即パット 忘れた。 即パットの払い戻しはいつ受け取れる?出金指示を忘れるとどうなる?

Club JRA

即パット 忘れた

JRA競馬の馬券を買う場合、直接馬券を購入できる各WINSかPCやスマホなどからインターネットで購入するかのどちらかになります。 今回はある事情でスマホのデータから馬券を購入する際必要な加入者番号が消えてしまった時の対処法をお伝えします。 それはiphoneをジーニアス・バーへ持っていったことから始まりました 所有しているiphone6が2カ月くらい前から調子が悪くなりました。 電源が50%を切るといきなり残量が一桁になったり突然落ちたりがちょくちょく起きるようになったんです。 調べてみるとiphoneの電池の劣化が進むと起きやすくなる症状というのが分かりました。 該当する製品なら無償でバッテリー交換できるみたいです。 ただし出荷段階を100とすると80以下にまで容量が落ちている場合に限りということです。 ジーニアス・バーへ予約を取り行って診断してもらいました。 すると電池自体は85%ということで電池交換は出来ないということになりました。 がアップルケアに加入していたことと頻繁に落ちているのがデータで分かったということで無償本体交換してくれることになりました。 帰宅してicloudにバックアップしてあったデータを新しいiphone6へ戻しめでたしめでたしと思ったのもつかの間。 サファリのブックマークとかはバックアップしてあったので問題ありませんでしたがそれぞれ個別にログインするようなサイトのIDは当然ですがありません。 最近登録したインターネットでJRAの馬券購入をするもので即patというのがあります。 それの加入者番号とP-ARS番号がメモなどに保存してなかったので皆目分からないのです。 暗証番号は紐付している銀行のに設定したのでそれだけが分かるという状況です。 色々と調べてみましたが私の様な事例はあるはずなのにネットにはほとんど見当たりません。 似たようなケースがあり結論として「JRAパットセンター」へ問い合わせるしかないということになりました。 しかもオペレーターの方が親切らしい。 JRAパットセンターへ問い合わせしてみました 早速JRAパットセンターへ電話してみました。 オペレーター 「JRAパットセンターです」 私 「すみません。 少し前に即パットに登録したんですけどスマホが調子悪くて機種交換をしました。 それで加入者番号とP-ARS番号が分からなくなってしまいました。 暗証番号は記憶しているので分かります」 オペレーター 「加入者番号とP-ARS番号ですね。 それではお客様のお名前をお願いします。 」 「生年月日をお願いします。 」日本の年号でも構いませんよ。 」 「電話番号をお願いします。 」 私 「1112222333です。 」 オペレーター 「1112222333ですね。 」 「加入者番号とP-ARS番号をお伝えします。 」 とこんなやりとりがありました。 所要時間にすると1〜2分程度です。 私はこの即パットの加入者番号意外に普通のPATの番号も持っています。 正直なところ伝えたは言いけどこっちの加入者番号を言われるのかなと思ってました。 しかしながら見事に即パットの加入者番号、P-ARS番号でした。 というわけで登録した名前と生年月日と電話番号が正確なら速攻で分かります。 参考にしてみてくださいね。

次の

Club JRA

即パット 忘れた

広告 JRAの加入者登録番号(ID)やP-ARS番号を 忘れてしまった事はありませんか? ・パソコンやスマホに記録していたのですが消えてしまった。 ・控えを記録していたのですが無くしてしまった。 ・競馬をやめていたのですが、また始めたくなった。 様々な事情があると思います。 実は、私も忘れたことがありましたが無事? 加入者番号などを知ることができ無事ログインすることができ 即パット生活が復活しましたのでその時の対処方法をお教えしたいと思います。 不安な方は、まず最後までお読みいただき ながれを確認していただければ安心だと思います。 PAT(パット)に関することがわからなくなったらこちら PATサービスセンターに電話をする。 電話番号は 03-5620-2000 パットの加入者番号がわからなくなったので電話をしてみた。 黒文字が私で 赤文字がPATサービスセンターです。 『お待たせしました。 パットサービスセンターです。 』 実に明るい綺麗な女性を想像できる。 心地よい感じの声の方でした。 『加入者番号を忘れたのですが。 』 『はい、加入者番号を忘れられたのですね。 』 『では、確認を取りますのでお名前をよろしいですか?』 『〇〇〇〇〇です。 』 『〇〇〇〇〇さんですね』 『続いて、生年月日をお願いします。 』 『昭和〇〇年〇月〇日です。 』 『はい、続いて登録された時のご住所を教えていただけますか?』 『〇〇県〇〇市〇〇区・・・・です。 』 『携帯番号を教えていただけますか?』 『080〇〇〇〇・・・。 』 『 ありがとうございます。 』 『確認が取れました。 』 『加入者番号は口頭でお伝えいたしますのでご記入よろしくお願いします。 』 『はい、わかりました。 』 『八桁の番号で〇〇〇〇』(4ケタで止めてくれる) 『〇〇〇〇』(記入して復唱した) 『〇〇〇〇です。 』 『〇〇〇〇』(記入して復唱した) 『続いて4桁のPARS番号をお伝えいたしますがよろしいでしょうか?。 』 『はい、そうです。 』 『 他に何かご不明な点はございませんか?』 『ありません、ありがとうございました。 』 はじめに書いたとおりに とても感じの良い神応対でした。 まとめ 記入するための筆記用具を用意する。 PATサービスセンターに電話をする。 03-5620-2000 加入者番号を忘れたという。 名前 生年月日 住所 電話番号を伝える。 PATサービスセンターから 口頭で加入者番号、P-ARS番号、暗証番号を教えてもらえる。 忘れたときは、遠慮なく聞きましょう。 ただし、電話代はかかりますよ。

次の

JRA即patのIDとか忘れた場合の対処方法

即パット 忘れた

Q 即PATの出金処理について、JRAの即PATのQ&Aで、いまいち理解できない部分がありますので教えてください。 「払戻金や返還金は次回以降の馬券購入資金に繰り入れられますので、馬券の購入ごとに入金処理をおこなう必要はありません。 」 「ご利用のネット銀行の提携ATMから馬券購入資金の残高や払戻金等を引き出すには、それらをJRAの電話・インターネット投票システムからご利用のネット銀行口座に振替える処理が必要となります(これを「出金処理」と呼びます)。 出金処理は競馬開催終了後(通常日曜日夜間を予定)に自動的におこなわれます。 ただし、競馬開催終了前に提携ATMからの引き出しを希望される場合は、会員ご自身で出金処理をおこなうこともできます。 」 この文章で、 1 払戻金や返還金は次回以降の馬券購入資金に繰り入れられます 2 馬券購入資金の残高や払戻金等を引き出すには、それらをJRAの電話・インターネット投票システムからご利用のネット銀行口座に振替える処理が必要となります 3 出金処理は競馬開催終了後(通常日曜日夜間を予定)に自動的におこなわれます 1 と 2 は内容の意味が繋がるのですが、 3 の「自動的におこなわれます」が 1 と 2 に内容が繋がりません(理解できません) イーバンクで即PATご利用の方がいましたらよろしくお願いします。 即PATの出金処理について、JRAの即PATのQ&Aで、いまいち理解できない部分がありますので教えてください。 「払戻金や返還金は次回以降の馬券購入資金に繰り入れられますので、馬券の購入ごとに入金処理をおこなう必要はありません。 」 「ご利用のネット銀行の提携ATMから馬券購入資金の残高や払戻金等を引き出すには、それらをJRAの電話・インターネット投票システムからご利用のネット銀行口座に振替える処理が必要となります(これを「出金処理」と呼びます)。 出金処理は競馬開催終了後(通... A ベストアンサー 具体例で言うと、こんな感じですかね。 銀行口座の残高1000円の状態で全額入金指示して全額投票券を購入し、それ が的中して10000円の払い戻しがあったとします。 この10000円で次のレース以降の投票券を購入することはできますが、この 時点ではまだ銀行口座の残高は0ですので、現金を引き出すことはできません。 このまま放置しておくと、この10000円は、自動的に日曜の夜に銀行口座に 移り、現金引き出しが可能になります。 Q 現在A-PATを利用しています。 銀行口座はりそな銀行です。 りそなは利便性が悪いのと土日に入出金が出来ないので「即PAT」で新たに契約 したいのですが、前の契約はそのままにしておいても構わないのでしょうか? それとも一度解約の必要があるのですか? 新たに契約するのはジャパンネットバンクを利用するつもりですが、JNBは数年前から ヤフオク等で利用する為に、口座を開設しています。 「即PAT」で契約する為に新たにJNBの口座を開設する必要は無いですよね? 今の契約をそのままに銀行口座のみの変更手続きをすればすむ話なのかもしれませんが、 出来れば「即PAT」でJNBの口座を通じてこの週末に利用したいもので・・・ 御存知の方、宜しくお願いします。 jra. jra. jra. html その口座を他に利用しないのなら放っておいても構わないかと思います。 (2年後に自動解約) 他に利用されるなら週末ロックとかあるので口座の使い勝手が悪いです。 解約なされた方がよろしいかと思います。 jra. html ジャパンネット銀行はA-PATの対象銀行ではないので、 現契約での口座変更はできません。 jra. jra. jra. html その口座を他に利用しないのなら放っておいても構わないかと思いま... Q 現在、A-PATで中央競馬を楽しんでいます。 A-PATの銀行として三菱東京UFJ銀行を使用していましたが、この度、ジャパンネット銀行を開設したのでA-PATから即PATに切り替えようと思います。 その時に必要な手続きとしてA-PATの使用では銀行の変更ができないのでA-PATの解約手続きをして即PATの申し込みをすればいいのは分かるのですが、A-PAT使用時に利用していた三菱東京UFJ銀行の口座の解約手続きって別途銀行に出向いて解約手続きしないといけないのですか?それともA-PAT解約時点で三菱東京UFJ銀行の解約が完了するのですか?手元にある通帳には「JRA投票専用口座(ロック)」って書いてあります。 A ベストアンサー 即PATユーザです。 まず勘違いしてる方も多いのですが、申込みに抽選があるのは「A-PAT」です。 一度単語を整理しましょう。 【A-PAT】 従来の電話投票のサービス名です。 (要抽選) 以下の方式にて馬券購入が可能です。 ・I-PAT方式(インターネット) ・ARS方式(電話) ・PAT方式(パソコン専用ソフト、専用端末) 【即PAT】 ジャパンネットバンクの口座を持っている人が利用できる電話投票サービス名です。 以下の方式にて馬券購入が可能です。 ・I-PAT方式(インターネット) つまりA-PATでも即PATでもI-PATは利用できます。 即PATの手数料は無料です。 競馬用口座への入金手数料も無料ですが、1日に入金を3回以上すると、3回目から1回につき15円の手数料がかかります。 また節(土日)が終わると自動的に残額はジャパンネットバンクの口座に振り込まれます。 (手数料無料) ただしジャパンネットバンクの口座を開設することから、銀行の口座手数料が必要となります。 (月額105円) なお口座維持手数料は一定の条件を満たせば無料となります。 (月平均10万円以上預金しておく/月に2回以上振込みがある/キャッシング機能付きのキャッシュカードを作る等) ということで基本的に手数料はかかりません。 ジャパンネットバンクの口座維持手数料についてはキャッシング機能付きのキャッシュカードを申し込めば無料(キャッシングを使わんなくても良い)ですし、それが嫌なら月に2回競馬用口座にお金を移し、ジャパンネットバンクの口座に振り込んであげればよいでしょう。 即PATユーザです。 まず勘違いしてる方も多いのですが、申込みに抽選があるのは「A-PAT」です。 一度単語を整理しましょう。 【A-PAT】 従来の電話投票のサービス名です。 (要抽選) 以下の方式にて馬券購入が可能です。 ・I-PAT方式(インターネット) ・ARS方式(電話) ・PAT方式(パソコン専用ソフト、専用端末) 【即PAT】 ジャパンネットバンクの口座を持っている人が利用できる電話投票サービス名です。 以下の方式にて馬券購入が可能です。 ・I-PAT... A ベストアンサー 既に適切な回答があるので蛇足かもしれませんが、刑事手続きがどうなっているのかを知ればその違いが自ずと分かるので刑事手続きの概要を必要最小限(のつもり)説明しておきます。 長いですので覚悟してください。 全部話をするわけにもいきませんしその必要もないので質問に関するところ(主に捜査)だけ説明します。 犯罪が犯罪として処罰の対象になるためには、まず裁判に先立って、その犯罪の存在を捜査機関が知り、必要な証拠を集め、被疑者(=容疑者)の身柄の確保をしないとなりません。 これを捜査と言います。 被疑者の身柄の確保というのは、「後で裁判になった時に被疑者の出廷が必要」なので逃げられては裁判ができなくて困るというのが第一点。 それと「自由にさせておくと証拠を隠滅するかもしれない」というのが第二点。 ですから逆に言えば、「逃げも隠れもしない、証拠隠滅のおそれも無い」のであれば身柄を確保する必要はありません(一定の軽微な犯罪につき、更に例外あり)。 入院しているような人間なら逮捕しないことはよくあります。 この身柄の確保のための手続きが、「逮捕」であり「勾留(起訴前勾留)」です(起訴前と言っているのは起訴後というのがあるからですがここでは関係ないので説明しません)。 「逮捕」というのは、被疑者の身柄を確保する手続きの内、「短時間のもの」。 具体的には、身柄を拘束し最大48時間拘束し続けることです。 この制限時間が過ぎると釈放しなければなりません。 しかし、それでは困る場合には、引き続いて身柄を拘束することができます。 これが「勾留」です。 勾留は最大10日間身柄を拘束できます。 なお、勾留は1回に限り最大10日間延長することができますから、都合20日間まで勾留できることになります(例外として25日可能な場合もあります)。 ところで勾留の申請ができるのは検察官だけです。 ですから警察官が逮捕した場合には、検察官に勾留申請をしてもらうかどうか決めてもらう必要があります。 そこで48時間の逮捕の制限時間内に検察官に証拠物、捜査書類と一緒に身柄を送致しなければなりません(刑事訴訟法203条1項)。 これを「検察官送致、略して送検」と言います。 無論、警察限りで釈放する場合は必要ありません。 検察官送致を受けると検察官は24時間以内に釈放するか勾留請求をするかしなければなりません。 このような身体を拘束した被疑者を送検することを「身柄付送検」と言う場合があります。 これはなぜかと言えば、質問にある「書類送検」と明確に区別するためです。 ただ、一般には単に「送検」と言えば「身柄付送検」を意味します。 さて、では「書類送検」とはなんぞや?ということになりますが、まず前提として犯罪捜査は常に被疑者の身柄を拘束するわけではないということを知っておかなければなりません。 全犯罪件数から見れば、身柄を拘束しない事件の方が多いです。 身柄を拘束していない場合には、先に述べたように「(203条1項による)検察官送致」をする必要がありません。 と言うか、身柄を拘束していないのでできません。 たとえ逮捕した場合でも、警察限りで釈放すればやはり検察官送致の必要はありません。 しかし、それとは別に、警察は犯罪の捜査をしたら原則として必ず検察官にその捜査についての資料、証拠などを送らなければなりません(刑事訴訟法246条本文)。 これを「書類送検」と呼んでいます。 書類(証拠物、捜査資料、捜査報告書などなど)を検察官に送致するということです。 正確には送致しているのは「事件」なのですが、実際に何を送るのかと言えば「書類」であるということです。 つまり、「(身柄付)送検」と「書類送検」は同じ送検でも別の条文に基づく別の手続きです。 と言っても、(身柄付)送検をすればそのとき書類も一緒に送っているので、重ねて書類送検を行う必要はないので、(身柄付)送検は書類送検を実際には兼ねていますが(と言っても、身柄付送検をすれば書類送検をしなくていいのはあくまでも246条本文に「この法律に特別の定のある場合を除いては」と書いてあり、身柄付送検が「特別の定」だから)。 というわけで、「逮捕」と「送検」というのは次元の違う話であることがわかると思います。 まとめれば、 1.「逮捕」とは、捜査において被疑者の身柄を確保すること。 2.警察が「逮捕」した場合は、刑事訴訟法203条1項により、釈放しない限り48時間以内に被疑者の身柄を検察官に送致しなければならず、これを「(身柄付)送検」と呼ぶ。 3.「書類送検」とは、警察が捜査した事件について刑事訴訟法246条本文に基づきその証拠、捜査資料を検察官に送致すること。 4.「(身柄付)送検」は「書類送検」を兼ねている。 5.警察が「逮捕」した場合でも、釈放すれば「(身柄付)送検」はできないので、その場合は「書類送検」を行わねばならない。 ということです。 そして、「書類送検」するということは「身柄付送検」をしていないということですからつまりは「身柄を拘束していない」ということになります。 身柄を拘束していない場合というのは大概は相対的に軽微な犯罪であることが多いのでその意味では、逮捕した事件(これを身柄事件と言う場合があります)に比べれば罪が軽いことが多いのは確かです。 しかし、それはあくまで結果論であって、書類送検だから、逮捕したから、と言うわけではありません。 既に述べたように逮捕しても身柄付送検せずに釈放すれば書類送検ということになりますし。 なお、先に述べたとおり、「捜査した事件はすべて検察官に送致する」のが原則(全件送致の原則)ですが、例外として検察官送致にしないものが幾つかあります。 例えば、検察官が指定した事件について、月報でまとめて報告するだけの微罪処分ですとか、あるいは報告すらしない始末書処分などがあります。 ちなみに、交通反則通告制度については、微罪処分の一種とする文献もあるにはありますが、多少なり疑問のあるところではあります。 そういうわけで、どういう場合に書類送検となるかと言えば、「刑事訴訟法246条前段に当たる場合」ということになります。 もう少し具体的に言えば、「微罪処分等で済ませることのできない事件で、かつ、身柄付送検等もしなかった事件」ということになります。 ところで、前科というのが何かと言えば、これは法律用語ではないということになっているのですが、法律的に見れば「有罪の判決を受けたこと」を言うと思ってください。 ですから、前科が付くためには、「裁判を経て有罪判決が出なければならない」ことになります。 しかし、最初に述べたとおり「検察官送致」というのは単なる捜査手続きの一部でしかなく、この後で検察官が起訴するかどうかを決め、起訴して初めて裁判になるのですから、検察官送致だけではまだ前科は付きません。 その後どうなるかはその後の話です。 無論、逮捕だけでも前科は付きません。 逮捕=有罪ではありません(そう勘違いしているとしか思えない報道が多いのは事実ですが、有罪判決が出ない限りは被疑者、被告人はあくまでも「無罪」です)。 ちなみに、捜査したが起訴しなかった犯罪事実について「前歴」と呼ぶことがあります。 既に適切な回答があるので蛇足かもしれませんが、刑事手続きがどうなっているのかを知ればその違いが自ずと分かるので刑事手続きの概要を必要最小限(のつもり)説明しておきます。 長いですので覚悟してください。 全部話をするわけにもいきませんしその必要もないので質問に関するところ(主に捜査)だけ説明します。 犯罪が犯罪として処罰の対象になるためには、まず裁判に先立って、その犯罪の存在を捜査機... Q JRAの電話投票に父が加入していたのですが、体調を崩してしばらく投票をしていなかったら、 2年が過ぎてしまい、権利がなくなってしまいました。 JRAのHPを調べてみたら、「2年過ぎたら加入者に通知することなく契約を解除する」と書かれていました。 加入していたのはP-ARSです。 契約が解除されてしまったので、銀行口座を解約しに行こうと思うのですが、 「契約したときに、口座に10万円入れた」と父が言っています。 たぶん補償金のようなものだと思うのですが、それも銀行で解約手続きをしたときに一緒に返してもらえるのでしょうか? 解除されたので10万円も返ってこないとなると、ショックだと思います。 手続きの仕方がわかる方、いらっしゃったらよろしくお願いします。 A ベストアンサー 昔のARS 担保式 の話ですよね。 加入時に担保として10万円 または20万円または30万円 の 定期預金をして預金証書をJRAが預かるかたちになります。 おっしゃるように 「二年間を通じて電話投票の申込みがなかったとき」 には加入者に通知することなく契約解除となります。 加入者申し出解約でも自動解約でも、 定期預金証書は解約時に自動的に加入者に送付されるはずです。 すでに解約になっているのなら通常なら 定期預金証書が送付されてきているのではないでしょうか。 ただし、引越して住所変更をJRAに届け出てないなどがあると やっかいなことになるようです。 送付して届かない場合などは「3年間の保管後に廃棄」 なんてことになるのかな。 jra. jra. html ARSについてはあまり詳しい方はおられないと思うので JRAに聞いたほうがよろしいかと思います。 jra. html 昔のARS 担保式 の話ですよね。 加入時に担保として10万円 または20万円または30万円 の 定期預金をして預金証書をJRAが預かるかたちになります。 おっしゃるように 「二年間を通じて電話投票の申込みがなかったとき」 には加入者に通知することなく契約解除となります。 加入者申し出解約でも自動解約でも、 定期預金証書は解約時に自動的に加入者に送付されるはずです。 すでに解約になっているのなら通常なら 定期預金証書が送付されてきているのではないでしょうか。 ただし、引越して住所変更をJRAに届け出て...

次の