封筒 お札 の 向き。 ご祝儀袋・中袋へのお金の入れ方&包み方!お札の向き・のり付けは?

ご祝儀袋・中袋へのお金の入れ方&包み方!お札の向き・のり付けは?

封筒 お札 の 向き

この項目では、新札を使うことやお札の向きなど お布施のお札の入れ方についてご説明します。 新札を使用する お布施のお札の入れ方として、 できるだけ新札を用意しておきましょう。 お布施は、 お坊さんへの謝礼として渡すためにあらかじめ準備しておくもののため、 新札の方が適しています。 もし旧札しかなかった場合は、なるべく綺麗なお札を選ぶようにしましょう。 反対に、お葬式で持って行く香典の場合は、旧札か折り目を入れた新札を持って行きます。 これは新札を準備して不幸を待っていたと思われないように、ということからきた慣習です。 お金を入れる向きに注意 続いて、正しいお札の入れ方についてご説明します。 お札の向きが 肖像画が封筒の表書き側・金額が印刷されている側から封筒に入れます。 つまり、1万円なら福沢諭吉の 肖像画が表面、なおかつ封筒のふた側となるようにしましょう。 これは慶事の入れ方であり、香典とは反対の入れ方となります。 違いとしては、お布施を渡される側にご不幸があったかどうかです。 お布施に関しては、 お坊さん側にご不幸があったという理由で渡すわけではないため、これが正しい入れ方となります。 お布施を奉書紙で包む場合でも、お札の向きは同じです。 包み方に関しては後述します。 お布施の包み方 この項目では、 お布施の包み方についてご紹介します。 奉書紙に包む 奉書紙(ほうしょがみ)で包むやり方が一番正式なマナーです。 奉書紙は和紙でできており、軽いのに丈夫な点が特徴の紙です。 お布施の包み方の手順としては、まず お札を半紙で包みます。 この際、お札は肖像画が上になるようにして半紙に置いてください。 そして 裏面の奉書紙にお札を包んだ半紙を置いてさらに包みます。 奉書紙の表面はツルツルとなめらかですが、裏面はざらざらとしています。 つまり、ザラザラとした面にお札をおきます。 水引について お布施にかける水引に関してですが、前述したように 水引は必要ないと言われています。 しかし、 地域によっては水引を用いるところもあるため、確認が必要です。 白い封筒に包む 奉書紙で包む方法が一番丁寧ですが、法要などに間に合わない場合は 白い封筒を準備しましょう。 気を付けておくべき点としては、 郵便番号を書くための欄がないこと、封筒が二重になっていないことです。 ポチ袋などと混同しないようにも注意しましょう。 また、法要に用いる封筒になるので、「不幸が重なる」ことを連想させる 二重になっている封筒は避けるべきとされています。 のし袋はNG? のし袋は、基本的に慶事にもちいるものであり弔事には用いないことがほとんどです。 お布施に関しても、基本的にはのしを用いることは 基本的にありません。 お布施の書き方 この項目では、 お布施の書き方についてご紹介します。 表書きの書き方 お布施の表書きの書き方は、 上部の真ん中に「御布施」と書きます。 御布施以外の候補としては「御回向料」「御経料」「御礼」などがあります。 また、表 書きをする際の墨は、普通の墨で問題ありません。 香典の表書きをする場合、薄墨を使用するのは、急なご不幸に慌てて文字がかすれてしまったことを示す意味合いがあります。 しかし、お布施はそれにあたらないため、ただの黒い墨を使いましょう。 名前の書き方 お布施の名前の書き方は、 下部の真ん中に施主の名前を書きます。 省略はせず、必ずフルネームでお書きください。 お坊さんが誰から受け取ったお布施なのかを見分ける時に役立つため、名前は書いておいた方が丁寧とされています。 内袋・中袋なしの場合 内袋・中袋がない場合の書き方は、 裏面に住所や電話番号、包んだ金額を書きます。 本来なら書かなくてもいいことですし、書くなら内袋や中袋に書くことです。 しかし、お坊さんが記録や計算をする際に役立つと言われているため、 書いた方が丁寧な対応と言えるでしょう。 ただ、内袋や中袋ではなく裏面に書くため、お坊さんのお布施の扱いによっては個人情報が見えやすいという危険があります。 そのため、抵抗があるなら無理して書かなくてもかまいません。 お布施の渡し方 この項目では、 御布施の渡し方についてご紹介します。 袱紗(ふくさ)に包む お布施はお坊さんに直接渡すのではなく、何かに乗せる形で渡すのが一般的で、そのうちの1つが袱紗に包む方法です。 あらかじめお布施を袱紗に包んでおき、渡す時に袱紗からお布施を取り出します。 そして、 お坊さん側から表書きを読める向きにした状態で袱紗の上に置きます。 袱紗は気軽に持ち運ぶことができるため、 自宅以外の場所でお葬式や法要を行う場合に使いやすいです。 袱紗の色はあまり派手にならない 大人しく落ち着いた色合いのものが良いとされています。 お盆にのせる お寺さんにお布施を渡す方法の1つが、お盆に乗せるというものです。 当日に慌てないように、 お盆はあらかじめ準備しておく必要があります。 乗せるのはお布施だけなので、 できることなら小さめのお盆を用意しておきましょう。 お盆は持ち歩きできるものではないため、自宅でお葬式や法要をする場合に向いている渡し方です。 渡すタイミングは 式が始まる前の挨拶時を狙います。 式がはじまってからの場合、お坊さんも施主も慌ただしくなってしまったり式に集中することで、お布施を渡すタイミングが難しくなる可能性があります。 お布施の金額・相場はいくら?• お布施はお坊さんへの謝礼• お布施には新札を用意する、お札の入れ方は肖像画を封筒の表書き側に向け、封筒のふた側へ来るようにする• 包み方はお札を半紙で包んでさらに奉書紙で包む、または無地の白い封筒に包む、のし袋はのしがついてるものを選ぶ• 表書きは黒墨で上部に御布施、下部に名前を書く、渡し方はふくさかお盆の上に乗せて差し出す• お布施の相場はお葬式が15万円から50万円、忌日法要と四十九日法要と一周忌法要と初盆は3万円から5万円、通常のお盆は5千円から1万円、三周忌以降の年忌法要は1万円から5万円 お坊さんに渡すお布施は、弔事に入らないことなどがわかりました。 これは混同して覚えている人も多かったのではないでしょうか。 また、お札の入れ方にも決まりはありますが、お坊さんによってはそこまで気にしていない場合もあります。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。 「終活ねっと」では、終活に関する様々な記事を掲載しています。 お布施袋の水引について詳しく知りたいという方は、以下の記事も合わせてご覧ください。

次の

お金を渡すときに入れる封筒の書き方とは?封筒の種類やお札の向きも注意が必要!|気になるお金のアレコレ:三菱UFJ信託銀行

封筒 お札 の 向き

ご祝儀は「新札」を用意するのがマナー ご祝儀袋には新札を包みます。 おめでたい席なので、新しいお札を使うほうがお互いに気分がいいというのもありますが「結婚式を心待ちにしていました」という気持ちを表すためにも、新札を用意しましょう。 新札(新券)への両替は銀行が安心 新札を用意する方法はさまざまですが、銀行で両替するのが一般的です。 銀行によって対応が異なりますが、窓口で両替する場合は、その銀行に口座を開設している本人なら無料だったり、数百円の手数料+消費税がかかることも。 枚数に応じて手数料の金額が高くなるケースもあります。 両替機で新札への両替が可能な銀行もありますが、こちらもお札の枚数や、利用回数によって手数料が無料・有料の場合があります。 まずは自身が口座開設している銀行のホームページなどで、新札への両替ができるか・できる場合は手数料や両替の手順・最寄の支店を調べましょう。 また、コンビニや商店では両替を断っているケースがほとんど。 そもそも自動レジの導入により、店舗スタッフがお札を自由に出し入れできないシステムになっている場合も多いので、店頭で両替を頼むなどは避けたほうがいいでしょう。 新札を用意できなかったとき 新札が用意できなかった場合、結婚式場によっては、フロントで両替に応じてくれるところもあります。 ただし、事前に電話などで確認しておくほうがよいでしょう。 また、直前になって慌てることがないよう、日頃から1万円の新札を3枚ほど保管しておくと、ご祝儀以外でも役立つことがあるかもしれません。 新札とピン札って違うの? 新札とは、発行されてから未使用の新券のこと。 ピン札とは、使用されているものの折り目のないお札のこと。 新札が用意できなかった場合、きれいなピン札を包んでも、さほど気にならないでしょう。 少し波打っている程度なら、布の上からアイロンがけをするというのも一案です。 ただし、焦がさないよう注意しましょう。 会費制の結婚式でないかぎり、ご祝儀は強制されない善意のお祝いであることが一般的。 だからこそ、招待した側は、もしお金が入っていなかったとしても言いづらいものです。 もし、列席者のなかに親しい友人がいたら、ご祝儀を入れ忘れていないか・中袋に書いた金額と間違っていないかなどお互いにチェックし合ってみては? のちのトラブルを防ぐという意味でも、ダブルチェックは有効かもしれません。

次の

香典の入れ方 中袋なし・あり、新札・旧札、香典袋の包み方など

封筒 お札 の 向き

Contents• お見舞金は、旧札を使う 病気や怪我のお見舞い金で包むお金は、 旧札を用意しましょう。 新札は、手元にあることが少なく、 「事前に用意しておいた」と捉えられてしまいます。 新札しか無い場合は、折り目をつけるなどして対策しましょう。 いくら旧札でも、シワシワボロボロなお札は失礼に当たるので気をつけましょう。 【慶事では新札、弔事では旧札】 結婚式や出産などの御祝い行事、いわゆる慶事では新品のお札を使います。 お葬式や法事などのおめでたくない行事、いわゆる弔辞では古いお札を使います。 【御祝儀袋なのに旧札を使う】 お見舞いの場合、袋は慶事用の御祝儀袋を使いますが、包むお金は旧札(不祝儀の場合と同様)を包みます。 ちょっとややこしいですね。 お札は表向き・上向きに入れる 病気や怪我のお見舞い金で包むお金は、 人物の顔が表・上向きで入れましょう。 お見舞いは、一見すると不幸なことと思うかもしれませんが、それは間違いです。 「回復を願う」「元気になって欲しい」と言う前向きなメッセージを込めて、相手がお金を出した時に人物が見えるように封入しましょう。 御祝い行事(慶事)は、嬉しいことなので、人の顔が見えるように• おめでたくない行事(弔辞)は、悲しことなので、うつむいて背を向けている という風に覚えましょう。 御祝儀袋の 宛名が相手から読める向き(自分からしたら逆さま)にして渡します。 訪問先であいさつが済んだタイミングが良いでしょう。 袱紗がない場合は、シンプルなハンカチやスカーフで代用が可能です。

次の