野獣コイン 仮想通貨。 非上場・その他国産仮想通貨一覧

ビットコインボルトとマイニングシティは詐欺?検証してみた

野獣コイン 仮想通貨

「 退避してください。 購入はやめてください。 」 チャート 野獣コインのチャートは にも にも存在しませんでした。 しかしこのネタコインにも右肩上がりの時期がありました。 野獣コインは他の仮想通貨と同じ 投機用おはじきという点で本質的に大差はありません。 このチャートは仮想通貨の結晶です。 野獣コイン YAJU COIN の特徴 円天です。 つまりネタコインです。 仮想通貨「野獣COIN YAJU 」の超初心者向けまとめ ないです。 アゼルバイジャン人による「ふつうの草コイン」。 ただ、最もらしいロードマップだけ揃えたりしないのは製作者の良心を少しだけ感じ、救いを感じます。 野獣コインは「野獣先輩」に由来します。 ですがそもそも「野獣先輩」とは誰なのか。 一応記述してみましたが少し長くなってしまいました。 「野獣先輩」について はじめに 「野獣と化した先輩」、通称「野獣先輩 yaju senpai 」 野獣先輩は少なからぬ人物を不幸にしたであろう 野獣コイン yajucoin の由来に勝手にされた人物です。 野獣先輩についてはインターネットで検索をすることで多くの情報が得られます。 よって、あんこキャッシュの草コインにおいて野獣先輩を1から説明をしても社会全体の余剰を何ら増大させることにはつながりませんが、 いちおうこの記事を訪ねてきた仮想通貨投資家のユーザーの方の利益に配慮するという形で、 このブログでも野獣先輩についての簡潔な解説を実施することとします。 真夏の夜の淫夢・野獣先輩 簡潔な説明 この野獣先輩と呼ばれる男性は、 1999年,2001年に 男性が男性を好きになるビデオ 以下、便宜上「ゲイビデオ」と呼ばせていただきます の出演者 セクシー男優 なのですが… それまで話題になっていたゲイTDN選手やDIBU選手らと比較しても有りえない存在感や汚さを放っておりました。 後輩に睡眠薬を飲ませ自由を奪った上で媚薬を嗅がせその体を好き勝手にするという有り得ない鬼畜さ また行動・言動ともに突っ込みどころが多く意味不明なものであったり また角度や表情によって別人にも見えるほどの奇怪さ そしてこんな男を採用 出演 させることに何の疑問も持たないコート社 この男の存在が当然として話が進んで行く「ゲイビデオ」 またはアンダーグラウンド感。 全ての非日常感・異世界間が醸し出す奇妙な中毒性が 低迷する経済やインターネットの発展という下地のもと 真夏の夜の淫夢は日本社会で大受けしました。 同時に野獣先輩は非常に不幸なことに、 前述した通り存在感が際立っていたため 最も面白おかしくいつまでも弄ばれる存在となってしまいました。 ちなみに名前についてですが、ビデオのパッケージによれば「田所」であり、野獣先輩の本名は田所であるとされる場合が多いです。 別作品では「鈴木」とも名乗っています。 下の名前は野獣先輩との性交渉をした「遠野」の発言から「民也」などともされます。 実態 私の個人的な「野獣先輩」観 以上のように鬼のように淡々と解説してしまいましたが、この「野獣先輩」本人にしてみたらこの現状は、堪ったものではありません。 「あなたは野獣先輩の立場になりたいですか?野獣先輩と全く同じ見た目で、職場や学校に行けますか?」 あんこキャッシュ 野獣先輩に対するこのような扱いはネットの不正義・理不尽さ象徴みたいなものです。 何を当たり前のことを…と思うことでしょう。 それがそうではないのです。 以下に一例を出します。 たまに 「野獣先輩本人に『あっあの!もしかして…野獣先輩ですか?サインください!!』って言ったらどうなる?」みたいなスレッドが立ちます。 皆さんも考えてみてください。 あんなに動画を切り抜かれ、死んでも死に切れない。 彼にだって両親がいて友人がいて恋人だっていたと思います。 多くの人が周りにいたんです。 その人たちにあそこまで自分の痴態を見せつけられ、自分への見るに堪えない罵詈雑言を書き込まれ、 それで 野獣「そうだよ 便乗 いいよ!来いよ!胸にかけて胸に!ンアッー! 迫真 ってね!ユーチューバーになっちゃおうかな~どうすっかな~俺もな~ 迫真 ファ!?サインしてほしいの?しょうがねぇなぁ(悟空)」 になるわけないでしょうよ 怒 どう考えても ・逃げる 野獣先輩 何こいつやばい…! ・何のことかわからない 野獣先輩「?????」 ・怒る 野獣先輩「君さあ失礼すぎない?」 のどれかでしょうね。 こういう答えをする人間が多いことは恐怖というより、インターネット教育の限界を指し示しているのだと思います。 淫夢厨 淫夢厨というのは、 様々な同性愛ビデオの出演者たちの滑稽で愉快な言動や演技を笑うネットユーザーたちの一団のことです。 これは反対の立場の人たちが命名しました。 厨 ちゅう は厨房 中坊 の略称で、基本的に美称として使われはしないです 由来は野獣先輩が出演したビデオ「真夏の夜の淫夢」から。 彼らの矛先は上記の野獣先輩を始め、他の同性愛ビデオ出演者でも「おもちゃ」になるとみなした出演者は魂ごと切り抜きます。 基本的に「野獣先輩」や「淫夢」というのは倫理観の欠如したコンテンツであり、 それを心に刻んだ上で、後ろめたさを持った上で、鑑賞して欲しいと思います。 そもそもまず著作権・肖像権を無視しています。 コート社は徒労に終わることを知っているので黙認、というより諦めているだけなので。 また、現実世界はもちろんインターネットでもそのようなコミュニティを除いて、 淫夢や野獣についての話を出すべきではないです。 このような非倫理的コンテンツ同性愛者の方を傷つけるだけですし。 野獣先輩に関する全ての話題は悲劇以外の何物でもなく 茶化したりするべきではない。 一人一人が話題に出すのをやめることから始めるべきです。 少なくともいんむ厨の方はその点の認識を持った上で、インターネットの特定コミュニティ以外に持ち出さないことが重要です。 野獣先輩の現在 最期 そして現在ですが…2001年のビデオを最後に 野獣先輩の消息はゲイビデオ含め、一切確認されていません。 彼はどうなってしまったのでしょうか。 彼はその迫真の演技から劇団に在籍し俳優を目指していたというバックグラウンドが容易に想像できます。 しかしなかなかチャンスは巡ってこない。 そんな中見つけたインターネットで見つけた自分の痴態。 もうとっくに忘れていた。 過去のことだった。 そんなとき彼はどうするでしょうか。 これは私個人の予測にすぎませんが、 少なくとも彼は日本国にはいないと思います。 あれだけ目立つ人間が日本国で見つからないというのは考えづらく、 おそらく今後も日本国内で出会うことは難しいと思います。 以上で少し長くなりましたが「野獣先輩」についての記述を終わります。 ご精読ありがとうございました。 野獣コイン YAJU COIN のメリット 野獣コインと他の仮想通貨との比較。 なし 毎回どんな通貨でもいいところをあげてはいるんですが、 この仮想通貨は誰も幸せにしないので「なし」とします。 ただ、ノアコイン買うくらいならこれでもいいかもしれません。 インムは中国とかでも多少知られていますし。 投機では無く何らかのステータスで持ってればSNS映えするんじゃないですか? 少なくともノアコインよりはSNS映えすると思います。 野獣コイン YAJU COIN のデメリット 今後など。 おはじきと同一 ロードマップ無し。 単なるおはじきです。 まとめ 仮想通貨としては本質的にモナコインとかと変わりありません 関連項目に載せておきます. 5 感想 色々書いてしまったので特に無し。 ただ、ICOにしなかった点は救いです。 関連項目 ・野獣コインの二番煎じ ・本質的に野獣コインと同質の仮想通貨たち 投機がしたいのなら宝くじを買ってください。 宝くじの収益は日本社会を豊かにするために使われますが、 アゼルバイジャン人のyaju coinに支払った財は決して日本人を豊かにすることはありません!.

次の

【仮想通貨】【悲報】野獣先輩の仮想通貨「YAJU Coin」製作者が売り逃げして価値が0円にwwwwww

野獣コイン 仮想通貨

Contents• ここにあげているものは、日本発の非上場国産仮想通貨あるいはその他国産仮想通貨 ネタコイン等 です。 主要国産仮想通貨一覧は Ringo リンゴ 【RIN】2014年5月に誕生した国産仮想通貨です。 実物のりんごとトレードできるようになることを目標に作られた仮想通貨です。 いくつかの取引所に上場していましたが取引所の閉鎖などで上場危機に陥り、現在もNovaexchangeが扱っていますが、この取引所も閉鎖する予定のため非上場国産仮想通貨になりかけています。 ただ、開発者の方がTwitterに復帰しているので個人的に再注目しています。 Sayacoin さや か コイン 【SYC】2014年3月に誕生した国産仮想通貨です。 アニメのキャラクターのデザインなので著作権の問題で今後の上場は難しいとされています。 Likecoin ライクコイン 【LIKE】2014年1月に誕生した国産仮想通貨です。 kumacoin クマコイン の開発者がクマコインの開発の前に作った仮想通貨です。 YENTEN 円天 【YTN】円天の事件を知っている方ならわかるかと思いますが、ネタコインです。 詳しくは KOTO コト 上場したばかりの新しい匿名コインです。 詳しくは NGO COIN ンゴコイン まだ上場されていない国産トークンです。 詳しくは BTCNJ ビットコインなんJ まだ上場されていない国産トークンです。 INZEI インゼー アマチュアクリエイターを応援するために作られた国産トークン。 詳しくは 随時、情報や種類は更新していきます。

次の

【仮想通貨】【悲報】野獣先輩の仮想通貨「YAJU Coin」製作者が売り逃げして価値が0円にwwwwww

野獣コイン 仮想通貨

ウィリアム・ムーゲイヤー(William Mougayar)氏は『ビジネスブロックチェーン』(原題:The Business Blockchain)』の著者で、トークン・サミット(Token Summit)のプロデューサー、そしてベンチャー投資家。 我々はあたかも別の惑星から来た野獣であるかのように、仮想通貨を定義したり、分類しようとすることをやめるべきだ。 そうではなく、お金の未来としてただ受け入れればいい。 仮想通貨は通貨だ。 証券ではなく、証券法によって規制されるべきではない。 ドル、ユーロ、人民元、ポンドは証券当局によって規制されていない。 継続的に検証、議論、分析する必要があるものかのように仮想通貨を定義し、型に入れ、分類しようとすることにほとんど価値はない。 代わりに、仮想通貨の普及を促進することに注力しよう。 仮想通貨は花開き、今後も存在し続けるのだから。 3人のパネリストはそれぞれ、自身の定義を示すという(痛ましい)試みを行った。 「トークン資産からトークンエコノミーへ(From Token Assets to a Token Economy)」というダボス会議2020でのパネルディスカッションでは、トークンを仮想通貨の一種と捉えて議論した。 両方のパネルディスカッションでは、トークンと仮想通貨を新種の動物のように定義しようとしていた。 定義に意味はあるか? 仮想通貨をさまざまなタイプに分類することに、本当に意味はあるのだろうか? 仮想通貨は通貨のようなものだ。 よりパワフルな性質を持つこと以外は。 パワーの大きさが既存勢力を怖がらせ、新しい参加者を興奮させている。 長期的、そして最終的に、仮想通貨は現在の通貨と同じくらい幅広く、通貨に匹敵する多様性を持って使われるようになる。 現在、我々は仮想通貨をお金の将来の形として見ている。 だが、将来は欠くことのできないお金の一部となる。 当初、eメールは新しいものであり、eコマースは奇抜なものだった。 オンラインで税務申告をしたり、免許証を更新することは、当たり前で、ときに唯一の選択肢になるまでは珍しいことだった。 オンラインバンキングは革新的で、オンラインで友達を見つけることは驚くべきことだった。 数十億の人々にとって、オンラインでニュースを読むことはもはや当たり前だ。 現在、仮想通貨はその利用と理解がわずかな人たちの手に握られた特異なものになっている。 だがすぐに我々の社会、習慣、ビジネス、政府に広がり、当たり前のものになる。 分類の泥沼 分類の泥沼に入れば、結果として生じる狂気と専門用語が生み出す混乱にすぐに気づくだろう。 ステーブルコイン、ステーキングされた通貨、ユーティリティトークン、セキュリティトークン、ネイティブコイン、デジタル権利トークン、ノンファンジブルトークン等々。 ステーブルコインと市場が動かすコインが存在する。 ステーブルコインは、ステーブル(安定した)という名前が示すように、ボラティリティが少ないコインのこと(アルゴリズム、あるいは資産に裏付けられた安定性を持っている)。 仮想通貨は政府の裏付けを受けることも受けないこともできる。 政府の裏付けを受けた仮想通貨はまだ珍しく、アクションよりもさらなる議論の対象となっている。 余談だが、仮想通貨は最終的に中央集権的に管理されたデジタル通貨になるだろう。 分散型でプログラム可能な特定のブロックチェーンから生まれたものではないだろう。 トークンの分類もあいまい 目的を持った、本質的には仮想通貨であるトークンも存在する。 そして法の領域に入れば、トークンは、どのようにして作り出されたか、誰が受け取るのか、その究極の機能は何かに基づいて、ユーティリティトークン、あるいはセキュリティトークンに分類される。 ほとんどのトークンにとって、排他的なユーティリティと、セキュリティのような性質の境目はあいまいだ。 ユーティリティトークンとセキュリティトークンの間には、ノンファンジブルトークン(NFT)もある。 物理的なものが存在しないデジタル資産の独自の所有権を表すものだ(クリプトキティー、あるいは特別な戦車や剣のようなゲーム関連のものなど)。 残念ながら、規制当局を喜ばせるために、我々はこれら多くの分類を発明している。 トークンに関して規制当局と政府は動揺している。 なぜなら紙幣の発行はかつては主権国家の権利だったにもかかわらず、企業は今、トークンを通貨として発行できるからだ。 しかし企業は数十年にわたって株式を発行してきた。 株式は仮想通貨トークンが証券として機能する際に真似をする、もう1つの価値の形態だ。 次に、トークンの機能性について見てみよう。 利益を生むことはできるのか? 売ることは? 買うことは? 利用することは? 報酬とすることは? 支払いの単位になるのか? 特権的な行為(投票や情報へのアクセス獲得など)に対する権利だろうか? 利用せずに保有するだけで価値は上がるか? ブロックチェーンネットワークから生まれたものか、あるいは既存のプラットフォームや単独のアプリケーションに結び付いたものか? 上述の分類は今、我々が考えていることで、まだ考えていない新しい分類があるかもしれない。 これらの機能の中には他とは明確に異なるものもあるが、その多くは互いに重なり合っている。 これが仮想通貨の分類が役に立たない理由だ。 我々はまだ形成期にいる。 定義をやめる 現実をチェックする時だ。 我々はまだ、インターネットを定義しようとしているだろうか? 誰もしていない。 しかし初期の頃には定義を試みていた。 我々はお金をユースケースによって定義しているだろうか? 食料品を買うお金、通行料金を支払うお金といったように。 あるいはお金をその性質によって定義しているだろうか? お金の主要な性質は、移動でき、交換でき、検証でき、分割でき、そして希少な価値の単位であり保管手段であることだ。 仮想通貨はこれらすべての性質を受け継ぎ、さらにお金にはないユニークな機能が加わっている。 つまり、その不変性はデジタル(物理的なものではない)で、交換可能にも不可能にもなり、そのポリシーの適用は中央集権型である必要はなく、埋め込まれたロジックによって非常に強力なプログラム可能な能力を持ち、移動可能性はピア・ツー・ピア(中央集権的な仲介者は不在)だ。 つまり、仮想通貨とは強化されたお金だ。 まずは、我々が知っているお金と共有されている、最も一般的な特徴にしたがって仮想通貨を使い始めよう。 そこから進化していけば良い。 初期のウェブサイトはスクリーン上の見栄えの良いパンフレットであり、そこから単一的なユースケースを超えて、eコマース、eビジネス、双方向コミュニケーション、社会的交流など多くのユースケースへと進化していった。 仮想通貨を使うことは普通の人にとっては簡単ではなく、かなりハードルが高い。 だが、状況は改善している。 仮想通貨にふさわしい場を与える時だ。 新しいお金としてのポジションを手に入れるためには、まず簡単なユースケースから始めて、徐々にその種類と複雑性を増やし、その利用を拡大する必要がある。 仮想通貨を前面に押し出し、通常の通貨やウェブと同じくらい人気のあるものにする必要がある。 仮想通貨を制約するような方法で定義したり分類することをやめよう。 そうではなく、可能性を切り開き、我々の生活やビジネスの中に定着できるような方法で使い始めよう。 そうすれば受け入れられ、歓迎され、恐れられなくなる。 仮想通貨は新しいお金であり、新しい通貨。 メインストリームの流れの中に入っていく時だ。 翻訳:山口晶子 編集:増田隆幸 写真:William Mougayar 原文:.

次の