ベンザ ルコ ニウム 塩化 物 効果。 オスバンS(ベンザルコニウム塩化物液)の毒性、殺菌力、使用期限について

健栄製薬

ベンザ ルコ ニウム 塩化 物 効果

滅菌製精水での希釈でも24Hでの交換が望ましいです >>>>想像ですが、洗面器付け置き方式は、当然、交換が必要になると思います。 空気接地面が多く、使わなくても、時間経過後の能力が落ちます。 エタノール製剤はコストが高くオスバンで十分な箇所はオスバンに切り替えたいと考えています。 同じ理由でオスバンウォッシュも自分でオスバン希釈液を作り使用を考えています。 >>>>オスバンウオッシュをオスバンで作るのは、ほとんど同じですので、問題は少ないでしょうが、 エタノール製剤をゼロにするのは、危険かと思われます。 次亜鉛素酸ナトリウムは、化学的には、食塩になって無害といいながら、かなり食材を痛め、現在の辛めの風味を流通させている根源ですし、オスバンは、指摘があるように、細菌レベルしか効果が無い薬品です。 もっとも良いのは、手指ブラシで、流水で洗うというのと、エタノール消毒という、戦前の病院の感じなんですが、エタノール臭を考えると、アルコール系消毒製剤は、最後には、必要だと思われます。 企業として、オスバンが、一番低コストという着眼は良いのですが、オスバンが、万能でないこと。 使い方を誤ると、逆性石鹸は、効果が薄いこと。 調理途中など、時間のないときは、結局、アルコール系に頼らざるを得ないことを考えてください。 HASAPなどは、最終は、食味というもっとも重要なものを無視していますので、歴代の味の良さを捨てることになります。 欧米の味覚、感覚で、食品衛生を考えると、日本の食事自身が死滅します。 A ベストアンサー ちょっとずれた話になってしまいますが、私は犬を飼っていますので犬まわり ゲージや床など の拭き掃除にオスバンを使っています。 オスバンといっても、薬局ではたくさんの種類がありますよね。 私は濃度の高い? つまり瓶の中身を云々というのは誤解を生じますので、塩化ベンザルコニウムを0. 2~0. 有効成分が揮発性なエタノールでしたらいいのでしょうが、口に入るようなものでしたらやはり使用は避けたほうがいいように感じています。 まな板もたとえば野菜用とかでしたらエタノールでもいいかなという気もしますが肉などを切るようなものでしたらそれでは不十分にも感じます。 2の参考URLの具体的な使用例にもありますように漂白剤を使用したほうがいいのではないでしょうか。 Q 納戸のネクタイがカビ臭くなってしまい困っています。 数が膨大なためクリーニングに出すことも憚られ、今は取りあえず天日に干しています。 ここで殺菌・消臭のため、オスバン(塩化ベンザルコニウム液)希釈液をスプレーしようと思うのですが、、、 塩化ベンザルコニウムには揮発性がないと聞きました。 つまり、ネクタイにはオスバンの成分が残留することになります。 そのまま使っても大丈夫でしょうか? それとも、後からすすぎ洗いをしなくてはならないでしょうか? ネクタイ内部のカビにも作用するよう、オスバンは相当量をスプレーしようと思っています。 この成分の残留が人体に悪いようであれば、すすぎは必須と思われますが、 どうせすすぐのであれば、最初から手洗いしてしまう方が早いような気もします。 とかくクリーニングに出すことが躊躇われるネクタイ。 手軽で確実なお手入れの方法が分かると、多くの方が喜ばれると思っています。 できれば経験則ではなく、科学的根拠のあるご回答をお待ちしております。 どうぞよろしくお願いいたします。 Q 次の3つの中でカビ菌に対して殺菌効果の高い順に教えて下さい。 消毒用エタノール、2. 逆性石鹸(塩化ベンザルコニウム)、3. 酸素系漂白(ワイドハイターなど) 北側の部屋の窓際のじゅうたんがカビで真っ黒の状態なので、健康上の理由からカビ退治をしようと考えています。 手順としては上記3つのいずれかで殺菌の後、チアベンタゾニウム(カビのガード)などの防カビ剤をスプレーしようと思っています。 kabikyo. html ) 漂白作用が強いので次亜塩素酸ナトリウムは使えません。 カビ菌は真菌で糸状菌というのをあるページで見かけたのですが、逆性石鹸でも効果はあるのでしょうか? 安全性も高いらしいので塩化ベンザルコニウムを50倍くらいに希釈して使用できれば安価に殺菌できてベストなんですが、既にカビ菌で真っ黒な状態のじゅうたんに効果はあるのでしょうか?(カビで真っ黒なじゅうたんは有機物汚染されてる状態なのでしょうか?)。 消毒用エタノール、2. 逆性石鹸(塩化ベンザルコニウム)、3. 酸素系漂白(ワイドハイターなど) 北側の部屋の窓際のじゅうたんがカビで真っ黒の状態なので、健康上の理由からカビ退治をしようと考えています。 手順としては上記3つのいずれかで殺菌の後、チアベンタゾニウム(カビのガード)などの防カビ剤をスプレーしようと思っています。 kabikyo. html ) 漂白作用が強いので次亜塩素酸ナトリウム... Q 手軽な「洗剤」として消毒用エタノールを便利に使っております。 砂糖や塩に使用期限がないことは知られていますが、消毒用エタノールも、少なくとも未開封であれば使用期限はないと思っていました。 ところが、手元にある品物をよく見ると「使用期限 2009年12月」の文字が。 この品物は1年ほど前に買ったと思いますので、恐らく使用期限を製造後4年に設定しているものと思われます。 質問ですが、 1. 消毒用エタノールは経年劣化するものなのか?無水エタノールならどうか? 2. 経年劣化すると何が変わるのか? です。 よろしくお願いします。 A ベストアンサー 薬局にこんなの売ってます。 「塩化ベンザルコニウム/オスバン」というもので500mlくらいで、900円くらい。 逆性石けん(石けんではない。 消毒液です。 )なのですが、キャップ1杯を洗面器にいれ、お水でうすめます。 液の値段に対して、コストはいいです。 これを、お風呂掃除の*仕上げ*に床や壁にまきます。 うちは、ユニットバスではないので、すぐ、カビが。。。。 なので、毎晩まきます。 時間がないときは(たまに)、まんべんなく水まきをしたあとに、この消毒液だけまいておわり、なんてこともあります。 洗面器や歯ブラシも、この薄め液でつけ置き消毒すれば、ぴかぴかです。 キッチンも、まな板や包丁、布巾など消毒。 トイレも拭き掃除にこれです。 病院や保育施設、などで、手洗い後の仕上げで皮膚にも使われるものです。 カビキラーなど、コストも臭いもいいとは思いませんので、いちど、この消毒液を。。。 おすすめです。 家庭用で使ってる人はあまりいないのですが、どの家庭にもおすすめです。

次の

ノンアルコール除菌シートにも使用される「塩化ベンザルコニウム」の効果と使い方、アルコール除菌との違いは?

ベンザ ルコ ニウム 塩化 物 効果

次亜塩素酸水とベンザルコニウム塩化物液についての質問です。 エタノール不足の今日この頃、次亜塩素酸水生成器を購入しました。 これを霧吹きに入れて手指消毒に使おうと思っています。 併せてベンザルコニウム塩化物液も希釈調合して使用した場合、 除菌・消臭効果に違いが現れるのでしょうか。 調合することによってWinWinであれば、手軽に使える除菌スプレーとして使用したいと思います。 ご教授のほど、よろしく願います。 補足すみません、補足です。 私が知りたいのは、ベンザルコニウム塩化物液を調合した場合による次亜塩素酸水の変質や変化での除菌効果減などがあるかどうかです。 10日に政府が次亜塩素酸水について「手指の消毒に活用することについての有効性が確認されていない」と答弁があり次亜塩素酸水自体についても疑問に思いました。 また、ベンザルコニウム塩化物液についてもエンベロープを持つコロナウイルスに対しては効果が薄い または効果なし とのエビデンスも見られ、実際分からないことだらけなので質問してみました。

次の

オスバンS

ベンザ ルコ ニウム 塩化 物 効果

消毒対象物に血液などの有機物が付着していると、消毒剤の殺菌効果に影響を与えることがある。 付着・混入する有機物としては血液のほか、血清、体液成分、分泌物、喀痰、糞便、膿、吐物、各種界面活性剤などがある。 これらにより殺菌力が減弱される消毒剤の使用に際しては、その殺菌効果を十分発揮させるため、消毒開始前に血液などの有機物による汚染をできるだけ洗浄し除去しておく必要がある。 有機物などにより殺菌力が減弱されやすい消毒剤・減弱されにくい消毒剤を表1に示す。 また、ベンザルコニウム塩化物、ベンゼトニウム塩化物、アルキルジアミノエチルグリシン塩酸塩、クロルヘキシジングルコン酸塩などは、石けんの存在によっても殺菌力が減弱されやすいため注意が必要である。 適切な濃度で使用しても作用時間が十分でなければ期待どおりの効果は得られない。 消毒剤が殺菌効果を発揮するためには、微生物に対してある一定の接触時間が必要である。 必要な消毒時間は消毒剤、対象微生物などにより異なり、一般に作用時間が長いほど殺菌効果は良くなるが、副作用の発生が起こることがある。 なお、濃度が低く、温度が低いほど作用時間を延長する必要がある。 また、消毒剤の殺菌効果は作用温度によって変化する。 一般に温度が高いほど殺菌力は強くなり、温度が低いほど殺菌力は弱くなる。 表3.pHにより殺菌力に影響を受ける消毒剤 消毒剤 至適pH pHの影響 グルタラール 弱アルカリ性 アルカリ性で殺菌力強く、酸性で殺菌力減弱 過酢酸 酸 性 酸性で殺菌力強く、アルカリ性で殺菌力減弱 フタラール 中 性 アルカリ性で殺菌力減弱 次亜塩素酸ナトリウム 中性~弱アルカリ性 酸性で殺菌力強く、アルカリ性で殺菌力減弱 ポビドンヨード 弱酸性 酸性で殺菌力強く、アルカリ性で殺菌力減弱 ヨードチンキ 弱酸性 酸性で殺菌力強く、アルカリ性で殺菌力減弱 フェノール 酸 性 酸性で殺菌力強く、アルカリ性で殺菌力減弱 ベンザルコニウム塩化物 中性~弱アルカリ性 アルカリ性で殺菌力強く、酸性で殺菌力減弱 ベンゼトニウム塩化物 アルキルジアミノエチルグリシン塩酸塩 弱アルカリ性 弱アルカリ性で殺菌力強く、酸性、アルカリ性で殺菌力減弱 クロルヘキシジングルコン酸塩 弱酸性 アルカリ性で殺菌力減弱 消毒薬の基礎•

次の