豊胸 クリニック。 切らない豊胸術 成長再生豊胸の料金一覧

脂肪注入法

豊胸 クリニック

もっともご希望が多いバストアッププランで、脂肪注入法により半永久的に豊かなバストにすることを目指します。 授乳後の萎んでしまったバストにがっかりしている方のために、もともとのバストサイズに見合った脂肪量を注入することで以前のハリのあるバストにすることを目指します。 大きさを目指すのではなく、バストの形や左右差のないバストを作ることを目指すバストアッププランです。 もともと微乳の方は、1回では満足できるサイズアップができない場合があります。 そんな方には間隔を空けて3回の施術を行い、ご希望のサイズまでバストアップすることを目指します。 年齢を重ねても美しいプロポーションを維持するために、定期的にバストアップ施術を行っていくプランです。 脂肪注入によるバストアップではなく、ご自身の血液から採った血小板で作ったプラズマジェル(PRP)による一時的なバストアップ法です。 院長の池田優子は1995年に杏林大学医学部を卒業後都内大手美容外科にて研鑽を積み池田ゆう子クリニックを2002年3月に開業しました。 開業から間もなくその抜群の感性が評判になり、テレビや雑誌にひっぱりだことなりました。 マスコミを通じて、当時まだあまり普及していない手術方法だった脂肪注入法豊胸手術を広く紹介し、脂肪注入法豊胸手術のパイオニアとして有名になりました。 脂肪注入法は、今では美容外科業界で豊胸手術の主流として位置づけられています。 東京・渋谷駅近くにある当院の脂肪注入法豊胸手術は、女医ならではの繊細な仕上がりにより、術後の違和感や身体への負担が少なく、自然で美しいラインが手に入ります。 1万件を超える手術実績が安心さの証です。 池田ゆう子クリニックは、開院時より脂肪吸引豊胸手術を専門とするクリニックとして訴求してきました。 豊胸手術にはバッグ挿入法という豊胸術と脂肪注入法という豊胸術の2つの豊胸手法があります。 池田ゆう子クリニックでは、当時まだマイナーだった脂肪注入法による豊胸を、日本人の体格に最も適した豊胸術であるとして テレビ番組や雑誌などで積極的にPRしてきました。 その結果現在では学会においても脂肪注入法豊胸術による豊胸が主流となってきています。 豊胸クリニックをお選びになるのでしたら、脂肪注入法豊胸手術のパイオニアで、豊胸手術の実績が豊富な池田ゆう子クリニックをお選びください。 池田ゆう子クリニックの豊胸手術は、手術で最もリスクが高いと言われる全身麻酔や硬膜外麻酔は使用せず、 歯医者さんの麻酔にも匹敵する安全性の高い局所麻酔を使用しています。 ですので豊胸手術の途中でも豊胸経過をご覧いただくことができます。 しこりのリスクを下げるため胸への脂肪注入は1ccづつ注射針でバスト全体に注入していきます。 また院長が女性ですので、患者さまの気持ちに沿った豊胸ができることも特徴です。 脂肪注入法豊胸の、他の手術法とのもっとも大きな違いは、仕上がりが自然ということです。 見た目はもちろんのこと、特に横になった時などのバストの流れ方がもともとの胸と変わりません。 ですので、パートナーにも気づかれにくいのです。 また、異物を胸に入れる他の豊胸術と違い、ご自分の脂肪を使っての豊胸ですから、安全性が高いのも特徴です。 さらに当院の場合、手術において最も高いリスクとなる全身麻酔や硬膜外麻酔での手術ではなく、局所麻酔で手術しますのでより安心いただけます。 5~2カップ 2カップ以上 0. 5カップ前後 やわらかさ もともとのバストと同じような自然な柔らかさ 脂肪より硬く、違和感のある感触 脂肪よりは硬い 持続期間 半永久的 半永久的(破損した場合は取り出す必要がある) 半年~3年 ダウンタイム ほとんどなし 1時間 30分 手術時間 実質約1~1. 5時間 1時間 30分 麻酔 局所麻酔(ウエットメソッド法) 全身麻酔 局所麻酔 入院 不要 不要 不要 痛み 脂肪吸引部位に筋肉痛のような痛み 胸の痛みは軽微 痛みが7日ほど続く ほとんどない レントゲン 自分の脂肪なので写らない 写る 写らない 傷跡 注射器の針跡なので残らない 脇の下、またはアンダーバストに切開跡 数ヶ月で見えなくなる 注射器の針跡なので残らない 価格 50~120万円(脂肪吸引部位数により変わる) 100万円~(入れるバッグの質により変わる) 1cc3,000円~ 形 自由 バッグの形に依存 自由 メリット 自分の脂肪を使用するので拒絶反応が起きにくい 脂肪吸引により、部分痩せもできる 大きなバストアップが可能 注射だけで簡単にできる デメリット 脂肪が体に吸収されて、術後よりは小さくなる可能性がある 破損した場合、取り出す手術が必要 カプセル拘縮が起こる可能性がある 体に吸収されて元の大きさに戻る 人工乳腺法 ヒアルロン酸注入 豊胸法 脂肪注入による豊胸術 エイジングブレスト豊胸法 手術時間 約1時間 約15~30分 *注入量により前後あり 約2時間 約1時間 麻酔 全身麻酔 局所麻酔 全身麻酔 全身麻酔 入院の有無 なし なし なし なし 通院 手術前 1回 手術後 2~3回 施術前 なし (カウンセリング当日の施術が可能) 施術後 2~3回 手術前 1回 (脂肪採取日) 手術後 2~3回 手術前 1回 手術後 2~3回 手術後の腫れ内出血・痛み 腫れや内出血は2週間程度で治まる 痛みは3~7日程度で治まる(痛み止めを処方するので、ご安心ください) 痛みはほとんどなし(痛み止めを処方するのでご安心ください) 腫れや内出血は2週間程度で治まる 痛みは3~7日程度で治まる(痛み止めを処方するので、ご安心ください) 腫れや内出血は極めて軽度 痛みは軽度 傷跡 [腋窩切開] ワキの下のシワに沿って4cm程度 *直後からワキの下のシワと同化。 数ヶ月で目立たなくなる [乳房下溝切開] アンダーバストに4cm程度 *バストに隠れて見えない 注射だけなのでほとんどなし [脂肪吸引] 脂肪吸引した部位 に5mm程度 *数ヶ月で目立たなくなる [脂肪移植] 注射だけなので、 ほとんど なし 【人工乳腺バッグ(インプラント)抜去】 ワキの下のシワに沿って4cm程度 *直後からワキの下のシワと同化。

次の

評判の高い豊胸手術クリニックBEST5

豊胸 クリニック

kyoritsu-biyo. バッグ豊胸で、出産前のようなハリのある若々しいバストに戻すことができました。 カウンセリングも丁寧で分かりやすく、先生もスタッフさんも優しくてリラックスできました。 シンデレラ豊胸でヒアルロン酸を70ccずつ注入しました。 施術は本当に10分ほどで終わり、あっという間にバストアップできてビックリ!痛みもほとんどなく、すぐに普通の生活ができました。 形・大きさにも満足です。 ドクターの親切な説明を受け、コンデンスリッチ豊胸を決意しました。 脂肪吸引も注入も傷跡は残らず、バストもきれいに大きくなりました。 アフターフォロー料金も手術代に含まれているので安心ですね。 おすすめポイント 豊胸専門のドクターが在籍。 完全主治医制なので、カウンセリング・施術・アフターフォローまで、すべて1人のドクターが担当してくれます。 術後1年間は無料で検診が受けられ、万が一のトラブル時は24時間対応で安心。 乳がん検診も、提携医院で実施。 nagumo. 低吸収ヒアルロン酸を入れましたが、形よく仕上がって良かったです。 長持ちするといいな~。 いろいろなバッグの中から感触が好みのものを選び、施術していただきました。 思った以上に短時間で手術が終わり、術後の痛みを乗り越えてからは自然なバストに近づきました。 傷跡もほとんど見えません。 傷を残したくなかったので、脂肪注入法を選択。 脂肪の吸引量が少ないので身体への負担が軽く、バストも無事大きくなりました!年1回の定期検診など、アフターケアも充実してます。 おすすめポイント バスト専門クリニックで、これまでに手がけた症例は豊胸手術だけでも1万例以上。 医師・看護師・カウンセラーはバストの専門家揃い。 アフターケアでは、すべての患者に年1回の定期検診を実施しています。 otsuka-biyo. ヒアルロン酸注入での手軽な豊胸手術でしたが、20分~30分くらいでバッチリ胸が大きくなって嬉しいです。 コンプレックスがなくなり、大胆なファッションも楽しめるようになりました。 部分麻酔での脂肪吸引は緊張しましたが、ドクターや看護師さんの声がけで頑張れました。 バストも1カップほど大きくなって満足しています。 バッグ挿入で施術。 手術の途中で大きさを確認できるので、イメージ通りの出来栄えになりました。 術後はマッサージ指導もきちんとしてもらえますよ。 おすすめポイント 在籍する医師は、大学病院等で経験を積んだ形成外科医・美容外科医などのスペシャリスト。 カウンセリングは医師が行い、施術のメリット・デメリット・麻酔方法などを細かく説明してくれます。 ritz-cs. 他の施術でこちらのクリニックに通っていたこともあり、先生を信頼していたので全てお任せしました。 スタッフの皆さんもとても親切なので安心でき、施術の終わった胸の仕上がりも満足です。 授乳後に胸がしぼんで、特に上の所が平らになってしまったので、脂肪注入をしました。 主人と一緒に説明を聞きに行ったのですが、とても分かりやすいと主人ともども感動し、安心してお願いできそうだとリッツさんに決めました。 先生もスタッフさんも親切ですし、希望通りの胸にしてもらえたので、ここでお願いしてよかったなと本当に思います。 おすすめポイント 硬度美容医療を目指し、レベルの高い意志だけでなく、豊富な経験のある看護師やカウンセラーが多数在籍しているリッツ美容外科。 キレイな院内と丁寧な対応が評判です。 takasu. 60ccほどの注入でしたが、夢にまで見た谷間ができて嬉しいです。 両胸のサイズも均一になりました。 脂肪注入での豊胸手術を受けました。 自然な柔らかさと形で、豊胸したとは分からない仕上がり。 術後1年経っていますが、大きさや形に問題は見られません。 とてもたくさんの種類のバッグがあり、自分にピッタリのものを選べたと思います。 手術後のダウンタイムは厳しかったですが、申し分ない出来栄え。 もっと早く受ければ良かったなと思っています。 おすすめポイント 開院以来30年以上にのぼる豊富な症例・経験をもとに、自然で美しい仕上がりを実現。 プロテーゼ挿入のアフターケアは、超音波マッサージ(無料)と必要に応じて拘縮予防の薬を処方。 ヒアルロン酸注入・脂肪注入は、とくにアフターケアは必要ないとのこと。 豊胸手術をするなら共立美容外科・歯科がおすすめ 豊胸手術で評判のクリニックを比較した結果、第1位は「共立美容外科」となりました。 その理由をまとめてみましたので、ぜひ参考にしてくださいね。 生着率80%の濃縮脂肪細胞注入法「コンデンスリッチ豊胸術」 共立美容外科では、幹細胞脂肪注入法豊胸術・ヒアルロン酸注入・バッグ式豊胸術などさまざまな豊胸手術を提供していますが、なかでも注目なのが「コンデンスリッチ豊胸術(脂肪注入)」。 高い技術を要する手術のため、CRF(コンデンスリッチファット)協会の認定クリニックでしか受けられない豊胸術なんです。 コンデンスリッチ豊胸術は、不純物を除去した健康な脂肪細胞のみを注入する方法。 痛み・腫れなどのダウンタイムが短く、身体への負担が軽いのも特徴です。 また、共立美容外科では、これまでの実績・症例数も1000以上と豊富!この点も安心感がありますね。 脂肪吸引の技術力も高い! 脂肪注入には、脂肪吸引の高い技術が必要です。 吸引の技術力が低いと、注入したところはともかく吸引した部位がボコボコなってしまったり、痛みが引かなかったりと、バストを整える代わりに他の部分が崩れてしまうことになるからです。 共立美容外科は脂肪吸引を得意としており、年間の症例数は全院合わせて年間2,000件以上。 脂肪吸引の施術満足度は98. 7%で、全体の93. 4%がリピーターと、その数字が高い技術力を物語っています。 ちなみに、「傷跡を目立たせない・滑らかに仕上げる・痛みを最小限に」という脂肪吸引の技術や手法は、共立美容外科が元祖なんですよ。 悩みや希望に合わせて選べる4つの手術法 手軽にできるヒアルロン酸注入、生着率の高いコンデンスリッチ豊胸術の他にも、バッグ式豊胸術・アクアリフト豊胸・幹細胞脂肪注入豊胸術も用意。 ある程度のバストアップ+安全性を求めるならコンデンスリッチ法• 大きさと確実性を重視する場合はバッグ式• 切らない・痛くない方法を希望する場合はヒアルロン酸注射 と、希望に合わせて自由に選択することができます。 丁寧なカウンセリング&アフターケアで安心 共立美容外科では、術前のカウンセリングを何より重視しています。 カウンセリングは施術を担当するドクターが行い、アフターケアまですべてサポートしてくれる「完全主治医制」を採用。 途中で担当医が変わる心配がないので安心です。 カウンセリング時間も、たっぷり30分以上。 不安や疑問をしっかりヒアリングした上で、要望やライフスタイルに合わせた施術を提案してくれます。 また、全国に21院を展開しており、アフターケアはどのクリニックでも可能。 万が一引っ越ししても、その先でケアが続けて受けられるのは嬉しいですね。 カウンセリングは無料なので、豊胸に関して気になること・聞いてみたいことがあるなら、ぜひ一度相談してみてください!手軽で便利な無料オンライン相談もあります。 豊胸手術の施術方法についてご紹介! 豊胸手術と言っても施術方法には種類がいろいろ。 そこで、施術方法について分かりやすくまとめてみました。 どの方法が自分に合っているのか、ぜひチェックしてみてください。 ヒアルロン酸注入 メスを使わず、ヒアルロン酸を胸に注射する豊胸手術です。 個人差はありますが、一般的に約50cc~100ccの注入で1カップのサイズアップができます。 体に傷が残らないだけでなく、施術時間が10分~30分と短いことや、施術の翌日から普通の生活を送れるなど、比較的手軽な豊胸方法として人気です。 ヒアルロン酸はもともと体内に含まれている成分なので、アレルギーや拒否反応がほとんど起こりません。 妊娠や授乳への影響もありませんので安心です。 ただし、効果は永久ではなく、注入したヒアルロン酸は徐々に体に吸収されていきますので、ヒアルロン酸でバストを大きく保つには定期的な注入が必要になります。 体質やヒアルロン酸の種類にもよりますが、効果の持続期間は大体1年以上。 形の良いバストになるかは、施術者の腕にもよります。 クリニックは豊胸の実績の豊富さや技術力を見て、信頼できるところを選びましょう。 バッグ(インプラント)挿入 人工乳腺バッグを挿入する豊胸手術で、術式には3種類あります。 「大胸筋下法」は、脇の下を3~4センチほど切開したところから、大胸筋下にバッグを挿入します。 「乳腺下法」は、脇の下かバストの下を切開し、乳腺の下にバッグを挿入する方法。 「大胸筋膜下法」は、大胸筋と筋膜の間にバッグを挿入します。 挿入する豊胸バッグは、安全性の高い「コヒーシブシリコン」か「生理食塩水」を使用します。 実際に触ってみて、触り心地や特徴を確認してから選びましょう。 インプラント挿入は身体に吸収されないため効果が長続きし、大幅なバストアップも可能です。 しかし、バッグを挿入するため好みに合わせたサイズ・形に調整するのが難しく、姿勢によってはバストが不自然に見えることがあります。 バッグの破裂による内容物の漏れや、バッグが厚い被膜で覆われる「カプセル拘縮」が起こる場合もあるので、定期的な検査やマッサージなどのアフターケアが必要です。 脂肪注入 自分の身体についている余分な脂肪をバストへ注入する方法です。 元々自分の脂肪なのでアレルギー反応の心配がほとんどなく、自然な柔らかさに仕上がります。 脂肪を「カニューレ」という管を使って吸引し、注射器を使って大胸筋下・大胸筋内・乳腺下・乳腺内・乳腺周囲などに少量ずつ注入します。 術後は日帰りも可能ですが、リカバリールームで経過をみてもらうことをおすすめします。 注入した脂肪細胞はその後毛細血管に入ってバストに生着しますが、生着しなかった細胞は体外へ排出されます。 生着率は平均40~50%で、個人差があります。 生着率が悪い場合にはどれだけ脂肪を注入しても豊胸につなげるのは難しいです。 脂肪吸引と注入の2段階の施術が必要となるために、費用は高額になりがちです。 施術時間は長くかかりますがダウンタイムは短く、脂肪吸引での部分痩せも同時にできます。 脂肪幹細胞注入 「幹細胞」とは、色々な細胞になれる細胞のこと。 脂肪と一緒に注入することで生着率を高め、バストアップ効果を持続させます。 遠心分離機など特殊な機器を用いて吸引した脂肪から幹細胞を抽出し、幹細胞と脂肪細胞を混合させ、注射器で少量ずつ注入していきます。 普通の脂肪注入と同じように自然な感触のバストになり、脂肪吸引による部分痩せ効果も得られます。 通常の脂肪注入と比較して生着率が高く、生着期間が長いため、注入した脂肪が硬いしこりになる石灰化のリスクを最小限に抑えることができます。 しかし、幹細胞を抽出するために余分な脂肪細胞を半分ほど除去するので、注入する脂肪量は少なめになります。 コンデンスリッチファット注入 吸引した脂肪から石灰化や脂肪壊死の原因となる不純物を除去して、健康な脂肪細胞と幹細胞を濃縮したものをバストに注入する豊胸手術です。 生着率も80%と高く、不純物を取り除くため石灰化のリスクも減らせます。 専用器具を用いて脂肪を吸引し、脂肪から分離させた麻酔薬だけを破棄します。 続いて、専用機器で脂肪を遠心分離して死活・老化細胞といった不純物を破棄。 不純物が取り除かれた健全な濃縮脂肪細胞をバストに注入します。 特殊な機器により短時間での濃縮作業が可能なため、施術時間は短く済みます。 注入される脂肪細胞は良質なのでダウンタイムも比較的短めです。 生着率には個人差があり、施術者の技術によってバストの形がいびつになる可能性もあります。 この方法を選ぶなら、CRF協会の認可マークがあるクリニックか確認してください。 PPP+PRPジェル注入 自身の血液から取り出した血小板を使う豊胸手術です。 「PPP」とは少血小板血漿のこと。 即効性が高く、シワやくぼみの解消といった顔の施術にも使われています。 「PRP皮膚再生治療」は、皮膚の再生・活性化を行う施術で、即効性はありませんが、効果はPPP注入法よりも高いとされています。 PPPとPRPを組み合わせることにより相乗効果を図るのが「PPP+PRPジェル注入」です。 採取した血液を遠心分離器にかけてPPPとPRPに分けた後、熱処理しジェル状にして皮膚に注射器で注入します。 血液を採取するので、術後の吐き気やめまいを防ぐために水分を十分にとっておきましょう。 ダウンタイムやアレルギー反応がほとんどないため、身体への負担が少ないのが特徴です。 バストアップ効果は約3~6カ月と短め。 効果には個人差があり内出血や腫れの症状が出る場合もあります。 ピュアグラフト豊胸術 ピュアグラフトとは、採取した脂肪を特殊なフィルターでろ過して脂肪細胞から不純物を分離する方法です。 不純物をほぼ取り除き、細胞を劣化させずに分離した濃縮脂肪細胞をバストに注入します。 純度の高い濃縮脂肪細胞を注入するため生着率が高く、石灰化やしこりのリスクが軽減されます。 ダウンタイムは個人差があるものの、約1週間程度と長めです。 術後3日~7日間の休暇を取る必要があります。 ハイブリッド豊胸術 脂肪注入法とバッグ挿入を融合させた豊胸術です。 「乳腺下法」「大胸筋下法」「筋膜下法」という施術方法でプロテーゼバッグを挿入しますが、大幅なバストアップの場合バッグだけだと目立ってしまうこともあります。 そこで、吸引した脂肪をバストへ注入し、注入する量や箇所を調整することによって理想のバストに近づけ自然に仕上げます。 術後は、個人差もありますが、およそ1~2週間ほど腫れが続きます。 赤みが約1カ月間出る場合もありますが、2~3カ月すると少しずつ目立たなくなるようです。 特徴として、大幅なバストアップができるほか、脂肪吸引を行うため部分痩せも同時にできます。 その一方でダウンタイムが長く、筋肉痛のような痛みが1週間続くこともあります。

次の

東京の豊胸クリニック比較【豊胸方法別のおすすめ3院】

豊胸 クリニック

女性らしさを強調するものの1つに胸があります。 豊かな胸は憧れでもありますが、単に大きくすれば良いと言うものではありません。 それぞれの希望する形、柔らかさによって手術方法が異なり、その方法にはシリコンバックによる方法とヒアルロン酸(プチ豊胸)や脂肪注入による方法等があります。 脂肪注入は、自分の太ももやお尻、お腹等の脂肪を抜き取り胸に注入する方法です。 この方法は、アレルギーや後遺症の心配が少ないものの、2回に分けての施術や脂肪が生着する率も低いと言われています。 ヒアルロン酸による注入は、最も手軽な手術方法で傷跡も残らず、アレルギーの心配はありません。 但し、持続期間が1年~2年と短い為、定期的に行う必要があります。 シリコンは、一般的に行われている手術方法です。 そのシリコンバックにも、生理食塩水やコヒーシブシリコンバッグ、バイオセルバック、メモリージェルバック、クリスタルバッグ、ベッカータイプバックと言った様々な種類があり、生理食塩水は、数十年程前にアメリカで開発されたものです。 点滴等にも使われている為、身体に害は与えませんが、中国製は漏れる可能性が高いので注意が必要です。 コヒーシブシリコンバッグは、今最も使われているタイプで、更に柔らかくなったソフトコヒーシブシリコンも開発されています。 破損したとしても漏れにくいので安全性も高いでしょう。 バイオセルバックやメモリージェルバックは、ソフトシリコンの一種で多重構造により、しっかり保護されている為、漏れる率が少ないものです。 ソフトコヒーシブシリコンと同じで通常のシリコンバッグより感触が柔らかくなっています。 クリスタルバッグは、生理食塩水が改良されたもので構造や耐久性に優れています。 漏れたとしても体内に吸収される為、心配はありません。 ベッカータイプバックは、外側がコヒーシブシリコンで覆われている新しいタイプのシリコンバックです。 傷が2~3センチと小さくて済むのと感触も柔らかいのですが、レントゲンに写るでしょう。 このように方法は様々ですが、どちらにもメリット・デメリットが存在するのでカウンセリングは十分に受けてから納得した上で手術を受けましょう。 豊胸手術を行った方の多くが、手術を受けた後には、非常に満足の声を挙げていることが多く、失敗などのトラブルに見舞われない限り、後悔をしたという意見はほとんど聞かれていません。 現在では、昔と比較しても、豊胸手術の技術は非常に革新していますし、失敗がないというような安全面での向上も、満足度に関わっています。 もちろん豊胸手術の種類によっては、以前のようなイメージと同様のものがありますが、脂肪注入といった選択肢を取ることによって、見た目的にも食感的にも、天然のバストと変わらないような出来栄えを実現することが出来るのです。 自分の細胞を利用しているわけですから、拒絶反応などのこれまでの豊胸手術のリスクを随分高い確率で回避することが出来ますから、そういった点でも近年の豊胸手術はかなりレベルが高いと言えるでしょう。 それでも整形手術には、高い抵抗感を抱かれていたものですが、お隣の韓国女性の現状や考え方などに影響を受け、一度の人生であり、見た目を変えることによって、人生が変わったり、自身の心がポジティブになるのであれば、という考えの方が急増しているのです。 価格も驚くほどに法外な価格ではないため、豊胸手術に踏み切る女性が増加しているのです。 一つは、脂肪注入をする方法で、これは自分の脂肪を採取し、それをバストの部分に注入して豊胸をするという方法です。 次いでシリコンバックを使った従来から行われている豊胸です。 形を整えたり、とにかくサイズアップをしたいという目的の豊胸の場合には、やはりこの方法がベターですし、安定しているとされています。 最後にヒアルロン酸注入という方法で、これは後々のメンテナンスの際に対処の方法があり、それも手軽であるということがメリットと言われています。 例えば、とにかくナチュラルさを求めるのであれば、脂肪注入をするといった豊胸がベターなのですが、ナチュラルではあっても、サイズを例えばAからEまでにしたいといった脂肪の量が必要になるのに、自分の身体にそれに利用出来るほどの脂肪がない場合には、この方法で目的を果たすことは不可能ということになります。 つまり、全ての目的を果たすためには、ある程度に条件を揃えることが大事になってくるわけですね。 行いたくても行えないという場合や、手軽に出来るけれど、定期的なメンテナンスが必要といったものも存在しますから、自分の目的にマッチしたものを選択しましょう。 バストは脂肪だけで出来ているなんて思っていませんか? 脂肪はもちろん存在し、沢山に存在しますが、乳腺があったり、筋肉だって存在します。 そして胸郭という4つのもので構成されているということです。 この4つのものがどういった機能を果たし、どのくらいの割合を占めているのかを把握していないと、バストを大きくする方法が理解出来ないと言えるでしょう。 当然に専門知識や専門技術を有しているドクターの手を借りなければ、安全面での問題はもちろんですが、やはり自分の理想のバストに実現させることは難しいと言えるでしょう。 ですから、豊胸を決意したのであれば、基本的には美容外科を選択する必要があります。 しかしながら、基本的にはどの美容外科がどういったスキルを持ち、どのような豊胸手術を行っているのかを把握している方は、少ないものでしょう。 そもそも施術方法を紹介されても、一体なんのことだか分からないものでしょう。 まずは最低限でもバストの構成内容くらいは覚えておきましょう。 小さいバストを大きくしたいというスタンダードなものもあれば、垂れてきたバストを整えたいという豊胸もあります。 更に、サイズアップと形の良いバスト、その上で豊胸手術を行いましたといったようなことが一目でバレてしまったり、触った瞬間に分からないようにしたいといった目的もあります。 その上で、気になるのはコスト面でしょう。 自分がどこまでの予算で、どのくらいまでならば許容範囲であるのか。 こういった様々な条件を加味して、美容外科の選択を行いましょう。 またもしもの時のための保証サービスのようなものを提案しているような美容外科も信頼出来るものでしょう。 ただ一度の豊胸手術を行って、後は知らないといったような美容外科よりも、手術後にしっかりとアフターフォローの制度を採用しているような美容外科もオススメです。 少なからず自分の身体を人工的に変化させるわけですから、不安が多いものです。 この不安をなるべく取り除いてくれるような美容外科を選択しましょう。

次の