デイブ フロム。 水曜日名物・陰謀コーナー、2度めの出演【InterFM897 The Dave Fromm Show】|宙星祝屋 若夏(そらほぎや わか)

DAVE FROMMとは

デイブ フロム

来歴・人物 [ ] 父親はのエルウッド・フロムで、母親は日本人のハーフ。 父・エルウッドは北海道をはじめ日本各地でとして活動した人物。 生まれは。 幼少期から日本とアメリカの両国で過ごし、日本では北海道や東京都調布市などのインターナショナルスクール()、アメリカでは高校から大学時代()を主に過ごす [ ] [ ]。 日本にて外資系音楽機材メーカーの営業社員を経て、その声の良さをに見出されに所属、ラジオDJやを始める [ ]。 2003年より続く『』では、卓越したトークとユーモア、優れた選曲での看板DJとして活躍中。 番組内で相棒となるとの掛け合いトークは、幅広い層のリスナーを獲得し、多くの有名ミュージシャンたちからも支持されている。 2017年2月に催された番組イベントでは、のタイムフリーレーティング調査にて局内トップ聴取率であったことが発表された [ ] [ ]。 『LEON』編集長のが創刊したファッション雑誌『GG』にて2017年7月号よりモデルとして活動。 180㎝を超える身長とその容姿により、仕事で訪れていたゴルフイベント会場にてスカウトされたことがモデルデビューのきっかけとなる。 趣味はゴルフ、野球観戦(とのファン)。 二人の娘を持つシングル・ファーザーで、次女はモデルの。 出演 [ ] ラジオ [ ]• 「ANTE MERIDIAN」• 「City Lights」• 「Harbor lights」• 「Hypersonic」 FM横浜• 「Midnight Cruise for Lovers」 2007年4月 - 、• 「SUNSET DRIVE」 FM横浜• 「THE NITE」 FM横浜• 「THUNDER STORM」 - 2003年3月31日、FM横浜• 「WHAT'S UP YOKOHAMA」 FM横浜• 「The Dave Fromm Show」 2003年4月1日 - 、• 「セッション2009」 2004年10月 - 、 、オープニングナレーション• 「ヨコハマ・ソウル・トレイン」 FM横浜 番組ナレーション [ ]• 「GOLF NOW」• 「Making the video」• 「NEWS ZERO」 、コーナータイトル• 「ZiP! 」 NTV、コーナータイトル• 「おすぎのシネバラ! 「たけしの誰でもピカソ」 TX• 「ガールズ・ライク・マネー! 」 2009年2月 - 、NTV• 「ゴルフ14本の美学」 TX• 「ゴルフトーナメント」 TX、オープニングNa• 「シネ通! 」 TX• 「ジャングルTV」• 「スクールLIVE SHOW」 2012年4月 - 、、オープニングNa• 「スポルト」 、サウンドロゴ• 「ズームインSUPER」 NTV、コーナータイトル• 「ディズニーLIVE! ミッキーとハッピーバースディ くまのプーさん」• 「ワールドカップバレー」 CX、タイトルコール• 「中田英寿 僕が見た、この地球。 」 NTV• 「催眠の森」 NTV• 「朝までROCK YOUギリギリまる生QUEEN祭り」 NTV• 「来日直前特番 WE WILL ROCK YOUがやってくる」 NTV• 「東京JAZZ」• 「歌スタ」 - 2010年3月、NTV• 「番宣」• 「番宣まつり」• 「穐吉敏子ジャズオーケストラ」 NHK• 報道特番「ACTION2009」 NTV 雑誌 [ ]• GG(GGメディア)レギュラーモデル(2017年7月号 - ) その他 [ ]• アルバム「440Hz with〈LIFE OF JOY〉」(2020年2月29日、エムアイティギャザリング) - 5曲目「ねぎねぎフルフル」に参加 脚注 [ ]• 2017年2月12日 イベント「陰謀バレンタイン」にて• 2017年9月22日、The Dave Fromm Show放送分、本人発言より 外部リンク [ ]• - チャンネル• davefrommchannel -• DFS897 - この項目は、一般(・・・以外のなど)に関連した です。 などしてくださる()。

次の

ジョー横溝

デイブ フロム

来歴・人物 [編集 ] 父親はのエルウッド・フロムで、母親は日本人のハーフ。 父・エルウッドは北海道をはじめ日本各地でとして活動した人物。 生まれは。 幼少期から日本とアメリカの両国で過ごし、日本では北海道や東京都調布市などのインターナショナルスクール()、アメリカでは高校から大学時代()を主に過ごす [ 要出典] [ 出典無効]。 日本にて外資系音楽機材メーカーの営業社員を経て、その声の良さをに見出されに所属、ラジオDJやを始める [ 要出典]。 2003年より続く『』では、卓越したトークとユーモア、優れた選曲での看板DJとして活躍中。 番組内で相棒となるとの掛け合いトークは、幅広い層のリスナーを獲得し、多くの有名ミュージシャンたちからも支持されている。 2017年2月に催された番組イベントでは、のタイムフリーレーティング調査にて局内トップ聴取率であったことが発表された [ 要出典] [ 出典無効]。 『LEON』編集長のが創刊したファッション雑誌『GG』にて2017年7月号よりモデルとして活動。 180㎝を超える身長とその容姿により、仕事で訪れていたゴルフイベント会場にてスカウトされたことがモデルデビューのきっかけとなる。 趣味はゴルフ、野球観戦(とのファン)。 二人の娘を持つシングル・ファーザーで、次女はモデルのパトリシア希美。 出演 [編集 ] ラジオ [編集 ]• 「ANTE MERIDIAN」• 「City Lights」• 「Harbor lights」• 「Hypersonic」 FM横浜• 「Midnight Cruise for Lovers」 2007年4月 - 、• 「SUNSET DRIVE」 FM横浜• 「THE NITE」 FM横浜• 「THUNDER STORM」 - 2003年3月31日、FM横浜• 「WHAT'S UP YOKOHAMA」 FM横浜• 「The Dave Fromm Show」 2003年4月1日 - 、• 「セッション2009」 2004年10月 - 、 、オープニングナレーション• 「ヨコハマ・ソウル・トレイン」 FM横浜 番組ナレーション [編集 ]• 「GOLF NOW」• 「Making the video」• 「NEWS ZERO」 、コーナータイトル• 「ZiP! 」 NTV、コーナータイトル• 「おすぎのシネバラ! 「たけしの誰でもピカソ」 TX• 「ガールズ・ライク・マネー! 」 2009年2月 - 、NTV• 「ゴルフ14本の美学」 TX• 「ゴルフトーナメント」 TX、オープニングNa• 「シネ通! 」 TX• 「ジャングルTV」• 「スクールLIVE SHOW」 2012年4月 - 、、オープニングNa• 「スポルト」 、サウンドロゴ• 「ズームインSUPER」 NTV、コーナータイトル• 「ディズニーLIVE! ミッキーとハッピーバースディ くまのプーさん」• 「ワールドカップバレー」 CX、タイトルコール• 「中田英寿 僕が見た、この地球。 」 NTV• 「催眠の森」 NTV• 「朝までROCK YOUギリギリまる生QUEEN祭り」 NTV• 「来日直前特番 WE WILL ROCK YOUがやってくる」 NTV• 「東京JAZZ」• 「歌スタ」 - 2010年3月、NTV• 「番宣」• 「番宣まつり」• 「穐吉敏子ジャズオーケストラ」 NHK• 報道特番「ACTION2009」 NTV 雑誌 [編集 ]• GG(GGメディア)レギュラーモデル(2017年7月号 - ) その他 [編集 ]• アルバム「440Hz with〈LIFE OF JOY〉」(2020年2月29日、エムアイティギャザリング) - 5曲目「ねぎねぎフルフル」に参加 脚注 [編集 ]• 2017年2月12日 イベント「陰謀バレンタイン」にて• 2017年9月22日、The Dave Fromm Show放送分、本人発言より 外部リンク [編集 ]• DFS897 -• などしてくださる()。

次の

【InterFM897 The Dave Fromm Show】陰謀コーナーに出演しました|宙星祝屋 若夏(そらほぎや わか)

デイブ フロム

人物・来歴 [ ] 大学卒業後に様々な職種(塾講師、フォークリフトオペレーターなど)を経て、アメリカ合衆国カリフォルニア州にてアパレル業に従事する。 帰国後、雑誌「Rolling Stone 日本版」のライターに転身。 の「」への出演をきっかけに同番組のレギュラーDJに抜擢。 番組メインDJのとの掛け合いでは、ライターとは思えぬ軽妙洒脱なトークスキルを見せ、番組に欠かせないキャラクターとして活躍中。 の大ファンであり、同番組内では「ガンジャマン」の愛称を持つ。 原発、冤罪問題、死刑制度など多岐に渡る取材や社会活動を展開し、イベント及びシンポジウムの司会やジャーナリストとしても活躍中。 ではMC、運営などにも携わる。 2017年よりにて連載開始。 出演 [ ]• 「」(、2003. 01 - )• 「木下グループ Love On Music」(InterFM、2015. 04 - )• 「ジョー横溝チャンネル」(、2017. 02 - ) 著書 [ ]• 『timeless piece 未来にのこしたい仕事 P-Vine Books 』(2009年)•

次の