赤ちゃん 寝る 前 大 泣き。 赤ちゃんが寝る前にギャン泣きするのはなぜ?対策は?

赤ちゃんを寝かしつける際の大泣きについて

赤ちゃん 寝る 前 大 泣き

泣き・夜泣き・眠り Q. 1歳10か月。 入眠時に必ず大泣きしますが規則正しい睡眠時間を守るべきですか。 2012. (妊娠週数・月齢)1歳7〜11か月 1歳10か月の男の子です。 最近、昼寝のときも夜も寝る前に大泣きします。 どちらもベッドに連れて行く前は眠そうなのですが、ベッドに入ると「まだ寝たくない!」と泣き始め、20〜30分ほど泣き叫んだあとに疲れて寝ます。 もっと遊びたいのでしょうが、睡眠は大事だからと自分に言い聞かせ、息子の絶叫に耐えて添い寝をします。 寝る前にドライブをするといいとも聞きますが、一度するとずっとしなければならなくなるのが心配です。 また、この時期は夜寝る時間が遅くなっても遊びたいだけ遊ばせるとそのうちになくなるとも聞きますが、ほんとうでしょうか? それとも、やはり生活リズムを整えることや規則正しい睡眠時間を優先させるべきでしょうか。 回答者: 汐見稔幸先生 小さな子どもが寝るとき、素直に寝てくれないで、ぐずったり泣いたりするのはどうしてか、実は定説はないようです。 一般にいわれている説明は大まかに次の4つのようです。 昔から人類は、夜寝たあと他の動物に襲われたり雨に打たれたりする可能性があったので、夜が怖かった。 夜はなるべく短く安全にする必要があった。 その経験が遺伝子に残されていて、いまでも寝てしまうことに不安を感じてしまう。 それが幼い子にはまだ残っているので寝るときに不安になって泣くのではないか。 少しずつ、寝ても安心だという経験を重ねることが必要だ。 人の自律神経は興奮活動を司る交感神経と抑制活動を司る副交感神経の拮抗的な働きからなっている。 昼間は活動をしているので交感神経が優位に働く状態を保ち、夜になると副交感神経が優位に働くように切り替えなければならない。 そのいわばスイッチの切り替えが日が落ちる夕方に起こるが、自律神経の働きがまだ不十分な幼い子どもは、その切り替えがうまく進まず、抑制系が働き始めて眠くなってくるのに、興奮系もまだ強く働くので、うまく切り替わらず、身体に変調が来たような感じになるのではないか。 それが小さな子どもに不快感を与え、泣くのではないか。 夕方でなくとも、起きている状態から寝る状態への神経系の切り替えがまだあまりうまくいかない子は、寝るときに不安になって泣くのではないか。 眠くなると、これから気持ちよく寝られるな、というまどろんだ気分の状態がしばらくあって、それからスーと入眠するのだが、小さな子どもはそのまどろんだような気分を通常の気分状態と異質に感じて、それを不快に思ってしまうので泣くのではないか。 まだ親に甘えていたい月齢なのに、寝るときはひとりにならねばならず、それを不安に思うので、寝るときに抵抗する。 それが泣くという行為になるのではないか。 だいたい以上のようなのですが、どの説も、規則正しい睡眠時間にこだわることが大事という結論にはなっていません。 小さな子どもは「寝るのが快適!」という状態にすぐになるわけではなさそうだというのがこれらの説明です。 ですからご相談の場合も、寝る前に泣くのはあるタイプの子には仕方がないことなので、「しばらくはつきあうしかない」というのが適切な対応になるように思います。 泣く理由は正確にはわからないのです。 わからないけれども、何らかの理由があって不安になり泣くようなので、その不安状態を無視して、もうすぐ2歳なのだから泣かないで自分で寝なさいといっても無理でしょう。 もっと起きているときに運動すれば睡眠に入りやすいというのは、確かにそうだと思いますが、いまの社会状況で、幼い子にしっかり運動をさせるというのはなかなか難しいかもしれません。 できるだけ、昼間は走ったり跳んだりできるところに連れて行き、子どもが気が済むまで体を動かせるようにしてあげることは、できればしてあげてほしいのですが、それができないから寝るときに泣くのだというのはあたっていません。 こういうタイプの子は、入眠時に泣きやすいのです。 親の育て方のせいではないことは正しく理解していてください。 昼間もっと運動すれば、泣く回数とか頻度が多少経るかも知れないということに過ぎません。 寝るときに、ぬいぐるみの人形や柔らかいタオルなどを持たせると、泣く頻度が多少減る可能性があります。 前述した4つめの理由のように、寝るときにひとりになることが不安で泣くことがあり、その場合は親代わりなる何かを持たせることで不安解消を図るのです。 こういうときに使うぬいぐるみやタオルなどは専門的には「移行対象」といいますが、移行対象を何か与えてやるのです。 やがて必ず一人で寝られるようになります。 その時期がもうすぐ来ることを確信して、いましばらくお母さんはたいへんでしょうが、寝るときはつきあってあげてください。 妊娠・子育て相談室•

次の

黄昏泣きとは?症状と対処法

赤ちゃん 寝る 前 大 泣き

生後4カ月の赤ちゃんが泣き止まない悩み 生後4カ月になり急に泣くことが多くなったり、ギャン泣きすることが増えたりする赤ちゃんもいるようです。 「生後3カ月の頃まではあまり泣かないと思っていたのに、生後4カ月になり急に泣くことが増え、なかなか泣き止まないので困りました。 泣く理由がはっきりと分からないこともあり、悩みました」(30代ママ) 「普段はあまり泣かないのですが、夕方にギャン泣きするときもあり、一度泣くと泣き止むまでに時間がかかり大変でした」(30代ママ) 赤ちゃんによっては生後4カ月の頃に泣かない赤ちゃんもいれば、泣く赤ちゃんもいるようです。 泣くようになった赤ちゃんは、なかなか泣き止まなかったり、大きな声でギャン泣きしたら、特に寝る前にひどく泣くことがあり、困るママもいるようです。 生後4カ月の頃にギャン泣きする理由 生後4カ月の赤ちゃんはどのような理由で大泣きするのでしょう。 ママたちが考えるギャン泣きする理由について聞いてみました。 お腹がすいている iStock. ギャン泣きをするときは、まず授乳でしっかりお腹を満たしてあげるとよいかもしれませんね。 体に不快感がある 「授乳をあげてもいつまでも泣き止まないので肌着をチェックしてあげたところ、肌着が濡れていたことがありました。 気持ちが悪くて泣いていたのだなと気付きました」(30代ママ) 赤ちゃんが泣くときは、体のどこかが痒かったり、ゲップでお腹が苦しかったりと、体のどこかに違和感を感じているのかもしれません。 肌着や体のすみずみをチェックして、不快感を取り除いてあげるとよさそうです。 眠いのに寝られない 「家族の笑い声やテレビの音などでびっくりして、泣いて起き、その後泣き止まないことがありました。 家族にも協力してもらい、寝付くまでは少し静かにしてもらいました」(30代ママ) 眠たいのに寝られないときにギャン泣きをすることもあるようです。 赤ちゃんが寝る前は、家族で協力し静かな環境を整えるようにするとよいかもしれません。 生後4カ月の赤ちゃんが泣き止まないときの対処法 生後4カ月の赤ちゃんの泣き止まないときの対処法はどのようなものがあるでしょうか。 ママたちの体験談を聞いてみました。 授乳やおむつ替えをする 「赤ちゃんがギャン泣きしてなかなか泣き止まないときは、まずはおむつの様子を確認し、それでも泣き止まないときは授乳をします」(30代ママ) 赤ちゃんが泣き止まないとき、まずオムツ替えと授乳をして様子を見るというママがいました。 オムツがすっきりしたり、お腹が満たされれば泣き止むこともあるかもしれません。 外の空気を吸う iStock. 車に乗せてドライブにでかけると、不思議とギャン泣きもおさまり、泣かないで寝てくれることもありました」(30代ママ) 外の空気にふれることで赤ちゃんも気分転換になるのかもしれません。 ベビーカーや抱っこ紐で散歩にでかけるママもいるようです。 部屋の環境を見直す 「夜寝る前にギャン泣きしてひどい寝ぐずりする日が続きました。 眠いのに寝られないのかもしれないと考え、部屋の照明を落としたり、眠りやすい環境を作ることを意識しました」(30代ママ) 寝る前にひどく泣く場合は、眠いのに寝られない状態なのかもしれません。 音や光を調整し、赤ちゃんがスムーズに寝られるような環境を作ってあげるとよさそうです。 ママがイライラしたときのストレス解消法 生後4カ月の赤ちゃんが泣き止まないときはママも疲れがたまりイライラしてしまうこともあるようです。 イライラしてしまうときのストレス解消法をママたちに聞いてみました。 ママの楽しみの時間を作る 「パパにときどきおいしいお菓子を買ってきてもらいました。 そのお菓子を食べることを楽しみにがんばることができました」(30代ママ) 「パパのお仕事が休みの日、パパに赤ちゃんを預けて、好きな読書をするために図書館に行きました。 本や雑誌をゆっくり読めてリフレッシュできました」(30代ママ) 赤ちゃんが泣き止まないことが続くと、赤ちゃんのお世話に時間がかかり、イライラしてしまうこともあるのではないでしょうか。 ママが自分のための時間を少しでも作ることで、気分もリフレッシュでき、前向きな気持で赤ちゃんと向き合えるようになるかもしれませんね。 家族と協力する 「赤ちゃんがギャン泣きして泣き止まないときはパパと交代で抱っこをしました。 パパが抱っこしてくれている間は少し休むことができるので、とてもありがたかったです」(30代ママ) 「近所に住む母のところによく遊びに行っていました。 母が赤ちゃんを見てくれている間だけは少し休むことができてありがたかったです」(30代ママ) ギャン泣きしている赤ちゃんをママひとりでお世話するのはママも負担が大きいかもしれません。 パパや家族にも協力してもらうとよさそうです。 生後4カ月の赤ちゃんが泣き止まない理由はさまざま.

次の

赤ちゃんを寝かしつける際の大泣きについて

赤ちゃん 寝る 前 大 泣き

寝る環境は整っているのに寝る前に大泣きする。 眠たくなったら急にギャン泣きで、抱っこしても泣き止まない。 寝る前は、必ず大泣きしてから泣き疲れて眠ってしまう。 など、赤ちゃんが寝る前に大泣きすることに悩んでいませんか。 あまり長時間泣かせていると、赤ちゃんもかわいそうに感じるし、マンションなどの集合住宅ならご近所にどう思われているかも不安ですよね。 しかし、赤ちゃんが寝る前に大泣きするのには、理由があります。 ここでは、赤ちゃんが眠る前に大泣きする理由と、寝かしつけをするときのポイントを紹介します。 寝る前に赤ちゃんが泣くのは当たり前? ウトウトとまどろむ感覚は大人にとっては心地よく感じるものです。 しかし、実は赤ちゃんにとっては、どうしてウトウトするのかわからないので、不安に感じてしまいます。 そのため、ウトウトを取り除きたくて大泣きする赤ちゃんも多いのです。 寝る前に赤ちゃんが大泣きするのは、お母さんとしては心苦しく感じるところもあるかもしれませんが、決して親の育て方の問題ではありません。 赤ちゃんの月齢が上がるとともに少しずつぐずりも落ち着いていきます。 寝る前に大泣きする赤ちゃんを寝かしつける3つのポイント 泣くタイプの赤ちゃんの寝かしつけは、赤ちゃんに安心感を与えるのが一番です。 赤ちゃんに安心感を与えるにはいくつかのポイントがあります。 添い寝や子守唄などお母さんがそばにいることをアピールする 寝る前にギャン泣きする赤ちゃんは、眠ることに対して強い不安を感じています。 そのため、まずは赤ちゃんが安心できる環境を作ってあげましょう。 添い寝は、お母さんの体温をじかに感じることができますし、子守唄を聞くことで、お母さんがそばにいることが暗くてもわかります。 歌が苦手なら、絵本や童話をゆっくりと読み聞かせるのでもいいと思います。 添い寝と子守唄ならお母さんも、抱っこで長時間ゆらゆらするよりも負担が小さいので、寝かしつけが苦痛になりにくいですよ。 もちろん、お母さんがつらくないのであれば、抱っこで寝かしつけてもいいのですが、寝る前にギャン泣きする赤ちゃんは、たいていどんな寝かしつけでもギャン泣きすることが多いです。 (泣かないとしたら、添い乳やおしゃぶりぐらいだと思います。 ) 立って抱っこして寝かしつけることがつらくてイライラするぐらいなら、たとえ泣かせたとしても、座って抱っこしたり、添い寝で寝かしつけたほうがお互いの精神衛生上好ましいと思います。 安眠グッズを作る 赤ちゃんの安眠グッズを作るのも、眠る前の不安を取り除くにはおススメの方法です。 手触りの優しいタオルやぬいぐるみなど、 赤ちゃんが気に入っているものを眠るときに握らせてあげると、赤ちゃんは安心して眠りにつきやすいです。 赤ちゃんが気に入っているものがないな~という時は、お母さんのパジャマはいかがでしょうか。 お母さんの匂いがついているアイテムは、お母さんに抱っこされている心地になるので、赤ちゃんが安心しやすいです。 安眠グッズを与える場合は、衛生面から洗い替えにもう一つ同じアイテムを用意しておくと、便利です。 焦らず心に余裕を持つ 寝かしつけをするときは、たとえ泣いたとしても焦らずに見守る心が大切です。 赤ちゃんが泣くと、「早く泣き止ませなくちゃ!」と焦ってしまいがちですが、おむつがきれいで、お腹もいっぱい、部屋の温度も適温と眠る環境が整ってるのに泣いてしまうの場合は、もう仕方がないことです。 「寝れないね~寝ようね~」と声掛けしつつ、背中を撫ぜたり、手を握ってあげたりしましょう。 「早く寝て~」とイライラすると、その気持ちが赤ちゃんに伝わって、余計ギャン泣きしてしまうということは多いです。 ちょっと気持ちがささくれてきているな…と感じたら、一度トイレにのんびり入ってみたり、お水をゆっくり飲んでみたりと赤ちゃんから短時間離れる時間を作ってみましょう。 すると、気持ちが落ち着いて赤ちゃんの泣きにゆっくり向き合うことができます。 また、ご近所にどのように思われているか不安…と感じる場合は、顔を合わせたときに軽く「夜泣きで迷惑をおかけしてすみません」と謝っておくと、何も言わない時よりも印象が悪くなりにくいです。 もちろん、泣くのがわかっているときは、窓とカーテンを閉めておきましょうね。 まとめ いかがでしたでしょうか。 赤ちゃんが寝る前にギャン泣きすると、「眠いなら早く寝てよ~」とイライラしてしまいますよね。 けれど、赤ちゃんにとっては、睡魔は不安に感じる要素と分かれば、少しおおらかな気持ちを持てるような気がしませんか。 寝る前に赤ちゃんが泣くのは、その子の個性です。 親の育て方に問題があるわけではありません。 月齢が上がるとともに、赤ちゃんも眠るのが上手になるので、それまで大変ですが、おおらかな気持ちで付き合ってあげましょう。 赤ちゃんを寝かしつけるときは、眠る環境だけ整えたら、あとは赤ちゃんの泣きに付き合うつもりで、ゆったりとした気持ちを持つと、意外とすんなりと寝てくれることが多いですよ。

次の