焼肉 マフィア。 WAGYUMAFIA OFFICIAL

ヤキニクマフィア「3ヶ月の引きこもりから、初の外食!友人が会員とのこ...」:新宿東口・歌舞伎町

焼肉 マフィア

ホリエモンこと堀江貴文氏がプロデュースする和牛ビジネスを手掛けるWAGYUMAFIA(ワギュウマフィア、東京・港)は、経営会議「焼肉社長 世界進出会議」を6月26日午後0時30分よりライブ配信する。 2019年にオープンした新業態の焼肉店「YAKINIKUMAFIA(ヤキニクマフィア)」の事業拡大を目的とした「焼肉社長プロジェクト」を今後展開していくための施策で、同社の浜田寿人代表は同プロジェクトの意義をこう語っている。 「焼肉社長プロジェクトで今後展開していく店舗を含め、WAGYUMAFIAグループ全体で年間5000頭の国産和牛の買い支えを目指していきます。 新型コロナウィルス感染拡大の影響で外食やインバウンドによる消費が全体的に減ったことから和牛の消費量も大きく落ち込んでおり、優良な生産者が現在の飼育状況を維持できなくなる危機にひんしています。 焼肉社長プロジェクトは今後の和牛市場をけん引していく可能性を秘めていると確信しています」 新店舗の経営者を募集 焼肉社長プロジェクトは新宿・歌舞伎町に1号店を出店した「YAKINIKUMAFIA」の店舗拡大に向け、20年1月に発足した。 新店舗のオーナーとなる経営者を募り、それぞれ異なるコンセプトの「YAKINIKUMAFIA」を共創していく試みだ。 「焼肉社長 世界進出会議」では同社の関係者や、既に店舗オーナーとして内定している「焼肉社長」同士の経営会議の模様を生配信する。 経営会議の参加メンバーは堀江氏や浜田氏のほか、「焼肉社長」として東京カモガシラランドの鴨頭嘉人社長やIdeaLinkの島袋直樹代表取締役に加え、アイエムエムフードサービスの河村征治代表取締役や日本創生投資の三戸政和社長など。 WAGYUMAFIAの取締役を務める堀江氏は「国内に流通している和牛はほとんどが黒毛和種という品種ですが、その中で良質な肉に巡り合うのは非常に困難です。 われわれは独自のネットワークで神戸ビーフや尾崎牛の優良な生産者の方々とルートを築いたことで、最高級の和牛を安定的に調達できる体制を整えました。 WAGYUMAFIAグループのアパレル商品や、オリジナルの調味料・日本酒・ビールなど、焼肉に合うサプライ商品も供給致します」とコメントしている。 (今野大一) ITmedia ビジネスオンライン.

次の

ホリエモンが「儲けた社長の始める焼肉屋」を苦々しく思う理由

焼肉 マフィア

オーダーカットのステーキチェーン『いきなり!ステーキ』が飲食業界にもたらした影響はあまりに大きい。 ステーキをファストフード化したことはもちろんのこと、おひとり様向けの食事の在り方を根本から変えたといって良いだろう。 そんななか、高級焼肉店『KINTAN』などを運営するダイニングイノベーションは、東京・新橋に手軽に焼肉を食べられる『焼肉ライク』を2018年8月にオープンした。 そして新橋店に続いて、11月29日には西新宿に新宿西口店をオープン。 実際に行ってみたところ、これは 焼肉のファストフード化が加速しそうな予感。 ・新宿西口店はあまり知られていない? 新橋店は開店当初、オープン記念価格で焼肉を提供していたこともあり、入店待ちの長い列ができていた。 ひょっとして新宿西口店も行列か? と思いきや、まだまだ知られていないらしく、スムーズに入店することができた。 席に着くと、焼肉に集中できる席のつくりをしている。 1人1台の無煙ロースターだ。 卓上にはタレが6種常備してあり、これを自分好みにアレンジするのだとか。 実はこのお店の席は、新橋店と異なる点が2つある。 1つは、席にウォーターサーバーが設置されていること。 そしてもう1つは、タッチパネルで注文ができることだ。 ちなみにメニューの「サービス」をみると、 網の交換が30円。 無料じゃないんだ……。 箸と紙おしぼりは引き出しに入っている。 ・焼き加減に注意 今回注文したのは、うす切りカルビセット300グラム(1190円)、スープとキムチ付き。 注文時にご飯の量を選ぶことができる。 今回はご飯少なめでお願いした。 それにサイドメニューでミニチョレギサラダ(280円)を付けた。 肉を焼くにあたって、1つ注意点がある。 ロースターは肉が出てくるより前に着火するのだが、焼く段階で火加減を「中」くらいにしておいた方が良さそうだ。 というのも、 火力強めなので、「強」にしていると肉を焼いた時にすぐに焦げ付いてしまう。 中くらいから焼き始めて、様子を見ながら火加減を調整すると良いだろう。 ・仕組みも雰囲気もいい! 実際に利用してみたところ、誰に気兼ねすることもなく、焼肉に没頭できるのが非常に良い! しかも、まるで一蘭の味集中カウンターのように、焼肉に全神経を注ぐことができる。 なおかつ! 無骨な男臭い店舗ではなく、ハンバーガーチェーンやカフェを思わせるようなカジュアルな店構え。 女性が1人で入ってもまったく違和感がない。 とはいえ、焼くのは自分。 食べるのも自分。 うかつに焼き過ぎると、肉が取り皿で渋滞を起こすので、ペース配分に気を付けよう。 シメは当然焼肉丼だ。 なお、肉は50グラム単位でカスタマイズできる。 単品注文も可能なので、慣れてきたら自分好みのセットを開発するのもアリかも。 今後、このお店のようなファスト焼肉のお店が増えそうだ。 2019年はファスト焼肉元年になるのかも? ・今回訪問した店舗の情報 店名 住所 東京都新宿区西新宿7-11-17 ブレステン西新宿1F 営業時間 11:00~23:00 Report: Photo:Rocketnews24.

次の

ザ ワギュウマフィア (THE WAGYUMAFIA)

焼肉 マフィア

ホリエモンこと堀江貴文氏がプロデュースする和牛ビジネスを手掛けるWAGYUMAFIA(ワギュウマフィア、東京・港)は、経営会議「焼肉社長 世界進出会議」を6月26日午後0時30分よりライブ配信する。 2019年にオープンした新業態の焼肉店「YAKINIKUMAFIA(ヤキニクマフィア)」の事業拡大を目的とした「焼肉社長プロジェクト」を今後展開していくための施策で、同社の浜田寿人代表は同プロジェクトの意義をこう語っている。 「焼肉社長プロジェクトで今後展開していく店舗を含め、WAGYUMAFIAグループ全体で年間5000頭の国産和牛の買い支えを目指していきます。 新型コロナウィルス感染拡大の影響で外食やインバウンドによる消費が全体的に減ったことから和牛の消費量も大きく落ち込んでおり、優良な生産者が現在の飼育状況を維持できなくなる危機にひんしています。 新店舗のオーナーとなる経営者を募り、それぞれ異なるコンセプトの「YAKINIKUMAFIA」を共創していく試みだ。 「焼肉社長 世界進出会議」では同社の関係者や、既に店舗オーナーとして内定している「焼肉社長」同士の経営会議の模様を生配信する。 経営会議の参加メンバーは堀江氏や浜田氏のほか、「焼肉社長」として東京カモガシラランドの鴨頭嘉人社長やIdeaLinkの島袋直樹代表取締役に加え、アイエムエムフードサービスの河村征治代表取締役や日本創生投資の三戸政和社長など。 WAGYUMAFIAの取締役を務める堀江氏は「国内に流通している和牛はほとんどが黒毛和種という品種ですが、その中で良質な肉に巡り合うのは非常に困難です。 われわれは独自のネットワークで神戸ビーフや尾崎牛の優良な生産者の方々とルートを築いたことで、最高級の和牛を安定的に調達できる体制を整えました。 WAGYUMAFIAグループのアパレル商品や、オリジナルの調味料・日本酒・ビールなど、焼肉に合うサプライ商品も供給致します」とコメントしている。 (今野大一).

次の