ソフトバンク 解約 金 1000 円。 携帯解約違約金1000円はいつから?現状の料金プランで最安キャリアを確認

携帯違約金「1,000円」は抜け道があり意味がない?

ソフトバンク 解約 金 1000 円

MNP転出料が値上げするかも? 携帯解約時の違約金が1,000円になることで、今使っている電話番号をそのまま利用して他社に移る MNP(ナンバーポータビリティー)の転出料を値上げする手段に入る可能性もあります。 現在契約している携帯会社からの転出は3,000円です。 そこに1,000円になる前の違約金9,500円が乗った12,500円にMNP転出料を値上げすると今までと変わらない状態になります。 『解約するのは1,000円でいいよ。 でも、転出するなら12,500円ね。 』 って感じです。 MVNOのMNP転出料金設定に近くなる? ドコモ、ソフトバンク、auと違いMVNOの数社は契約期間を定めていない代わりに短期のMNP転出時のみ手数料が高く設定しています。 解約だけなら違約金0円のMVNO3社です。 違約金が0円の代わりに 契約継続期間によってMNP転出料の金額が設定されています。 違約金1,000円の根拠 この違約金1,000円の根拠は、 『他社に乗り換える時に違約金がいくらなら乗り換える?』 といった、利用ユーザーにアンケートを取った際に 『1,000円未満であれば乗りかえる』 が8割だったことからきています。 国が民間企業にユーザーの求めている金額に合わせろっていうのも変な感じですね。 まとめ 抜け道はあるといいましたが、今回の違約金値下げの根本的な理由は『ユーザーが気楽に乗り換えはできるように』するためのものなのでMNPの転出料の規制もやってくれる可能性があります。 しかし、総務省は徐々に規制をかけていくので一旦今回は違約金は1,000円、その後MNP転出料が値上げされたあとにMNP転出料金額規制といった流れになりそうです。 今年は総務省からの規制でキャリアが苦しい状況になるため、安くスマートフォンを手に入れる機会は今月までと思われます。 スマートフォンを安く買い替えたい人は、違約金が9,500円でもそれ以上にお得に新しいスマートフォンが手に入る今月中にすることをおすすめします。

次の

ソフトバンクが新料金プランを発表 期間拘束と解約金なし

ソフトバンク 解約 金 1000 円

この記事でわかること• ソフトバンクエアーの解約金を負担するには「Broad WIMAX」を利用する【乗り換えが必須です】 ソフトバンクエアーの解約金を負担してもらうには、「Broad WIMAX」のサービスを利用するのが一番です。 なぜならソフトバンクエアーはWIMAXに比べて料金も高く、速度制限についても不明点が多いためです。 実際利用に不満を持って、WIMAXに乗り換えて人はたくさんいますね。 ソフトバンクエアークソ回線すぎて夜はユニゾンエアーまともにできません。 さっさと解約してWiMAXに乗り換えます。 まじでソフトバンクエアーやめといた方いいですよ。 必要な場合、早めの問い合わせが良いです。 WIMAX契約者数 3,400万人突破!• 毎月の金額が実質3,478円で使用可能• Broad WIMAXは実店舗も少なく、店員を雇う人件費を極限まで削減できます。 なので特典に使う金額が大きくできるんです。 上の画像を見ると、対象Wi-fiサービスに「Softbank Air」の文字を確認できますね。 負担額は最大19,000円。 ソフトバンクエアーは解約金が9,500円なので、余裕で負担可能。 違約金を負担してくれるのはありがたいよね。 ポケットWIFIの中では「WIMAX」が安く、使いやすい ポケットWIFIの中では「WIMAX」が安く、そして使いやすい機器です。 WIMAXは無制限WIFIとして有名なWIFIで、かつ持ち運びタイプも、ソフトバンクエアーのようなタイプもあります。 また、ソフトバンクエアーは速度制限についてあいまいな部分もありましたが、WIMAXがはそこがはっきりしています。 詳しくは下の記事に書きました。 実際私自身、使っていますが何不自由なくネットが快適に利用できています。 WIMAXでYouTubeを視聴している様子 いつまでサービスが続くかわからない(法律改正のため) 「Broad WIMAX」のサービスは正直いつまで続くかわかりません。 というのも、2019年10月で法律が改正されて「違約金が上限1,000円」になったためです。 必要な場合、早めの問い合わせが良いです。 WIMAX契約者数 3,400万人突破!• 毎月の金額が実質3,478円で使用可能• 更新月以外に解約すると、必ずかかってくるお金です。 ソフトバンクエアーの契約期間は2年なので、24か月ごとに更新月がきます。 できればその更新月に辞めた方が損をしませんが、なかなか難しいので9,500円はおそらくかかってきます。 なので他のサービスで違約金を負担してもらうのが一般的ですね。 本体代の残債金 【こちらは負担なし】 ソフトバンクエアーを解約すると、本体代金の残債金を払う必要があります。 これは端末を「購入」した場合です。 ソフトバンクエアーの端末代金は59,400円なのですが、おそらくほとんどの方は端末購入にして分割払いにされています。 なので払いたくない方は、ソフトバンクエアーを3年間は使っている必要があります。 解約月の月額料金 ソフトバンクエアーを解約した月の月額料金を払います。 これは日割りなしですね。 ソフトバンクは月末締めです。 なので少しでもお得に使いたい方は、月末まで利用する方が良いです。 といっても、乗り換え先のサービスによっては20日以内にもなりますし、あまり気にしなくても良いです。 レンタルの場合は端末返却時の送料 【レンタルにした方】ソフトバンクエアーを返却する場合の送料がかかります。 およそ1,000円くらいですね。 利用したものを返送しましょう。 必要な場合、早めの問い合わせが良いです。 WIMAX契約者数 3,400万人突破!• 毎月の金額が実質3,478円で使用可能• 先ほど述べたように「Broad WIMAX」ならば、違約金を19,000円まで負担してくれます。 しかし違約金だけで、端末代金まで負担は難しいです。 この方はソフトバンクエアーを0円で辞めることが比較的かんたんです。 残債金がないですから。 ソフトバンクエアーを契約するときに、ここまで予想しているのが理想ですね。 解約金が1,000円上限になったのは、あくまで携帯電話を解約するとき これはけっこう目からウロコの方も多いと思います。 「なぜ携帯だけなのか?」という理由は、私自身の予想ですが、携帯は皆の乗り換えしたり、新しい機種にすることが多いためです。 機械自体年2年ほどでガタが来ますし、乗り換えキャッシュバック事件も多いので、問題に発展しやすいんですね。 しかし光回線やモバイルルーターは、長年利用することが多く、コロコロ乗り換えたりはしません。 なので、違約金1,000円は携帯だけに限っているんですね。 残った端末は使える? 全く使えません。 フリーSIM挿して使えない?というのもダメです。 インテリアくらいにしかならないでしょうね。 アダプターくらいでしたら、無くした方用にメルカリなどで売るのもおすすめです。 実際購入されているのも見かけました。 「おうち割」も解約になる? 「おうち割」も自動解約になります。 【まとめ】「Broad WIMAX」がソフトバンクエアーの解約金を負担してくれる【即時行動】.

次の

ソフトバンクエアーの解約方法!解約違約金と端末代の未払い分に注意

ソフトバンク 解約 金 1000 円

ソフトバンクが9月6日、契約期間と契約解除料のない新料金プランを発表。 9月13日に申し込み受け付けを開始する。 新料金プランでは、これまでスマートフォン、タブレット、ケータイ、モバイルWi-Fiルーターなど端末によって異なっていた基本料金を統一する。 スマートフォンとケータイ向けは、月額980円の「基本プラン(音声)」を提供する。 このプランでは、国内通話が24時間無料になる「定額オプション(月額1500円)」や、1回5分以内の国内通話が無料になる「準定額オプション(月額500円)」を利用できる。 タブレットとモバイルWi-Fiルーター向けには、月額980円の「基本プラン(データ)」を提供する。 スマートフォンとケータイ向けには、月額1500円で1GBの通信が可能な「データプラン1GB(スマホ)」と「データプラン1GB(ケータイ)」を用意。 ケータイ向けには月額300円で100MBの通信が可能な「データプラン100MB」を用意。 タブレットとモバイルWi-Fiルーター向けには、追加料金なしで親回線のデータ容量を利用できる「データシェアプラス」を用意した。 関連記事• 今回のITmedia Mobile Weekly Top10では、2019年8月26日から2019年9月1日までのアクセスを集計。 今回は、最新夏モデルの端末価格をまとめた記事がアクセス1位でした。 電気通信事業法の改正に伴う料金プランの改定にも注目です。 8月29日に総務省が主催した会議において、NTTドコモとソフトバンクが新しい料金プランを準備していることが判明した。 もちろん改正電気通信事業法に対応するものだ。 5月に成立した改正電気通信事業法。 6カ月以内の施行を明記していたが、8月27日の閣議で、その期日が10月1日となることが決まった。 これに伴う総務省令とガイドラインも、同日施行となるように調整が進められている。 新しい総務省令の制定を見越して、auが新しい2年契約オプションを開始する。 期間中の解約金は1000円と大幅値下げとなるが、月額料金の割引は170円と少なくなる。 高性能化に伴い高額になるハイエンドスマホ。 各キャリアは指定の分割払いと端末返却を条件とする割引施策を行っている。 auとソフトバンクは現行施策を9月末に終了する予定だが、現在の端末購入補助についてまとめた。 関連リンク•

次の