多摩川 水害 ハザードマップ。 防災マップはむら・洪水ハザードマップ・土砂災害ハザードマップ

洪水ハザードマップ(全区版)データ

多摩川 水害 ハザードマップ

近年、集中豪雨等による水害が頻発しており、短時間で河川が増水したり、堤防が決壊して甚大な被害が発生する事例も増えてきています。 洪水時の被害を最小限にするためには、平時より水害リスクを認識したうえで、氾濫時の危険箇所や避難場所についての正確な情報を知っていただくことが何より重要です。 国土交通省及び都道府県では、に指定した河川について、洪水時の円滑かつ迅速な避難を確保し、又は浸水を防止することにより、水害による被害の軽減を図るため、想定し得る最大規模の降雨により当該河川が氾濫した場合に浸水が想定される区域を洪水浸水想定区域として指定し、指定の区域及び浸水した場合に想定される水深、浸水継続時間を洪水浸水想定区域図として公表しています。 また、これと合わせ、当該河川の洪水防御に関する計画の基本となる降雨により当該河川が氾濫した場合に浸水が想定される区域及び浸水した場合に想定される水深についても公表することとしています。 さらに、平成27年9月関東・東北豪雨においては、堤防決壊に伴う氾濫流により家屋が倒壊・流出したことや多数の孤立者が発生したことを踏まえ、住民等に対し、家屋の倒壊・流失をもたらすような堤防決壊に伴う激しい氾濫流や河岸侵食が発生することが想定される区域(家屋倒壊等氾濫想定区域)を公表することとしています。 一方、市町村では、浸水想定区域をその区域に含む市町村の長は、洪水浸水想定区域図に洪水予報等の伝達方法、避難場所その他洪水時の円滑かつ迅速な避難の確保を図るために必要な事項等を記載したを作成し、印刷物の配布やインターネット等により、住民の方々に周知しています。 また、浸水想定区域内にあり、洪水時の円滑かつ迅速な避難の確保又は洪水時の浸水の防止を図る必要がある施設として市町村地域防災計画に名称及び所在地を記載された地下街等、要配慮者利用施設(社会福祉施設、学校、医療施設その他の主として防災上の配慮を要する者が利用する施設)、大規模工場等については、避難確保・浸水防止計画等の作成、訓練の実施、自衛水防組織の設置等を行うこととされており、市町村からは当該施設の所有者又は管理者及び自衛水防組織の構成員に洪水予報等が直接伝達されます。 ここでは、国土交通省及び都道府県が公表している洪水浸水想定区域図に関する情報と、市町村が作成した洪水ハザードマップ等に関する情報を掲載しております。 洪水氾濫等によりどのような浸水被害が想定されるのかについて事前に認識を深めていただき、出水時の水防活動や避難行動等に活用していただきたいと考えております。 詳しくは、市町村から配布またはホームページ等で公表されているや、お住まいの地域の国土交通省河川事務所等や都道府県のホームページ等で公表されている洪水浸水想定区域図にてご確認をお願いします。 PDF 126KB• PDF 107KB• PDF 107KB• (PDF:78KB)• PDF 4. 05MB• PDF 5. 19MB• PDF 6. 4MB• PDF 2. 6MB• PDF 5. 6MB• PDF 2. 3MB.

次の

洪水ハザードマップ

多摩川 水害 ハザードマップ

今回は、昨年の多摩川氾濫で浸水被害が大きかった川崎市高津区を調べてみます。 場所「神奈川県川崎市高津区溝口6丁目」を入力し、検索してみます。 地図が表示されるので、左上の「洪水」ボタンを押します。 洪水浸水想定区が表示されます。 左下にある「解説凡例」ボタンを押すと水深の解説がでます。 これで大まかな洪水浸水想定範囲がわかります。 より詳しく調べたい場合は、右上の「危」ボタンを押して、調べたい場所に移動させます。 地図を拡大して調べたい所をクリックします。 クリックすると「この場所の自然災害リスク」が表示されます。 調べた場所では、「洪水によって想定される浸水深:5m~10m」となっています。 ちなみに、この地域では2007年にも25戸が浸水するなどの水害が多発していました。 写真左:ホームズ「建物情報」より 写真右:神奈川新聞「台風で1階部分が水没したマンション=13日午前5時45分ごろ」より 写真のマンションは低地にあり、約50メートル先の多摩川(一級河川)に接する平瀬川があふれたため、マンションの1階部分が水没しました。 ハザードマップでは浸水深は5m~となっていますが、1階軒付近まで浸水が確認できるため、実際は3m未満となっています。 建物と水深の関係は以下の図が参考になります。 秋田市役所:洪水ハザードマップより 洪水の程度(浸水深と流速)ですが、12日午後8時過ぎの時点では道路が冠水する程度でしたが、その後15分ほどでマンション1階部分も水没しています。 このようにあっという間に水は流れ込み、避難するのが難しくなります。 この洪水の程度(浸水深と流速)と避難との関係を整理した図があります。 朝日新聞デジタル:「台風から身を守る」より参照 参考として、多摩川などの一級河川に接する平瀬川のように、小さな支流では豪雨などで水位が高まった本流が支流の流れをせき止める「バックウォーター現象」が起きる可能性があります。 産経新聞:【西日本豪雨】甚大被害の原因、「バックウオーター現象」か…専門家指摘より 西日本豪雨(2018年)では、豪雨などで川の本流の水位が上がることで、本流に流れ込むべき支流の水が、壁にぶつかるように流れを阻害され、行き場を失ってあふれ出すバックウォーター現象により甚大な被害となりました。 因みにハザードマップではこのような現象は想定されていません。 洪水・浸水想定区域への浸水の速さを調べる 河川氾濫時の危険箇所についての情報を知るためには、以下のリンクが参考になります。

次の

洪水ハザードマップ/国立市ホームページ

多摩川 水害 ハザードマップ

タイトル見て、 ビックリされた方もいるかも知れません。 かなり ショッキングなタイトルですからね...。 この記事、2018年7月28日にアップしたものを、2020年の7月に少し追記いたしました。 台風に備えてハザードマップをチェックしましょう 2019年(令和元年)台風19号が関東地方を通過、多摩川で氾濫が発生しました。 このときは衝撃的でした。 Twitterのトレンドワードで「 多摩川氾濫」が上位にランクインしたくらい。 つまり関東地方だって、 万が一の大災害なんて話も可能性がゼロではないのです。 台風の影響もそうですし、最近は正にバケツをひっくり返したような、 ゲリラ豪雨が増えていますからね、何があるか、わかりません。 ダレも予想はできません。 何かあったときのための対策はしておいて、損は無しです。 川崎市のホームページを見ておりましたら... 近年、現在の想定を超える浸水被害が多発していることから平成27年に水防法が改正されました。 この水防法改正に伴う、国土交通省の新たな浸水想定区域等の公表に基づき、本市におきましても平成16年に作成した洪水ハザードマップの改定作業を進め、川崎区・幸区のハザードマップを平成29年5月に改定しました。 千年に1回とはいえ、その1回が来るのが明日かも知れないし、来週かも知れないワケです。 川崎市は川崎区から幸区から中原区から、程度の大小はあるにせよ、ほぼ全域で浸水してしまうんですね。 大半の地域が、床下~床上浸水の可能性があるってことです。 場所によっては、家屋倒壊等氾濫想定区域(氾濫流)(河川の氾濫が発生した場合に、標準的な木造家屋の流出等の危険性がある区域の目安を示すものです。 )に指定されているところもありますね...しかもそれが幸区役所周辺なんですよね。 いざというときに対応仕切るか、若干の不安も発生してしまいます。 新川崎・鹿島田地区で浸水しない白い部分は数カ所。 夢見ヶ崎動物公園、KBiC(かわさき新産業創造センター)、古市場小学校、御幸公園くらいです。 決壊する場所にもよりますが、これらの場所に逃げたら安全、って頭の片隅に入れておきましょうネ。 浸水継続時間(浸水深が0. 5m以上となってから最終的に0. 5m未満になるまでの時間)を見てみますと... 浸水継続時間(多摩川水系))|川崎市幸区版 浸水継続時間(多摩川水系))|川崎市幸区版 ほとんどの地域は12時間未満で水が引くことがわかりますが、 場所によっては4週間未満の色表示になっているところもあり、下手したら一ヶ月近くも水の処理をしなくてはならない可能性もあるってことですね。 また、浸水想定区域では白色で安全だと思っていた 夢見ヶ崎動物公園の辺りは、土砂災害警戒区域に指定されており、大雨の際には近寄らない方が良いと言えます。 とすると、 新川崎・鹿島田周辺で洪水の際に逃げるとすると、KBiC周辺、古市場小学校、御幸公園と言ったところでしょうか。 でも、古市場小学校と御幸公園は多摩川の土手沿いなので、多摩川が決壊した場所によっては、近寄れない可能性もあります。 いざというときに逃げる場所、複数確保して置いた方が良いですね。 あとテレビのCMでもやっていますが、できれば 3日間くらいの非常用品(水、食料、ティッシュやトイレットペーパーなどの日用品)は常に用意しておいた方が良いと思います。 非常に参考になりますよ。 交通各社の運行情報 恐らく本日午後には関東圏ほとんどの交通機関が止まるものと思われます。 念のため、各社の運行情報へのリンク、貼っておきますね。 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・.

次の