アカメ が 斬る エスデス。 アカメが斬る! 24話 感想 最終回!エスデスとアカメ 最後の戦い!平和が訪れた帝国!【アニメ】

エスデス(アカメが斬る!)

アカメ が 斬る エスデス

[chapter:エスデス「タツミ、お前を呼んだのは他でもない」] タツミ「呼ばれたんじゃなくて、見つかっただけなんですが」 エスデス「私は支配する側でいたい」 タツミ「はあ・・・それで」 エスデス「つまり、この漫画のタイトルも私好みに変える!」 タツミ「うわ、またえらくメタな発言を」 エスデス「という訳で行くぞ、タツミ、勝った暁にはタツミの名前もタイトルに入れるぞ」 タツミ「良いなあ、それも・・・て違う違う。 俺はそんな下らない事に力を貸す気も無いし、あんたを認めてねえ」 エスデス「フフフ、それでこそ染め甲斐がある。 だが拒否権は無い。 何故なら私とお前のタイトルでもう考え済みだからだ。 」 タツミ「はーなーせー」 エスデス「フフフ、なんだかんだ言ってもやはり、私に付いてくるのだ。 やはりタツミ、お前も私のことを・・・」 タツミ「貴女が無茶な事しないか、止めるためです」 エスデス「どうやら向こうの方から来たようだな」 [newpage] [chapter:第?ラウンド] ナジェンダ「久しぶりだな、エスデス」 エスデス「ナジェンダ、そこをどいてもらおう」 ナジェンダ「悪いが、お前の好きなようにはさせない。 今ここで決着を着けてやる。 タツミお前はどっちの味方をするんだ」 エスデス「馬鹿な事を聞くな。 お前のような年増に私のタツミが味方をする訳ないだろう」 ナジェンダ「ムッカー、お前も直ぐに私の年になるんだよお、ラバック。 このどS小娘を血祭りに上げるぞ」 ラバック「ナジェンダさん、やってやりましょう。 おい、タツミお前もだ」 タツミ「うお!なんで俺もなんだよ?」 ラバック「お姉さんキラーのお前を全国の姉萌ウン万十人の男性諸氏に変わって俺が成敗してやる」 タツミ「な!お前こそ、好きな女がいる癖に他の女の風呂覗きに行きやがって、その軟派な所叩きのめしてやる」 エスデス「ハッハッハ、私とタツミに勝てる訳無いだろ。 タツミに免じて今回は見逃してやる。 おばさんは引退しろ」 ナジェンダ「ラバック止めるな。 刺し違えてでもこの女を殺す。 帝国もナイトレイドも関係無い、とにかく殺すー」 ラバック「ナジェンダさん落ち着いて。 ここは引きましょう」 ナジェンダ「うがー」 タツミ「・・・・・・」 [newpage] [chapter:最終ラウンド] レオーネ「来たな、どS女!」 エスデス「ほお、この殺気、いつぞやの尻尾巻いて逃げた負け犬ではないか」 レオーネ「やかましい、あん時はお前が背後に罠を張ってたからだ・・・と、タツミ、お前はこっちに来るよな?」 アカメ「もしかして、エスデスを好きになったか」 エスデス「ふむ、ナイトレイド随一の剣の使い手アカメか、敵にしておくのは惜しい奴だな」 タツミ「ちがーう、俺は絶対裏切らねえ。 ただこの人がやり過ぎないように見張っているだけだ」 エスデス「つまり、生涯私と共に歩むという事だ」 タツミ・レオーネ「ちがーーう」 エスデス「照れる事は無いぞタツミ」 レオーネ「やい、S女。 タツミは将来が楽しみで私が先に唾付けたんだ。 お前なんかに渡さない」 エスデス「・・・それは、聞き捨てならんな。 だがお前の愛より私の愛の方が勝る!」 レオーネ「何!」 エスデス「未来のタツミだけでなく、私は今のタツミも好きだからだ!」 レオーネ「やっぱりショタだ、この女!」 アカメ「・・・ねえ、いつまで話してるの」 エスデス「タツミ、お前の願いでもあの女だけうっかり殺してしまうかもしれんが良いだろ?」 タツミ「駄目ですって」 アカメ「結局タツミはどっちの味方をするの?」 エスデス「下がっていろ、タツミ。 こんな奴ら私一人で十分だ」 [newpage] [chapter:エスデス敗北] レオーネ「覚悟しろ、S女。 あの世でお前に殺された人達に詫びろ」 アカメ「止めはレオーネに任せる」 タツミ「待ってくれ」 レオーネ「タツミ止めるな」 タツミ「こいつのやって来た事は確かに許せないけど、これから変われるかもしれないだろ?」 アカメ「死んだ者は帰らない、その女も今まで好きにやってきた。 これから変わっても今までの罪は消えない」 エスデス「タツミ、その者の言う通りだ。 私は変わる気は無い。 今ここで死んでも私が弱かった・・ただそれだけだ」 タツミ「・・・判った。 なら俺も一緒に殺してくれ」 レオーネ「何を馬鹿な、本気で言っているのか」 エスデス「よせ、タツミ。 同情はいらん、お前まで死なず、生きて強くなれ」 タツミ「この人には世話にもなった。 憎いが憎みきれない所もある。 そんな人を見殺しにするぐらいなら」 レオーネ「・・・タツミ。 ・・・判った。 後悔は無いな。 やっぱりお前は殺し屋になりきれない優しい男だったよ。 お姉さんが心配した通りになった。 ・・・アカメ頼む」 アカメ「・・・残念だタツミ。 けどお前らしい。 ・・・喜べエスデス。 苦しめて殺したかったがタツミに免じて一刺しで終わらせる」 エスデス「・・・フ。 ・・・タツミ、生まれ変わったら私はお前が望む女になりたい」 ・・・・・・ レオーネ「二人して良い顔してるな。 この女は本当色々苦しめてやりたかった・・・タツミ、私はお前が嫌いだ、お前の事なんかもう二度と思い出すもんか、畜生」 アカメ「・・・レオーネ、行こう。 まだ帝国の残存勢力が残っている」 レオーネ「アカメ、あんたもその顔拭きな」 [newpage] [chapter:エスデス勝利。 ] レオーネ「ク・・・ここは一旦引くぞ、アカメ」 アカメ「二人がかりでも無理か・・・」 エスデス「ははは、これで私達に逆らう者はいないぞ、タツミ。 さあ、共に戦い、蹂躙してまわるぞ。 私の右腕に、いやお前は私の伴侶だ。 」 タツミ「・・・せえ」 エスデス「ん?どうした。 よく聞こえないが」 タツミ「うるせえ!!」 エスデス「ど、どうしたタツミ、私は何か気に障る事で言ったか」 タツミ「前に言った事覚えてねえのかよ、あんたはそうやって他の人を虐げて楽しいのかよ。 なにが弱肉強食だ!自分だって生まれて直ぐに今の強さじゃなかったんだろ。 仲間がいて助けてくれる人がいて今の強さになったんじゃねえのかよ」 エスデス「タツミ・・・」 タツミ「そういう所も忘れて弱い奴は虐げられて当然だなんていう奴は俺は絶対に認めねえ」 エスデス「流石だな、タツミ。 そういう所にも目がいくとは私が惚れただけの事はある。 だが、今更私は私らしさを曲げる気は無い。 今まで通りの行動を変える気はないぞ、さあどうする」 タツミ「言っても聞かないなら、力づくでも止める」 エスデス「良いだろう、タツミ。 お前の力を見せてみろ」 [newpage] [chapter:エスデス勝利2] エスデス「フ、中々だったぞ。 そこまでとは先が楽しみだ。 タツミ、私の元で強くなれ。 敗者は勝者に従うものだぞ。 」 タツミ「く、お前の言いなりになるぐらいなら、力で抗えなくとも心までは屈しねえ・・・」 エスデス「!馬鹿止めろタツミ」 タツミ「何者にも屈しない気概をお前にみせてやる。 ・・・・・・・」 エスデス「・・・愚かだぞ、タツミ。 お前はもっと強くなれたはずだ。 弱いから死を選ぶのだ。 なのに何故だ。 勝ったのは私なのに負けた気分なのは。 力で従えられないものもあるか、 お前は私が惚れただけの事はある、本当に。 ・・・・・・・・・・・・」 [newpage] [chapter:タツミ勝利] タツミ「はあはあ、勝ったのか、あのエスデスに。 」 エスデス「・・・見事だ、タツミ、私の負けだ」 タツミ「じゃあ、もう蹂躙や帝国軍人も止めてくれ」 エスデス「良いだろう。 敗者は勝者に従うまでだ。 だが私らしさを曲げるのだ。 その代償はタツミにして貰うぞ。 」 タツミ「(モーレツに嫌な予感がする)何をすれば良い・・・?」 エスデス「約束通り、タツミは私を嫁にするのだ」 タツミ「いやいや、そんな約束してませんって」 エスデス「私が帝国を辞めると明日からの職を失う、という事はタツミに養って貰わねばならん」 タツミ「なんで養うの限定なんですか。 いやいや、それよりもエスデスさんなら傭兵とかなんでもあるでしょう」 エスデス「私は帝国軍人以外の仕事をする気は無い(キリッ!)それに私が辞めたら帝国の刺客が来るかもしれん。 二人でそいつらを苦しめ…あ、いや追い散らすのだ。 なんでそうなるんですか?俺はそんなの認めた覚えは無い、ハッ!それよりもタイトル変えるんじゃなかったんですか?」 エスデス「ああ、あれか。 ダーリンとデートする為の口実だ。 私はそんなものに関心は無い。 フフフ、それに判っているぞ。 ダーリンは年上の胸の大きい女にグイグイ引っ張られたら拒否できない性分なのを」 タツミ「だだだだ、誰がそんな事を!」 エスデス「ふむ、やはり私の勘は冴えている。 実際、私のつまらぬ提案に不満を言いつつも付いて来てくれたのだから。 ダーリンはこういう事に関してMなのだ。 やはり私達の相性は抜群なのだ」 タツミ「いいや、断じて違う。 俺の好みは黒髪幼馴・・」 エスデス「マイダーリンよ、口ではそう言いつつも現状を受け入れつつある心が見える。 という訳でとりあえずは二人の愛の巣に向かおう。 差し当ってこないだの無人島も良いな。 」 タツミ「はーなーせー」 エスデス「あ、その前に誓いのキスを、ん~ちゅ~」 タツミ「ちょちょちょちょっと待ったーー・・・んぐっ」 ラン「隊長上手くいったようですね、タツミ君とお幸せに。 これで貴女の代わりに隊長になり計画もやりやすくなるので宜しく」.

次の

アカメが斬る!

アカメ が 斬る エスデス

[chapter:エスデス「タツミ、お前を呼んだのは他でもない」] タツミ「呼ばれたんじゃなくて、見つかっただけなんですが」 エスデス「私は支配する側でいたい」 タツミ「はあ・・・それで」 エスデス「つまり、この漫画のタイトルも私好みに変える!」 タツミ「うわ、またえらくメタな発言を」 エスデス「という訳で行くぞ、タツミ、勝った暁にはタツミの名前もタイトルに入れるぞ」 タツミ「良いなあ、それも・・・て違う違う。 俺はそんな下らない事に力を貸す気も無いし、あんたを認めてねえ」 エスデス「フフフ、それでこそ染め甲斐がある。 だが拒否権は無い。 何故なら私とお前のタイトルでもう考え済みだからだ。 」 タツミ「はーなーせー」 エスデス「フフフ、なんだかんだ言ってもやはり、私に付いてくるのだ。 やはりタツミ、お前も私のことを・・・」 タツミ「貴女が無茶な事しないか、止めるためです」 エスデス「どうやら向こうの方から来たようだな」 [newpage] [chapter:第?ラウンド] ナジェンダ「久しぶりだな、エスデス」 エスデス「ナジェンダ、そこをどいてもらおう」 ナジェンダ「悪いが、お前の好きなようにはさせない。 今ここで決着を着けてやる。 タツミお前はどっちの味方をするんだ」 エスデス「馬鹿な事を聞くな。 お前のような年増に私のタツミが味方をする訳ないだろう」 ナジェンダ「ムッカー、お前も直ぐに私の年になるんだよお、ラバック。 このどS小娘を血祭りに上げるぞ」 ラバック「ナジェンダさん、やってやりましょう。 おい、タツミお前もだ」 タツミ「うお!なんで俺もなんだよ?」 ラバック「お姉さんキラーのお前を全国の姉萌ウン万十人の男性諸氏に変わって俺が成敗してやる」 タツミ「な!お前こそ、好きな女がいる癖に他の女の風呂覗きに行きやがって、その軟派な所叩きのめしてやる」 エスデス「ハッハッハ、私とタツミに勝てる訳無いだろ。 タツミに免じて今回は見逃してやる。 おばさんは引退しろ」 ナジェンダ「ラバック止めるな。 刺し違えてでもこの女を殺す。 帝国もナイトレイドも関係無い、とにかく殺すー」 ラバック「ナジェンダさん落ち着いて。 ここは引きましょう」 ナジェンダ「うがー」 タツミ「・・・・・・」 [newpage] [chapter:最終ラウンド] レオーネ「来たな、どS女!」 エスデス「ほお、この殺気、いつぞやの尻尾巻いて逃げた負け犬ではないか」 レオーネ「やかましい、あん時はお前が背後に罠を張ってたからだ・・・と、タツミ、お前はこっちに来るよな?」 アカメ「もしかして、エスデスを好きになったか」 エスデス「ふむ、ナイトレイド随一の剣の使い手アカメか、敵にしておくのは惜しい奴だな」 タツミ「ちがーう、俺は絶対裏切らねえ。 ただこの人がやり過ぎないように見張っているだけだ」 エスデス「つまり、生涯私と共に歩むという事だ」 タツミ・レオーネ「ちがーーう」 エスデス「照れる事は無いぞタツミ」 レオーネ「やい、S女。 タツミは将来が楽しみで私が先に唾付けたんだ。 お前なんかに渡さない」 エスデス「・・・それは、聞き捨てならんな。 だがお前の愛より私の愛の方が勝る!」 レオーネ「何!」 エスデス「未来のタツミだけでなく、私は今のタツミも好きだからだ!」 レオーネ「やっぱりショタだ、この女!」 アカメ「・・・ねえ、いつまで話してるの」 エスデス「タツミ、お前の願いでもあの女だけうっかり殺してしまうかもしれんが良いだろ?」 タツミ「駄目ですって」 アカメ「結局タツミはどっちの味方をするの?」 エスデス「下がっていろ、タツミ。 こんな奴ら私一人で十分だ」 [newpage] [chapter:エスデス敗北] レオーネ「覚悟しろ、S女。 あの世でお前に殺された人達に詫びろ」 アカメ「止めはレオーネに任せる」 タツミ「待ってくれ」 レオーネ「タツミ止めるな」 タツミ「こいつのやって来た事は確かに許せないけど、これから変われるかもしれないだろ?」 アカメ「死んだ者は帰らない、その女も今まで好きにやってきた。 これから変わっても今までの罪は消えない」 エスデス「タツミ、その者の言う通りだ。 私は変わる気は無い。 今ここで死んでも私が弱かった・・ただそれだけだ」 タツミ「・・・判った。 なら俺も一緒に殺してくれ」 レオーネ「何を馬鹿な、本気で言っているのか」 エスデス「よせ、タツミ。 同情はいらん、お前まで死なず、生きて強くなれ」 タツミ「この人には世話にもなった。 憎いが憎みきれない所もある。 そんな人を見殺しにするぐらいなら」 レオーネ「・・・タツミ。 ・・・判った。 後悔は無いな。 やっぱりお前は殺し屋になりきれない優しい男だったよ。 お姉さんが心配した通りになった。 ・・・アカメ頼む」 アカメ「・・・残念だタツミ。 けどお前らしい。 ・・・喜べエスデス。 苦しめて殺したかったがタツミに免じて一刺しで終わらせる」 エスデス「・・・フ。 ・・・タツミ、生まれ変わったら私はお前が望む女になりたい」 ・・・・・・ レオーネ「二人して良い顔してるな。 この女は本当色々苦しめてやりたかった・・・タツミ、私はお前が嫌いだ、お前の事なんかもう二度と思い出すもんか、畜生」 アカメ「・・・レオーネ、行こう。 まだ帝国の残存勢力が残っている」 レオーネ「アカメ、あんたもその顔拭きな」 [newpage] [chapter:エスデス勝利。 ] レオーネ「ク・・・ここは一旦引くぞ、アカメ」 アカメ「二人がかりでも無理か・・・」 エスデス「ははは、これで私達に逆らう者はいないぞ、タツミ。 さあ、共に戦い、蹂躙してまわるぞ。 私の右腕に、いやお前は私の伴侶だ。 」 タツミ「・・・せえ」 エスデス「ん?どうした。 よく聞こえないが」 タツミ「うるせえ!!」 エスデス「ど、どうしたタツミ、私は何か気に障る事で言ったか」 タツミ「前に言った事覚えてねえのかよ、あんたはそうやって他の人を虐げて楽しいのかよ。 なにが弱肉強食だ!自分だって生まれて直ぐに今の強さじゃなかったんだろ。 仲間がいて助けてくれる人がいて今の強さになったんじゃねえのかよ」 エスデス「タツミ・・・」 タツミ「そういう所も忘れて弱い奴は虐げられて当然だなんていう奴は俺は絶対に認めねえ」 エスデス「流石だな、タツミ。 そういう所にも目がいくとは私が惚れただけの事はある。 だが、今更私は私らしさを曲げる気は無い。 今まで通りの行動を変える気はないぞ、さあどうする」 タツミ「言っても聞かないなら、力づくでも止める」 エスデス「良いだろう、タツミ。 お前の力を見せてみろ」 [newpage] [chapter:エスデス勝利2] エスデス「フ、中々だったぞ。 そこまでとは先が楽しみだ。 タツミ、私の元で強くなれ。 敗者は勝者に従うものだぞ。 」 タツミ「く、お前の言いなりになるぐらいなら、力で抗えなくとも心までは屈しねえ・・・」 エスデス「!馬鹿止めろタツミ」 タツミ「何者にも屈しない気概をお前にみせてやる。 ・・・・・・・」 エスデス「・・・愚かだぞ、タツミ。 お前はもっと強くなれたはずだ。 弱いから死を選ぶのだ。 なのに何故だ。 勝ったのは私なのに負けた気分なのは。 力で従えられないものもあるか、 お前は私が惚れただけの事はある、本当に。 ・・・・・・・・・・・・」 [newpage] [chapter:タツミ勝利] タツミ「はあはあ、勝ったのか、あのエスデスに。 」 エスデス「・・・見事だ、タツミ、私の負けだ」 タツミ「じゃあ、もう蹂躙や帝国軍人も止めてくれ」 エスデス「良いだろう。 敗者は勝者に従うまでだ。 だが私らしさを曲げるのだ。 その代償はタツミにして貰うぞ。 」 タツミ「(モーレツに嫌な予感がする)何をすれば良い・・・?」 エスデス「約束通り、タツミは私を嫁にするのだ」 タツミ「いやいや、そんな約束してませんって」 エスデス「私が帝国を辞めると明日からの職を失う、という事はタツミに養って貰わねばならん」 タツミ「なんで養うの限定なんですか。 いやいや、それよりもエスデスさんなら傭兵とかなんでもあるでしょう」 エスデス「私は帝国軍人以外の仕事をする気は無い(キリッ!)それに私が辞めたら帝国の刺客が来るかもしれん。 二人でそいつらを苦しめ…あ、いや追い散らすのだ。 なんでそうなるんですか?俺はそんなの認めた覚えは無い、ハッ!それよりもタイトル変えるんじゃなかったんですか?」 エスデス「ああ、あれか。 ダーリンとデートする為の口実だ。 私はそんなものに関心は無い。 フフフ、それに判っているぞ。 ダーリンは年上の胸の大きい女にグイグイ引っ張られたら拒否できない性分なのを」 タツミ「だだだだ、誰がそんな事を!」 エスデス「ふむ、やはり私の勘は冴えている。 実際、私のつまらぬ提案に不満を言いつつも付いて来てくれたのだから。 ダーリンはこういう事に関してMなのだ。 やはり私達の相性は抜群なのだ」 タツミ「いいや、断じて違う。 俺の好みは黒髪幼馴・・」 エスデス「マイダーリンよ、口ではそう言いつつも現状を受け入れつつある心が見える。 という訳でとりあえずは二人の愛の巣に向かおう。 差し当ってこないだの無人島も良いな。 」 タツミ「はーなーせー」 エスデス「あ、その前に誓いのキスを、ん~ちゅ~」 タツミ「ちょちょちょちょっと待ったーー・・・んぐっ」 ラン「隊長上手くいったようですね、タツミ君とお幸せに。 これで貴女の代わりに隊長になり計画もやりやすくなるので宜しく」.

次の

frontPage

アカメ が 斬る エスデス

〈公式〉 TVアニメ「アカメが斬る!」24話、最終回感想です。 めでたく最終回を向かえたアニメ「アカメが斬る!」。 オリジナル展開だそうですが、アニメ特有の尻切れ感がないのよかったです。 でも、レオーネは殺さなくてもよかったと思います…。 脚本:上江洲 誠 絵コンテ:小林智樹 演出:小林智樹 :中村和久 木宮亮介 武藤信宏 田中一真 [広告] タツミらが皇帝を倒し、ナイトレイドらの活躍のお陰で帝国の体制はすでに崩壊状態。 しかし、例え帝国が崩壊しようとも、戦を求め自ら新たな戦火を生み出さんとするエスデス様。 それを止めるために、アカメちゃんはエスデス様に最後の対決を挑みます。 やはり、最後まで作中最強はエスデス様だった印象です。 負けちゃったけどね…。 地力ではエスデス様に勝てないので、村雨の奥の手を使ったアカメちゃん。 どういう原理でパワーアップしてるのか、よくわかりませんでしたが、村雨で殺した人数分の力が上乗せされた…という解釈でよいのかな?村雨は、かすり傷でも死ぬので、手入れの際にも細心の注意を払わなければならないという設定だった気がしますが、この奥の手は別勘定? 前回の皇帝戦もすごかったですが、最終回なだけあって前回に負けない迫力のアクションでした! 空間を停止させる奥の手、「マカハドマ」を使ったエスデス様でしたが、逆に大技を使った隙を突かれ、アカメ勝利で決着! アカメちゃんの奥の手は死と引き換えなのかと思いましtが、それほどリスクないのですねw 人を殺して、村雨のパワーを貯めないともう一度使えない設定なのかな? タツミの亡骸と共に砕け散るエスデス様。 すでに死んでいるとはいえ、退場シーンがボスキャラと一緒という主人公は珍しい…。 逃げようとするを追い詰めたかに思えたレオーネでしたが、大臣の帝具の力によりライオネルを強制解除。 銃で撃たれながらも、大臣を殴り倒します。 このシーンで、は死んだ?それしても、レオーネは最後まで生き残るんじゃないかと思っていたのだけど…。 アカメのとの別れを交わした後、訪れた平和を喜ぶ人々を見守ったあとにひっそり路地裏でひっそりと最期を迎えたレオーネ姐さん。 アレだけ撃たれて数時間生きられたのなら、治療すれば死ななかったんじゃないのか!?ヤボですが…。 最終回だからって殺さなくもよかった気がします…。 暗殺という汚れた仕事の落とし前という意味もあるのかな? 悪政をしいた皇帝といえど、操られていた少年をギロチンにかけるというのは…。 前回被害出し過ぎちゃったからか…あれがダメだったのか…。 皇帝が打ち首で、ランが新政府の役人に抜擢されるというのは、ちょっと疑問ですw 色々ありましたが、アカメちゃんは生きてるし、苦しめられていた国民たちは解放されたという意味で大団円でいいのかしら? 笑 オチは、平和の裏には歴史に名前が残らないような、陰ながら苦労してくれている人たちがいるという、ストレートなテーマ性を感じました。 ほとんど死んじゃいましたね…。 それにしても、右端にいるインクを着た大男は誰だ!? 笑 ラストにアカメちゃんが誰と戦っているのかよくわかりませんでしたが、平和が訪れたとしても戦いは続くよどこまでも…ということなんだと思います! 原作より、一足先に完結したアニメ「アカメが斬る!」アニメと同じ展開になることは、ないと思うので原作がどういう結末をになるのか気になります。 【おすすめ関連カテゴリ】 ・ sosha.

次の