4k ブルーレイ。 PS4 Proで4Kブルーレイの再生方法及び再生されない解決策

自宅で4K・HDRの映画を楽しむためには?【2020年版】

4k ブルーレイ

そこで同時に考えたいのがレコーダーの4K放送への対応だ。 これから迎える年末年始の特番シーズン、そして2020年の大型スポーツイベントを考えると、テレビの内蔵4Kチューナーだけでは全然足りない。 そう、今こそレコーダーの4K対応を進めるべき絶好のタイミングなのだ。 レコーダーの4K対応を語る上で、2019年はまさに激動の1年だった。 2018年12月に4Kレコーダーの第1世代モデルがパナソニックとシャープの2社から登場したが、2019年7月には、パナソニックから早くも第2世代が登場。 業界初の4Kダブル録画、そして4K長時間録画対応と大きな機能アップを果たした。 以降、シャープが10月に4Kダブルチューナー搭載モデルを、11月にはソニーが4Kダブル録画、4K長時間録画対応のモデルを投入。 この冬は、パナソニック・シャープ・ソニーの3社から選べるようになった。 では、パナソニック・シャープ・ソニーどの4Kレコーダーを買うべきか。 パナソニック「DMR-4W400」、シャープ「4B-C20BT3」、ソニー「BDZ-FBT4000」の3機種を自宅に用意してガチンコ比較を実施してみた。 上段がシャープ「4B-C20BT3」、下段がソニー「BDZ-FBT4000」 パナソニック「DMR-4W400」 ソニー、パナソニック、シャープのリモコン 4K放送の切り替えレスポンス、マルチタスクは? 4K放送の視聴・録画に対応する4Kチューナー内蔵のレコーダー。 2018年に発売した第1世代と第2世代レコーダーの性能上の大きな違いが、3社とも4Kダブルチューナーを搭載したこと。 まずは昨年行った検証で相当苦労したチャンネル変更とマルチタスクからチェックしてみた。 検証に用いたテレビはシャープの8K AQUOS「8T-C80AX1」。 8Kパネルの超大画面でチェックを行った 4K放送のチャンネル変更はソニー、シャープが約3. 5秒、パナソニックは約5秒だった。 いずれも、4K放送の録画中に別の4Kチャンネルに選局した際の極端なスピード低下はなかった。 4Kダブルチューナー対応となり、第1世代の欠点を克服している形だ。 なお、ソニー、パナソニックの対応する4K長時間録画モードは、内部的には1度DRで録画して後で変換する形となっているようだ。 昨年から1年の時を経てずいぶんとレコーダーの動作も洗練されたようだ。 4K放送ダブル録画中にUltra HD Blu-rayの再生をテスト。 3社とも問題なく再生することができた 番組表の操作性、動作レスポンスを測定 続いて、レコーダーでもっとも利用頻度の高い番組表からの録画予約の動作もチェックしてみた。 パナソニックは、Gガイドの番組表で、上に広告スペース、下に操作ガイドが広めに入るため、表示エリアが若干狭く見えがち。 ただし、画面右上にライブ放送を見ながら操作できるところが扱いやすい。 4K放送から番組表を開くまでのレスポンスは約2. 2秒、番組表の上下左右操作のレスポンスは約0. 5秒で十分高速だ。 ただし、1週間分のスクロールは若干重く約45秒かかった。 録画ボタンでできる予約登録は約0. 5秒と高速。 パナソニックの番組表 予約機能はリモコンの検索ボタンからジャンルやキーワード、人名(人気キーワードのレコメンドあり)も利用可能。 自動録画の「おまかせ」は録画一覧の画面に一体化されていて、同じくジャンルやキーワード、人名も登録できる。 普段マニアックに語られないパナソニックだが、こだわる人なら使い込む手段もしっかり用意されている。 なお、「注目番組」「ニュース録画」などの機能は4K放送非対応だ。 パナソニックの検索画面。 自動録画の条件画面もほぼ同じ シャープは番組表全体が4K解像度で広く、左下にライブ番組も表示するスタイル。 検索は通常のジャンル、キーワード検索。 ホーム画面から操作すれば自動録画の条件設定も可能だ。 なお、ドラマ・アニメ録画の「ドラ丸」は4K放送には残念ながら非対応だ。 番組表のレスポンスは、4K放送から番組表のボタンを押してから表示まで約1. 8秒、番組表の反応は上下の時間移動は約0. 5秒だが、選択中の局を拡大する都合で横の移動は約0. 8秒とワンテンポ遅れる。 1週間分のスクロールは約35秒だ。 なお、録画ボタンによる予約登録は約5. 5秒かかった。 レコーダーが正しく動作しているのか心配になるところが少々気になった。 シャープの番組表 ジャンル、キーワード、人名、カテゴリー検索に対応 ソニーの番組表は画面全体を使った9ch表示で大画面向けなデザイン。 番組説明の文字表示も細かく情報量も豊富だ。 番組表に指定したジャンルだけ色分けするスタイルはソニーらしい。 なお、番組表内にある王冠マークはネット連携による「みんなの予約ランキング」の結果で、4K放送にも対応するところがうれしい。 レスポンスは放送から番組表を開くまで約3. 3秒(2回目以降は約2秒、約1. 5秒と短縮されていく)。 番組表内の上下左右の反応は約0. 4秒で、サクサク快適だ。 BS4Kの1週間分のスクロールにかかった時間は約34秒で、レスポンスにまったく不満はない。 録画ボタンでできる予約登録は約0. 9秒だった。 ソニーの番組表 予約機能は、「新作ドラマ・アニメガイド」が4K放送にも対応するなど、地デジ時代から作り込んできた機能がしっかりと継承されている。 ソニーの自動録画「おまかせ・まる録」.

次の

Ultra HD Blu

4k ブルーレイ

BDremuxとは? 4k ブルーレイやブルーレイ 4kのような単語はよく聞きますが、 BDremuxって知っていますか?「ブルーレイムービーをエクスポートしてリミックスする」規格を意味します。 BDremuxの作成方法:オリジナルのBlu-rayディスクのすべてのコンテンツをソフトウェアを介してコピーし、次にディスクパッケージ内のポジティブファイル、つまり特定のm2tsファイルを抽出します。 元のm2tsファイルの名前は通常0000X. m2tsで、ビデオ、複数のオーディオトラック、PGS字幕、その他のコンテンツが含まれています。 HD愛好家は、元のm2tsファイルを取得し、ビデオ、オーディオトラック、字幕情報を取り除いてから、ビデオとオーディオトラックを別々にマージしてts形式にします。 こうやって得られるバージョンは、BD-remuxバージョンと呼ばれます。 BD-remuxは画質と音質が基本的にオリジナルのBlu-rayと同じです。 BDRIPとは? BDRIPは、再圧縮およびエンコードされたことを意味します。 元の高解像度データを1080Pから720Pに圧縮して再エンコードするためのもので、20Gフィルムは4. 3Gに圧縮されていますが、音質と画質は低下しています。 19、20、および22インチのワイドスクリーンで表示できますが、品質は明らかに低下されます。 普通のBlu-rayプレーヤーで4k Ultra HD Blu-rayを再生できますか?この質問は、多くの4K UHD映画の愛好家を悩ませています。 通常、普通のBlu-rayプレーヤーで4K UHD Blu-rayディスクを再生することはできません。 その4k ultra hd blu-ray 再生できない理由は、通常のBlu-rayプレーヤーがBD25またはBD50をサポートしているからです。 4k ultra hd blu-ray 再生するには、ultra hd ブルーレイ再生対応機器(uhd bd プレイヤー)でなければなりません。 ここで25と50は、Blu-rayディスクのサイズをGB単位で表したものです。 4K UHDムービーは、最大70GB以上のデータを保存できるBD100ディスクに保存されます。 また、4K UHD Blu-rayプレーヤー uhd bd プレイヤー は、普通のBlu-rayプレーヤーでサポートされていない別のビデオコーデックを使用します。 普通のBlu-rayプレーヤーで4k Ultra HD Blu-rayを再生するには、2つの解決策があります。 一番目は、BDプレーヤーを4K UHDプレーヤーにアップグレードします。 2番目の解決策は、現在の4K UHD Blu-rayムービーを普通のBlu-rayプレーヤー形式にリッピングすることです。 この記事では、2番目のuhd blu-ray変換オプションをご紹介します。 DVDFab というソフトウェアを使用して、4K(2160p)の4K UHDムービーを1080p解像度のBD25またはBD50にリッピングできます。 4K UHDムービーからBlu-ray ISOを作成するか、圧縮したムービーを空のBD25またはBD50ディスクに直接書き込むことができます。 お使いのPCは ハードウェア加速 をサポートしている場合は、変換の時間を短縮することができます。 エンコードの間、CUDA、AMD、Intel Quick Syncを含めて普通のハードウェア加速なども処理スピードを大幅に向上させることができます。 下記のDVDFab UHD ブルーレイ変換の特徴とこのソフトを使用して、uhd blu-ray変換を行う方法をご覧下さい。 DVDFab UHD ブルーレイ変換の特徴 このuhd blu-ray変換プログラムの最も重要な機能の1つは、コピーやリッピング中にオーディオとビデオの品質を維持して、通常のBDプレーヤーで最高の視聴体験を得るためにビデオを処理します。 しかし、4K UHD Blu-rayムービーを通常のBDフォーマットに圧縮されるので、画質の違いがあります。 変換の際、出力サイズをBD50に設定したら、BD25よりもさらに高画質を得ることができます。 オーディオの方について、Dolby Atmos、Dolby Digitalのようなデジタルサウンドに自動的にエンコードされ、最高の音質を出力します。 だからあなたはそれについて心配する必要はありません。 DVDFab UHD ブルーレイ変換の使い方 上記の3番目の段落で、DVDFab UHD ブルーレイ 変換を紹介しました。 以下の簡単なステップバイステップのチュートリアルでは、その作業について説明します。 32ビット版ではuhd blu-ray変換をサポートしていません。 「詳細設定」 アイコンをクリックして、「出力」オプションで BD25 または BD50 を選択します。 フォルダを保存するには、「フォルダ」アイコンをクリックします。 DVDFab UHD ブルーレイ変換を使用して、4K UHDディスクを一般的なBlu-rayフォーマットに変換できるようになりました。 最後に 「4k Ultra HD Blu-ray(又はウルトラhdブルーレイ)を一般的なBlu-rayプレーヤーで再生できますか?」という質問に対して、正しい答えが得られたことを願っています。 4K UHD Blu-rayムービーを普通のBlu-rayプレーヤーでサポートされるビデオフォーマットに変換する方法を教えました。 DVDFab でUHD映画をコピーして、コンピュータのハードドライブに保存するISOを作成するか、それを空白のディスクに書き込むか、必要に応じて選択できます。 このソフトは、30日間の無料試用期間があります。 試用期間中、機能に制限はありません。 試用期間が終わったら、4K UHD Blu-rayムービーを変換するためにソフトを購入する必要があります。 なお、動画変換する代わりに、4k ultra hd 再生ソフトを探している場合は、4k ultra hd 再生可能なDVDFab を試してください。 このuhd プレイヤーの詳細はを参照してください。 関連記事:.

次の

人気の4K Ultra HDブルーレイ映画おすすめ10選

4k ブルーレイ

4Kを処理する性能は最低条件だが、それとは別に、著作権でプロテクトされた4Kコンテンツを開ける「AACS2のデバイス鍵」 UHD BDの再生鍵と共有可能 と、2つの録画用規格 BD-RE Part 3 V5. x規格とAACS2 Recordable規格 の対応が求められる。 4Kを処理するための性能とデバイス鍵を持っているにもかかわらず、既存のUHD BDプレーヤーやUHD BD再生対応のBDレコーダーで4K録画BDが再生できない理由は、前述した2つの録画規格に対応していないためだ。 シャープのBDレコーダー・BT3シリーズは、この録画規格に対応することで、市販のUHD BDに加えて4K録画BDの再生をサポートした。 シャープ開発者は「AT3でダビングした4K録画BDの再生環境が拡がり、より多くのAQUOSブルーレイユーザーで4Kが楽しめるようになる」と話す。 パナソニック機でダビングした4K録画BDは、シャープ機で再生できない 一方で再生できて、もう一方で再生できない理由は、4K番組をダビングする際に採用している両社の記録方式が関係している。 少しややこしい話になるが、'18年12月1日に始まった新4K8K衛星放送には、これまでのデジタル放送とは異なる伝送方式 多重化 が使われている。 では「記録方式が違うのに、シャープ機でダビングした4K録画BDはなぜパナソニック機で再生できたのか? 」というと、パナソニックは「スカパー! 4Kでは既存のMPEGー2 TS方式で放送されていること。 SUZ2060では自己録再に加えて、できるだけ様々な4K録画BDをサポートできる仕様にした」と話す。 あくまで仮定を前提に「もし他社から、自社と同じ記録方式を採用する4Kレコーダーが発売された場合、そのレコーダーで作成された4K録画BDは再生できるか? 」との質問に対し、シャープ、パナソニック共に「 検証は必要だが 再生できる可能性が高い」と回答する。 4K放送はまだ始まったばかりで対応機器の進化はこれから、と言われてしまえばそれまでだが、4K録画BDの再生機能は積極的に盛り込んで欲しいし、「録画したディスクが他の機器で再生できない」とユーザーが互換の問題で涙する前に、レコーダー、そしてプレーヤーのメーカーらで、記録・再生に関する方式の統一に取り組んでもらいたい。 しかし実際には、2K録画BDにおいてはメーカー間での再生互換の問題はほぼ解消されている。

次の