コンフィギュレー ション 意味。 コンフィギュレーション参照について

コンフィギュレーション(コンフィグ)とは

コンフィギュレー ション 意味

このページは前リリースの情報です。 該当の英語のページはこのリリースで削除されています。 コンフィギュレーション参照について モデル内のコンフィギュレーション参照とは、ベース ワークスペースまたはデータ ディクショナリ内のコンフィギュレーション セット オブジェクトに対する参照のことです。 を指定しているコンフィギュレーション参照をもつモデルは、コンフィギュレーション参照がアクティブな場合にそのコンフィギュレーション セットを使用します。 そのため、このモデルのコンフィギュレーション パラメーターは、参照するコンフィギュレーション セットがモデル内に直接存在する場合と同じになります。 モデルには任意の数のコンフィギュレーション参照を連結できます。 各リファレンスの名前は一意でなければなりません。 コンフィギュレーション参照を使用する方法の例は、またはを参照してください。 その変数の値は、独立型のコンフィギュレーション セットです。 すべてのモデルがコンフィギュレーション セットを共有します。 セット内のパラメーターの値が変更されると、そのセットを使用するすべてのモデルの値が変わります。 この機能を使用すると、多数の参照モデルをすばやく再構成し、親モデルと参照モデルを矛盾なく設定できます。 あるモデルが個々のパラメーターに対して異なる値を必要とする場合、そのパラメーターをオーバーライドして、コンフィギュレーション参照内でローカルに値を変更することができます。 詳細については、を参照してください。 モデル ファイルを変更せずに、任意の数のモデルのコンフィギュレーション セットを置き換える 複数のモデルがコンフィギュレーション参照を使用して、独立型のコンフィギュレーション セットにアクセスする場合、別のセットを MATLAB 変数に割り当てると、そのセットがすべてのモデルに割り当てられます。 この機能を使用して、コンフィギュレーション セットのライブラリを維持し、1 つの操作で任意の数のモデルに割り当てます。 モデル ファイルを変更せずに、異なるコンテキストで使用される参照モデルに対して別のコンフィギュレーション セットを使用する 異なるコンテキストで別のコンフィギュレーション セットを使用する参照モデルには、参照モデルのコンフィギュレーション セットを変数として指定するコンフィギュレーション参照があります。 関連付けられていないコンフィギュレーション参照 コンフィギュレーション参照が有効なコンフィギュレーション セットを参照していない場合、参照されているコンフィギュレーション セットが見つからないという警告が示されます。 関連付けられていないコンフィギュレーション参照を有効にしても、警告やエラーは表示されません。 ただし、アクティブになっている関連付けられていないコンフィギュレーション参照には、モデルのコンフィギュレーション パラメーター値はありません。 そのため、モデルの作成、モデルのシミュレーション、モデルに対するコードの生成、またはモデルを使用したコンフィギュレーション パラメーター値へのアクセスを実行しようとすると、エラーになります。 詳細については、を参照してください。 個々のコンフィギュレーション パラメーターのオーバーライド 多くのモデルから同じコンフィギュレーション セットを参照する場合、個々のパラメーターに対して異なる値を必要とするモデルが存在する可能性があります。 コンフィギュレーション参照を使用すると、個々のパラメーターをオーバーライドして、参照コンフィギュレーションとは異なる設定を指定することができます。 ローカル設定は、パラメーターをオーバーライドするコンフィギュレーション参照のみに影響を与え、参照コンフィギュレーション セットやその他のコンフィギュレーション参照には影響しません。 パラメーターをオーバーライドした場合、その値を参照コンフィギュレーション セットから復元することができます。 パラメーターを復元するときに参照コンフィギュレーションの値が反映され、オーバーライドされた状態ではなくなります。 詳細については、を参照してください。 コンフィギュレーション参照の制限事項• コンフィギュレーション参照を別のコンフィギュレーション参照にリンクできますが、この深さを超えてコンフィギュレーション参照を入れ子にすることはできません。 カスタム ターゲットを使用しているときに、コンフィギュレーション参照をアクティブにすると、関数 ActivateCallback は、対応する独立型のコンフィギュレーション セットの通知をトリガーしません。 同様に、独立型のコンフィギュレーション セットが 1 つのターゲットを別のターゲットに切り替えると、関数 ActivateCallback は新しいターゲットの通知をトリガーしません。 この動作は、アクティブなコンフィギュレーション参照がそのターゲットを指している場合にも起こります。 関数 ActivateCallback の詳細については、 Simulink Coder を参照してください。 たとえば、モデル参照階層で一貫していなければならないパラメーターなど、参照のすべてのパラメーターをオーバーライドできるわけではありません。 古いシミュレーション ターゲット設定をもつモデルのコンフィギュレーション参照 次のブロックの 1 つが含まれている非ライブラリ モデルがあるとします。 アクティブなコンフィギュレーション セットが内部的にモデルに存在する場合は、自動的に移行されます。 モデルがアクティブなコンフィギュレーション参照を使用して、ベース ワークスペースのコンフィギュレーション セットを指す場合、移行プロセスは異なります。 コンフィギュレーション参照を無効にする既定の移行プロセス 複数のモデルがベース ワークスペースのコンフィギュレーション セットを共有することができるため、非ライブラリ モデルの読み込みによって、そのコンフィギュレーション セットのパラメーター値を自動的に変更することはできません。 既定の設定では、これらの動作はモデルの読み込み中に起こり、使用しているソフトウェアのバージョンに関係なく、そのシミュレーション結果は次のように同じになります。 ベース ワークスペースのコンフィギュレーション セットのコピーはモデルに連結される。 シミュレーション ターゲット設定は、この新しいコンフィギュレーション セットの対応するパラメーターに移行する。 新しいコンフィギュレーション セットがアクティブになる。 古いコンフィギュレーション参照が非アクティブになる。 MATLAB コマンド ウィンドウに、これらの動作を説明する警告メッセージが表示されます。 このプロセスでは、モデルに対して矛盾のないシミュレーション結果が出るようになっていますが、ベース ワークスペースのコンフィギュレーション セットにリンクしているコンフィギュレーション参照が無効になります。 関連する例•

次の

マイグレーションとは

コンフィギュレー ション 意味

イーサネット ローカル管理インターフェイスのイネーブル化 イーサネット Local Management Interface(LMI; ローカル管理インターフェイス)は、イーサネット レイヤ Operation, Administration, and Maintenance(OAM; 保守運用管理)プロトコルです。 イーサネット LMI は、カスタマー エッジ(CE)デバイスの自動設定に必要な情報を提供するとともに、大規模イーサネット Metropolitan-Area Network(MAN; メトロポリタン エリア ネットワーク)および WAN 向けの Ethernet Virtual Connection(EVC; イーサネット バーチャル コネクション)のステータス情報を提供します。 イーサネット LMI は特に、CE デバイスに対し、EVC の動作ステータスおよび EVC が追加または削除された時刻を通知します。 また、EVC の属性および EC デバイスへの User-Network Interface(UNI; ユーザネットワーク インターフェイス)も通知します。 イーサネットが MAN および WAN テクノロジーとして使用されるようになり、従来のエンタープライズ ネットワークのみを中心としたイーサネットの運用に加え、新しい OAM 要件に対応する必要があります。 イーサネット テクノロジーが、エンタープライズ ネットワークよりはるかに大規模で複雑なネットワークと、広範なユーザ ベースを持つサービス プロバイダーの領域に拡大するのに伴い、リンク アップタイムの運用管理が不可欠になっています。 さらに重要なことに、障害の迅速な分離とその対処は、今や通常の日常的運用で必須であり、OAM がサービス プロバイダーの競争力に直接影響を及ぼします。 この章で紹介する機能情報の入手方法 ご使用の Cisco OS ソフトウェア リリースでは、このモジュールで説明されるすべての機能がサポートされているとは限りません。 このモジュールで説明される特定機能に関する情報へのリンク、および各機能がサポートされるリリースの一覧については、を参照してください。 プラットフォームと Cisco IOS および Catalyst OS ソフトウェア イメージのサポート情報の検索 Cisco Feature Navigator を使用すると、プラットフォーム、Cisco IOS ソフトウェア イメージ、および Cisco Catalyst OS ソフトウェア イメージの各サポート情報を検索できます。 Cisco Feature Navigator には、 からアクセスします。 Cisco. com のアカウントは必要ありません。 この章の構成• イーサネット ローカル管理インターフェイスのイネーブル化に関する前提条件 ビジネス上の要件• サービス プロバイダーのネットワークに、Connectivity Fault Management(CFM; 接続障害管理)などの イーサネット OAM が実装され、動作している。 イーサネット ローカル管理インターフェイスのイネーブル化に関する制約事項• イーサネット LMI は、イーサネット CFM を通じて EVC のステータス、EVC に関連するリモート UNI ID、およびリモート UNI ステータスを取得します。 イーサネット LMI CE は、ルーティング プラットフォームのルーティング ポートでのみ使用可能です。 スイッチング プラットフォームにおけるイーサネット LMI PE 機能の詳細については、『 Cisco ME 3400 Switch Software Configuration Guide 』、Release 12. 2 25 SEG の「 」を参照してください。 Cisco IOS ソフトウェア Release 12. 4 9 T のイーサネット LMI は、CE デバイスの自動設定をサポートしません。 イーサネット ローカル管理インターフェイスのイネーブル化に関する情報 イーサネット LMI を設定するには、次の概念を理解する必要があります。 EVC Metro Ethernet Forum によって定義されているように、Ethernet Virtual Circuit(EVC; イーサネット バーチャル サーキット)は、ポート レベルのポイントツーポイントまたはマルチポイントツーマルチポイントのレイヤ 2 回線です。 CE デバイスは EVC ステータスを使用して、サービス プロバイダー ネットワークへの代替パスを検索したり、場合によっては、イーサネット経由または別の代替サービス経由(フレーム リレーや ATM など)でバックアップ パスにフォールバックしたりすることができます。 イーサネット LMI イーサネット LMI は、大規模イーサネット MAN および WAN における CE デバイスと PE デバイス間のイーサネット レイヤ OAM プロトコルです。 サービス プロバイダーが、サービス パラメータや、User Provider Edge(UPE; ユーザ プロバイダー エッジ)デバイスからのパラメータ変更を使用して、CE デバイスを自動設定するための情報を提供します。 に、ネットワーク内でイーサネット LMI が機能する場所を示します。 図 1 イーサネット LMI が機能するネットワーク内の場所 LMI はまた、大規模イーサネット MAN および WAN におけるイーサネット EVC のステータスを CE に通知します。 イーサネット LMI は特に、CE デバイスに対し、EVC の動作ステータスおよび EVC が追加または削除された時刻を通知します。 イーサネット LMI はまた、EVC および UNI 属性を CE デバイスに伝達します。 MEF 16 Technical Specification に定義されているように、イーサネット LMI プロトコルには、次の手順が含まれています。 EVC の追加時に、CE に通知する• EVC の削除時に、CE に通知する• 設定済みの EVC について、使用可能性の状態情報を CE に通知する• UNI 属性および EVC 属性を CE に通知する イーサネット LMI の利点 イーサネット LMI には次のような利点があります。 EVC のエンドツーエンド ステータスの CE デバイスへの伝達• EVC 属性および UNI 属性の CE デバイスへの伝達• サービス プロバイダーの競争上の優位性 イーサネット ローカル管理インターフェイスのイネーブル化の方法 イーサネット LMI をイネーブルするには、次のタスクを実行します。 サポートされているすべてのインターフェイスにおけるイーサネット LMI のイネーブル化 デバイス上のすべてのインターフェイスでイーサネット LMI をイネーブルにするには、次のタスクを実行します。 手順の概要 1. enable 2. configure terminal 3. ethernet lmi global 4. プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。 ステップ 2 configure terminal Router configure terminal CLI をグローバル コンフィギュレーション モードにします。 ステップ 3 ethernet lmi global Router config ethernet lmi global デバイス上のサポートされているすべてのインターフェイスにおけるイーサネット LMI をイネーブルにします。 ステップ 4 end Router end CLI を特権 EXEC モードに戻します。 サポートされている単一のインターフェイスにおけるイーサネット LMI のイネーブル化 特定のサポートされているインターフェイス上でイーサネット LMI をイネーブルにするには、次のタスクを実行します。 手順の概要 1. enable 2. configure terminal 3. interface type number 4. ethernet lmi interface 5. プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。 ステップ 2 configure terminal Router configure terminal CLI をグローバル コンフィギュレーション モードにします。 ステップ 4 ethernet lmi interface Router config-if ethernet lmi interface インターフェイス上でイーサネット LMI をイネーブルにします。 ステップ 5 end Router end CLI を特権 EXEC モードに戻します。 イーサネット ローカル管理インターフェイスの設定例 この項では、CE デバイス上のすべてのインターフェイス上(グローバルに)と、CE デバイスの特定のインターフェイス上で、イーサネット LMI をイネーブルにするための設定例を示します。 サポートされているすべてのインターフェイスにおけるイーサネット LMI のイネーブル化:例 次に、デバイス上でサポートされているすべてのインターフェイスでイーサネット LMI をイネーブルする例を示します。 enable configure terminal Enter configuration commands, one per line. enable configure terminal Enter configuration commands, one per line. 関連資料 関連トピック 参照先 イーサネット接続障害管理(CFM) 『 Cisco IOS Carrier Ethernet Configuration Guide 』の「 」 サービス プロバイダー ネットワークでの CFM および E-LMI の設定 サービス プロバイダー ネットワークでのイーサネット LMI の設定に使用するコマンド プロバイダー エッジにおけるイーサネット LMI 『 Cisco IOS Carrier Ethernet Configuration Guide 』の「 」 規格 標準 タイトル Metro Ethernet Forum 16 Technical Specification IEEE P802. 2 『Draft Standard for Local and Metropolitan Area Networks』 ITU-T Q. 17ethoam 』 IETF VPLS OAM 『L2VPN OAM Requirements and Framework』 MIB MIB MIB リンク この機能によってサポートされる新しい MIB または変更された MIB はありません。 またこの機能による既存 MIB のサポートに変更はありません。 選択したプラットフォーム、Cisco IOS リリース、および機能セットの MIB を検索してダウンロードする場合は、次の URL にある Cisco MIB Locator を使用します。 RFC RFC タイトル この機能によりサポートされた新規 RFC または改訂 RFC はありません。 またこの機能による既存 RFC のサポートに変更はありません。 -- シスコのテクニカル サポート 説明 リンク Cisco Support Web サイトには、豊富なオンライン リソースが提供されており、それらに含まれる資料やツールを利用して、トラブルシューティングやシスコ製品およびテクノロジーに関する技術上の問題の解決に役立てることができます。 以下を含むさまざまな作業にこの Web サイトが役立ちます。 テクニカル サポートを受ける• ソフトウェアをダウンロードする• セキュリティの脆弱性を報告する、またはシスコ製品のセキュリティ問題に対する支援を受ける• ツールおよびリソースへアクセスする• Product Alert の受信登録• Field Notice の受信登録• Bug Toolkit を使用した既知の問題の検索• Networking Professionals(NetPro) コミュニティで、技術関連のディスカッションに参加する• トレーニング リソースへアクセスする• cisco. Japan テクニカル サポート Web サイトには、次のURLからアクセスしてください。 cisco. ご使用の Cisco IOS ソフトウェア リリースによっては、コマンドの中に一部使用できないものがあります。 特定のコマンドに関するリリース情報については、コマンド リファレンス マニュアルを参照してください。 Cisco Feature Navigator を使用すると、プラットフォームおよびソフトウェア イメージのサポート情報を検索できます。 Cisco Feature Navigator により、どの Cisco IOS および Catalyst OS ソフトウェア イメージが特定のソフトウェア リリース、フィーチャ セット、またはプラットフォームをサポートするか調べることができます。 Cisco Feature Navigator には、 からアクセスします。 Cisco. com のアカウントは必要ありません。 ( 注) には、一連の Cisco IOS ソフトウェア リリース トレインのうち、特定の機能が初めて導入された Cisco IOS ソフトウェア リリースだけが記載されています。 その機能は、特に断りがない限り、それ以降の一連の Cisco IOS ソフトウェア リリース トレインでもサポートされます。 表 1 イーサネット ローカル管理インターフェイスのイネーブル化に関する機能情報 機能名 リリース 機能情報 イーサネット ローカル管理インターフェイス 12. 4 9 T 12. 2 33 SRB 12. 4 15 T2 イーサネット LMI は、イーサネット レイヤ OAM プロトコルです。 CE デバイスの自動設定に必要な情報を提供するとともに、大規模イーサネット MAN および WAN 向けの EVC のステータスを提供します。 この機能は、Cisco 7600 ルータの Cisco IOS Release 12. 2 33 SRB で実装されました。 次のコマンドが、新たに導入または変更されました。 clear ethernet lmi statistics 、 debug ethernet lmi 、 ethernet lmi 、 ethernet lmi global 、 ethernet lmi interface 、 show ethernet lmi 用語集 CE :Customer Edge(カスタマー エッジ)。 UNI のカスタマー側にあるエッジ機器です。 CE-VLAN ID :CE-VLAN の ID。 E-LMI :Ethernet Local Management Interface(イーサネット ローカル管理インターフェイス)。 イーサネット レイヤ OAM プロトコルです。 CE デバイスの自動設定に必要な情報を提供するとともに、大規模イーサネット MAN および WAN 向けの Ethernet Virtual Connection(EVC; イーサネット バーチャル コネクション)のステータス情報を提供します。 EVC :Ethernet Virtual Connection(イーサネット バーチャル コネクション)。 複数のユーザネットワーク インターフェイスのアソシエーションです。 OAM :Operations, Administration, and Maintenance(運用管理および保守)。 複数の標準化団体が、運用管理および保守に関するプロトコルと手順を説明するために使用する用語です。 たとえば、ATM OAM や IEEE 標準 802. 3ah OAM のように使用されます。 PE :Provider Edge(プロバイダー エッジ)。 UNI のサービス プロバイダー側にあるエッジ機器です。 UNI :User-Network Interface(ユーザ ネットワーク インターフェイス)。 カスタマーの機器に接続されているオペレータのブリッジ部分を表す一般用語。 UNI には、多くの場合 C-VLAN 対応のブリッジ コンポーネントが含まれます。 UNI という用語は、IEEE P802. 2 標準で、LMI の多様な機能の目的を説明する場合に広く使用されます。 CCDE, CCENT, CCSI, Cisco Eos, Cisco HealthPresence, Cisco IronPort, the Cisco logo, Cisco Lumin, Cisco Nexus, Cisco Nurse Connect, Cisco Pulse, Cisco StackPower, Cisco StadiumVision, Cisco TelePresence, Cisco Unified Computing System, Cisco WebEx, DCE, Flip Channels, Flip for Good, Flip Mino, Flipshare Design , Flip Ultra, Flip Video, Flip Video Design , Instant Broadband, and Welcome to the Human Network are trademarks; Changing the Way We Work, Live, Play, and Learn, Cisco Capital, Cisco Capital Design , Cisco:Financed Stylized , Cisco Store, and Flip Gift Card are service marks; and Access Registrar, Aironet, AllTouch, AsyncOS, Bringing the Meeting To You, Catalyst, CCDA, CCDP, CCIE, CCIP, CCNA, CCNP, CCSP, CCVP, Cisco, the Cisco Certified Internetwork Expert logo, Cisco IOS, Cisco Press, Cisco Systems, Cisco Systems Capital, the Cisco Systems logo, Cisco Unity, Collaboration Without Limitation, Continuum, EtherFast, EtherSwitch, Event Center, Explorer, Fast Step, Follow Me Browsing, FormShare, GainMaker, GigaDrive, HomeLink, iLYNX, Internet Quotient, IOS, iPhone, iQuick Study, IronPort, the IronPort logo, Laser Link, LightStream, Linksys, MediaTone, MeetingPlace, MeetingPlace Chime Sound, MGX, Networkers, Networking Academy, Network Registrar, PCNow, PIX, PowerKEY, PowerPanels, PowerTV, PowerTV Design , PowerVu, Prisma, ProConnect, ROSA, ScriptShare, SenderBase, SMARTnet, Spectrum Expert, StackWise, The Fastest Way to Increase Your Internet Quotient, TransPath, WebEx, and the WebEx logo are registered trademarks of Cisco Systems, Inc. All other trademarks mentioned in this document or website are the property of their respective owners. The use of the word partner does not imply a partnership relationship between Cisco and any other company. 0908R このマニュアルで使用している IP アドレスは、実際のアドレスを示すものではありません。 マニュアル内の例、コマンド出力、および図は、説明のみを目的として使用されています。 説明の中に実際のアドレスが使用されていたとしても、それは意図的なものではなく、偶然の一致によるものです。 All rights reserved. All rights reserved.

次の

コンフィギュレーション参照について

コンフィギュレー ション 意味

アヒルのコンフィとの缶詰 のコンフィ(コンフィ・ドワ、confit d'oie)およびのコンフィ(コンフィ・ド・カナール、)は、通常これらの鳥の脚で作る。 肉にとをまぶして油脂の中で低温で加熱した後、そのまま冷やして凝固した油脂の中で保存する。 やでも同様である。 肉のコンフィは南西フランス(、など)の料理で、などと共に供される。 現在ではコンフィは贅沢な料理と考えられているが、元々は冷凍技術のない時代に肉を保存する手段として始められた。 歴史 [ ] 伝統的な肉のコンフィには、ガチョウやアヒルのようなと豚肉の両方がある。 アヒルの(砂肝)も一般にコンフィとして調理され、様々なコンフィがフランス南部の至る所で作られている。 伝統的に肉の保存にコンフィが用いられてきた「コンフィ文化圏」は、の域内にある。 この地域では伝統的にガチョウの脂肪を調理に使用してきた。 これは、おなじオクシタニアに位置する地域でもが豊富で安価であったでが調理に使われてきたのと対照的である。 ガチョウ脂肪文化圏である地方では、ガチョウを肥育してを生産するのが盛んで、そのときに得られる脂肪を多量に含んだ肉の部分をコンフィにして保存食として活用してきた。 コンフィ文化圏は何の肉をコンフィに用いるかによって2つに大別される。 ガチョウのコンフィは、地方、地方で伝統料理のおよびと共に供される。 一方、アヒルのコンフィは地方や地方でしばしばやと共に供される。 水鳥以外の肉でもしばしばコンフィが作られるが、古典的には真のコンフィとはされていない。 例えば、ガチョウ脂肪の中で料理されたは「プーレ・アン・コンフィ」("poulet en confit")と呼ばれる。 果物のコンフィ [ ] 果物のコンフィ(フリュイ・コンフィ、"fruits confits")は、果物をまるごと、または切ってから砂糖漬けにした後、砂糖の中で保存したものである。 果物の芯まで砂糖をしみこませなければならないため、大きな果物ほどコンフィに長い時間を要する。 したがって、のような小果実は丸ごとコンフィにされるが、などの大きな果物が丸ごとコンフィにされることは珍しく、大きな果物のコンフィは高価である。 サクランボなど小さな果物のコンフィは、伝統的に豪奢なの装飾物として使用されている。 脚注 [ ]• Plummer, Paul. Sensual Preservation: The Art of Confit. 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]•

次の