請求書 宛名 御中。 請求書に同封する送付状の書き方・記入例

今更聞けない? 御中・様・行・宛・各位・殿など、正しい宛名の敬称の使い分け | 転職実用事典「キャリペディア」

請求書 宛名 御中

Contents• 「御中」「様」の違い意味と使い分け 「御中」とは、郵便物などで、 個人名でなく、 官庁・会社・団体などの宛名の下に書き添える言葉になります。 官庁・会社・団体といった組織中の誰かに対して使う敬称です。 直接誰宛かわからないが、「その中のどなたか」に出すときに使います。 会社や部署などに対して使う「御中」に対して、 特定の個人宛の場合は「様」を使います。 「様」とは、人の名前や人を表す語につけて敬意を表す接尾辞です。 ということを表しています。 このように複数の職員、団体に所属する何スタッフなどに宛て、 読む人を特定しない場合や 誰が読んでも目的が達成出来る場合に「御中」は、用いられます。 といったことですが、 間違ってはいけないのは、 「組織・団体に対する敬称は御中」いうことではなく、 「組織・団体の中の誰か様へ」というような意味として使う敬称になります。 それに対して、 「様」は、誰に送るのか特定の人が決まっているときに使う敬称といことですね。 「様」と「殿」の違い 基本的に、相手の名前につける敬称としては「様」になります。 「様」は、口語、文書両方使用可能です。 「様」は人の居所、身分、氏名に添えて敬意を表しており、室町時代から用いられています。 「殿」との違いがわかりにくいのですが、「様」は「殿」より丁重な表現になります。 そして 「殿」は口語では基本使用しませんので文書でのみ使用されています。 「殿」は、そもそも邸宅を意味し、そこからその邸宅に住む人を指すようになったものなのです。 平安時代には身分の高い人物の官職名につけて用いられていましたが、鎌倉時代には「殿」の敬意は低下してきますす。 そして、「様」が併用されるようになったようです。 現在では、 団体(会社組織)から個人に対して送付する文書の場合は「殿」をもちいても問題ないと思います。 ちなみに 個人名+役職の場合は、役職そのものが敬称となるので 「様」「殿」は不要です。 さっきの説明のとおり、 「組織・団体の中の 誰か様へ」ということなので 宛名が会社名とか部署名で終ってる時に「御中」をつけることになります。 宛名に人の名が入るときには誰かは特定できるので 人名の後に「様」です。 「様」と「御中」は同時に使わないことが常識になりますので気を付けましょう。 スポンサードリンク 「様」と「殿」の消し方 日常で返信用のはがきや封筒などが用意されていてこちらの名前を「様」「殿」とこちらの名前を差出人に書いてあることがあります。 その時は自分が出すのであれば、自分の名前についている「様」「殿」を二重線で消します。 「様」「殿」の字の上に、2本線を引く=消したことになります。 ちなみに、フリーハンドでも丁寧にみえれば大丈夫です。 横書きなら横に2本、縦書きなら縦に2本引くといいですね。 逆に自分が返信用封筒を用意する際には、自分宛の表記に「御中」を用いず、「行」と表記しておくことを忘れずにしてください。 あくまでも自分には「様」「殿」は使わない。 相手に対しては、「御中」や「様」と適宜に合わせて使うということです。 「様」「殿」「宛」「行」の使い分け 今までで「御中」「様」と「殿」などの使い分けについてお話ししましたが、 「宛」も入れて使い分けを整理します。 「様」は、目上の人、お客様などに使うということ。 同等や格下、親しい人に使っても問題ありません。 「殿」は、同等、格下、親しい人に使います。 目上の人、お客様などには使わないようにしましょう。 「宛」「行」は自分を宛先に返信用などを作成する場合に使います。 ま と め 今回は、御中・様・殿の違いと意味や使い分け方法と消し方や両方併用可能かについて中心にお伝えしました。 「御中」は 「組織・団体の中の誰か様へ」 というような意味として使う敬称でした。 個人宛は「様」、団体・組織宛は「御中」ということですね。 そして、「様」は、目上の人、お客様などにもしくは同等、格下、親しい人に使って、「殿」は同等、格下、親しい人に使います。 目上の人、お客様などには使わないといったことになります。 そもそも敬称(けいしょう)とは、相手方や第三者に対して 敬意、尊敬の念を込めて用いられる名前(人名)や肩書きの後ろに付ける接尾語です。 ちょとしたことなのですが、これをやるかやらないかで常識がある人かどうかまで判断されかねません。 使い分けを再度確認して相手に不快感を与えないようにしたいですね。 投稿者 投稿日: カテゴリー ,.

次の

あなたはいくつ知ってる?請求書の書き方の常識・非常識

請求書 宛名 御中

御中の使い方 ビジネス文書の宛名でよく使うのが「御中」です。 会社名や部署名、団体名などのあとには御中を付けます。 ちなみに「御中」は「おんちゅう」と読みます。 とにかく会社宛てに送るときは「御中」を使いますので、頻繁に使用します。 ビジネス文書を作るためには欠かせない用語ですね。 様の使い方 個人に送るときに使う敬称です。 日本に多い名前の中から、 佐藤はるとさん(仮称)を使って事例を紹介します。 順番は、会社名+部著名+役職名+氏名+様となります。 様を使ったよくある間違いとポイント よくある間違いと「様」を使うポイントをまとめました。 1.御中と様を両方使っている。 2.役職のあとに様を使っている。 役職名には敬称の意味が込められているからです。 氏名と役職名を書きたいのであれば、上で紹介した順番で書きましょう。 3.実務的な様の使い方。 役職名に敬称の意味が含まれているとはいえ、 佐藤 はると 営業課長と書くぐらいなら、 佐藤 はると 営業課長様と書いた方がいいと思います。 ビジネスマナー通りにしているかを気にしすぎる必要はないんです。 役職名だけよりも役職名に様を付けている方が敬ってる感が出ますからね。 例えば営業的なメールや書類を送る場合に相手の社長の名前が分からないとします。 そういった場合はむしろ「社長様」という宛名がいいと思います。 ここでは社長が敬称というより、社長という単語、名詞に「様」をつけていると考えれば普通ですからね。 殿の使い方。 殿は使いません。 と言いきりたいところですが、対外的な文書に「殿」は使いません、というのが現在の主流になってきています。 以前は役職名のあとに「殿」を付ける書類もよく見かけました。 ですが、今では個人への宛名は「様」を使うのが一般的になっています。 殿は目下の人に使うものと言われることもあり、使うことが減っていったようですね。 対外的な文書を個人宛に出すときは「様」を使いましょう。 そうなると「殿」は使わないのか?というと、使うんですよ。 これが。 まあ、会社内や業界内の慣習も関係しますけどね。 例えば社内文書では目上や目下など関係なく、役職名もしくは氏名に「殿」を付けている会社もあります。 私の会社も給与明細や辞令などは名前に殿が付いています。 「殿」という敬称は社内で使うのには便利ですね。 各位の使い方。 各位は複数の個人に宛てる敬称です。 各位を使った事例 ・各位 ・関係各位 ・関係者各位 ・社員各位 ・従業員各位 各位でよくある間違いは、各位様、各位殿、各位御中です。 各位が敬称ですので、様、殿、御中はいりません。 これは本当にいりません。 たま~に見かけますがこの二重敬語は止めましょう。 「各位」は色んな通達や案内を出すときに便利な敬称です。 まとめ いかがでしたでしょうか? 宛名に使う敬称は正しく理解して、きちんと使いましょう。 とにかく基本は、会社には「御中」、個人には「様」を使うということです。 一番大事なことは、相手を不快にさせない宛名にすることなんです。 「宛」や「行」で出したらダメですよ。 もし返信用封筒に「宛」や「行」が書いてある場合は、取り消し線を引いて、適切な敬称に直しましょう。 個人的な意見ですが、敬称を書かないミスをしたり、あれこれと悩むぐらいなら二重敬語になってしまってもいいんです。 相手の会社が「殿」を使うのを慣習としていて、普通に受け入れてくれるのなら、「殿」を使ってもいいんです。 ビジネス文書ということにこだわりすぎて、ビジネスマナー通りにするのが重要じゃないんですよ。 相手に合わせる臨機応変さも大事ですからね。 ビジネス文書の文例やポイントを紹介した記事を一覧で見れるようにまとめました。 今後も記事が増えるたびに追加していきますので、是非ご参考にしてください。 まとめ.

次の

「請求書」の書き方とは?必要事項や注意点・郵送時の送り方も解説

請求書 宛名 御中

「請求書」とは? 「請求書」とは代金を求めるための文書 「請求書」とは物品の販売やサービスの対価にたいして代金を支払うことを求めるための文書です。 支払われるべき金額のほかに、何に対する代金を請求しているのかを示す内容や内訳、さらに振込先などが記載されます。 支払いを忘れるといったトラブルを防ぐとともに、支払いを確定する役割があります。 「請求書」を手書きで書いてもいいの? 請求書は手書きで書くこともできます。 そのメリットは、筆跡から改ざんされるリスクが少なくなることです。 ただしデメリットとして、計算ミスや書き忘れなどが起こりやすく、請求書の作成にも時間がかかります。 多数の請求書を短い時間で作成する場合には、能率的とは言えないでしょう。 「交通費」には領収書も添付 交通費を請求内容に書く場合には、単に交通費と書くのではなく、交通費の内訳を具体的に記載します。 移動区間や移動方法などを記したうえで、証明するために領収書も添付します。 「請求書」に記入すべき必須事項 請求書の6つの必須事項 請求書には決められたフォーマットはありませんが、請求書に書かれるべき事項は次の通りです。 表題「請求書」• 請求者の名前や住所• 請求先の宛名• 請求日• 請求内容• 請求金額 それでは、それぞれの詳細を見ていきましょう。 (1)表題は「請求書」 表題は「請求書」で、他の書類と区別しやすいように書面上部にはっきりとした自体で表記します。 (2)請求者の宛名は「請求書の作成者名」を記載 請求者の宛名には、請求者の社名から住所に、請求書の作成者の名前も書きます。 必要であれば電話番号やメールアドレス、また社印が押されることもあります。 (3)請求先の宛名は「御中」や「様」を忘れずに 請求先の宛名には社名や部署名で終わるのならば「御中」、社名に加えて個人名も書き添えるのであれば「様」を付けて、省略することなく正しく宛名を書きます。 (4)請求日は「請求先の会計締日」 請求日は、請求書を作成した日付けにしてもいいのですが、請求先の会計の締結日に合わせた請求日が求められることもありますので、事前に取引先と話し合っておくのがいいでしょう。 (5)請求内容は請求先にわかりやすく書く 請求内容は、購入された商品やサービスに、単価、数量など、請求先が何についての請求なのかをわかりやすく具体的に書きます。 (6)請求金額の合計は「内税」で記載 請求内容のあとに、請求する金額の詳細を記します。 小計は消費税抜きの合計金額、消費税には消費税額、合計には消費税込みの合計金額を書くことで、支払いの内訳が分かります。 消費税の小数点以下は切り捨てられることが多いものの、どのようにするかは取引先と事前に確認しておきます。 請求書の作成で注意すること 「源泉徴収額」は請求書に書いた方がいい 源泉徴収とは、給与や報酬の支払い者が報酬を支払う際に、所得税などの税金を差し引く制度です。 源泉徴収の対象は給与所得だけでなく、原稿料、弁護士などの特定の資格を持つ人へ支払われる報酬や接待などで接客業者に支払われるギャラなどです。 源泉徴収額は請求書に書く必要はないのですが、書いておくと実際に振り込まれた金額と請求書の総計とが食い違うことによるトラブルを避けることができるため、源泉徴収額を記載するのがいいでしょう。 請求金額の書き方 金額の明記の仕方に決まりはないのですが、通例として、3桁ごとにカンマ「,」を入れて、「¥」で始める場合には、金額のあとには伸び棒「-」を付けます。 「円」を使うなら「円」の前に金額を書き入れるか、金額前に「金」、後ろに「也」を書き入れる書き方もあります。 請求金額の書き方例• 「¥25,000-」• 「25,000円」• 「金25,000円也」 請求日の表記の「西暦・和暦」は取引先に合わせる 請求日は西暦と和暦のどちらを使っても構わないのですが、もしも取引先が西暦を望むようであれば西暦で、和暦なら和暦を使うようにします。 元号の最初の年は元年と呼び、2019年5月1日より和暦を用いる場合は「令和元年」と表記します。 請求書に「印鑑」を押せば信頼度が増す 請求書の発行者の社名の横に角印が押されることがありますが、慣習によるもので法的な意味はありません。 そのため、請求書に印鑑がなくても正式な請求書として取り扱われます。 ただし押印があることで請求書を発行したことを証明したことになり、もしも押印のある請求書が偽造されれば法的処置が取られます。 請求書としての信頼度が増すことから、押印された請求書のみを受け付ける業者もあります。 また個人の場合は、個人名の入った認印でも構いません。 請求書の送り方 請求書に使う封筒は「長形3号」 請求書はA4サイズの用紙が用いられることが多いため、A4サイズの紙を三つ折りにしたときにサイズの合う長形3号の封筒が多く使われます。 宛名は正しく書き、封書の表に「請求書在中」と明記するとわかりやすくなります。 請求書は「普通郵便」で送る 請求書はメール便で送ることはできませんので、普通郵便で送りましょう。 請求書は信書に分類されています。 信書とは特定の受取人に事実や意思を示すための文書のことで、「信書をメール便で送ることは違法行為」として禁じられています。 【補足】請求書に記入すると便利な事項 「取引先番号」は書類管理に便利 取引先番号は請求書番号とも呼ばれ任意でつけられるものですが、書類の管理に便利なためよく使われます。 また、取引先番号は請求日の下に記載されることが多いです。 「振込先」は詳細に記す 振込先は請求者の口座番号を記しますが、請求先が分かりやすいように、金融機関名や口座番号だけでなく支店名や口座の種類も記載します。 また口座氏名もカタカナで表記するといいでしょう。 振込手数料は請求者と請求先のどちらが請け負うのかは、事前に確認しておきます。 「支払い期限」は取引先と話し合って決める 支払い期限を明記する場合は、請求先が勝手に決めるのではなく、取引先と話し合い確認した上で記します。 支払い期限は翌日末とする場合が多いのですが定例に従うのではなく、毎度、取引先との確認が必要です。 まとめ 「請求書」とは購入された商品やサービスの代金の支払いを求める文書のことで、決められたフォーマットはないものの、記載されるべき事項を網羅して請求先が一見でわかりやすいようにまとめます。

次の