ヘレディタリー 考察。 『ヘレディタリー 継承』感想(ネタバレ)

映画ヘレディタリー 継承のあらすじとネタバレ解説【徹底考察】│縦の糸はホラー 横の糸はゾンビ

ヘレディタリー 考察

CONTENTS• 映画『へレディタリー 継承』の作品上情報 C 2018 Hereditary Film Productions, LLC 【公開】 2018年 アメリカ映画 【原題】 Hereditary 【脚本・監督】 アリ・アスター 【キャスト】 トニ・コレット、アレックス・ウルフ、ミリー・シャピロ、アン・ダウド、ガブリエル・バーン 【作品概要】 家長である祖母の死をきっかけに、さまざまな恐怖に見舞われる一家を描いたホラー。 『シックス・センス』『リトル・ミス・サンシャイン』のトニ・コレットがアニー役を務め、夫役をガブリエル・バーン、息子役をアレックス・ウルフ、娘役をミリー・シャピロが演じます。 監督・脚本は長編監督デビューを果たしたアリ・アスター。 映画『へレディタリー 継承』のあらすじとネタバレ C 2018 Hereditary Film Productions, LLC ミニチュアジオラマ作家のアニー・ラハムは母エレンが亡くなったばかり。 母親との微妙な関係にあったアニーは、母の死にも微妙な気持ちのままです。 葬儀の直後から家族の周りでは異様な出来事が起き始めます。 特に末娘のチャーリーは、何かに動かされるように奇妙な行動をとり始めます。 さらにエレンの墓が何者かに荒らされたという連絡がスティーブンのもとに入ります。 チャーリーの行動に心を乱されたアニーは、無理やり長男のピーターに妹を押し付けます。 ピーターは学校の仲間たちと悪ふざけのパーティーに行くので、正直妹の存在はお荷物でした。 そして目を離した瞬間、ナッツアレルギーのチャーリーが発作を起こしてしまいます。 慌てて車を走らせるピーター。 チャーリーが窓から顔を出した瞬間路上の電柱に激突、チャーリーは命を落とします。 チャーリーの悲劇にアニーの精神状態は悪化していきます。 一方でピーターもまた罪の意識から混乱するようになってきます。 家長のスティーブンは何とか家に安定を持たせようとしますが、うまくいきません。 家族には映画に行くといって大事な人物を亡くした孤独を抱える人々の集まりに出ていた、アニーはそこで息子と孫を失ったジョーンという女性と知り合います。 家の中で不思議なことが起き始め、動揺が広がります。 アニーは救いを求めるようにジョーンの家に向かいます。 ジョーンは親身になって話を聞いて寄り添ってくれます。 数日後、再びジョーンに出会ったアニーは、信じられないだろうと断りを入れられたうえで、降霊術で孫とコンタクトを取れるようになったと言い出します。 さらに、そのことをアニーの眼の前で実践して見せます。 半信半疑のアニーですが、チャーリーともう一度会いたいという思いに押されて降霊術を行います。 これを機にアニーの心理状態は更に混乱していき、ピーターもまた幻覚にさいなまれます。 アニーはエレンの遺品のアルバムの中にジョーンの姿を発見します。 まったくの他人だと装っていたジョーンは、エレンの知り合いだったのです。 そして、エレンやジョーンは、悪魔崇拝者でペイモンと呼ばれる悪魔の王の復活を目指していたことが分かります。 家の屋根裏部屋からエレンの遺体が見つかり、悪魔崇拝者たちの陰謀を知ったアニーは、そのことをスティーブンに訴えますが、逆にすべてアニーの行いなのではと疑われてしまいます。 集会に出向くときに映画を見に行くという嘘が仇になってしまいました。 そのころ、ピーターは学校で何かにとりつかれたように机に頭を打ち付けます。 チャーリーの残したノートを暖炉に投げ込んだ瞬間にスティーブンの体は燃え上がり命を落とします。 完全に我を失ったアニーは、屋根裏部屋で自ら糸鋸で首を切り落とします。 家を飛び出したピーターは、チャーリーの陰に導かれるように庭のログハウスへ向かいます。 そこに多くの悪魔崇拝者が集まっていました。 ペイモンの復活には依り代となる若い男の体が必要でした。 一家を混乱させ崩壊させ、ピーター独りだけの状態にするというエレンの陰謀は成就し、悪の王ペイモンは復活します。 新約聖書やコーラン、仏教では救世主としての存在が出てくこともあって、常に一段下がった存在になっていますが、旧約聖書の段階では神と五分に渡り合う存在でもあります。 いろいろな神・善に対抗する存在が合流離散した中で現在の思想上サタンが確立されいます。 このサタンを信仰する悪魔協会という宗教団体は、欧米に支部を持つれっきとした団体で、少なくとも法令上は犯罪集団のような扱いを受けてはいません。 「死霊館」シリーズなどにも登場していますね。 伏線の嵐 127分の映画の中でこれはどこに向かう映画なのか、とにかく分からなくなります。 それこそまさに 夢の出来事のように、物語のテンションの上下・強弱に翻弄されていきます。 その中で、 これが本筋なのか?と思われるものがいくつも出てきますが、それを見事に裏切ってくれます。 ホラー映画として怖さ以上に、 ストーリテリングの複雑さに感心してしまう。 そんな映画です。 まとめ 2018年のサンダンス映画祭に出品した際に、批評家たちから、「ホラーの常識を覆した最高傑作」「現代ホラーの頂点」と高い評価を受け全米を震撼させたホラー映画『ヘレディタリー 継承』。 亡くなった祖母のエレンから忌まわしいものを受け継いだ家族を、残酷な運命と死よりも恐ろしい出来事が襲ってきます。 彼女たちが祖母から受け継いだものに注目です。 脚本を書き自ら演出を務めたのは、本作が長編映画監督デビュー作となるアリ・アスター。 彼が描いたスクリーンをよぎる光、真夜中に見る夢、屋敷の壁に描かれた文字など、新たな発想と演出を見せながら、すべてのシークエンスがラスト結末への恐怖につながる巧みな脚本の完成度は、お見事の一言です。 ホラー映画の新たな到達点に注目です。

次の

【無料あり】「へレディタリー/継承」のあらすじ・感想・考察。10年に1度の傑作カルト・ムービーにひれ伏せ!【後半ネタバレ】

ヘレディタリー 考察

『ミッドサマー』ネタバレ考察/マヤはクリスチャンに恋してた? 1つ目の疑問はマヤはクリスチャンに恋愛感情を持っていたのかという点です。 ダニー達がホルガにやって来たときからクリスチャンのことを目で追っていました。 妖艶な雰囲気を持つマヤですが、そこはやはり少女。 恋愛感情があったのでしょうか…。 個人的な考察を述べるとマヤには恋愛感情はなかったと考えます。 考察:歴史は長いはずなのにやけに人口が少ないホルガ 映画で言及されていたか忘れましたがホルガの村はかなりの長い歴史を持っています。 90年に1度の祝祭で選ばれるメイ・クイーンの写真(絵画)の数を見ても分かりますよね。 最低でも数百年以上の歴史はあるでしょう。 しかし、人口は非常に少ないです。 これは祖先がホルガの文化を守るために人口を抑えていたからではないでしょうか。 考察:自分たちの宗教を守るために人口を抑制した 例えば、ホルガの宗教観。 土着信仰でキリスト教などとは全く異なりますよね。 数百年前の北欧ではすでにキリスト教が広がっていたため、ホルガの宗教は異質な存在です。 昔はキリスト教の勢力による異教徒への迫害は日常茶飯事。 ホルガはこれを恐れ自分達の文化が外界に漏れないように人口抑制したのではないでしょうか。 考察:人口抑制のために恋愛の概念を捨てた その手段として、ホルガの祖先は恋愛という概念を捨てる生き方を始めた…とか。 住民達が自由恋愛で子どもを作ってしまうと人口が増え外界に漏れるリスクが高まるからです。 『ミッドサマー』本編を見ると「性」に対して厳しい管理が行われていましたしね。 あれを見る限り住民同士の自由恋愛が認められていないことは明らかでしょう。 考察:マヤはクリスチャンのことを生殖相手としか見てない こうした妄想を踏まえると、ホルガで育ったマヤには恋愛感情がないと思うんです。 そのため、マヤはクリスチャンに対して生殖相手としか見ていなかったと考えますね。 大人達からは「新しい血を与える者を直感で選べ」と言われていたのでないでしょうか。 そこでたまたまダニー一行の中でクリスチャンに目が留まっただけな気がしますね。 その証拠に映画の最後、クリスチャンが祝祭の総仕上げで燃やされても全くの無反応。 クリスチャンを選んだ理由にいわゆる「恋」といった感情はなかったと思いますね。 『ミッドサマー』ネタバレ考察/マヤはその後どうなったのか? 次に気になるのがマヤのその後。 映画を見る限りダニーはホルガに住みますよね? そうなるとクリスチャンと行為を及んだマヤはどうなるんでしょうか…。 個人的な考察を述べるとマヤはダニーに殺されてしまうんじゃないかなと思います。 考察:一見するとマヤとダニーは共同生活できそう ホルガの言葉が話せたり、映画の最後でどこか清々しさがある笑顔を見せたり。 ダニーは祝祭を通して、否応なくホルガに順応していきました。 ホルガの一員になったダニーはマヤと共生できそうに思えます。 とは言え、これはあくまでも一時的な順応だと思うんですよね。 考察:ダニーの順応は生存戦略としての一時的なもの 大前提、ダニーはホルガに順応しなければ殺されるリスクがあったワケですからね。 被害者が生き延びる戦略のために加害者に共感するストックホルム症候群と同じです。 加えて、人が目の前で死んだり、彼氏を寝取られたりとダニーは心的ダメージを受けます。 過剰な心的負担で、心のバランスを保つためにホルガに順応したのでないでしょうか。 そう考えるとダニーの順応は一時的。 何かをきっかけに正気に戻る気がします。 考察:マヤの出産を通して正気に戻り殺意が復活する 例えば、マヤが産んだ赤ちゃんがクリスチャンに似ており、そこで正気に戻るとか。 そして、正気とともにマヤへの恨みも戻って殺意が芽生えるとか…。 仮に『ミッドサマー』の続編があったとしたら描かれそうな展開ではありませんか。 完全に妄想でありますが、マヤはあの後ダニーに殺されると思いますね。 『ミッドサマー』より怖い!『へレディタリー 継承』もお勧め ちなみに『ミッドサマー』の監督アリ・アスターは前作でもホラーを作っています。 それがという作品。 あらすじは以下の通り。 グラハム家の祖母・エレンが亡くなった。 娘のアニーは夫・スティーブン、高校生の息子・ピーター、人付き合いが苦手な娘・チャーリーと共に悲しみを乗り越えようとする。 思いっきり超常現象が起きる絶叫系ホラー映画なんですよね。 『ミッドサマー』はカルト集団の恐怖を描いていたので、別の恐怖を描いてるのがわかります。 映画の終盤まで恐怖の罠が張り巡らされているため『ミッドサマー』より絶叫はできます笑 ちなみに、TSUTAYAやGEOといったレンタル屋で400円くらいでレンタル可能です。 「絶叫してみたい」「アリ・アスター監督作品を見たい」という方は観てみてください。 ただお店で借りるのって面倒くさいですよね?家から微妙に遠いと尚更です。 もし同じように思っている方がいたら動画配信サービスで観るのも一つの手かもしれません。 初回登録なら31日間無料で利用でき、課金配信で使えるポイントが600円分もらえます。 『へレディタリー』は550円の課金配信ですが、このポイントを使えばタダで視聴可能です。 スマホからでも簡単に登録できるため1〜2分で視聴できます。 に興味は持ったけど、借りに行くのはダルいという方はお勧め。 U-NEXTでタダで「絶叫系ホラー」を楽しんでみてください。

次の

【ネタバレ&完全解説】ホラー映画『ヘレディタリー/ 継承(原題:Hereditary)』呪われた家系。祖母の葬式後、家族を襲う不気味な出来事

ヘレディタリー 考察

以下の記事もどうぞ あらすじ グラハム家の女族長が死去した時、彼女の娘の家族は祖先の不可解で恐ろしい秘密を紐解いていくのでした。 完全ネタバレ スティーブは息子のピーターと娘のチャーリーを祖母エレンの葬式のために起こします。 チャーリーは家の屋根裏部屋で寝ていました。 妻アニーは芸術家で、彼女が弔辞を述べるいるときにチャーリーは奇妙な絵のスケッチをしながらコッコッという音を立てます。。 彼女がスピーチの途中 アニーはその夜チャーリーが寝る前に祖母エレンについて話します。 チャーリーはエレンがいつも彼に子供でいてほしかったと言います。 困惑するアニーに、チャーリーはエレンが死んだあと、誰が彼女の世話をするのか不思議に思います。 アニーはその後あるスクラップブックを見ながらエレンのことを思い浮かべます。 学校ではチャーリーのクラスルームに一羽の鳥が飛んできて死亡します。 チャーリーは外に出て鳥の首を切り、道を挟んだ先である女性がチャーリーに手を振っています。 アニーは幻影について調べ始めます。 スティーブはエレンの墓は神聖さ汚されているという連絡を墓地より受けますが、アニーには伝えないことに決めます。 アニーはスティーブに映画を見に行くと嘘をついて悲嘆カウンセリングのサポートグループに参加します。 そこでアニーはエレンの分裂性を含めた異常な精神状態によって最終的に自殺してしまったことを明かします。 チャーリーは寝室で奇妙な光を観ます。 ギャラリーオーナーのシルビアがアニーに連絡しエレンについての品物、そして彼女の新しい仕事の進捗状況について聞きます。 ピーターは母親にブリジットという気になるクラスメートの子が参加するパーティーに参加していいか聞きます。 アニーはピーターはチャーリーを一緒に連れていくかどうか尋ねます。 チャーリーは祖母エレンが火に包まれている幻影を観ます。 チャーリーは葬式でもしたようなコッコッという音を出すとそれは消え去りました。 チャーリーはアニーに、エレンがほしいと言います。 アニーはピーターにチャーリーを無理やりパーティーに連れて行くようにします。 パーティーではピーターはブリジットと共にマリファナを吸っています。 ピーターが監視していない中、アレルギーのあるチャーリーはピーナッツ入りのチョコレートケーキを食べてしまい、アナフィラキシー反応を起こします。 ピーターはチャーリーを車に乗せ病院に連れて行こうとします。 チャーリーは息をするために車の窓から顔を出していますが、ポールにぶつかり断頭してしまいます ああもうこの先見たくない・・・。 ピーターは家に帰りアニーは車の中に頭のないチャーリーを見つけ発狂します。 家族はチャーリーの葬式を行います。 スティーブはチャーリーのぐちゃぐちゃに描かれたスケッチブックを見ています。 ピーターは学校から自転車で帰る際にパニックを起こします。 アニーは車の中で一人で悲しみに暮れています。 アニーはサポートグループに参加するため運転していますが、駐車場にいるときに帰ろうとします。 しかしアニーが去ろうとしたときに、メンバーの一人ジョアンはアニーを見つけます。 チャーリーの死を聞いてから、ジョアンはは自信の子供たちを亡くしたことを打ち明けます。 アニーは屋根裏部屋で寝ています。 ピーターはチャーリーのあのコッコッという音と彼女の幻影を見ます。 アニーはジョアンのアパートを訪れます。 アニーは夢遊病について打ち明け、その後すべてがおかしくなったことを明かします。 家ではスティーブはアニーがチャーリーが死んだシーンのジオラマを作っているのを見つけます。 三人は夕食を取り、アニーはピーターにチャーリーの死について責めます。 しかしピーターはアニーがチャーリーをパーティに連れて行くように命じたのだと反論します。 アニーは画材店でジョアンにばったり会います。 ジョアンは降霊術の会に参加したことを伝え、アニーにも参加するよう誘います。 そこにいるルイスはガラスと黒板を使って会話します。 ジョアンはアニーに個人的な持ち物を使って不可解な呪文から解放されるために、儀式の最中は彼女の家族全員が家にいる必要があることを伝えます。 アニーは家に帰る途中あのコッコッという音を聞きます。 アニーはその夜アリがピーターの死体に向かっていくのを見ます。 アニーは起き上がりピーターの部屋に行き彼と会話します。 ピーターはアニーになぜ彼女が彼のことを恐れているのか聞きます。 アニーはピーターがほしくなかった事実を伝えます。 その後彼女はまた幻影を見ます。 アニーはスティーブとピーターが寝ている間にチャーリーのスケッチブックを使ってジョアンに教えてもらったまじないを唱えます。 彼女はチャーリーを召喚したように見え、二人を起こします。 スティーブは彼女を水で目覚まします。 ピーターは混乱し泣きだします。 その後学校でピーターはチャーリーが以前見たような奇妙な光を見ます。 スティーブはアニーに怨霊がピーターを脅かしていることを伝えます。 アニーは彼女のスタジオを破壊します。 チャーリーの魂は超科学的に彼女のスケッチブックに描かれています。 ピーターはベッドの中でチャーリーの幻影を観ます。 ピーターは母親に夢遊病を注意します。 アニーはピーターに何が起こったのか話さない湯尾お願いします。 アニーはなにか超科学的なことが起こっていて彼女しかこれを止めることができないと言います。 実は彼女が召喚したのは悪意的なものでした。 アニーはチャーリーのスケッチブックを暖炉に投げます。 しかしスケッチブックに火が付くのと同時に彼女の腕も燃え始め、スケッチブックをもとに戻さずを得ません。 アニーはジョアンに助けを求めます。 ジョアンのアパートで彼女は家族の写真から見覚えがある儀式的な三角形のシンボルを見つけます。 そのシンボルは悪魔パイモンに関するものでした。 またアニーはエレンがジョアンが一緒にいる写真を発見。 実はジョアンとエレンは呪文を唱えてパイモンを男性の身体に入れていたのでした。 その後アニーはエレンの首なし体を屋根裏部屋で見ます。 ピーターはジョアンが「あなたを追い出す」という言葉を学校で聞きます。 また授業中チャーリーのあの音を聞きます。 その後彼は机に頭を打ち付けます。 スティーブはピーターを家に連れて帰ります。 アニーはスティーブにエレンの亡霊が屋根裏部屋にいることを伝えます。 しかし今は首がない状態です。 アニーはスティーブにジョアンとエレンがパイモンのしるしのある服を着ていた写真を見せます。 アニーは彼女がチャーリーに接近しようとしたときに家族が呪われたのだと言います。 アニーはまたチャーリーのスケッチブックとのつながりを伝え、スティーブはピーターを救うためにそのスケッチブックを処分しようとします。 スティーブはアニーにエレンの墓を掘り起こしたことを責めます。 スティーブがスケッチブックを燃やすことを拒否しますがアニーはそれを火の中に入れます。 ピーターは起き上がり父親の幻影を見ます。 アニーは屋根裏部屋にピーターを追いかけます。 その後ぴーたーは天井に張り付いています。 屋根裏部屋ではピーターは蝶々、キャンドル、彼の写真を見ます。 エレンの身体はなくなり、アニーはピーターは窓から飛び降ります。 ピーターは頭から落ち、死んだように見えます。 しかしその後奇妙な光が体に入り込み、蘇生します。 ピーターは裏庭のツリーハウスに向かう首なし体の母親を追います。 ツリーハウスの中では裸の悪魔崇拝者たちがピーターにお辞儀します。 チャーリーの頭は悪魔パイモンの像の上に載っています。 アニーとエレンの首なし体は像の目の前にあります。 ジョアンはピーターをチャーリーと呼び、ピーターを悪魔パイモンとして歓迎します。 もう見たくない 一回で十分でしょう・・・ホラー映画嫌いな人にとっては罰ゲームみたいな映画でした汗 出演者でいえばToni Colleteの演技が素晴らしかった。 またAlex Wolffの力強い演技にもシビレました 😃 恐いってよりも不吉っていう印象のほうが強かったです。 個人的にですが。 ちょっと長かったかな・・・というのが正直な感想。 恐がりですのであと20分ぐらい短ければベターでした笑 この映画はホラー映画自体を再定義するような代物ではありません。 映画自体は成功と言っても間違いないでしょう。 監督Ari Asterはこれがデビュー作でしょうか? お見事でした!.

次の