アグレ。 アグレ都市デザイン (3467) : 株価/予想・目標株価 [Agratio urban design]

アグレ堀越(名古屋市)【360度パノラマ画像】|みんなの介護

アグレ

アグレ都市デザインのみんかぶ目標株価は「494円」で【買い】と評価されています。 みんかぶリサーチによる株価診断では【割高】 理論株価 436円 、個人投資家による株価予想では【買い】 予想株価 582円 と判断されています。 アグレ都市デザインは、【省エネ住宅、住宅関連、注文住宅】などのテーマ銘柄です。 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の

会社概要・事業紹介

アグレ

[生]1949. ノースフィールド アメリカの化学者。 1974年にジョンズ・ホプキンズ大学医学部を卒業,ノースカロライナ大学などで研修,研究ののち,1981年に母校に戻り,1993年に生化学の教授となる。 1988年,赤血球の研究をしていたアグレは役割不明の蛋白を発見し,その後この蛋白が細胞に水を通す通路であることを証明した。 東京医科歯科大学の佐々木成らも同様の働きをもつ蛋白を発見,アグレとともにアクアポリンと名づけた。 さらに,アグレと京都大学の藤吉好則はアクアポリン水チャンネルの構造とメカニズムを明らかにした。 アグレはその業績により 2003年にロデリック・とともにノーベル化学賞を受賞した。 出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について の解説 アメリカの者。 ミネソタ州ノース・フィールドに生まれる。 オーガスバーグ大学で化学を学び、1970年に卒業、ジョンズ・ホプキンズ大学医学部に進み、1974年博士号を取得した。 ノース・カロライナ大学で医学研究員を務めたのち、ジョンズ・ホプキンズ大学に戻り、1984年医学部の教職につき、1993年生化学教授となった。 なお、2002年(平成14)に来日し、各地で講演を行っている。 血液や腎臓 じんぞう の研究を行っていたが、1991年に赤血球の膜タンパクが水チャンネルであることを発見した。 水チャンネルは、水を選択的に通す細胞膜タンパクで、従来は水が細胞膜を拡散作用によって通過すると考えられていたため、この発見は画期的なものであった。 水チャンネルはアクアポリンと名づけられ、その後、多くの種類のアクアポリンが発見されている。 この業績により、2003年のノーベル化学賞を、カリウムイオンを通すチャンネルを解明したマキノンと同時受賞した。 [編集部].

次の

会社概要・事業紹介

アグレ

[生]1949. ノースフィールド アメリカの化学者。 1974年にジョンズ・ホプキンズ大学医学部を卒業,ノースカロライナ大学などで研修,研究ののち,1981年に母校に戻り,1993年に生化学の教授となる。 1988年,赤血球の研究をしていたアグレは役割不明の蛋白を発見し,その後この蛋白が細胞に水を通す通路であることを証明した。 東京医科歯科大学の佐々木成らも同様の働きをもつ蛋白を発見,アグレとともにアクアポリンと名づけた。 さらに,アグレと京都大学の藤吉好則はアクアポリン水チャンネルの構造とメカニズムを明らかにした。 アグレはその業績により 2003年にロデリック・とともにノーベル化学賞を受賞した。 出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について の解説 アメリカの者。 ミネソタ州ノース・フィールドに生まれる。 オーガスバーグ大学で化学を学び、1970年に卒業、ジョンズ・ホプキンズ大学医学部に進み、1974年博士号を取得した。 ノース・カロライナ大学で医学研究員を務めたのち、ジョンズ・ホプキンズ大学に戻り、1984年医学部の教職につき、1993年生化学教授となった。 なお、2002年(平成14)に来日し、各地で講演を行っている。 血液や腎臓 じんぞう の研究を行っていたが、1991年に赤血球の膜タンパクが水チャンネルであることを発見した。 水チャンネルは、水を選択的に通す細胞膜タンパクで、従来は水が細胞膜を拡散作用によって通過すると考えられていたため、この発見は画期的なものであった。 水チャンネルはアクアポリンと名づけられ、その後、多くの種類のアクアポリンが発見されている。 この業績により、2003年のノーベル化学賞を、カリウムイオンを通すチャンネルを解明したマキノンと同時受賞した。 [編集部].

次の