目 薬。 老眼に効く目薬の選び方!おすすめ目薬ランキング

老眼に効く目薬の選び方!おすすめ目薬ランキング

目 薬

目薬の使用期限はどれくらいか 基本的に市販されている目薬の外箱には、その目薬の 使用期限が記載されています。 多くの市販目薬の使用期限は 3年となっているものが多いようです。 ちなみにこの3年というのは、 未開封の状態であっての話です。 つまり一度目薬を使うために開封してしまえばその使用期限はもっと短くなってしまうと思っておきましょう。 では実際に開封した目薬というのはどれくらいの期間なら安全に使用することができるのでしょうか。 厳密に決まっているわけではありませんが、おおよその目安は 1ヶ月程度と言われているようです。 極端に短くなっているように感じるかもしれませんが、これは仕方のないことと言えます。 目薬は開封した瞬間から 空気に触れるばかりでなく、目薬をさす時に、 容器がどこかに触れてしまうこともあるでしょう。 完璧に清潔な状態を保ったままで使用し続けるということは不可能に近いと言えます。 結果的に開封後から長時間が経過することによって雑菌などによって汚染されている可能性が高まるということになるでしょう。 もちろんそのために防腐剤などが入った目薬があるのですが、これも開封することによってその効果を長く維持することは保証されていないため、 比較的短い期間で使い切ることが推奨されています。 目薬は使用期限の1ヶ月で使いきれるか 開封後の目薬の 使用期限の目安が約1ヶ月と聞いて、かなり短いという印象をもたれた方も多いのではないでしょうか。 そもそも市販の目薬は1ヶ月程度で使いきれるものなのでしょうか。 そして一般的な目薬の容量は 12ml程度。 これを基に計算してみましょう。 05ml。 これを用量の通り1日5回程度点眼するとして、1日の消費量は 0. 5mlとなります。 5mlで計算できますので、結果は 24日。 もしも15mlの目薬であれば 30日、ちょうど1ヶ月程度ということになります。 用法用量を守れば市販の目薬はちょうど1ヵ月程度で使いきれるということが分かりましたね。 ではそれらの期間を 大幅に過ぎた目薬を使用した場合どうなるのでしょうか。 この点についてネット上などで見られた意見を参考のためにのせておきます。 使用期限を1年ほど経過したものを点眼した結果、猛烈な激痛に襲われた。 左目に点眼したらものすごく痛い。 病院に行った結果雑菌が入り眼帯をするはめに。 これはおそらくほんの一例であり、開封後1年程度経過した目薬を使用してもなんともなかったという方もいらっしゃるでしょう。 しかしやはりリスクは高まってしまうでしょうから、 新しい目薬を使用するほうが望ましいことは間違いないでしょう。 目薬の保存方法について 以上のように、目薬は目に直接点眼するものであり、その扱いはデリケートにならざるを得ないと言えるでしょう。 その上で気になるのが 目薬の保存方法です。 ただししっかりとフタをしめた状態であることが条件です。 しかし目薬の種類によっては、冷所保存となっているものもありその場合には冷蔵庫で保存をする必要があります。 また目薬によっては光を受けることで化学反応を起こしてしまうものがあるので、その場合には 専用の遮光袋を使用するなど光を避けた場所で保存するようにしましょう。 このように目薬の種類によって保存の方法が異なる場合があるので、持っている目薬に関して分からない場合には、 医師や薬剤師にしっかりと相談するようにしましょう。

次の

眼科医もおすすめする市販目薬「ソフトサンティア」で目を洗おう

目 薬

目薬で老眼を予防・回復できる? 近ごろなんだか目のピントが合いにくいなと感じていませんか? 「もしかして、老眼?!」いつかはなってしまうとわかっていても、できることなら少しでも予防しておきたいですよね。 目薬で予防や回復ができるならぜひやってみたいものです。 そもそもどうして年齢を重ねると老眼になるのでしょうか。 その原因を探ってみましょう。 毛様体筋が衰えて起こる老眼 人間の目は、レンズとしての役割を持っている水晶体の厚みを調整することでピントを合わせています。 その 水晶体を調整するのが毛様体筋という筋肉なんです。 遠くを見るとき、毛様体筋は緩んで水晶体を薄くして、ピントを合わせます。 逆に 近くを見るとき、毛様体筋は収縮 緊張 して水晶体をふくらまし厚くして、ピント調整をします。 毛様体筋は筋肉ですので、年齢とともに衰えていきます。 また、水晶体もだんだんと硬くなり、ふくらんでピント調整するのが難しくなります。 これらの原因で老眼は進行してしまうのです。 効果的な成分はビタミンB12とネオスチグミンメチル硫酸塩 近くのものを見ようとすると毛様体筋を酷使してしまって眼精疲労になります。 そんな 疲れ目を改善してくれるのが ビタミンB12です。 さらに、ビタミンB12は 末梢神経の修復をするはたらきももっています。 ピント調整には自律神経が関係していますので、ビタミンB12のはたらきで末梢神経が修復され、自律神経のバランスが改善されて、ピント調整がしやすくなります。 また、 ネオスチグミンメチル硫酸塩も自律神経の一つ、副交感神経を刺激しますので、眼球に分布する 末梢の副交感神経系を活性化させ、毛様体筋のはたらきをサポートします。 回復には毛様体筋を鍛え、予防には体の老化を抑えることも効果的 老眼を少しでも回復させるためには、 毛様体筋を鍛えなければなりません。 では、目の中の筋肉をどうやって鍛えたらいいのでしょうか?毛様体筋を動かすためには 遠くを見たり近くを見たりとういう動作を繰り返します。 遠くといっても、はるかかなたの山や海を見なければいけないわけではなく、家の中の狭い範囲でも遠いところと近いところを交互に見れば毛様体筋は動いて、鍛えられます。 通勤途中の電車の中でも簡単にできますのでちょっとした空き時間にやってみてください。 また、 老化を抑えると老眼の予防にもつながりますので、 バランスの良い食生活や 質の良い睡眠・ 有酸素運動などを取り入れることも効果的です。 特に老眼予防に効果的な栄養素は、ビタミンA・B・C・EとDHA、アスタキサンチンやタウリン・アントシアニンなどです。 これらの栄養素をバランス良く上手に摂って、ヨガやウォーキングなどの有酸素運動でほどよく疲れた状態でぐっすり眠れば老化を抑える効果があります。 疲れ目やかすみ目も老眼?目薬で治る? 目が疲れやすかったり、かすんでぼやけてしまうときはありませんか?微妙な年齢になっておこるこんな症状は、もしかして老眼?と、心配になってしまいますよね。 疲れ目やかすみ目の症状が出たときに、老眼かどうかを見極める方法があります。 また、そういった症状におすすめの目薬もちゃんとあるんです。 老眼は老化とともに、誰もが経験していく症状です。 徐々にあらわれる変化に戸惑うことなく受け入れることができるように、心の準備をすすめていきましょう。 ピント調整機能が低下して起こるかすみ目や疲れ目 目を酷使しておこる眼精疲労や白内障・緑内障など、かすみ目や疲れ目などの原因はいろいろあります。 そのほとんどはパソコンやスマホなどを見続けることによっておきる眼精疲労がほとんどです。 近ごろでは事務系だけに限らず、いろいろな職場でパソコンを使用するケースが増えていますし、今や、スマホをもたない人はいないと言えるほど普及しています。 近いものを見るとき、毛様体筋は緊張していますので、パソコンやスマホを見る作業を長時間続けると毛様体筋も疲労していきます。 毛様体筋が緊張しすぎて疲労すると、今度は緩むのに時間がかかることがあります。 このときにおこるのがかすみ目や疲れ目なんです。 毛様体筋のピント調整機能が低下しておこるんですね。 老眼か眼精疲労の見分け方はしばらく時間を置いてピントが合うかどうか では、そのかすみ目や疲れ目が老眼なのか、眼精疲労なのか、見極めるにはどうしたらいいのでしょうか?しばらく時間をおいてからもう一度遠くを見て、ピントが合っているかどうか確かめてみてください。 ピントが合っていれば眼精疲労です。 毛様体筋を休ませればピント調整機能が回復しますので、ちゃんとピントが合うようになります。 老眼の場合は、水晶体も老化して硬くなっているのでピントはなかなか合いにくくなります。 ピント調整機能を補助する成分入りの目薬がおすすめ 多くの目薬に配合されている シアノコバラミンという成分は ビタミンB12の誘導体の一つで、体内で活性型に変換されてビタミンB12としての薬効があらわれます。 疲れ目改善・末梢神経修復といった効果があります。 また、 ネオスチグミンメチル硫酸塩はピント調節機能改善成分ともよばれていて、毛様体筋に作用し、 目の疲れを抑えて、ピント調整機能を回復します。 この二種類の成分入り目薬がとくにおすすめです。 老眼に効果的な目薬ランキング では、市販の目薬で、老眼に効果的なものを4つ、成分なども含めてランキングで紹介します。 01% <添加物>ゴマ油、ハッカ油、ユーカリ油、塩化Na、アミノカプロン酸、ホウ酸、ポリソルベート80、l-メントール、dl-カンフル、ゲラニオール、エデト酸Na、ベンザルコニウム塩化物、pH調節剤を含有します。 参照元: ロート製薬株式会社から販売されています ロートVアクティブがおすすめ第一位です。 角膜を保護するコンドロイチン硫酸エステルナトリウムや、ピント調整機能を高めるネオスチグミンメチル硫酸塩、角膜の代謝を促進するパンテノール・タウリン・ビタミンB6 も配合されています。 これらの成分濃度は、それぞれに一般用眼科用製薬造承認基準の最大濃度となっています。 一部抜粋 参照元: 第二位は 参天製薬の サンテ40ゴールドです。 目の機能を活性化するビタミン・アミノ酸といった成分や、角膜を保護するコンドロイチン硫酸エステルナトリウムが配合されていて、目やにの多いときやかすみ目・疲れ目に効果を発揮します。 1% <添加物>アミノカプロン酸、エデト酸ナトリウム水和物、クロロブタノール、ベンザルコニウム塩化物液、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油、dーボルネオール、lーメントール、等張化剤、pH調節剤を含有します。 これは成分の一つであるグリチルリチン酸二カリウムが、涙道を通って口中に流れ出てくることによるもので、品質などの異常によるものではありません。 一部抜粋 参照元: 同じく 参天製薬の サンテドゥプラスEアルファが第三位です。 疲れ目や眼病予防などに有効です。 一部抜粋 参照元: パソコンなどで酷使された目にぴったりの目薬は 大正製薬の アイリスPC、おすすめ第四位です。 パソコンやスマホ利用者対象と謳われていますが、実は毛様体筋に直接はたらきかけて機能を回復するネオスチグミン配合ですので老眼にも効果的なんです。 また、瞳の新陳代謝を高めたり、乾燥を防ぐ成分や血行促進・疲れ目改善に有効な成分が七つも含まれています。 粘度の高い目薬ですので、有効成分の効果が長持ちすることで人気があります。 しかし、アイリスPCは2011年6月に生産中止されたのち、2012年3月にパッケージが変更されてスギ薬局のみで限定再販開始となりました。 現在もスギ薬局でしか手に入りません。 目薬で老眼は治らない!予防と進行を食い止めるもの 老眼に有効な目薬を紹介してきましたが、実はどれも治すものではありません。 老眼は、老化にともなって誰もが経験することです。 今日より若い日は来ませんので老眼が治ることはなく、進行していくだけです。 しかし、目薬で老眼予防と、進行を食い止めることはできます。 有効成分をよく確認して、自分の症状に合った目薬を選ぶようにしましょう。 また、目薬をさす際にもいくつかの注意点があります。 覚えておきましょう。 使用量・使用期限を守り、正し差し方で ほとんどの目薬は、 1日1~2滴、多くても3滴までを使用量としています。 目薬によって多少の使用量の違いはありますので、 必ず説明書をよく読んでから使いましょう。 また、 使用期限は開封からだいたい3か月くらいを目安にすると良いでしょう。 しかし、使用期限も目薬によっては多少前後しますので必ず説明書の確認をお願いします。 保存方法の説明もよく確認しておくことをおすすめします。 正しい眼薬の差し方というものもあります。 効き手で目薬を持ち、反対側の手を軽く握って目の下に当て、下まぶたを少し下げます。 そのこぶしを支えにして目薬を差して目を閉じ、軽く目頭を押さえて目薬を目にとどめておきます。 参照元: なお、家族といえども同じ目薬を共有するのはおすすめできません。 まつげやまぶたなどに目薬の先が当たって、菌が入る可能性があります。 後日、別の人が使うと菌の入ってしまった目薬を共有することになってしまうかも知れないからです。 もしも、目薬の中に白い浮遊物などがあれば、それは菌が増殖したものですので、使用は避けてください。 目薬でドライアイになる危険性も 目薬でドライアイになる可能性があるって知っていますか?角膜を保護するために、涙が角膜を覆っています。 適度な目薬の点眼なら涙成分はそのまま瞳に維持されますが、必要以上に多く点眼すると涙があふれ出てしまってドライアイを引き起こしてしまうのです。 一度に何滴も目薬を差しても効果はありません。 一度に目に目薬を溜められるのは0. 03mlで、目薬一滴は0. 05mlあるからです。 参照元: ドライアイは目の表面が乾いて傷ついたり障害がおきたりする目の病気です。 ドライアイにならないように、目薬の用法用量を正しく守りましょう。 目薬の効果を上手に老眼対策に取り入れよう 老眼は、40歳を過ぎたあたりからだんだんと近くが見えにくくなっていく目の老化現象です。 誰もが経験することで、長い年月、上手につきあっていかなければならないのです。 少しでも老眼になるのを遅らせたり、進行を緩やかにしたりできるのならそれに越したことはありませんよね。 老眼対策用の目薬がたくさん市販されています。 いろいろな成分が配合されていて迷ってしまいますが、自分の目の状態ときちんと向き合ってぴったりの目薬を探しましょう。

次の

くすりの話 51 目薬のさしすぎに注意

目 薬

点眼している人 目の、を抑えるためや、・目のかゆみ解消に使われる。 また、単に目をすっきりさせるさしごこちの清涼感を求めることにも使われている。 動詞として「目薬を差す(点す)」と使われる。 目薬は刺激を抑えるため、多くはとほぼ同じ、に調整されている。 また無菌的に製造され、一回使い切りのものを除き無菌性を保つためほとんどの製品は防腐剤が加えられている。 開栓後は早めに使い切った方がよい 1ヶ月程度。 その他、最近ではコンタクトレンズ利用者の目のトラブルが急増しており、眼科に訪れる客の4割がコンタクトレンズによる目の不調を訴えるという。 そのため、ここ最近になって瞳に潤いをもたらす目薬が注目されている。 が水溶性で、かつ薬液中で安定する場合には水性点眼剤、水に難溶であるが安定する場合は性点眼剤、水に難溶で、かつ薬液中で不安定な場合には油性点眼剤、水溶性であるが薬液中で不安定な場合には、使用の都度粉末または錠剤を溶解液に溶解して点眼する用時溶解点眼剤として製造される。 眼科領域で使用されるうち、点眼剤以外のとしてはがある。 これは油性点眼剤と同様に、主に水に難溶で不安定な場合に用いられるが、それ以外の物性でも軟膏が採られることがある。 歴史 [ ] 古代時代、が目脂にが付かないように目に薬を塗っていたのが始まりと言われている。 では末 に点眼薬の原型となる「清眼膏」が売られていた。 これは二枚貝の片方に軟膏のような薬剤を入れ、もう片方を使い水で薄めて目につける形式のものだった。 に入りに、溶液「精奇水」が発売された。 これは小さな陶器製の入れ物に薬液を入れたものであった。 に入り、田口參天堂(現・)がに点眼方式の目薬を初めて開発し「」として発売する。 当初は綿棒に薬液を染み込ませ垂らして点眼していたが、後に瓶入りの薬液をスポイトで吸い取り点眼する方法となった。 しかし、これらの方法は適量の点眼に向いておらず不衛生である点が問題となっていた。 、信天堂山田安民薬房(現・)が両口式点眼瓶を発明。 瓶の上部にゴム製のピストンを取り付け、目に適量を垂らすことが可能になり衛生面の問題も解決。 ロート目薬(発売)はこの発明により一躍ヒット商品となるが、の激化によりゴムが軍事物資として徴用されたことから両口式点眼瓶は姿を消し瓶の底を指で弾いて点眼する一口叩き式点眼瓶に取って代わられた。 の終結後は再度、両口式点眼瓶が復活するが、参天製薬が従来のガラス瓶に代わり瓶を採用した「スーパーサンテ」を発売。 壊れにくく柔軟性があるプラスチックの採用により持ち運びが容易になると共に、容器自体を指でへこませて適量を点眼することが可能になった。 現在の一般的な目薬は点眼口が容器の上にあるが田辺製薬(現・)が容器の横に点眼口のあるサイドドロップ容器を開発、度を受賞した。 で点眼が苦手な人でも簡単に点眼することができる。 現在発売されている容器は、中央部がややへこんだ形のものが多くなってきている ディンプル型。 これはより点眼が容易かつ確実に行えるように工夫されたものである。 有効成分 [ ] 、剤、血管収縮剤、抗剤など(添加物として、、pH調整剤などを含有する)。 医療用ではこのほかに散瞳剤、縮瞳剤、眼圧降下剤、治療剤、剤、、局所麻酔剤などがある。 容器形状 [ ] ボトルタイプ 使用法 [ ]• キャップを開け顔を上げて目に対して垂直に2~3センチほどの高さに据え、1~2滴程度の薬液が出る強さで容器を指で押す。 あまり高くすると目に入らない。 薬液の汚染を防ぐため、点眼の際には容器の先端がまぶたやまつげに触れないようにする。 目薬に混入した異物のほとんどは使い方の誤りによる使用者の目脂であり、このように異物が混入した目薬は絶対に使用を控え薬液を廃棄する。 目薬は1滴で充分な量がある(但し、使い切りタイプを除く)。 これは目薬1滴の体積が目の表面にためることのできる容量とほぼ同じかそれ以上であるからであり、2滴以上点眼しても溢れるかに流れ込むだけである。 また、目から溢れたものはかぶれることがあるので濡らしたなどで拭き取った方がよい。 特に医療用点眼薬は副作用の強いものも多いので、注意が必要である。 点眼後は、薬液がを通って鼻腔に流れ込まないようにするため、1分程度は涙嚢部()を押さえるべきである。 あるいは、単に目を閉じておくだけでも涙嚢部圧迫と同様の効果がある。 しかし、目をパチパチ瞬かせてしまうとせっかくの目薬の成分が浸透せず涙と一緒に流れ出てしまい、十分な効果が得られない。 2種類以上の目薬を差す必要がある場合には、5分ほど間隔を空ける。 すぐに注しても先に注した目薬が押し出されて流れ出てしまうだけである。 コンタクトレンズ装着時には、特に表示や指示がない限り一般的には点眼してはいけない。 特にソフトコンタクトの場合は、 一部点眼可能な商品もあるが 必ず外して点眼するべきである。 安全性 [ ] 副作用 [ ] この節のが望まれています。 事故 [ ] 目薬が原因で人が死に至る場合もある。 (昭和32年)3月6日付の読売新聞に目薬を点眼した54歳の女性が目薬が原因でショック死したとの記事が書かれている。 その他 [ ] 特殊な用途 [ ]• 目薬は演技でを流しているように見せるためにも用いられることがある。 流説として、目薬をやなどの飲み物に垂らしてあるいはとして使う方法が知られている。 しかし目薬には鎮静作用を促す成分が含まれている場合があるが、そのような効果は期待できない。 飲んで効くなら、目に点した方がよほど効果的だとの指摘もある。 他薬品の誤用 [ ] 目薬と間違えて薬など滴下型の容器に入った薬品を点眼し、負傷する事故が発生している。 その防止のためは新たに認可する水虫薬についてはノズル部分を赤、黒、茶色にすること、滴下型の水虫薬を引き続き販売する場合は容量を10ml以上にするなどの対策を製薬会社などに通達している。 主なメーカー [ ] 薬局で市販されている目薬 目薬の製造には専用の生産設備が必要なため、これらのメーカーの中にはも多い。 例えば、常盤薬品工業が配置用に発売している「アイエースV クール」はロート製薬が製造している。 - ロート、アルガードシリーズ。 一般用目薬トップシェア• - サンテシリーズ、。 医療用目薬トップシェア• - アイリスシリーズ• (旧・) - スマイルシリーズ• - シリーズ(ファイザーがOTC部門を同社に売却、 旧・ が販売)• - シリーズ(武田コンシューマーヘルスケア 旧・武田薬品工業 が販売)• - シリーズ• (旧・田辺製薬) - アスパラ目薬シリーズ• - 眼涼シリーズ• - アイエースV クール()• - こどもアイスーパー 「目薬」を使った慣用句 [ ]• 「鼻薬」同様に「に使う極めて少量の金品」の意にも用いられる。 「目薬を利かす」など。 周りくどく思い通りにいかないこと。 または周りくどく効果がないことを指す「二階から目薬」ということわざがある。 脚注 [ ] [] 注釈.

次の