豚こま 玉ねぎ。 電子レンジで豚こま肉の人気おかずレシピ5品!簡単に時短できる!

豚こま肉と玉ねぎを炒めるだけ!子どもに人気の夜ごはん10分レシピ2選

豚こま 玉ねぎ

豚こま肉には塩・こしょう・片栗粉をまぶす。 玉ねぎは薄切りにする。 フライパンに油を引き、中火で玉ねぎを炒める。 透き通ってきたら豚こま肉を入れて、広げながらしっかりと炒める。 デミグラスをプラスして豚こまトマトデミソースにアレンジ デミグラスソース1缶と水200mlを加えます。 豚こまトマトデミソースとしてもお楽しみいただけます。 豚こま肉には塩・こしょう・片栗粉をまぶす。 玉ねぎは1cm幅に切る。 フライパンにごま油を熱し、豚肉を広げながらしっかりと炒める。 焼き色がついたら玉ねぎを加え、しんなりするまで炒める。 合わせ調味料を加え、よく絡めて、塩・こしょうで味を整える。 トマト缶をプラスして豚こま肉のトマトカレーにアレンジ トマト缶1缶、コンソメ小さじ1、砂糖小さじ1を加えて煮ます。 トマトカレーとしても楽しめます。 お財布に優しい豚こま肉!フライパン1つで時短クッキング お財布に優しい「豚こま肉」は、切る手間もなくそのまま使え、薄いので火の通りも早く、お子様でも食べやすく、良いことづくしの時短料理に最適な食材です。 急いでいる時に調理方法が複雑だと、それだけで手間取ってしまって、時間が取られてしまいがち…。 調理方法がシンプルなら、それだけで時短につながりますね。 今回の調理方法はいたってシンプル。 どちらの料理も豚こまに下味をつけて、玉ねぎを切って、合わせ調味料を作って、フライパン1つで炒めるだけだから後片付けも楽々なんです。 お弁当にもおすすめの満腹レシピ 2つの材料があれば、帰宅後10分で作れて、手間なし簡単なのに満腹になるなんて最高ですよね。 だから夜ご飯だけではなく、お弁当やおもてなしにもおススメです。 我が子の友達が遊びに来た時にも良く作ります。 「待っていてね~」と言っている間に完成するので、とても便利ですよ。 また、ご飯だけではなくスパゲッティのソースとしたり、マッシュポテトを添えたりとアレンジも自由自在なので、是非作ってみてくださいね。

次の

豚こまと玉ねぎの人気おすすめレシピ集!作り置きやお弁当のおかずにも!

豚こま 玉ねぎ

下味冷凍で美味しさ長持ち!下味つきで、調味の手間が省けます! 下味冷凍をしておくことで、お肉もしっとり柔らかく、味もついているので調味の手間も省けます。 作り置きのための時間を設けるのも手間になってしまうので、今回のちにご紹介する豚こまボールのついでに作って残りを下味冷凍にしましょう。 玉ねぎは横半分に切り、繊維に沿って7〜8mm幅に切る。 豚こま切れ肉を保存袋に入れ、Aを入れて袋の上からよく揉み込み、1. の玉ねぎを加えて混ぜ合わせる。 豚こまボールで使う2人分をとって残りは保存袋に1食分ずつ入れ、平らにならして保存しましょう。 豚こまと玉ねぎの下味肉を使った「豚こまボール」の材料(2人分) 材料 分量 豚こまと玉ねぎの下味冷凍 2人分 片栗粉 大さじ2 サラダ油 小さじ1 豚こまと玉ねぎの下味肉を使った「豚こまボール」の作り方 1. 味付け肉2人分をボウルに入れ、片栗粉を加えてよく混ぜ合わせる。 6等分してラップなどでぎゅっと絞って丸め、フライパンにサラダ油を中火で熱し、丸めた肉だねを並べ入れる。 3. 表面にこんがりと焼き色がついたら、水(分量外)大さじ2を加えて蓋をし、弱めの中火で約5分焼いて火を通す。 もう1品アレンジ!「豚こまのレンジスタミナ丼」と「卵白とわかめのスープ」 豚こまと玉ねぎの下味冷凍作りおきを使ったアレンジレシピです。 残った卵白でスープも作ります。 「豚こまのレンジスタミナ丼」と「卵白とわかめのスープ」の材料(2人分) 材料 分量 豚こまと玉ねぎの下味冷凍 2人分 ごま油 適量 温かいご飯 茶碗2杯分(約300g) 卵 2個 A. 鶏ガラスープの素 小さじ1 A. しょうゆ 小さじ1 乾燥わかめ 2つまみ(約2g) 「豚こまのレンジスタミナ丼」と「卵白とわかめのスープ」の作り方 1. 【豚こまスタミナ丼】豚こまと玉ねぎの下味冷凍を耐熱容器に入れてラップをふんわりとかけ、レンジ600Wで6分半〜7分加熱する。 *冷蔵保存していた場合は4分半〜5分加熱する。 肉に火が通ったら、菜箸でほぐしてごま油を加え、温かいご飯の上にのせて卵黄をのせる。 レタス、刻みのりはお好みで乗せても美味しくいただけます。 3. 【卵白とわかめのスープ】残った卵白はスープに!鍋に水、Aを入れ、煮立ったら卵白を菜箸などを伝わせて加える。 卵白が固まったら乾燥わかめを加えてさっと煮る。 ラー油やこしょうはお好みで入れて下さい。 残りの下味つけ肉は炒めても美味しくいただけますし、シンプルな味付けなので応用の幅がききます。 ぜひお試しください! こちらもおすすめ!レンジを使った簡単レシピ.

次の

【連載】節約食材を上手にボリュームアップ!豚こま切れ肉と新玉ねぎのスタミナ炒め

豚こま 玉ねぎ

下味冷凍で美味しさ長持ち!下味つきで、調味の手間が省けます! 下味冷凍をしておくことで、お肉もしっとり柔らかく、味もついているので調味の手間も省けます。 作り置きのための時間を設けるのも手間になってしまうので、今回のちにご紹介する豚こまボールのついでに作って残りを下味冷凍にしましょう。 玉ねぎは横半分に切り、繊維に沿って7〜8mm幅に切る。 豚こま切れ肉を保存袋に入れ、Aを入れて袋の上からよく揉み込み、1. の玉ねぎを加えて混ぜ合わせる。 豚こまボールで使う2人分をとって残りは保存袋に1食分ずつ入れ、平らにならして保存しましょう。 豚こまと玉ねぎの下味肉を使った「豚こまボール」の材料(2人分) 材料 分量 豚こまと玉ねぎの下味冷凍 2人分 片栗粉 大さじ2 サラダ油 小さじ1 豚こまと玉ねぎの下味肉を使った「豚こまボール」の作り方 1. 味付け肉2人分をボウルに入れ、片栗粉を加えてよく混ぜ合わせる。 6等分してラップなどでぎゅっと絞って丸め、フライパンにサラダ油を中火で熱し、丸めた肉だねを並べ入れる。 3. 表面にこんがりと焼き色がついたら、水(分量外)大さじ2を加えて蓋をし、弱めの中火で約5分焼いて火を通す。 もう1品アレンジ!「豚こまのレンジスタミナ丼」と「卵白とわかめのスープ」 豚こまと玉ねぎの下味冷凍作りおきを使ったアレンジレシピです。 残った卵白でスープも作ります。 「豚こまのレンジスタミナ丼」と「卵白とわかめのスープ」の材料(2人分) 材料 分量 豚こまと玉ねぎの下味冷凍 2人分 ごま油 適量 温かいご飯 茶碗2杯分(約300g) 卵 2個 A. 鶏ガラスープの素 小さじ1 A. しょうゆ 小さじ1 乾燥わかめ 2つまみ(約2g) 「豚こまのレンジスタミナ丼」と「卵白とわかめのスープ」の作り方 1. 【豚こまスタミナ丼】豚こまと玉ねぎの下味冷凍を耐熱容器に入れてラップをふんわりとかけ、レンジ600Wで6分半〜7分加熱する。 *冷蔵保存していた場合は4分半〜5分加熱する。 肉に火が通ったら、菜箸でほぐしてごま油を加え、温かいご飯の上にのせて卵黄をのせる。 レタス、刻みのりはお好みで乗せても美味しくいただけます。 3. 【卵白とわかめのスープ】残った卵白はスープに!鍋に水、Aを入れ、煮立ったら卵白を菜箸などを伝わせて加える。 卵白が固まったら乾燥わかめを加えてさっと煮る。 ラー油やこしょうはお好みで入れて下さい。 残りの下味つけ肉は炒めても美味しくいただけますし、シンプルな味付けなので応用の幅がききます。 ぜひお試しください! こちらもおすすめ!レンジを使った簡単レシピ.

次の