コブラプーマゴルフ。 ゴルフクラブメーカーの実態と評価>ゴルフメーカーの真実と評価>コブラ評価評判・口コミ

コブラ プーマ ゴルフが、MIM製法をヘッド全体に初めて採用した新しい「KING MIM WEDGE」「KING MIM WEDGE ONE LENGTH」 を発売|ゴルフサプリ

コブラプーマゴルフ

試打する前に、コブラのドライバーとは コブラのドライバーを使用している代表的なトッププロゴルファーは、リッキー・ファウラー選手とレキシー・トンプソン選手です。 2人とも飛ばし屋と言われています。 日本では認知度があまり高くないので知らない人も多いかもしれませんが、 「コブラ・プーマゴルフ」 とコブラは、実はアパレルのイメージが強いプーマなのです。 コブラのドライバーは現在販売されているもので14種類あります。 しかし大きく分類すると、「KING LTD DRIVER」、「KING F6 DRIVER」、「MAX DRIVER」、「FLY-Z DRIVER」の4種類です。 リッキー・ファウラー選手とレキシー・トンプソン選手が使用しているのがKING LTD DRIVERです。 もちろん共にフレックスはXです。 リッキー・ファウラー選手のロフト角は10度ですが、レキシー・トンプソン選手のロフト角は9度です。 女性ゴルファーの方が飛距離にこだわっているのがよく分かります。 ファウラー選手の平均飛距離が302ヤードで、トンプソン選手の平均飛距離が272ヤードと飛距離に関しては両者圧巻です。 コブラ・プーマゴルフのKING LTDドライバーを試打 コブラ・プーマゴルフのKING LTDドライバーを試打した感想を紹介します。 なんとこのドライバー、NASAなどと提携してクラブの開発をし、素材や形状、重心位置まで徹底的に研究されたようです。 まさか、ゴルフクラブに「NASA」が関係してくるとは想像もしませんでした。 ぜひ、畑岡奈紗選手のスポンサーになって欲しいものです。 実際手に取って一番驚くのが、「スペースポート」と呼ばれるソール部分に搭載された重量が、クラブ内部を覗ける窓のような透明形状になっていることです。 デザインに凝っているコブラらしい作りになっています。 ヘッド体積はルールぎりぎりの460ccです。 クラウン前方には、コブラならではの蛇のグラフィックがあしらわれていてとてもクールです。 試打スペックは、ロフト角10. 5度、シャフトはコブラ・グラファイトデザインツアーADのSフレックスです。 インパクト音は控えめで、乾いた音がします。 弾道はやや高めで、大型ヘッドですが、つかまりが適度に良いです。 球筋はほぼストレートで直進性が高いので、操作性には若干欠ける印象です。 低スピン弾道なので、キャリーだけでなく、ランでも十分に距離が稼げます。 クラブ全体でも、ヘッド単体でも重く、振り切るにはかなりのパワーが必要でしょう。 完全にアスリートゴルファー向けのドライバーです。 コブラ・プーマゴルフのF6+ドライバーを試打 全米アマチュア選手権を制した、今後活躍が期待される新人ゴルファーのブライソン・デシャンボー選手がプロ入りの際に選んだ、コブラ・プーマゴルフのF6+ドライバーの試打の感想を紹介します。 ヘッド体積はこれもルールぎりぎりの460ccです。 ヘッドの大きさに比べフェースが小さいので、構えた時の安心感はあまりありません。 試打スペックは、ロフト角10. 5度、シャフトはUSTマミヤアッタスの5Sフレックスです。 長さ45インチで、バランスD4. 5、クラブ重量が313gとバランスが重いです。 低めの打ち出し角で、ストレートな弾道です。 長さから考えるとヘッドが重いので、振ったときにヘッドの重さが手に伝わってきます。 コブラの特徴なのか、直進性が非常に高いので、曲げようと思っても非常に曲げづらいです。 体積が大きい分スイートエリアが大きいので、多少芯を外しても、ヘッドはぶれにくく、弾道は安定しています。 ミート率が低い人にはかなり助かるドライバーでしょう。 ヘッドが重いので、力のない人にはあまりオススメできませんが、スピンを減らして距離を稼ぎたい人や、方向性を安定させたい人にはもってこいのドライバーです。 これもまた完全にアスリートゴルファー向けのドライバーです。 コブラ・プーマゴルフのFLY-Z+ドライバーを試打 HOT LIST JAPAN2015で機能性の高さでゴールドを受賞した、コブラ・プーマゴルフのFLY-Z+ドライバーを試打の感想を紹介します。 重心深度をコントロールできるフリップゾーンウェイトテクノロジーを搭載しています。 ヘッド体積はこれもルールぎりぎりの460ccです。 このドライバーは、ソールにウェイトポケットがあります。 15gのフリーウェイトが前後に移動でき、装着位置を変えることで重心の深さが調整できるのです。 他のモデルと違って、クラウンとソール後方にカーボン素材を使うことで、ヘッドを徹底的に軽量化しています。 オシャレなコブラらしく、ヘッドは、ブラック・ホワイト・ブルー・オレンジの4色から選択でき、シャフトも同色にアレンジされます。 試打スペックは、ロフト角10度、シャフトはUSTマミヤアッタスです。 長さ45インチ、バランスD4でクラブ重量316gと、かなりハードなドライバーになっています。 インパクトでヘッドが返しづらく、やや右に飛び出しやすいです。 他のモデル同様直進性が高いので曲げづらいですが、右へのミスが出やすいです。 そして体積が大きいのでミスヒットにかなり強いので、芯を外しやすいゴルファーにとってはかなりのお助けクラブになるでしょう。 調整機能を使い、球の高さをスピン量で大きく変えることができるので、方向性の安定、左のミスを減らしたいゴルファーにはかなり魅力的なドライバーです。 コブラ・プーマゴルフにはレディースクラブもある コブラ・プーマゴルフは、試打の感想を見ても分かるように、かなりハードでアスリート向けのイメージが強いですが、実はレディースクラブも取り扱っています。 女性ゴルファーでコブラ・プーマゴルフのドライバーを使っていたら、ちょっと格好良く感じませんか? コブラ・プーマゴルフFLY-Zのレディースドライバーです、 ロフト角を変えられるカチャカチャ機能搭載で、弾道の高さを調整できます。 そして標準で採用するメーカーが少ないウィングリップもついています。 握ると手に吸い付くように柔らかいグリップなので、非力でグリップがぶれやすい女性にはもってこいです。 打感は吸い付き感があり、球をつかまえにいくような弾き感もあるので、レディースクラブといっても、飛距離にはかなり期待できます。 もちろんレディースクラブなので、シャフトもLフレックスからあります。 しかしLフレックスといっても、他のメーカーと比べると、柔らかすぎずしっかり目なので、ぐにゃぐにゃした感じは受けません。 初心者女子からある程度経験を積んだ女子まで幅広く使えるドライバーでしょう。 また女子にはうれしいカラーバリエーションがオレンジ・ピンク・ブルーと3色から選べます。 ハードなクラブだからこそ試打が必要 コブラ・プーマゴルフはドライバーに限らず、FWやアイアンもかなりハードな作りになっています。 口コミ等で飛距離に魅力を感じる方は多いと思いますが、かなり使いこなせる幅が狭いモデルが多いです。 そのようにハードなクラブだからこそ、しつこいくらいの試打が必要です。 練習でもラウンドでもクラブを振る回数はかなりのものです。 無理をしてハードなクラブを使ってしまうと、身体を痛めてしまう可能性があります。 ですから一度の試打で良い感じだったからと即決してしまうのは危険です。 もちろんハードだと言っても、上手くシャフトを選んで自分に合うようにカスタマイズすることもできます。 しかしコブラは、ヘッドが重いモデルが多いので、シャフトを調整したとしてもそれなりのパワーは必要になってくるでしょう。 自分の力を過信せず、自分の筋力や柔軟性、ゴルフレベルに合うかをお店のクラフトマンなどと相談し選ぶようにしましょう。 もちろん初心者であっても、相性が良く上手く振ることができるという場合もあります。 認知度の低いコブラを試打してみたくなりましたか? コブラは、使用するプロゴルファーが少ないこともあって認知度の低いメーカーです。 ここで見た試打の感想を見て試打をしたくなりましたか? ハードルが高いことを印象付けてしまったかもしれませんが、もちろんクラブの感想は人それぞれです。 実際に試打してみたら、言うほどではないかも!って思う方もいるでしょう。 試打の感想を紹介しておきながら言うのも何なのですが、先入観を捨てて一度試打をしてコブラのポテンシャルの高さを実感してみてください!•

次の

コブラ・プーマ・ゴルフ「KING F9」ドライバー

コブラプーマゴルフ

グローバルナビ• ジャンルナビ• コンテンツエリア ここからこのページの本文です• メインコンテンツ• コブラ・プーマ・ゴルフ「KING LTD」FW コラム KAZ 69年1月19日生まれ50歳。 身長173cm、体重72kg。 ゴルフデビュー98年10月。 05年夏オフィシャルハンディ取得。 現在は『12. 持ち球はドローと言いたいところだがフック。 好きなクラブはAW。 一応、日刊スポーツ社員のサラリーマンゴルファー。 ツイッター kazkawata 2016年3月19日0時00分 コブラ・プーマ・ゴルフ「KING LTD」FW どーもです。 コブラ・プーマ・ゴルフのニューシリーズ「KING LTD」ですが、今日紹介する「KING LTD」FWが最後です。 このFWもロフト角を調整出来るモノでした。 見た感じはなかなか手強そうなイメージでしたが、実際のところどんな感じなのでしょうか。 早速いってみましょう。 まずは見た目から。 ソールデザインですが、「スペースポート」がドーンと配置されているのはドライバーと一緒ですね。 フェースはシャロー気味ですが、ややトゥ側にボリュームがある感じでした。 ボディもシャローですね。 かつ、若干後方に長めな、いわゆるストレッチバックな形状になっていました。 後ろ姿です。 構えてみるとこんな感じ。 クラウンの投影面積が広めですね。 ドライバーとの違いは、クラウン形状が丸形になっている点ですね。 今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「コブラ ツアーAD」Sフレックス装着モデルの3-4F。 スペックは、ロフトポジション15. 5度、ライ角58度、長さ43インチ、総重量329g、バランスD2。 ヘッド体積185cm3。 シャフトスペックは、重量62g、トルク4. 5、中先調子。 ロフトポジションは13. 0、13. 5、13. 5D、14. 5、14. 5D、15. 5、15. 5D、16度の8通りの調整が可能ですが、今回は15. 5度で試打でした。 試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールは2ピースボール使用でした。 まず持ってみると、重さ的にはちょうどいい感じでした。 グリップはやや太め。 ワッグルしてみるとドライバー同様先端部が走るような感じで、素振りしてみるとやはり手元に重心があるような感じで振り抜きが良かったです。 実際に打ってみると、打点がシビアだったかな。 まぁ、これはボクが、FWが苦手ということも影響していると思いますが、わずか3球にも関わらず弾道がバラバラ。 でも、芯を食った時はバカッ飛び!! 芯を外しても、210y近く飛んでいましたね。 球の上がり方は、しっかり芯を食えば普通に上がりますが、やはり芯を外すと若干低めにはなっていました。 スカイトラックの弾道データはこんな感じで その各球データがこちら! 【3球平均】 HS43. 7度、バックスピン量2536. 3rpm、サイドスピン-340. 2rpm、飛距離219. 1y 【ベスト】 HS43. 1度、バックスピン量2856. 0rpm、サイドスピン81. 6rpm、飛距離228. 0y 打感はソリッド系でした。 ボールにつぶれ感と弾き感がほどよくブレンドされた感じでした。 音はドライバー同様やや低めに感じました。 弾道はこんな感じ。 そのスカイトラックデータがこちら。 弾道は、やや低めの中弾道。 ロフト15. 5度のわりには球は上がりづらいかもしれませんね。 でも、その分ロースピンの強弾道!! 弾丸ライナー系の弾道は魅力的! ロフト15. 5度は普通の3Wよりも0. 5度寝ている設定ですが、それでもバックスピン量が2852rpmとちょっとしたドライバー並のロースピンぶりでした。 出球傾向は、ボクのスイングでもほぼ真っ直ぐなストレート系。 サイドスピンを見る限りフェード回転だったり、ドロー回転だったりしますが、多分どっちでも150~200rpmあたりであればほぼ真っ直ぐなんですね。 振り感ですが、やはり手元に重心がある感じでした。 これなら切り返しが速いタイプでも、振り遅れなく振り切れるんじゃないかな。 これは切り返しが速めのヒッタータイプにオススメなテーストに感じました。 ある程度叩けるヒッタータイプにオススメの1 本かな。 球の上がり方はいまいちでしたが、ロフト16度にすれば、もうちょい上がりやすくなるかもしれません。 とはいえ、このロースピンの強弾道は魅力的。 ロフト角13度でティアップすれば、ちょっとしたドライバー並の飛距離が期待できるかもしれません。 ボク的には狭めのコースでのティショットで、ドライバー代わりに使いたい1本でした。 0)、4-5F(16. を紙面と併せて1名様にプレゼント! 応募は からどうぞ!!

次の

R.ファウラーがコブラ・プーマゴルフと総合契約!【PGAツアー 米国男子】|GDO ゴルフダイジェスト・オンライン

コブラプーマゴルフ

どーもです。 今日からは、コブラ・プーマ・ゴルフのニューモデル「FLY-Z」シリーズのアイアン4モデルを紹介したいと思います。 先陣を切るのは「FLY-Z XL」(以下XL)アイアンですが、このXLアイアン、どうやらセットとしてはコンボアイアンのようです。 内容としては 5、 6がハイブリッド、 7、 8は中空キャビティ、 9、PWはキャビティとなっているようですが、他3モデルとの比較を意識していたので今回試打したのは 7のみですがご了承くださいな。 というわけでいっていましょう! まずは見た目から。 バックフェース下部にふっくらボリュームが確保され、しかもトゥ・ヒールにウエートも振られています。 このふくらみが中空なんですね。 いかにも打ちやすそうですな! フェースはラージフェース。 ネック側がやや絞られた感じがあるのと、トップラインの丸みが特徴ですね。 ソールはワイドソール。 ソール後部はウエートになっているのかな? だとしたら、アイアンでも深重心を意識したモデルってことですね。 ネックはグースネックになっていました。 構えてみるとこんな感じ。 いかにもクラブがつかまえてくれそうな感じですね。 これはもう、クラブを信じて振り切れば良さそうな雰囲気がしますわ! 今回試打したのは、フジクラ社製専用開発カーボンシャフト「コブラFLZ-XL」Sフレックス装着モデルの 7。 スペックはロフト角31. 5度、ライ角62度、長さ37. 5インチ、総重量373g、バランスD1。 シャフトスペックは、重量62g、トルク4. 0、先中調子。 試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールは2ピースボール使用でした。 重量的にはかなり軽めなモデルですね。 持ってみると、軽量モデルのわりにはややグリップが太めに感じました。 ワッグルしてみると、結構先がしなるようなイメージでした。 実際に打ってみると、何はともあれとにかく打ちやすいっす!! プレーヤーは何も余計なことを考えずに、とにかくリズム良く振り抜くことだけを意識すれば、後はクラブがしっかり仕事してくれる感じで、いい感じに球をつかまえて、いい感じに球を上げてくれます。 非常にわかりやすいオートマチック系アイアンでしたね!! ボクも含めアマチュアゴルファーが本気でスコアにこだわるなら、こういうアイアンを選択すべきなんだろうな・・・って、なんかそんなメッセージが胸に刺さる思いでした。 GST-3Bの5球平均データはHS39. 34でベストは写真の通りでした。 打感はやや弾き感強めですが、中空の影響かなんか球離れが若干速いようなイメージはありました。 でも、XLはドライバーも球離れが若干速めだったので、その辺のイメージは統一されているような感じですかね。 弾道はこんな感じ。 いい感じの高弾道かついい感じのほぼストレートです。 ボクにとってスペック的にアンダースペックのイメージでしたが、実際に打ってみてこの弾道だといい意味でビックリ。 自分のクラブよりもいい弾道じゃないかって・・・w 出球傾向は、ボクのスイングでほぼストレート。 ホントに余計なことを考えずに、素振り感覚で振ってあげればいい感じにクラブが仕事をしてくれます。 振り感ですが、ワッグル時同様若干先が動くような感じがありますが、思った以上に手元がしっかりしていて、先もしっかり戻ってくる感じですね。 結構いいかも!! 一応スチールモデルも試打しましたが、こちらのスペックは総重量405gになっています。 シャフトの銘柄はよく分かりませんがFST社製となっていて、同社HPでスペックを確認すると重量110g、トルク3. 0、先中調子となっていました。 実際に打ってみると、弾道はこんな感じ。 高弾道はカーボンモデルと一緒ですが、重量的にしっかり振れるせいか、ボクのスイングだといつもどおりの持ち球でした。 やや右に打ち出すのはボクのスイングのクセですし、そこから気持ち戻ってくれるこの弾道はボク的にイメージ通りでかなり満足の行く弾道です。 GST-3Bの5球平均データはHS39. 35で、ベストは写真の通りでした。 性格的にはオートマチック系アイアン。 何度も書いていますが、とにかく余計なことを考えずにしっかり目標に向かって振り抜けば、あとはクラブが仕事をしてくれます。 コンボセットになっているのでボクは初心者向けのイメージを持ってしまいましたが、アイアン単体でみたら確かに初心者向けの性格もありますが、100切りや90切りを目指す人にとってはこういうアイアンこそその壁を越えるための武器になってくれるんじゃないかなって思います。 そう考えさせられるくらいに、とにかく打ちやすいアイアンでしたわ~!! スチールシャフト装着モデル6本コンボセット7万5600円、単品各1本1万1800円。 海外男子[3日08:51]• 海外男子 [2日10:41]• 海外男子[2日10:18]• 海外女子 [1日22:23]• 海外女子 [1日21:42]• 海外女子 [1日21:25]• ゴルフ[1日12:06]• 海外男子[1日10:04]• 国内男子[1日08:54]• ゴルフ [1日00:23]• ゴルフ [1日00:11]• ゴルフ [1日00:11]• ゴルフ[1日00:11]• 海外女子 [28日23:39]• 海外男子 [28日10:50]• 海外女子 [27日20:58]• ゴルフ[27日19:21]• 海外男子 [27日10:08]• 海外男子[27日09:39]• 国内女子[27日08:55].

次の