マイケル ジャクソン 黒人。 息子が「脅威に」黒人男性と結婚した日本人女性が知った「闇」

マイケルさん長女パリス、黒人暴行死動画拡散に苦言

マイケル ジャクソン 黒人

メディアは歴史的事実を歪曲している 昔、まだ6歳か7歳くらいだった頃、インディアナに住んでいました。 そして僕には夢がありました。 エンターテイメントの世界でパフォーマーになりたかったのです。 夜寝ている時でも、母が「マイケル! ジェームズ・ブラウンがテレビに出ているわよ!」と呼びに来れば、飛び起きてテレビの前に陣取りました。 スクリーンに目は釘づけ、スクリーンに映る彼の全ての動き - ツイスト、ターン、腰の動きまで - 研究して自分のものにしようとしました。 ジェームズ・ブラウンだけではありません。 ジャッキー・ウィルソンについても同じです。 ここでは名前を挙げ切ることが出来ませんが、次々に出現する素晴らしいパフォーマー達から学びました。 しかし、これら素晴らしいパフォーマー達がお金に困っているという事実に胸が痛みます。 彼らが世界にもたらす喜びを、レコード会社を筆頭とするビジネスシステムが、己の利益のために利用したからです。 それでもビジネスシステム側の人間はアーティストについてこんな風に言いますよね、「彼らは豪邸を建てたじゃないか」「彼らは浪費家だからな」「彼らはたくさん車を乗り回しているじゃないか」。 違う、そういうことじゃない。 本当に馬鹿げた言い訳だ。 そんな物理的なお金で買えるものと、アーティストが生み出すアートを一緒にしないでいただきたい。 皆さんにも知って欲しいのです、私達アーティストが何と闘っているのかを。 そしてこれは、とても重要なことであるということを。 僕はもう本当にこういったずるい駆け引きにうんざりしています。 こういったことにメディアが関わって、世間に出回る情報を操作することにもうんざりしています。 メディアは嘘ばかりを並べ立てます。 彼らは嘘つきです。 そしてメディアが歴史的事実を歪曲する。 私達の知っている歴史の教科書は、事実に基づいたものではありません。 あれは全部嘘です。 もう一度言います、歴史の教科書は嘘の塊であり、私達はそれを知るべきです。 黒人の偉人本は書かれていない ジャズ、ヒップホップ、ビーバップ、ソウル等のポピュラーミュージック、更にゲークウォーク、ジルバ、チャールストン、ブレイクダンス等のダンスも、全部ブラックカルチャーに由来しています! 人々に現実から少し離れられる時間を与えることよりも重要なことがあるでしょうか? エンターテイメントがそれを可能にします。 音楽がない世界なんて想像できないですよね? 音楽もダンスも、そこに生まれる喜びや笑いがない世界なんて考えられますか? 音楽やダンスやそれにまつわる喜びというのは、本当に重要な役割を担っています。 しかし、例えば私達が本屋にいるとしましょう。 音楽関連書籍コーナーで、表紙に黒人が載っている本は1冊も見つからないことでしょう! 私達はエルビスを見つけるでしょう、ローリングストーンズも見つけるでしょう。 でも真の意味で素晴らしい音楽を始めた人々はどこに消えたのか? オーティス・ブラックウェルは才能溢れる素晴らしい作曲家でした。 エルビスの有名な曲のいくつかは彼の作品です。 そしてオーティスは黒人でした。 そして彼は一文無しで亡くなったのです。 そして誰も彼のことを知りません。 なぜかと言えば、彼についての本を誰も書いていないから。 なぜ僕がそれを知っているかと言えば、僕は彼について本が書かれていないかどうか、世界中探して回ったからです。 そして今日彼の娘さんに会うことができました。 イギリス女王に面会した時と同じ位に光栄で名誉なことだと、誇りに思いました。 僕は自分が黒人だと知っている しかし、今日ここでお話したいのは「正義」「不正」についてです。 皆さんも、僕についてのメディアの報道はよくご存じでしょう。 僕はエルビスやビートルズの記録を塗り替え、ギネス世界記録にアルバムセールスナンバーワン記録をつくりました。 しかし、このようにものすごい成功を収めた瞬間に、人々は僕を変態扱いし、ゲイだと言い周り、児童性的虐待者だと誹謗中傷、さらには僕が自分の肌を漂白しようとした、と。 メディアは世間が僕を嫌うよう仕向けるため、あの手この手を駆使して僕を攻撃しました。 本当にうんざりするメディアの陰謀の存在を、皆さんに理解してもらいたいです。 僕は自分が黒人だということを知っている。 鏡を見れば黒人の僕がいる、当然です。 世界を変えなければなりません。 今日この場を去った後も僕が話したことを忘れないで欲しい。 心によく刻んで下さい。 心の奥にしまい込まないで。 今日話したことについて、皆で行動を起こしたい。 いや、行動を起こさなくてはならないんだ! もうこれ以上待てません。 今こそ皆で変化を起こしましょう。 たいまつを燃やし、高く掲げ、僕たち一人ひとり皆が受けて当然である「尊敬」を要求しようじゃないか! みんなありがとう、I love you! 僕らは皆、この地球に生まれた家族 本当に、僕からのお願いです。 今日この場で感じたことを、明日には忘れる、なんてことをしないで欲しいのです。 もし忘れてしまったら、今日のこの日がなかったことになってしまいます。 つまり、今日感じた決意を行動に移すことができなくなる。 この世界は変わらなければならない。 差別をなくすために、僕は自分のできる限りのことをします。 皆さん本当にありがとう。 そして覚えておいてください、人種は関係ない、僕らは皆この地球に生まれた家族だということを。

次の

パリス・ジャクソンの目が青すぎる理由

マイケル ジャクソン 黒人

09年に急死した米歌手マイケル・ジャクソンさんの長女でモデルのパリス・ジャクソン(22)が、「ジョージに正義を」と書かれた白人警察官に殺害された黒人のジョージ・フロイドさんのイラストをSNSに投稿し、事件の瞬間を撮影した動画がSNSで拡散されていることに苦言を呈した。 フロイドさんの死に対してショックを受け、激怒しているとつづったパリスは、「あとどれだけのジョージ・フロイドが?あとどれだけのトレイボン・マーティンが?」と15年に同じように白人警察官によって射殺された黒人のマーティンさんの名前を出して抗議。 一方で、多くの人が動画を安易にリポストすることは許されることではないと指摘し、敬意を払うよう訴えている。 (ロサンゼルス=千歳香奈子通信員)• photo• 芸能 文音、コメディー初挑戦は「奥が深くて難しかった」 []• シネマ [6月29日 18:53]• 女子アナ [6月29日 17:54]• 芸能 [6月29日 17:41]• 芸能 [6月29日 17:00]• シネマ [6月29日 16:13]• 芸能 [6月29日 16:09]• 芸能 [6月29日 16:07]• 芸能 [6月29日 15:45]• 芸能 [6月29日 15:11]• お笑い [6月29日 14:19]• AKB48 須田亜香里「SKEの2大ブス」松村香織の結婚祝福 []• AKB48 [6月28日 20:31]• AKB48 [6月28日 13:12]• AKB48 [6月26日 16:36]• AKB48 [6月26日 14:00]• AKB48 [6月25日 0:03]• AKB48 [6月25日 0:00]• AKB48 [6月23日 12:49]• AKB48 [6月23日 12:24]• AKB48 [6月23日 10:00]• AKB48 [6月22日 21:54]• ジャニーズ キスマイ宮田俊哉が声優に初挑戦「僕史上一番軽薄」 []• ジャニーズ [6月29日 5:00]• コラム [6月27日 15:25]• ジャニーズ [6月27日 4:00]• ジャニーズ [6月26日 11:00]• ジャニーズ [6月25日 5:01]• ジャニーズ [6月24日 23:41]• シネマ [6月23日 5:00]• ジャニーズ [6月22日 5:00]• 芸能 [6月21日 20:41]• ジャニーズ [6月21日 11:08]• ハリウッド ジャスティン・ビーバー「でっちあげ」告発女性提訴 []• ハリウッド [6月27日 13:22]• ハリウッド [6月27日 11:39]• ハリウッド [6月25日 9:30]• コラム [6月23日 12:53]• ハリウッド [6月23日 8:10]• ハリウッド [6月23日 8:05]• ハリウッド [6月19日 9:32]• ハリウッド [6月19日 9:24]• ハリウッド [6月18日 6:48]• ハリウッド [6月18日 6:48]• 映画 文音、コメディー初挑戦は「奥が深くて難しかった」 []• シネマ [6月29日 18:53]• シネマ [6月29日 16:13]• シネマ [6月29日 10:07]• ジャニーズ [6月29日 5:00]• シネマ [6月28日 15:00]• シネマ [6月28日 5:01]• ハリウッド [6月27日 13:22]• コラム [6月27日 13:00]• シネマ [6月26日 7:52]• シネマ [6月25日 18:56]• ドラマ NHK麒麟がくる代替「利家とまつ」9・0% []• ドラマ [6月29日 11:08]• ドラマ [6月29日 10:11]• ドラマ [6月29日 10:11]• ドラマ [6月29日 10:06]• ドラマ [6月29日 9:34]• ドラマ [6月29日 9:34]• ドラマ [6月28日 5:00]• ドラマ [6月27日 12:00]• ドラマ [6月26日 12:00]• ドラマ [6月26日 10:08]•

次の

愛する息子が「脅威」になる 黒人と結婚した日本人女性が「闇」を知った時:朝日新聞GLOBE+

マイケル ジャクソン 黒人

1958年アメリカインディアナ州に父ジョセフと母キャサリンの六男として生まれました。 1963年ジャクソン5として活動し始め、1969年にはメジャーデビュー曲「I Want You Back」で全米1位を獲得しています。 契約していたモータウンと目指す方向性が合わなくなったため1975年エピックレコードに移籍し、ジャクソンズとして活動し始めました。 1971年にはソロデビューしており、「Got To Be There」「You Can't Win」「Don't Stop 'Til You Get Enough」などを発売。 そして最も売れたアルバムとしてギネスに認定されている『Thriller』を1982年に発表しました。 その中のシングル「Billie Jean」ではムーンウォークを初披露しています。 1987年に発表されたアルバム『Bad』は日本で最大のヒットとなり、初のワールドツアーも日本から行われました。 その後も『Dangerous』『HIStory』など続々とアルバムやシングルを発表したものの、1993年、2003年には性的児童虐待疑惑が起こり世間の非難を浴びます。 尋常性白斑に罹患していることでも、ゴシップ記事が多く出回りました。 2009年にツアー「THIS IS IT」を行うと発表しましたが、実現することなくその年の6月に亡くなってしまいます。 その後ツアーのリハーサル映像を含めたドキュメンタリー映画『THIS IS IT』が公開されました。 4オクターブもの音域を持ち、キングオブポップとも称される天才アーティストでしたが、そのせいで攻撃、誤解されることも多い人生を送っています。 しかし彼の音楽が素晴らしいものであることは誰もが認めることです。 1:驚異的な売り上げとなったスリラー マイケルのもっとも売れたアルバムとして有名な「スリラー(Thriller)」。 こちらは累計で1億1000万枚を売り上げ、現在までその記録を塗り替えた作品がないほどの大ヒット作でした。 この曲で今まで黒人音楽とは無縁であった白人達からも人気集めるようになり、マイケルの認知度の向上に一役買っていました。 2:疑惑をかけられ家宅捜索されている 世界的なアーティストとして名声を得たマイケルですが、2003年に子供への性的虐待疑惑がかけられサンタバーバラ郡の保安官に、「ネバーランド」と名付けられた自宅を家宅捜査されています。 この裁判では2005年に全ての疑惑の罪に対して無罪判決が言い渡されています。 3:白い肌は病気だったため マイケルは黒人です。 しかし、晩年のマイケルは白い肌でメディアに登場することが多くなっていました。 これは死後の検死の結果、「尋常性白斑」という自己免疫疾患によるものであることがわかりました。 この病気により、肌の色素が抜けていったようです。 4:謎の多い死 2009年6月にマイケル・ジャクソンはその生涯を終えました。 死因は元主治医による重過失致死で、麻酔薬プロポフォールの不適切な使用の疑いが強く出ていました。 結局、元主治医は禁固4年の判決を受け、模範囚としての評価から2年で釈放されることで、事件は幕を下ろしましたが、マイケルの死に至る過程や、陰謀説などが錯綜しており、現在まで都市伝説かのごとく謎に満ちた事件となっています。 5:ムーンウォークの歴史 彼の代表的なダンスである「ムーンウォーク」は、原型は「バックスライド」と呼ばれていました。 このバックスライドを初めてテレビで初披露したのは、1970年代から80年代に活躍した音楽グループ、シャラマーのシンガー兼ダンサーのジェフリー・ダニエルという人でした。 実はマイケル・ジャクソンはのジェフリーからバックスライドを教わり、「ムーンウォーク」と命名して自分の踊りに組み込みました。 この時、ジェフリーに日本円で12万円相当のお金を支払って教えてもらったそうですが、5分足らずでマスターしたマイケルにはやはりダンスセンスが際立っていたと考えるべきでしょう。 6:ディズニーランドを貸切した 彼はディズニー好きとしても知られていました。 1987年9月29日に彼は東京ディズニーランドに行きましたが、彼が来園する噂は当時から広がっていました。 このままでは場内が大混乱になると考えたオリエンタルランド側は、なんとディズニーランドをマイケルの貸切にしてしまったといわれています。 7:遺産相続ができない 彼は世界的なアーティストであったので、死後の遺産も莫大な額に達すると見られていました。 しかし、約484億円以上と言われる負債があったと見られ、もし相続すると税金+負債も引き継ぐため、実際にはほとんど相続ができない可能性があると言われています。 マイケル・ジャクソンのすべてを感じる本 初版が発売されたのが1988年なので、ソロアルバム『BAD』の頃までの話となります。 ジャクソン5として歌い始めたのは5歳の頃。 そこからは天才アーティストとしての人生です。 実際はシャイで物腰の柔らかいマイケルですが、ひとたびステージに立てばその様子は変貌します。 そのときのマイケルの気持ちはどうだったのでしょうか。 表面しか知らない私たちにとって、この本はマイケルの感情を知ることができる貴重な本です。 それぞれの歌に対するこだわりも書かれています。 マイケルがどんな気持ちで歌詞を書いたのか、どう意味を持つのかということが分かれば、ますます音楽を楽しむことができ、改めて好きになってしまうことでしょう。 完璧主義のマイケルの努力がひしひしと伝わってきます。 幼いマイケルの話は、とてもほのぼのしてしまいます。 母への愛や真実の友情があったからこそ、天才アーティストととして存在し続けることができたのでしょう。 マイケルの自分の信念を曲げない誠実な生き方を知り、その本質を見極められる作品です。 マイケル・ジャクソンを知りたいすべての人におすすめ ジャクソン5の頃の兄弟との話は、マイケルファンでも知らないことも多く貴重な情報です。 それぞれの才能の有り方、天才だったマイケルの苦悩、そしてそこからソロへと移行していく様子が鮮明に書かれています。 この時代にマイケルの根底ができあがったともいえるでしょう。 そして少年虐待疑惑についてもしっかりと向き合い真実を探っていきます。 マイケル研究の一人者ともいえる著者で、マイケルを尊敬し愛する心に溢れているのですが、その内容に偏りはありません。 事実のみを追い求め、誤解を解いていきます。 あらゆる方面からのバッシングの中でも、最高の音楽を作り続けるマイケルはやはり本物の天才アーティストでした。 その強い信念に感銘を受けること間違いありません。 著者は裁判当時は反マイケルとして報道を繰り返していた人でした。 しかし、裁判の結果は無罪。 事実を見逃し誤った報道をしていたことにショックを受け、真実はどこにあったのかをこの本に残すことにしたのです。 常にマイケルを信じ続け無罪へと導いたメゼロウ弁護士が序文を書いています。 この本で分かることは、マイケルはとても愛に溢れており、その好意が逆手に取られただけのたいしたことのない事件だということです。 にもかかわらず、こんなにも大々的になってしまったのはマスコミ報道が原因。 マイケルが悪であるような偏った報道が多く、多くの人がマイケルが罪を犯したと感じてしまいました。 実際のマイケルは、そんな中でも愛を失わず、精神を疲労させながらも裁判へ出頭し続けています。 しかしシャイで純粋なマイケルは、命を縮めるほど傷ついたことは間違いありません。 この本を読んで多くの人が認識を改め、マイケルの名誉がますます回復することを祈ります。 インタビューから死の真相を探る 幼い頃から活躍し、巨大なお金が動くアーティストとなると周りが変わってしまうのでしょうか。 マイケル自身は巨額の寄付をするような自愛に満ちた人物であったにもかかわらず、お金に関連するもめ事は多くなってしまいます。 マイケルの死に関するたくさんの疑惑。 どれもがお金に関わることなのです。 父親へのインタビューから見えてくるのは、息子は殺されたと思っていること、遺言書もねつ造されていること、そのため遺産相続問題が続いていることなどです。 またマイケルの周りで不審な死もあり、マイケル自身が殺されると感じていたこともありました。 関係者やファンの肉声が多く、本当のマイケルの姿を知れる本でもあります。 悲しみを乗り越えて真実を探りたい人にはぜひ読んでもらいたい1冊です。 貴重!プライベートなマイケル・ジャクソンの写真が満載 マイケルが亡くなり、多くの本が出版されました。 しかしこの本ほどプライベート写真の多い本はないのではないでしょうか。 しかもマイケルが心を許していることがはっきりと分かる、他では見ることのできない微笑んだ表情などの写真です。 内容もマイケルに対する愛で溢れているので、読んでいて幸せな気持ちになります。 特にネバーランドの内部の写真は貴重です。 マイケルがわが子を抱いている写真を見ると、壮絶な人生であったけれども、幸せな時もあったのだと感じさせてくれます。 子ども時代の写真が多いので物足りない方もいらっしゃるかもしれませんが、屈託のない笑顔の幼いマイケルに癒されること間違いありません。 マイケル・ジャクソンが実際はどんな人だったのか、なぜ誤解ばかりされていたのかというような疑問に答える本を集めています。 ぜひ改めて歌も聞いてみてください。

次の