ドライバー 転職。 40代でトラックドライバーに転職してみた体験談 3ヶ月で辞めたけどね

タクシードライバーへの転職が選ばれている理由

ドライバー 転職

ドライバー・運転手の仕事とは? >> >> ・注目のキーワード・運転資格から仕事を探す >>|||||| ドライバー・運転手は乗客やものを、安全(人の場合はなおかつ快適)に目的地まで車で輸送するお仕事です。 タクシー運転手・ハイヤー・運転代行・バス運転手などお客さんを輸送する場合もあれば、引っ越しやトラックドライバーのように、ものを運ぶことをメインとして働く場合もあります。 タクシーなど人を乗せて輸送するドライバーの場合には、固定給の他乗せた分だけの歩合が発生する場合も多く、向いている方は非常に稼げるお仕事でもあります。 接客スキルを持つ方が重宝される傾向にあり、固定の指名をもらう場合もあるようです。 近隣の道に詳しくなる・話題の店を知っておく・場所やイベントごとにお客さんのよく動く時間を知っておくなど様々なノウハウやデータを駆使して一般のサラリーマンよりも稼ぐことも可能ですし、近年人手不足の業界なため、ドライバー・運転手は転職しやすい職種と言われています。 正社員の求人も多く見つかるでしょう。 定年年齢が他業種よりも高いため、車やドライブが好きな方や営業力に自身がある方には第2の人生(転職・リタイア後)のスタートをきる場としても人気があります。 引っ越しやトラックの運転手の場合にも、ただ運ぶということのほかに、接客サービス的な要素が求められたり取り扱いを注意する必要があったりと、ドライバーの仕事はサービス業の要素も含まれています。 クリエイト転職にはドライバー・トラック運転手の求人が多数掲載されています。 是非就職活動・転職活動にご活用ください。 ・ドライバーの仕事の基礎知識 >> ・タクシードライバーの求人特集 >> ・軽貨物ドライバーの仕事体験談・よくある質問 >> 【運行管理者の仕事内容】 >> >> >> 転職を成功させるためのお役立ち情報 <応募から履歴書・面接まで、転職に役立つ情報を紹介> 【志望動機】 >> 【面接対策 マナー・自己紹介・逆質問等 】 >> 【履歴書の書き方】 >> 【職務経歴書の書き方】 >> 【退職理由の書き方】 >> <年代別の仕事探し情報> 【第二新卒】 >> 【30代】 >> 【40代】 >> 【50代】 >> 【シニア】 >> 【就職氷河期世代】 >> <お役立ちコンテンツ> 【正社員の面接対策】 >> 【未経験の転職】 >> 【女性の転職】 女性の転職で注意したいポイント・お仕事体験談 >> 【テレワーク・リモートワーク・在宅勤務を導入する企業を探す】 >> 【Web面接対応の求人を探す】 >> 【ジョブ型雇用とは?特徴を詳しく解説】 >> 【働くママを応援!託児所付きの求人】 >> <転職スケジュール> STEP1 転職準備・書類と応募情報作成(1〜2週間:転職完了まで0〜30%) 自己分析と履歴書・職務経歴書などの応募書類の作成を行います。 まずはキャリアと希望の棚卸しや、希望の職種・勤務地で どのような正社員の求人情報があるか、転職サイトでチェックするなど、 自分の目指す方向と市場がマッチしているかを確認・分析します。 履歴書・職務経歴書は一気に書き上げるのではなく、 最終的に応募する企業が決まった後で その企業・職種に見合った内容に変更していきましょう。 企業の求める人物像を考え、採用担当者が魅力的だと感じる内容・切り口で書いていきます。 STEP2 応募・面接(1週間〜2ヶ月間:転職完了まで31〜70%) 面接はおおよそ応募1社1回につき1〜2週間かかるため、 応募する企業が増えればそれだけ期間は伸びていきます。 選考はなるべく複数社を同時に進めることで、 もしも途中で企業との相性が合わないと感じた場合やなかなか決まらない場合にも スムーズに切り替え、内定まで進めることができます。 STEP3 内定・退職・引き継ぎ(1〜2ヶ月間:転職完了まで71〜90%) 内定が決まって転職先が確定したら、いよいよ次の職場に向けて移動準備を行います。 (在職中に転職を進めている場合) 現在勤めている企業で退職の手続きを行い、社内規定等によりますが おおよそ1〜2ヶ月間の引き継ぎを行ないます。 状況により異なりますのでご自身の状況にあったスケジュールに置き換えてご覧ください。 <注目キーワードで仕事探し> >>|||.

次の

トラックドライバー(配送業)経験者の自己PR例文とアレンジのコツ

ドライバー 転職

40代でトラック運転手に転職できるのか!? 一昔前は一般的に転職の年齢制限は35歳まででした。 求人票を見ていても募集要項での年齢制限が35歳となっているのがほとんどで それ以上の年齢では普通の仕事に転職するのは難しかったです。 それが、いつからでしょうか、 40歳以上でも普通に募集がされるようになったのは。 現在では工場の募集でも45歳までと書かれているところもあるので 確実に転職の年齢制限はアップしていると考えられます。 さすがに45歳を超えると、過去の35歳のように厳しいとは思いますが・・。 ちなみに僕はすでに47歳なので普通に転職するのには厳しい年齢です 笑 しかし! そんな年齢制限もトラック業界では関係ありません!! 実際に40代はトラック業界では若手と呼ばれるくらい高年齢化が進んでいます。 人気の無い中小の運送会社では20代はもちろんのこと 30代のドライバーさんすら珍しいくらいで50代が一番のボリュームゾーンとなっています。 とはいえ運送会社でも大手のところはさすがに若い人もいるんですが 運送業全体を見渡しても40代はまだまだ働き盛りの年代と言えます。 そんな状況の運送業ですので40代でもトラックドライバーになるのは容易です。 実際、僕も46歳で転職した時も運送業は未経験でした。 さすがに大型免許持ちでも大型トラックを運転したことが無いとなると いきなり大型トラックドライバーになるのは難しいかもしれませんが。 そこらへんは4tドライバーからのステップアップを狙うと良いかもしれません。 40代のトラック運転手の年収は!? 僕が3ヶ月間働いた運送会社はそのまま働けば年収450万円以上は狙えました。 1日12時間拘束(それ以上になる日が多い)で隔週週休2日でこの年収です。 多いか少ないかはわかりませんが4t市内ドライバーと比べれば段違いで多いと思います。 4t市内配送のドライバーだと就業時間が短い場合、年収300万円くらいの求人が多かったように記憶しています。 4tでそれ以上稼ぐにはやはり距離を走らないと厳しいでしょう。 スポンサーリンク どちらにしても距離を走るということは勤務時間も長く、ということになります。 これが大型トラックドライバーになればもう少し給料はアップされてきますが 大型で勤務時間が短いってなかなか無いんですよね。 なので4tクラスのトラックだと300万円から400万円くらいが多い年収となり 大型トラックドライバーだと350万円から450万円くらいが多い年収ゾーンとなります。 配送業に向いている人というのは 車の運転が好きで、長時間の勤務も苦にならない人だと思います。 僕の場合この2つともダメでした。 車の運転も「もしココから人が飛び出してきたら・・」のような『かもしれない運転』を確実に守って運転していたら気が抜けずに疲れてしまいます。 僕の場合は常に気を張って運転をしてしまうのでハンドルを握っている時の疲労感はハンパ無いんです。 そういうこともあり、当然 長時間勤務を行うとマジで疲れてしまい本当に苦痛でした。 あと、運送会社に寄っては駐車時のアイドリングがNGというところもあります。 つまり、走っている時以外はエンジンを止めないといけないのです! 真夏の暑い時期でもエンジンを止めるということは エアコンを切れということです。 よく真夏のパーキングでエンジンを止めて窓全開で休憩しているドライバーを見かけますが それが停車時のアイドリングがNGの会社です。 これ、やってみるとわかりますが真夏と真冬はマジで地獄です。 アイドリングストップを強要する会社は絶対におすすめしません。 面接時にしっかりと確認することをマジでオススメします! さらに、トラックドライバー同士の人間関係でもトラブルが起きてしまい 結局、たった3ヶ月で運送会社を退職しました。 そんな僕の場合は、トラックドライバーに転職して完全に失敗でした・・。 トラックドライバーはほぼ長時間勤務となるので 適性が無いとかなり苦痛な時間を長時間過ごさなければいけません。 まあやってみればすぐに、適性があるかどうかはわかりますので とりあえず転職してみるっていうのも有りかもしれませんね。 どちらにしても40代で転職を考えているなら運送業を選択に入れるのは悪くないと思います。

次の

【リクナビNEXT】ドライバー、セールスドライバー、配送スタッフの積極採用中求人・転職情報50選

ドライバー 転職

40代でトラック運転手に転職できるのか!? 一昔前は一般的に転職の年齢制限は35歳まででした。 求人票を見ていても募集要項での年齢制限が35歳となっているのがほとんどで それ以上の年齢では普通の仕事に転職するのは難しかったです。 それが、いつからでしょうか、 40歳以上でも普通に募集がされるようになったのは。 現在では工場の募集でも45歳までと書かれているところもあるので 確実に転職の年齢制限はアップしていると考えられます。 さすがに45歳を超えると、過去の35歳のように厳しいとは思いますが・・。 ちなみに僕はすでに47歳なので普通に転職するのには厳しい年齢です 笑 しかし! そんな年齢制限もトラック業界では関係ありません!! 実際に40代はトラック業界では若手と呼ばれるくらい高年齢化が進んでいます。 人気の無い中小の運送会社では20代はもちろんのこと 30代のドライバーさんすら珍しいくらいで50代が一番のボリュームゾーンとなっています。 とはいえ運送会社でも大手のところはさすがに若い人もいるんですが 運送業全体を見渡しても40代はまだまだ働き盛りの年代と言えます。 そんな状況の運送業ですので40代でもトラックドライバーになるのは容易です。 実際、僕も46歳で転職した時も運送業は未経験でした。 さすがに大型免許持ちでも大型トラックを運転したことが無いとなると いきなり大型トラックドライバーになるのは難しいかもしれませんが。 そこらへんは4tドライバーからのステップアップを狙うと良いかもしれません。 40代のトラック運転手の年収は!? 僕が3ヶ月間働いた運送会社はそのまま働けば年収450万円以上は狙えました。 1日12時間拘束(それ以上になる日が多い)で隔週週休2日でこの年収です。 多いか少ないかはわかりませんが4t市内ドライバーと比べれば段違いで多いと思います。 4t市内配送のドライバーだと就業時間が短い場合、年収300万円くらいの求人が多かったように記憶しています。 4tでそれ以上稼ぐにはやはり距離を走らないと厳しいでしょう。 スポンサーリンク どちらにしても距離を走るということは勤務時間も長く、ということになります。 これが大型トラックドライバーになればもう少し給料はアップされてきますが 大型で勤務時間が短いってなかなか無いんですよね。 なので4tクラスのトラックだと300万円から400万円くらいが多い年収となり 大型トラックドライバーだと350万円から450万円くらいが多い年収ゾーンとなります。 配送業に向いている人というのは 車の運転が好きで、長時間の勤務も苦にならない人だと思います。 僕の場合この2つともダメでした。 車の運転も「もしココから人が飛び出してきたら・・」のような『かもしれない運転』を確実に守って運転していたら気が抜けずに疲れてしまいます。 僕の場合は常に気を張って運転をしてしまうのでハンドルを握っている時の疲労感はハンパ無いんです。 そういうこともあり、当然 長時間勤務を行うとマジで疲れてしまい本当に苦痛でした。 あと、運送会社に寄っては駐車時のアイドリングがNGというところもあります。 つまり、走っている時以外はエンジンを止めないといけないのです! 真夏の暑い時期でもエンジンを止めるということは エアコンを切れということです。 よく真夏のパーキングでエンジンを止めて窓全開で休憩しているドライバーを見かけますが それが停車時のアイドリングがNGの会社です。 これ、やってみるとわかりますが真夏と真冬はマジで地獄です。 アイドリングストップを強要する会社は絶対におすすめしません。 面接時にしっかりと確認することをマジでオススメします! さらに、トラックドライバー同士の人間関係でもトラブルが起きてしまい 結局、たった3ヶ月で運送会社を退職しました。 そんな僕の場合は、トラックドライバーに転職して完全に失敗でした・・。 トラックドライバーはほぼ長時間勤務となるので 適性が無いとかなり苦痛な時間を長時間過ごさなければいけません。 まあやってみればすぐに、適性があるかどうかはわかりますので とりあえず転職してみるっていうのも有りかもしれませんね。 どちらにしても40代で転職を考えているなら運送業を選択に入れるのは悪くないと思います。

次の