プロフィール 項目。 自己紹介の基本・面白い項目と例文13選|学校・就活での自己紹介の方法!

プロフィールブックの構成や項目どうする?中身もみれる実例8選♡

プロフィール 項目

なぜ、プロフィールを充実させるべきなのか? 人間には、 「自分と同じ人(近い人)に親近感を覚え、好意をもつようになる」という心理があります。 これは「類似性の法則」とも呼ばれます。 例えばあなたも、偶然知り合った人と出身校が同じで、意外と話が盛り上がった!なんていう経験はないでしょうか? これは、「出身校が同じ」という共通点があることで、距離が縮まっている証拠です。 他にも、海外旅行に行くと、現地にいる日本人とすぐに仲良くなれたりしますよね。 これも、「同じ日本人」という心理が働き、すぐに親しくなれるのです。 この類似性の法則は、ホームページの集客力を高めるのにも役立つのです。 事例:プロフィールで差別化でき、受注できた件 これは、私自身の事例なのですが、当社のサービスをお申し込み頂いた方の中に、こんな方がいらっしゃいました。 私がミリオンバリューさんに興味を持ったのは、代表である大林社長のお父様が、船井総研出身だった、とプロフィールに書かれていたからです。 私は、船井総研の創業者である船井幸雄さんの本をたくさん読んでいて、凄く共感するところが多かったんです。 コレがキッカケで、御社に興味を持ち、信頼できると感じ、申し込ませて頂きました。 ちなみに、私のプロフィールは、以下のように書かれています。 船井総研のクダリは、厳密には私の父の勤務経歴なわけですが… 結果的には、 プロフィールをキッカケに興味を持たれ、ライバルと差別化され、受注に至った、ということです。 プロフィールに入れるべき9つの項目 それでは早速、プロフィールに入れるべき項目について解説していきます。 書き方の参考にして頂ければと思います。 (1)出身地 「出身地が同じ」というのは、心理障壁を一気に下げます。 学校も、その人のアイデンティティの一つなので、書いておくと良いでしょう。 (3)勤務経歴 先ほど、「私の父の勤務経歴」の事例を上げましたが、独立前どんな会社に勤めていたのか?も、興味を持ってもらえるきっかけになります。 特に、船井総研やリクルートなど、有名どころの企業であれば、社会的証明にもなるので、書いておくことをお勧めします。 (4)誕生日 「年齢が近い」というのも、距離を縮める要因の一つになります。 ちなみに、年齢そのものを書いてしまうと、毎年誕生日が来る度に年齢を書き直さなくてはいけなくなって面倒です。 なので、誕生日を書いておくのがベターです。 (5)趣味 「あなたも登山をやっているんですね」 このように、趣味を起点に興味を持ってもらえることも、多いものです。 場合によっては、「あなたと顧客」という関係性を飛び越えて、「同じ趣味を楽しむ仲間」という関係性に発展することもあります。 (6)学生時代の部活 「部活が同じだった」というのも、良い共通点の1つです。 例えば私はバスケットボール部でしたが、同じくバスケ部だったクライアントとは、会ってすぐに意気投合できました。 結果、お申込みにも至っています。 (7)好きなスポーツ 好きなスポーツが同じだったり、同じチームを応援していたりすると、「この人は仲間だ」と思ってもらえるようになります。 スポーツ関連の話題は、結束力を強くするものです。 (8)好きな本 本の選び方には、それを読む人の考え方や人間性が出ます。 例えば、「思考は現実化する(ナポレオン・ヒル著)が好き」という人は、上昇志向な感じがしますよね。 好きな本を伝えることで、あなたの深い人間性を暗に知ってもらうことができるのです。 (9)好きな言葉(座右の銘) あなたの人生のターニングポイントになった座右の銘などがあれば、それもぜひ書いておきましょう。 言葉には、人を動かす不思議な力があるのです。 まとめ:どんどん自己開示しよう! もちろん、上記で挙げなかった項目についても、どんどん自己開示していくことをお勧めします。 プロフィールが充実すればするほど、あなたの人間性が伝わります。 例えば私の場合、趣味なども写真付きで掲載しています。 >> プロフィールの書き方の参考にしていただければ幸いです。

次の

【役者のプロフィールの作り方】デザインや必要項目、印刷方法など

プロフィール 項目

結婚式のプロフィールに人気の項目とは? 結婚式のプロフィールに人気のある 定番の項目といえば、以下のような項目が 該当するでしょうか。 生年月日と年齢• 好きな食べ物• 相手の好きなところ ちなみに、基本的にはどのような項目を 用意しても大丈夫ですが、例えば 忌み言葉を含む『嫌いな食べ物』や 『相手の嫌いなところ』などは 用意しない方がいいでしょう。 また次の章では、ちょっぴり例外ですが比較的 よくある『面白い項目』についてお伝えします。 プロフィールで面白い項目は? 定番というわけではありませんが、 プロフィールで比較的見かける面白い項目 としては、以下のようなものがあります。 どんな家庭を築きたいか• 未来の子供に付けたい名前• 過去付き合った人数• 子供の頃の夢、尊敬する人 なお、このプロフィールはゲストが見ますので、 その点を意識した改良はしっかり施しましょう。 またさらにプロフィールには『お互いへの 質問項目』を設ける場合があります。 次の章では、この点についてお伝えします。 プロフィールのお互いへの質問はどんな内容にする? まず、プロフィールのお互いへの質問で 定番なものといえば、以下のようなものが 該当するでしょうか。 互いの第一印象• 互いの呼び方• 最高だったデートは?• 思い出のプレゼントは?• 思い出に残るエピソードは? あまり 質問攻めなプロフィールにすると 感じが悪くなりかねませんので、 質問項目は多くても3つ程度にしましょう。 ちなみにその他、ちょっとユーモアに富んだ 質問もありえます。 次の章からは、そのような質問について お伝えします。 その1.面白い質問 面白がってもらえそうな質問としては、 以下のようなものが考えられます。 相手に望む事は?• 結婚の決め手は?• プロポーズの言葉と回答は?• 互いの機嫌の直し方は? なお、『面白い』かどうかは 『回答の仕方』 にもかかっています。 真面目に答えるのももちろんアリですが、 お互いに温度差を合わせて一つくらいは 面白く回答するのも一つの手ですよ。 その2.将来への質問 将来への質問も、時には面白いでしょう。 質問としては、以下のようなものが 考えられます。 欲しい子供の数と性別は?• 定年時の目標貯金額は?• 相手が無職になったらどうする?• 相手が大ケガを負ったらどうする?• 相手が浮気したらどうする? ちなみにこれらの質問は、二人にとっては 決意表明のように感じられるかもしれませんが、 ゲストにとっては演出程度です。 そのため、あまり深く考えずに 温度差を合わせた回答をしておきましょう。 その3.メッセージ(お互い・ゲスト・家族へ) さらに、プロフィールにはお互いやゲスト、 そして家族に向けた一言メッセージを 添えることがあります。 一例としては、以下のような感じでしょうか。 喧嘩になっても、次の日には笑い合おうね• 今まで大切に育ててくれてありがとう! たとえ短くても、そのメッセージを 受け取る方にとっては心に響きます。 もちろん多少長くなっても大丈夫ですから、 ぜひ誰かに向けたメッセージも添えましょう。 また『特定の誰か』ではなく、ゲスト全体に 対するメッセージを添えることもあります。 次の章では、この点についてお伝えします。 結婚式プロフィールに添えたい一言とは? 結婚式プロフィールに添えたい一言としては、 以下のようなものが一例として考えられます。 皆今日は本当に来てくれてありがとう!• 皆に後で良い人と結婚したねって言われるようになります。 皆これからも一生よろしくね! 定番としては『参加への感謝』『決意表明』 そして『これからについて』といった あたりでしょうか。 今のあなたの素直な気持ちを言葉に置き換え、 ゲスト全体に伝えていきましょう。 ところで…これだけプロフィールに様々な種類が あると、どのようなプロフィールを作ればいいか 悩んでしまう方もいるでしょう。 そこで次の章では、結婚式のプロフィールの 無料テンプレートについてお伝えします。 結婚式のプロフィールのおすすめ無料テンプレート5選! 時代は本当に進んでおり、今時は結婚式の プロフィールテンプレートが、なんと無料で 沢山配信されているんです。 もちろん普通に結婚式でゲストに配れるほどの クオリティのものがです。 結婚式にあまりお金をかけられない方や、 どのようなプロフィールを作ればいいか 分からないという方は、ぜひ 参考にして使っていきましょう。 次の章から、テンプレート毎に 一つずつお伝えしていきます。 1.ウェディング・ナチュラル まずは『ウェディング・ナチュラル』です。 このテンプレートは パワーポイント仕様に なっているため、普段会社でパワーポイントを 使っている方なら簡単に作成できるでしょう。 もちろん簡単な作りのため、 パワーポイント初心者でも大丈夫です。 2.ティアラ 次は『ティアラ』です。 これは紙図鑑の無料テンプレートになります。 最大の特徴はワード仕様であり、 かなり簡単に作成できるでしょう。 ちなみにここには『ティアラ』以外にも 沢山のテンプレートがありますし、 招待状など 他のテンプレートも数多くあります。 3.プリマージュ またプリマージュも良い感じです。 ここは本来、 結婚式の席次表やプロフィールに 関する印刷屋さんなのですが、こうして ワード仕様の無料テンプレートも配信してます。 種類は極めて豊富ですから、 ぜひ一度参考にもなりますので見てみましょう。 4.ハッピービジョン そしてハッピービジョンです。 全てワード仕様かつ、 細かくゲストの数に 応じて席次表が作られています。 ちなみにここも本来は結婚式に関する印刷屋 ですので、自分で作るのが面倒に感じたら、 そのまま印刷をお願いするのも一つの手です。 5.ブレス そして最後はブレスです。 ここも本来は結婚式関連の印刷屋さんですが、 極めて多種多様なプロフィールを 無料ダウンロードできます。 もちろんその後は無理に依頼する必要も ありませんから、まずは 気軽な気持ちで見てみましょう。 まとめ 結婚式のプロフィールは、 項目も質問も自由です。 しかし だからこそ悩ましい一面もあります。 今回お伝えした内容や無料テンプレートなども 活用しつつ、存分に自主性を発揮し、ゲストに 自分達の事を伝えつつ楽しんでもらいましょう。

次の

【役者のプロフィールの作り方】デザインや必要項目、印刷方法など

プロフィール 項目

なぜブログでプロフィールページが大事なのか 実はプロフィールは、ブログの中で一番よく読まれる部分なんです。 あなたもこんな経験はありませんか? とてもおもしろいと思う記事を読んだ後に、ふと著者のプロフィールが目について、 「あっ、うちと同じ年子で2人子供いるんだ」 「へ~、賃貸住宅なのにこんな素敵なインテリアにできるんだなぁ」 「この人も働いてるんだ。 私も、家事をもうちょっと工夫できるかも」 「生まれてくる赤ちゃんのものをたくさん手作りしてるんだなぁ。 私も手作りが好きだし参考にしようっと」 「そうそう、田舎に住んでるとそういうときに大変なんだよね」 「私ももっと物を減らしてシンプルライフを送ってみたいな。 え?この人も前は汚部屋だったの?!」 などなど、何かしら共感する部分を見つけて親近感がわいたこと。 例えばママさんたちとの間で、同い年、出身地が同じ、子供の年齢なんかが同じだとわかった時に、これだけで親近感がわくことってありますよね。 さらにその記事の内容に共感すると、「この人の記事おもしろいな。 また読みに来てみよう」と今度はリピーターになってくれるんですね。 つまり、 「あなたが書く記事」を目当てに、ブログへ来てくれるようになるんです。 このようにプロフィールページがあるのとないのとでは、読者の反応が変わってきます。 「 この記事を書いた人って、どんな人かなぁ?」 そう思ってくれた時に、さっと読んでもらえるプロフィールページがブログに用意できていること。 このことががどれだけ重要か、おわかりいただけましたか?? 魅力的なブログプロフィールを書くためのポイント2つ では、具体的にどのようなプロフィールページが共感を呼ぶのでしょうか? ポイントは2つあります。 1つめは、 なるべくくわしく書くこと。 2つ3つのそっけない内容ではなくボリュームをもたせた方が、より共感してくれる読者は多くなります。 内輪ノリのような感じだったり、必要以上に慣れ慣れしい口調は避けた方がいいです。 初対面の人にいきなり距離感をつめられるとかまえてしまうかも?(私は「おぉ…!」と引いてしまいます 笑) なので、知らない人にいちから自己紹介をするつもりで書きましょう。 そして、2つめのポイントは、 くわしくは書くけれど、ブログにまったく関係のないことは書かないということです。 ここでの「ブログに関係ない」とは、「 ターゲットとする読者が興味を持たない」情報は入れないということです。 例えば、「2人の子持ち、転勤族の社宅住まい、シンプルライフを目指してます」というプロフィールの場合(実際はもっと多く情報を盛り込みます)、それに加えて「プロレスが好きです」という情報まではいりません。 ちょっと極端な例ですが。 同じ境遇で、プロレス好きなところまで一緒の人はいるかもしれませんが、きっと少数ですよね。 そうであれば、プロフィールとしてぼやけてしまうので、そこはしっかりと絞っていきましょう。 プロフィールに書いておきたい項目の例いろいろ 以下、項目の例なのでよかったら参考にしてくださいね。 (もちろんすべてを書かなくて大丈夫です) 自分自身について ハンドルネーム これからずっと名乗っていく名前です。 長すぎる・書きにくい・読み方がわからないネームは避けましょう。 プロフィール画像 必ずではないですが、あった方がよりイメージが定着しやすいです。 住んでいる地域 あまり細かく書く必要はなく、「都道府県」「関東 関西」「都会 田舎」などでも。 ブログについて ブログを始めたきっかけ これはアフィリエイトをしたいと思ったきっかけではなく、なぜブログというものを始めようと思ったかです。 お金を稼ぎたいだけなら何もブログでなくてもいいですし、「私にはブログなんて無理!!」って方はそもそもブログを作ろうとはしていないですよね。 笑 素直に、自分のターゲットとする読者を想像して書くといいです。 例:家計簿、掃除、子育て、料理などを文章で あなたの夢や目標 大きな夢があればもちろんそれでもいいですが(〇〇アドバイザーの資格をとって、仕事をしたい!など)、自分の暮らしの中の目標を書くだけでも、同じような思いをもつ人の目にとまります。 例: 「今はごちゃごちゃしてるけど、スッキリと片付いた家でおだやかに暮らしたい」 「今は余裕がなくなりがちだけど、笑顔でかわいらしいママでいることが理想」など。 見せ方は考えつつも、あくまでも作らずありのままで 書く項目は固まってきましたか? プロフィールの項目を考えながら、「これから人気ブログを目指していくんなら、キャラ作りってした方がいいのかな?」と思った方。 これは私の体験談になるんですが、 心にも思っていないことは書かない方がいいです。 最初は私もキャラ作りをしようと試みました。 明るいブログがいいなぁと思って、普段の自分より語り口を軽快にしたり、ちょっとボケを入れたり。 継続するって簡単なようで、ほんと難しいんですよね。 ずっと自分とズレたキャラでいくのは、至難の業です。 そもそも、あなたが本当に心から思っていることでないと、読み手には伝わらないんですよね。 当ブログで紹介しているのは「主婦のライフスタイル紹介型のアフィリエイトブログ」です。 読者が望んでいるのは、 いち主婦のリアルな情報です。 自分のありのままで書いた記事こそが、読者の心に響くんだなということを、何年もブログを運営してきてひしひしと感じています。 ワードプレスの固定ページでプロフィールページを作成する では、ワードプレスでのプロフィールページの作り方を、解説しておきますね。 すると、このような作成画面になります。 タイトルは簡単に「〇〇のプロフィール」などで、全然かまいません。 下書き保存すると、パーマリンクは日本語で下記のようになります。 くわしくはこちらの記事で解説しています。 最初は通りかかりで濃い読者ではなかった人に興味をわかせて、またブログに訪れてもらう。 それがブログ運営ではとっても大事です。

次の