<アイテム>という5人組のパーティーで頑張っている。 まさかの柊のペット発言。 柊の猫好きはこのためなのか!?• 厄ネタ持ち。 魔法使いでベルとなんか被っていると視聴者から意見が出ており、成長して特色が出てくると期待。 さとりから厄い不吉なことを言われている。 実は抱き枕が無いと寝れない• 改築した柊ハウスに同居することになった。 <黒のキュレム>の適合者。 相方の絹旗は<白のキュレム>の適合者。 体の大部分を失い機械で補っているため、見かけよりも体重がある• BURSTを使用すると寿命が縮むがパワーアップ可能• 柊に喰われることで彼の翼になった• ヽヽ '. ;:;:;:;:. ヽニニ.. \ ヽ \. ヽ ヽ `ヽ. i;:;:;:. 肉体負荷がかかったものの、二日目配置可能。 ニニ〉_. : ://. : : :_//. : : : : : : : : : :. ` <> , 【保有装備】. ` <> , >魔具:「シルバー・クロス」. \\  ̄ ̄ ̄. \ : :. \\ 海鳥専用の接続式魔具。 \ : :. \\ 背中の擬似神経節と接続し、外部において魔法発動の出力口や \ : :. 生体レーダーによる視覚によらない認識能力は迷うことなく複数の敵を穿つ、マーキングを行なう。 NEW 「クイックセット」 行動において不必要な意識を遮断し、最適な行動を即座に可能とする意識操作技術。 <多重発動>・<簡略化詠唱>・<反動制御補助>を同時に可能とする。 「学習知識・運用」 <魔術>がなくても、魔術と同様の術式効率並びに現象を発動させる。 「コンバットセンス」 外的に埋め込まれた戦闘頭脳と内部に置換された強化神経によって常識を超えた 反応速度で行動する、貴方を蝕む幻獣は刹那の世界を生きていた。 「幻想舞踏」 瞬間的に種族限界を超えた能力、機能を発揮させ、現実を凌駕する幻想を行う。 「ニゲレイター」 殺意を持って生み出す黒ずんだポテンシャルの発現。 殺意によって黒のキュレムとしての力を解放し、通常状態では発揮しえない高密度の星風を行使する。 度重なる戦闘となによりも番いとなる黒の獣との戦いによって引きずり出された技。 使い続ければ神経が殺意に侵され、思考すらも殺戮に狂うだろう。 NEW 「星風」 星に属する風を運用させる、大気圧、温度変更、ただの風には出来ない魔法を生み出す。 撃ち据えられた場所は凍てつき、手足は千切れ、砕け散る異能現象。 ボンバーランスを応用した防御能力であり、 瞬間的にあらゆるダメージを軽減する代わりに自身が反動を受ける自爆防壁。 「一人ぼっちは悲しいもんな」 救いの対象を見つけた場合、それにあらゆる全てを賭けて、走り抜けることが出来る。 それは恐怖を振り切り、勇気を振り絞る、選択である。 「夜天支配」 ヤテンシハイ バースト状態、黒のキュレムとしてのポテンシャル。 発揮した自身周囲のマナを星属性に擬似感応支配下に納めることが出来る。 星属性であれば支配力に劣るものであればその制御すらも奪い取り、己の制御エネルギーに加える。 NEW 「天に等しきもの」 低確率(低確率)で攻撃を無効化する。 それは生態系の頂点となりえるポテンシャルが生み出す超常能力と理不尽、 天には容易く届きはしない。 NEW 「黒銀翅」 BURST状態に生み出されるシルバークロスの原型であり、そのオリジン。 変異再現されたキュレムの翼があればシルバークロスは必要すらなく、電磁力と大気圧力によって空すら舞う。 NEW そのほか 【ポケモン技<フリーズボルト>・<シャドーボール>・<シャドークロー>etcetc】 「クイックネス」 熟練と研ぎ澄まされた異能酷使により発現した電速反応速度、 戦闘開始時に意識の差違に関係なく瞬く必要すらなく動き始めることが出来る。 もはや戦闘と日常の差違に差などない 【迎撃体勢】 NEW 「獣化肢体」 本来生物種が持つ筋肉や骨格などと置換されたものに置き換わっているため、 体格からは考えられない筋力を発揮することが出来、体重が増している。 定期的なメンテが必要となり、怠れば性能は劣化する。 もはや大人にはなれない、多分。 「幻獣・人」 貴方は幻想の中にいる獣であり、人の中にいる幻想である、我が身のあり方を決めるのは己の心であり 貴方が大切に思う家族だけだ、それと一緒に行動する限り理性が強化され、強くなれる。 嗜好対象がいなければ性衝動が上昇、 嗜好対象が存在する場合、意志力が低ければ襲い掛かる(性的に) 「貞淑」 処女を奪った相手を意識し、依存する。 NTR不可能 「飼い猫」 飼い主がいる場合、一途にそれへと甘える。 個人的トラウマ及び恐怖などのペナルティが軽減される、 依存する、性格がポジティブに傾いていく。 「銀剣の翼」 己が醜さを曝け出し、それでも己を捧げたいと弱さを克服した彼女に与えられた心の剣。 互いの魔剣と魔翼との感応によって霊体情報の一部が常に共鳴しており、彼女の孤独を埋め続ける。 , ヽ: ヽ! : :! : :! \: : \. /:/! : : : : :Y 「獣人」 獣人であり、魔具による身体能力上昇に制限、種別によって各種機能が極めて高くなる。 「魔法使い」 <魔法>が使える。 「強化人間」 人為的な強化、改造手術が施された存在である。 魔力運用並びに身体能力が上昇している。 「矛盾姉妹」 貴方には相棒がいる、それとのコンビネーションを持っており、狂うことなく連携行動を可能とする。 「BURST」 人体との融合、侵食が可能なモンスターと特性及び能力と合成された キュマイラ繋がれた者。 モンスターの特性及びスキル、属性を取得する。 変身能力【BURST】を有する。 「メガバースト」 本来持ちえる生物の限界性能を凌駕し、さらなる上位次元へと進化した魔人化。 あるいは変異種。 本来もちえるあらゆる性能を全て数段階に上昇し、固有能力をも発現する。 【現在それに変身するには???????ストーン???】 「星風」 星に属する風を運用させる、大気圧、温度変更、ただの風には出来ない魔法を生み出す。 「クイックターゲッティング」 目にも止まらぬ速度での複数認識、及び射撃対象へのセッティング能力。 生体レーダーによる視覚によらない認識能力は迷うことなく複数の敵を穿つ、マーキングを行なう。 「コンバットセンス」 外的に埋め込まれた戦闘頭脳と 内部に置換された強化神経によって常識を超えた反応速度で行動する、 貴方を蝕む幻獣は刹那の世界を生きていた。 「魔弾の射手」 強化された認識機能が囁きかける、高速で敵対存在へと射撃物を命中させる。 ボンバーランスを応用した防御能力であり、 瞬間的にあらゆるダメージを軽減する代わりに自身が反動を受ける自爆防壁。 物理的障害を弾き散らす磁力の壁であり、 魔法を構築する術式との結合をその磁場製によって歪め、あるいは焼き払い、 その特性を破損させる絶対防壁。 伝説の雷は資格無き者を近付けさせず、地へと叩き落す。 このサイズにおける生物にとっては規格外であり、 彼女が生み出したゼクロムの元となった生命因子の発現出力、 全ては貴方から生み出された生命の燐光であり、 星々の輪転に酷似した性質を持つ。 物理的な圧力すら与えるそれは半径十数、 最大支配においては周囲数十メートルの電磁力を束ねて支配する。 現時点世界においてこのテラボルテージを超える同質能力は彼女が生み出したゼクロムと終焉の極致のみ。 「謡う銀翅」 メガBURSTによって進化した彼女の翼。 既に物質的な外殻ではなく、僅かに残された神経糸にそって空気中のマナが収束、 珊瑚の胞子のように凝固し、淡い光を放つ透明な翅として形成されたもの。 彼女の神経と直結したマナ制御端末であり、 直結した神経への刺激は既に激痛を超えて 過負荷なる快楽を彼女の脳に与えており、呼吸すらも少女の脳を沸き立たせる喜びとなっている。 空を彩る彼女の薄絹のドレスは触れるものを許さない。 翅に頼らず空を駆ける。 「????」 その他にもポテンシャルが存在するようだが??? 「神に等しきもの」 低確率(ていかくりつ)で攻撃を無効化する。 領域内を支配し、あるいは超越したポテンシャルによって あらゆる状況であろうともを防ぎ得る力と異能を持ちえる存在。 例え手足を失おうともそれ以外の何かでそれを無意味とかし、 絶望を持って立ちふさがる、それが神の領域だ。 「クイックネス」 熟練と研ぎ澄まされた異能酷使により発現した電速反応速度、 戦闘開始時に意識の差違に関係なく瞬く必要すらなく動き始めることが出来る。 もはや戦闘と日常の差違に差などない【迎撃体勢】 「強化感覚」 親から受け継いだ特質と改造強化による鋭利な感覚を保有している。 本来の獣人にも引けは取らない。 「獣化肢体」 本来生物種が持つ筋肉や骨格などと置換されたものに置き換わっているため、 体格からは考えられない筋力を発揮することが出来、体重が増している。 定期的なメンテが必要となり、怠れば性能は劣化する。 もはや大人にはなれない、多分。 「幻獣・人」 貴方は幻想の中にいる獣であり、人の中にいる幻想である、 我が身のあり方を決めるのは己の心であり貴方が大切に思う家族だけだ、 それと一緒に行動する限り理性が強化され、強くなれる。 嗜好対象がいなければ性衝動が上昇、嗜好対象が存在する場合、意志力が低ければ襲い掛かる(性的に) 「貞淑」 処女を奪った相手を意識し、依存する。 NTR不可能 「飼い猫」 飼い主がいる場合、一途にそれへと甘える。 個人的トラウマ及び恐怖などのペナルティが軽減される、 依存する、性格がポジティブに傾いていく。 「銀剣の翼」 己が醜さを曝け出し、それでも己を捧げたいと弱さを克服した彼女に与えられた心の剣。 互いの魔剣と魔翼との感応によって霊体情報の一部が常に共鳴しており、彼女の孤独を埋め続ける。 【彼女の剣が折れない限り、彼女は独りじゃない】.

次の