アマゾン注文履歴 削除。 Kindle本の削除方法【妻にバレる前に要チェック】

Amazon商品の閲覧履歴を削除する

アマゾン注文履歴 削除

注文履歴ページに入るときには別途パスワードが必要になります。 そのため、 パスワードを知らない人に履歴を見られることは基本的にありません。 ただし、ログイン時に「サインインしたままにする」にチェックを入れないように! それでも消したい場合もあるかと思いますが、Amazonでは注文履歴を 完全に削除することはできません。 ただし、非表示にすることはできます(のちほど解説します)。 唯一の完全削除の方法はアカウント削除 完全に履歴を消したい場合には、アカウントを削除(退会)して、もう一度会員登録するしかありません。 削除後の再登録はできる? トラブルなどにより強制退会されていない限り、再登録できます。 ただし、全ての注文履歴、ポイント、登録住みの住所なども消えてしまうので注意しましょう。 詳しくは「」をご覧ください。 アカウントサービスのページを下にスクロールすると、このような画面が出てくるかと思います。 この右下にある「閲覧履歴を表示して編集する」をクリックします。 すると閲覧履歴などの編集ページが開きます。 これで今後「閲覧履歴に基づくおすすめ商品」が非表示になります。 【参考】便利なツール アマゾンの購入履歴をチェックに関して、便利なツールを作ってくださっている方がいます。 ここではそんな便利ツールを2つ紹介します。 注文履歴をExcelファイルやCSVでダウンロードする Windowsであれば、こちらのリンクのソフトを使うことでAmazonの注文履歴をまとめてExcelにダウンロードすることができます。 使い方は「」が参考になります。 ExcelからCSV形式で保存することもできますね。 Amazonでの過去の買い物の合計金額を調べる.

次の

Amazonの領収書・購入明細書の発行方法(出し方)を簡単解説!【PC、スマホ】|ノリフネ!~乗りかかった船~

アマゾン注文履歴 削除

Amazon で商品を閲覧すると、画面に閲覧した商品の一覧が表示されたり閲覧履歴に基づいた関連商品のおすすめなどが行われることがあります。 通常は便利な機能ですが何らかの理由により閲覧履歴が表示されたりするのが問題になる場合には商品の閲覧履歴を削除することでおすすめ表示などを行わせないことができます。 Amazon 商品の閲覧履歴を削除するには、画面左上に表示されている「マイストア」をクリックして下さい。 マイストアの画面で、左上に表示されている「表示履歴」をクリックして下さい。 商品の閲覧履歴が表示されます。 個別の商品履歴を削除されたい場合には、該当の商品に表示されている「表示から削除」をクリックして下さい。 該当の商品が閲覧履歴から削除されました。 再読み込みすると表示が完全にされなくなります。 すべての閲覧履歴を削除する場合には、画面右上に表示されている「履歴を管理」をクリックしてください。 画面左上に「表示からすべての商品を削除する」というボタンが表示されますのでクリックしてください。 確認ダイアログが表示されますので「表示からすべての商品を削除する」をクリックしてください。 商品の閲覧履歴がすべて削除されました。 Amazon で商品を閲覧しても履歴に残らないようにすることもできます。 先ほどと同じ手順で「マイストア」から「表示履歴」のページを表示してください。 画面右上に表示されている「履歴を管理」をクリックしてください。 現在はオンになっていますのでクリックしてオフにしてください。 閲覧履歴が無効となりました。 ただ注意点として閲覧履歴を無効にした以降に商品を閲覧した場合は履歴に残らなくなりますが、無効にする前の履歴はそのまま残っています。 これまでの閲覧履歴を不要の場合は履歴の削除を行ってください。 -- -- 閲覧履歴を削除する方法、そして閲覧履歴を残さないようにする設定方法について解説しました。

次の

Kindle本の削除方法【妻にバレる前に要チェック】

アマゾン注文履歴 削除

Amazonの購入履歴、消したいモノありませんか? 【手順解説】「購入履歴」を非表示にするには Amazonの「注文履歴」(購入履歴)は、スマートフォンのAmazonアプリでは非表示にすることはできません。 しかし、ユーザーが繰り返し購入している商品や、日用品や食品などの消耗品がピックアップされる「再び購入」では、商品リストを編集して、注文履歴を非表示にすることが可能です。 実際の手順は以下の通りです。 メニューの 「履歴からもう一度買う」をタップします。 リストが表示されたら 右上の「管理リスト」をタップします。 表示したくない項目の 「削除」ボタンをタップします。 メニューから「履歴からもう一度買う」をタップします• 「再び購入」画面で、リストに表示させたくないものがある場合は、右上の「管理リスト」をタップします• スマートフォンでは、アプリではなくWebブラウザでAmazonにアクセスして、Webサイトの表示を「PC版サイト」に切り替えることで、「注文を非表示にする」ボタンが押せるようになります。 ただし、この方法はあくまでも「非表示」にできるだけで、 「注文履歴」(購入履歴)のデータ自体を削除することはできません。 非表示にした項目は注文履歴で検索できますし、注文履歴の種類・時期の絞り込みメニュー(「過去6カ月間」と書かれたポップアップメニュー)から「非表示にした注文」だけを表示することも可能です。 注文履歴をどうしても消したい場合には、そのAmazonアカウントを削除して、新たにアカウントを作成しなおす方がよいでしょう。 パソコンで「注文を非表示にする」実際の手順は以下の通りです。 WebブラウザでAmazonにアクセスし、トップ画面の右上にある 「注文履歴」をクリックします。 商品リストが表示されたら、非表示にしたい商品の 「注文を非表示にする」ボタンをクリックします。 確認メッセージが表示されたら、 もう一度「注文を非表示にする」ボタンをクリックします。 パソコンのWebブラウザでAmazonにアクセスし(またはスマートフォンで「PC版サイト」を「デスクトップ表示」)、トップ画面の右上にある「注文履歴」をクリックします• これまでAmazonで注文した商品が表示されたら、非表示にしたい商品の右側に「注文を非表示にする」のボタンをクリックします• 確認メッセージが表示されるので、もう一度「注文を非表示にする」ボタンをクリックすると、その項目が注文履歴に表示されなくなります• 「注文履歴」画面にある「過去6カ月間」と書かれたポップアップメニューをクリックし、メニュー最下部にある「非表示にした注文」を選ぶと、隠した項目だけが抽出されます Amazonの「購入履歴」からできること ここからは、削除・非表示にする方法から離れて、Amazonの「注文履歴」(購入履歴)を有効活用する方法を紹介していきます。 Amaznoで購入した商品をもう一度買いたいとき、あるいは最近気になった商品の詳細を参照したいときに、イチから検索する手間が省けます。 「注文履歴」は、Amazonでこれまで購入した商品を一覧表示し、「再度購入」ボタンをタップすることで簡単に再注文できます。 また、商品ごとに、注文日や配達日、金額、届け先、注文番号などの詳しい内容を確認したり、商品ページへのリンクをクリックして商品の説明ページを確認することも可能です。 さらに、注文履歴を「タイトル」、「カテゴリー」、「届け先」で検索できるほか、表示内容を注文の種類(未発送の注文、キャンセルした注文)や、注文時期(購入した年)で絞り込むことが可能です。 これにより、Amazonのアカウントを作って最初に購入した商品が何だったのかを調べたり、数年前に購入した商品の価格や詳細をチェックしたりできます。 【手順解説】Amazonアプリで「購入履歴」を表示するには ここでは、スマートフォンの「Amazon」アプリを使って、注文履歴(購入履歴)を表示する方法を解説します。 実際の手順は以下の通りです。 メニューから 「注文履歴」を選択します。 過去6カ月間の注文履歴が表示されます。 メニューから「注文履歴」を選択します• 過去6カ月間の注文履歴が表示されます(商品ごとに「再度購入」ボタンや返品期限などが表示される場合もあります) 「購入履歴」の商品を検索するには 注文した商品を、タイトルやカテゴリー、届け先で検索するには、上記「注文履歴」を表示する方法で[1]~[3]までの手順を行い、「注文履歴」画面を表示したのち、 右上にある「すべての注文を検索」をタップして、上部に現れる 入力フィールドに検索キーワード(タイトル、カテゴリー、届け先)を入力すると検索できます。 「注文履歴」画面右上にある「すべての注文を検索」をタップします• 上部に現れる入力フィールドに、検索キーワード(タイトル、カテゴリー、届け先)を入力します• 検索結果に該当する注文が抽出されます 注文の種類や時期から「購入履歴」を見るには 「注文履歴」を開くと、過去6カ月間に注文したすべての商品がリストアップされますが、注文の種類(すべての注文、未発送の注文、キャンセルした注文)や、注文した時期を絞って表示することも可能です。 上記「注文履歴」を表示する方法で[1]~[3]までの手順を行い、「注文履歴」画面を表示したのち、 右上の「表示する注文を選択」をタップすると開く画面で、注文の種類や注文時期を指定して表示できます。 「注文履歴」画面右上にある「表示する注文を選択」をタップします• まず、注文の種類(すべての注文、未発送の注文、キャンセルした注文)や注文時期を選択しします。 そして、上部の「適用」ボタン、もしくは最下部の「適用」ボタンをタップすると、注文履歴がそれに応じた内容に切り替わります。 画面を閉じると、初期状態(注文の種類は「注文」に、注文時期は「過去6カ月」)に戻ります• 注文時期(主に「購入年」)を切り替えたい場合は、表示したい年を選択後、最下部の「適用」ボタンもしくは上部の「適用」ボタンをタップすると、表示される注文履歴がその年のものに切り替わります。 なお、画面を閉じると初期状態の「過去6カ月」に戻ります 「購入履歴」からもう一度買うには 以前購入したことのある商品をもう一度買う場合、注文履歴の「再度購入」ボタンからも購入できますが、もっと便利なのが「履歴からもう一度買う」画面です。 「履歴からもう一度買う」画面に出てくる商品リストは、そのユーザーが繰り返し購入している商品や、日用品や食品などの消耗品がピックアップされているため、選びやすくなっています。 予めご了承ください。 関連記事•

次の