ラジエーションハウス 久志。 ドラマ「ラジエーションハウス」鈴木伸之の白衣姿にキュンキュンの声

ラジエーションハウス:実力派の子役トリオがゲスト出演 朝ドラ、大河ドラマ出演も

ラジエーションハウス 久志

カバー絵は放射線医の甘春杏。 可愛い。 前巻で「マニュアル通りに撮影さえすればいい」と言った彼女が唯織のスーパー撮影力を認めました。 彼女の医師としての成長が始まります。 今巻では、前巻で蛭田夫妻が見かけた母子が放射線科の患者です。 母の美佐子は乳がんの再発を心配し、息子の健太郎は膝が痛いという。 健太郎から話を聞いた唯織が50万分の1の稀な病気を疑うのが前半です。 後半では美佐子の乳がんを追います。 面白くて役に立つ放射線医療漫画! ここは全女性に読んでもらいたいですね。 そんな中、ラブコメ部分もこっそりと進んでいます。 杏の母から杏の弟の久志のことを聞いた唯織は、杏の態度の秘密がわかったように思います。 この杏も、これまでの患者さんたちも皆、患者の家族への思い、家族の患者への思いが大きく絡んできています。 信頼すること、助けること、そして頼ること。 人は一人ではない。 そして放射線医と放射線技師とが組んでこそ、双方その力を発揮できるのです。 さて、美佐子の乳がんの話は次巻に続きます。 1巻読んで、すぐに2巻を読みましたが、2巻は短い。 それだけテンポが早く進んでいたのかもしれませんが、[完]の文字を見た瞬間に、続き!?とびっくりしました。 1巻に続き、乳がんの話もありますが、高濃度乳腺は私もそうなのでわかります。 マンモグラフィーだけではわからないので、超音波も並行して受けてくださいと言われました。 また、乳腺を調べる超音波もあるので、私のような方はそちらを併用してみてもいいかもしれません。 女性なら、片胸失うのがどんなに辛いことか、想像の範囲でしかないけど、大変お辛いことだと思います。 下着屋さん行っても、片胸用とかないし… ヘビースモーカーだと、再建もできないと初めて知りました。 そういうこともあるなら、せめて放射線科の中だけでもタバコはやめてもらえませんか? タバコがどれだけ病気に害を及ぼすかメディアを通じてわかってると思います。 この漫画はいいところもあるのに、本当にそこが残念です。 タバコは百害あって一利なしです。 私のような癌患者を家族にいるような人には本当に見るのも辛いのでやめてもらいたい。 ましてや、医療従事者であるし、病院だからこそやめてほしい。 そこがなければ、漫画自体は勉強にもなるし、いい本だと思います。 「病室で念仏を唱えないでください」を読んでいたら、紹介リストの中に入って来たので読んでみました。 あまり趣味でない萌え系(?)の絵に初め非常に抵抗があって、読み進められるだろうかと心配しましたが筋を追ううちに気にならなくなりました。 (絵自体もストーリーに合わせてシリアスになって来たような・・・)主人公の経歴設定が「ちょっと、現実にはあり得ないだろう」という以外はリアルにできていて引き込まれます。 その点では「僧侶兼救急医」が主人公の「病室で念仏を唱えないでください」と似ていると思います。 乳がん検診のマンモグラフィについては、受けても発見できなかった例も少なくないと聞いて、私自身は受けずに来てしまったのですが、なぜ、そのようなことが起こってしまうのか、その理由がこの二巻でわかったような気がします。 「デンスブレスト(高濃度乳腺)」については本当に最近の知見のようですが、このような知識が早く日本社会にも広がって、今の検査体制の盲点が埋まって行けばいいと思います。 放射線技師というあまり馴染みのない職業をとりあげており、この職業の役割や重要性を問いかけている作品でした。 医師や看護師が主役で、医師や看護師をピックアップする作品は多く存在しますが、これらの職種以外の方の協力も必要不可欠だと考えさせられる作品です。 作品はシリアス場面とコメディ場面が絶妙に展開されておりスラスラ楽しく読めました。 患者として病院に行く身としては、作中にもありましたが、優れた放射線科医と腕のいい放射線技師のいる病院にかかりたいものです 外部から判断できればいいですが、中々難しいですよね。 今後も勉強になるお話を楽しみに、期待しています。 あとコミュ障主人公の恋の行方も楽しみにしております。

次の

「ラジエーションハウス」唯織と杏の恋の結末をネタバレ!辻村駿太郎が恋敵!

ラジエーションハウス 久志

10日に放送された俳優窪田正孝(30)主演のフジテレビ系連続ドラマ「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」(月曜午後9時)第10話の平均視聴率が13・3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが11日、分かった。 前回の11・5%から1・8ポイント、アップした。 前々回と同じく、番組開始以来の最高を記録した。 初回から12・7、12・3、11・5、9・1、10・8、13・2、11・4、13・3、11・5%だった。 アメリカで最も権威ある放射線科医から認められた後に帰国して、本田翼(26)が演じるヒロインの甘春杏(あまかす・あん)が放射線科医として勤務する甘春総合病院で働き始める。 杏は、甘春総合病院の前院長の娘。 父が愛した病院を守りたいと思っている。 患者を常に助けたいと思っているが、病院側の人間として、患者よりも病院のルールや効率を優先してしまうこともある。 医師免許を持たない放射技師を見下していた杏だが、唯織との出会いで変わっていく。 放射線技師・軒下吾郎を演じる浜野謙太(37)は(スタジオ前の準備部屋の)前室から出演者のチームワークは抜群にいいと言う。 広瀬アリスさんですね。 ずっとモノマネやったり、誰かをいじったり。 誰かっていっても、みんな年上ですからね。 遠藤憲一さんとか僕のことを散々いじって。 まあ、イヤじゃないけど(笑い)。 だから、楽しいですよ。 窪田正孝くんもノリが良いし、本田翼さんもその上にノッてくるし。 もう、前室のフォーメーションができていますからね。 前室の使い方って、ベテランの方ほどうまいと思うんですけど、今回は若い子たちのパワーで湧いている感じがします。 帰りたくない感じになっちゃっていますね、僕は(笑い)。 前室でモニターを見ていても、仲間が出ているだけでウケますからね。 ただ、広瀬裕乃(広瀬アリス)が真面目なことをしているとちょっと笑っちゃったりするのは問題だと思うんですけど(笑い)」と話している。 第10話では、出勤途中の唯織(窪田)のもとに、放射線科の世界的権威である恩師ピレス教授(Dutch)からメッセージが届く。 人工知能を使った読影補助ソフトを開発することになったピレスは、そのメンバーに唯織を迎えたいと考えていた。 診療部長兼放射線科長の鏑木安富(浅野和之)は、整形外科医の辻村駿太郎(鈴木伸之)の父で、麗洋医科大学病院教授の辻村丈介(名高達男)から系列病院の院長を任されたことを家族に報告する。 妻の聡子(梅沢昌代)と娘の加奈子(丸川ゆい)に、給料も倍になるから3人でハワイ旅行に行こうと話す。 ラジエーションハウスに杏(本田)の父親で、元院長の正一(佐戸井けん太)が突然現れる。 正一がうつ病の状態だと知る放射線技師長・小野寺俊夫(遠藤憲一)や放射線技師・黒羽たまき(山口紗弥加)らは、努めて明るく彼を出迎える。 その頃、辻村は嶋田茜(西原亜希)の1歳8カ月になる息子・光の診察をしていた。 骨折の疑いでエックス線検査のオーダーを受けた新人放射線技師の裕乃(広瀬)は、赤ちゃんの検査にしり込みし、先輩の軒下(浜野)に助けを求める。 そこで、3カ月前にも右上腕骨骨折の疑いで光の検査をしたことを思い出すたまき。 検査の結果、光は鎖骨を骨折しており虐待の疑いが出てくる。 鏑木は、院長の大森渚(和久井映見)に辞表を提出する。 院長室を後にした鏑木は、椅子に座っていた元院長の正一に気づいた。 正一も鏑木にあいさつしようと立ち上がるが、そのとき突然頭痛に襲われて倒れてしまう。 photo• 音楽 [7月16日 16:58]• 芸能 [7月16日 16:57]• 芸能 [7月16日 16:57]• 音楽 [7月16日 16:40]• 芸能 [7月16日 16:07]• ドラマ [7月16日 15:33]• 芸能 [7月16日 15:17]• 芸能 [7月16日 15:17]• 芸能 [7月16日 15:05]• 芸能 [7月16日 15:05]• AKB48 AKB柏木由紀、29歳の誕生日に配信限定ソロ公演 []• AKB48 [7月15日 21:33]• AKB48 [7月15日 9:25]• AKB48 [7月14日 9:01]• AKB48 [7月10日 22:18]• AKB48 [7月9日 17:39]• AKB48 [7月7日 9:00]• AKB48 [7月6日 23:15]• AKB48 [7月5日 20:33]• AKB48 [7月5日 0:26]• AKB48 [7月2日 14:41]• ジャニーズ V6井ノ原主演「特捜9」9話も好調12・7% []• ドラマ [7月16日 10:25]• ジャニーズ [7月16日 5:01]• ドラマ [7月16日 5:01]• 芸能 [7月14日 19:58]• ジャニーズ [7月13日 23:36]• 芸能 [7月13日 9:04]• ジャニーズ [7月13日 0:00]• ジャニーズ [7月12日 8:08]• ジャニーズ [7月12日 4:00]• ジャニーズ [7月11日 9:47]• ハリウッド 「グリー」女優リベラさん遺体発見 共演者命日に… []• コラム [7月14日 14:32]• ハリウッド [7月14日 13:32]• ハリウッド [7月13日 19:26]• ハリウッド [7月13日 11:42]• ハリウッド [7月12日 11:56]• ハリウッド [7月12日 11:55]• ハリウッド [7月12日 11:53]• ハリウッド [7月12日 9:43]• ハリウッド [7月11日 12:20]• ハリウッド [7月10日 10:09]• 映画 今井翼「わがままを言って…」初体験ナレーション []• シネマ [7月15日 16:32]• シネマ [7月15日 15:02]• シネマ [7月15日 9:22]• シネマ [7月14日 19:35]• シネマ [7月14日 16:05]• シネマ [7月14日 15:30]• シネマ [7月13日 9:04]• シネマ [7月12日 21:11]• コラム [7月12日 10:00]• シネマ [7月12日 8:08]• ドラマ 杉咲花、おちょやんクランクイン「現場にいる幸せ」 []• ドラマ [7月16日 15:33]• ドラマ [7月16日 13:47]• ドラマ [7月16日 12:28]• ドラマ [7月16日 10:25]• ドラマ [7月16日 10:06]• ドラマ [7月16日 5:01]• ドラマ [7月15日 10:06]• ドラマ [7月15日 10:06]• ドラマ [7月15日 9:22]• ドラマ [7月15日 6:31]•

次の

「ラジエーションハウス」唯織と杏の過去とは?杏が唯織を覚えていない理由とは?

ラジエーションハウス 久志

カバー絵は放射線医の甘春杏。 可愛い。 前巻で「マニュアル通りに撮影さえすればいい」と言った彼女が唯織のスーパー撮影力を認めました。 彼女の医師としての成長が始まります。 今巻では、前巻で蛭田夫妻が見かけた母子が放射線科の患者です。 母の美佐子は乳がんの再発を心配し、息子の健太郎は膝が痛いという。 健太郎から話を聞いた唯織が50万分の1の稀な病気を疑うのが前半です。 後半では美佐子の乳がんを追います。 面白くて役に立つ放射線医療漫画! ここは全女性に読んでもらいたいですね。 そんな中、ラブコメ部分もこっそりと進んでいます。 杏の母から杏の弟の久志のことを聞いた唯織は、杏の態度の秘密がわかったように思います。 この杏も、これまでの患者さんたちも皆、患者の家族への思い、家族の患者への思いが大きく絡んできています。 信頼すること、助けること、そして頼ること。 人は一人ではない。 そして放射線医と放射線技師とが組んでこそ、双方その力を発揮できるのです。 さて、美佐子の乳がんの話は次巻に続きます。 1巻読んで、すぐに2巻を読みましたが、2巻は短い。 それだけテンポが早く進んでいたのかもしれませんが、[完]の文字を見た瞬間に、続き!?とびっくりしました。 1巻に続き、乳がんの話もありますが、高濃度乳腺は私もそうなのでわかります。 マンモグラフィーだけではわからないので、超音波も並行して受けてくださいと言われました。 また、乳腺を調べる超音波もあるので、私のような方はそちらを併用してみてもいいかもしれません。 女性なら、片胸失うのがどんなに辛いことか、想像の範囲でしかないけど、大変お辛いことだと思います。 下着屋さん行っても、片胸用とかないし… ヘビースモーカーだと、再建もできないと初めて知りました。 そういうこともあるなら、せめて放射線科の中だけでもタバコはやめてもらえませんか? タバコがどれだけ病気に害を及ぼすかメディアを通じてわかってると思います。 この漫画はいいところもあるのに、本当にそこが残念です。 タバコは百害あって一利なしです。 私のような癌患者を家族にいるような人には本当に見るのも辛いのでやめてもらいたい。 ましてや、医療従事者であるし、病院だからこそやめてほしい。 そこがなければ、漫画自体は勉強にもなるし、いい本だと思います。 「病室で念仏を唱えないでください」を読んでいたら、紹介リストの中に入って来たので読んでみました。 あまり趣味でない萌え系(?)の絵に初め非常に抵抗があって、読み進められるだろうかと心配しましたが筋を追ううちに気にならなくなりました。 (絵自体もストーリーに合わせてシリアスになって来たような・・・)主人公の経歴設定が「ちょっと、現実にはあり得ないだろう」という以外はリアルにできていて引き込まれます。 その点では「僧侶兼救急医」が主人公の「病室で念仏を唱えないでください」と似ていると思います。 乳がん検診のマンモグラフィについては、受けても発見できなかった例も少なくないと聞いて、私自身は受けずに来てしまったのですが、なぜ、そのようなことが起こってしまうのか、その理由がこの二巻でわかったような気がします。 「デンスブレスト(高濃度乳腺)」については本当に最近の知見のようですが、このような知識が早く日本社会にも広がって、今の検査体制の盲点が埋まって行けばいいと思います。 放射線技師というあまり馴染みのない職業をとりあげており、この職業の役割や重要性を問いかけている作品でした。 医師や看護師が主役で、医師や看護師をピックアップする作品は多く存在しますが、これらの職種以外の方の協力も必要不可欠だと考えさせられる作品です。 作品はシリアス場面とコメディ場面が絶妙に展開されておりスラスラ楽しく読めました。 患者として病院に行く身としては、作中にもありましたが、優れた放射線科医と腕のいい放射線技師のいる病院にかかりたいものです 外部から判断できればいいですが、中々難しいですよね。 今後も勉強になるお話を楽しみに、期待しています。 あとコミュ障主人公の恋の行方も楽しみにしております。

次の