ゼロックス 複合機。 こんなこともできる!富士ゼロックス複合機の裏ワザ ペーパーレス、転送

XEROX(ゼロックス)コピー複合機の評判は他のメーカーと比較してどうですか? / OAランド

ゼロックス 複合機

おすすめのコピー機・複合機はどのメーカーが良いのでしょうか? 国内だけでも富士ゼロックス、キヤノン、リコーの主要3メーカーをはじめ、コニカミノルタ、東芝テック、シャープ、ブラザー、京セラ等たくさんのメーカーから発売されております。 また、販売店は複数メーカーを扱う「併売店」、メーカーに特化した「専売店」があり、と・・・ 今回、オフィス用(業務用)コピー機・複合機は、どのメーカーを選べば良いのか?導入選定のポイントは?お悩み解決のために、ランキングやシェア、評判、おすすめ・・・様々な視点から比較してみました。 3% 3位:キヤノン21. 「とりあえずシェアの高い主要3メーカーにしておけば間違いがない」と思っていたら、「主要3メーカー以外も満足度が高い」事がわかります。 何を基準に選定すれば良いのか?更に分からなくなってきました。 そこで、コピー機・複合機を導入する際に「重要視しているポイント」を調べてみました。 そうなると・・・ コピー機・複合機選定で重要な要素は「サービスマン対応」だという事がわかります。 サービスマン対応とは、素早い対応はもちろんですが、営業とサービスマンが連動できている事が重要です。 営業に伝えた事が、サービスマンにもしっかりと伝わっているか?営業とサービスマンが連携できているか? つまり という事になります。 確かに、営業、サービスマン、コールセンターが一体となっていると、自社の利用状況を常に 把握してもらえるので安心して使い続けられます。 販売会社とメンテナンス会社が違う会社の場合、販売会社から導入後はになります・・・.

次の

ゼロックス(xerox)のコピー機(複合機)の特長

ゼロックス 複合機

業務用コピー複合機業界では1位のシェアを誇るゼロックス。 コピー複合機のシェアは『』を参考にしていただきたい。 全国のコンビニ(セブンイレブン)で導入されており、目にしたり実際に使ったことがある方も多いのではないだろうか。 ゼロックスは顧客満足度No. 全国の保守拠点の数が他メーカーと比較して圧倒的に多いことや、全メーカー随一の画質の高さがその理由となっている。 そんな『高クオリティ』なゼロックスのコピー複合機について詳しくご説明する。 XEROXコピー複合機の評価・レビュー まずはゼロックスのコピー複合機に対する評価をワシ独自の視点で点数をつけているので、こちらをご覧いただこう。 まず特筆すべきは画質の高さ。 全メーカー随一の美しさを誇ることで業界内でも高いネームブランドを持っている。 また、上記表には項目を入れていないが、保守拠点が全国に網羅されており、スピーディーで親切な対応が評判だ。 逆に中古品への扱いは厳しいため、ゼロックスは新品で導入することをオススメする。 それでは、詳しい理由について、以下にご説明していこう。 XEROXコピー複合機の良い点 印刷品質がとても良い 何度もお話するがゼロックスのコピー複合機はどのモデルでも画質が非常に高い。 ここで説明する画質というのは、で表記される数字以外だけではなく、人間の目で見たときのコピーの再現性・鮮明さも含まれている。 実際に保守サービスを実施するサービスマンから見ても、圧倒的に綺麗な画質はコピー複合機の全メーカー随一と言えるレベルだという。 全メーカー圧倒の保守体制 メーカーが保守対応を行う場合に限るが、保守サービスを実施する拠点数がメーカーで群を抜いて多い。 具体的な拠点数は申し上げられないが、三桁を超える拠点があり全都道府県をくまなくフォローしており、文字通り全国で安心して保守サービスが受けられるメーカーだ。 Docuworks(ドキュワークス)がものすごく便利 直接コピー複合機とは関係が無いが、「Docuworks」と呼ばれるゼロックス独自のソフトウェアで、とても評価が高く使いやすいので良い点として簡単にご紹介させていただく。 Docuworksはパソコンにインストールするタイプのファイル管理ソフトで、ゼロックスのコピー複合機と連携することでより便利に使えるようになる。 詳細な説明は割愛させていただくが、パソコンに保存されているデータを一目でわかるように整理整頓できたり、PDFなどの電子書類に押印したデータを残せたりと使い方は様々だ。 また、他メーカーのコピー複合機でもある程度は連携させることができ、1ライセンス15,800円~と買い切りで使える手軽さも人気の理由となっている。 Docuworksについて詳しくはをチェックするか、OAランドスタッフにお問い合わせいただきたい。 XEROXコピー複合機の良くない点 価格が高い ゼロックスは全メーカーの中でも定価が高い分類に入る。 厳密にはモデルやオプションにより変わるが、同等スペックで並べるとキヤノン・リコー・シャープ・コニカミノルタの中ではもっとも定価が高いメーカーと言っても過言ではない。 しかし実際、市場に出回っている実勢価格は3大メーカーで比較すると大差はなく、どちらかというと販売店の実力により売価が異なるケースが多い。 高いのはあくまで定価設定ということで、実際に購入する場合は実勢価格を見ながら判断しよう。 ただ、OAランドではダントツで価格の安いシャープの取扱いがあるため、シャープと比較してしまうとゼロックスは価格面では高いと言わざるを得ない。 中古流通量が少ない 3大ブランドのキヤノン・リコー・ゼロックスすべて共通して言えることだが、3大ブランドのコピー複合機は中古市場にあまり出回っていない。 理由は、メーカーがリユース品を回収しているため本体自体の流通量が限られているのと、メーカーからパーツを仕入れるルートが基本的に無いため、再販するための整備(オーバーホール)が困難なのだ。 中古市場に在庫が出回らないと価格相場も下がらないため、ゼロックスのコピー複合機は新品に限らず中古品でも価格が高めの設定になっている。 (旧モデルや在庫過多モデルなど、理由があるものはもちろん安く提供されている) 中古品の保守サービスは充実していない 前述したメーカーがリユース品を回収している点にも結びつくが、ゼロックスは中古品に対して厳しく、基本的に中古コピー複合機はメンテナンスができない。 販売店が自社サービスで実施している場合は、そのエリア内であれば保守サービスを受けることが可能だが、そうでない場合は基本的にスポット保守契約になるので、もし中古のゼロックスコピー複合機を検討していた場合は注意しておこう。 結論:XEROXコピー複合機を選ぶ理由 画質とサービスが圧倒的な高水準のゼロックス。 デザイナーやDPT系などの業種で「 品質重視」であれば間違いなくゼロックスのコピー複合機をオススメする。 また、OAランドでは弁護士などの信用商売を行う士業の方にも人気が高い。 なお、ゼロックスで検討するのであれば、中古ではなく新品リースで導入しよう。 XEROXコピー複合機の発売時期とモデル一覧 最後に、ここ10年くらいで販売されているゼロックスのコピー複合機の機種モデルを一覧でまとめたので、ゼロックス製品を選ぶときの参考にしていただけたら幸いじゃ。 XEROX(ゼロックス)のコピー複合機モデル一覧表 型番 スペック 在庫状況 XEROX A3カラー複合機 DocuCentre-VII C7773 2018年11月~ ハイエンド(60枚~) XEROX A3カラー複合機 DocuCentre-VII C6673 2018年11月~ ハイエンド(60枚~) XEROX A3カラー複合機 DocuCentre-VII C5573 2018年11月~ 高速機(40枚~) XEROX A3カラー複合機 DocuCentre-VII C4473 2018年11月~ 高速機(40枚~) XEROX A3カラー複合機 DocuCentre-VII C3373 2018年11月~ 中速機(20~40枚) XEROX A3カラー複合機 DocuCentre-VII C2273 2018年11月~ 中速機(20~40枚) XEROX A3カラー複合機 DocuCentre-VI C2264 2018年8月~ 中速機(20~40枚) XEROX A3カラー複合機 DocuCentre-VI C7771 2016年12月~ ハイエンド(60枚~) XEROX A3カラー複合機 DocuCentre-VI C6671 2016年12月~ ハイエンド(60枚~) XEROX A3カラー複合機 DocuCentre-VI C5571 2016年12月~ 高速機(40枚~) XEROX A3カラー複合機 DocuCentre-VI C4471 2016年12月~ 高速機(40枚~) XEROX A3カラー複合機 DocuCentre-VI C3371 2016年12月~ 中速機(20~40枚) XEROX A3カラー複合機 DocuCentre-VI C2271 2016年12月~ 中速機(20~40枚) XEROX A3モノクロ複合機 DocuCentre-V 7080 2015年11月~ ハイエンド(60枚~) XEROX A3モノクロ複合機 DocuCentre-V 6080 2015年11月~ ハイエンド(60枚~) XEROX A3モノクロ複合機 DocuCentre-V 5080 2015年11月~ 高速機(40枚~) XEROX A3モノクロ複合機 DocuCentre-V 3060 2015年11月~ 中速機(20~40枚) XEROX A3モノクロ複合機 DocuCentre-V 2060 2015年11月~ 中速機(20~40枚) XEROX A3モノクロ複合機 DocuCentre-V 1060 2015年11月~ 中速機(20~40枚) XEROX A3カラー複合機 DocuCentre-V C2263 2015年10月~ 低速機(20枚未満) XEROX A3カラー複合機 DocuCentre-V C7785 2015年5月~ ハイエンド(60枚~) XEROX A3カラー複合機 DocuCentre-V C6685 2015年5月~ ハイエンド(60枚~) XEROX A3カラー複合機 DocuCentre-V C5585 2015年5月~ 高速機(40枚~) XEROX A3カラー複合機 DocuCentre-V C7776 2015年5月~ ハイエンド(60枚~) XEROX A3カラー複合機 DocuCentre-V C6676 2015年5月~ ハイエンド(60枚~) XEROX A3カラー複合機 DocuCentre-V C5576 2015年5月~ 高速機(40枚~) XEROX A3カラー複合機 DocuCentre-V C4476 2015年5月~ 高速機(40枚~) XEROX A3カラー複合機 DocuCentre-V C3376 2015年5月~ 中速機(20~40枚) XEROX A3カラー複合機 DocuCentre-V C2276 2015年5月~ 中速機(20~40枚) XEROX A3モノクロ複合機 DocuCentre-V 7080 2014年12月~ ハイエンド(60枚~) XEROX A3モノクロ複合機 DocuCentre-V 6080 2014年12月~ ハイエンド(60枚~) XEROX A3モノクロ複合機 DocuCentre-V 5080 2014年12月~ 高速機(40枚~) XEROX A3モノクロ複合機 DocuCentre-V 4070 2014年12月~ 中速機(20~40枚) XEROX A3モノクロ複合機 DocuCentre-V 3070 2014年12月~ 中速機(20~40枚) XEROX A3カラー複合機 DocuCentre-IV C2263N 2014年2月~ 2018年3月 低速機(20枚未満) XEROX A3カラー複合機 DocuCentre-V C7775 2013年11月~ 2017年12月 ハイエンド(60枚~) XEROX A3カラー複合機 DocuCentre-V C6675 2013年11月~ 2017年12月 ハイエンド(60枚~) XEROX A3カラー複合機 DocuCentre-V C5575 2013年11月~ 2017年12月 高速機(40枚~) XEROX A3カラー複合機 DocuCentre-V C4475 2013年11月~ 2017年12月 高速機(40枚~) XEROX A3カラー複合機 DocuCentre-V C3375 2013年11月~ 2017年12月 中速機(20~40枚) XEROX A3カラー複合機 DocuCentre-V C2275 2013年11月~ 2017年12月 中速機(20~40枚) XEROX A3カラー複合機 DocuCentre-V C7780 2013年11月~ 2018年5月 ハイエンド(60枚~) XEROX A3カラー複合機 DocuCentre-V C6680 2013年11月~ 2018年5月 ハイエンド(60枚~) XEROX A3カラー複合機 DocuCentre-IV C5580 2013年11月~ 2018年5月 高速機(40枚~) XEROX A3モノクロ複合機 DocuCentre 1058 2012年1月~ 2018年5月 低速機(20枚未満) XEROX A3カラー複合機 DocuCentre-IV C5575 2011年12月~ 2015年3月 高速機(40枚~) XEROX A3カラー複合機 DocuCentre-IV C4475 2011年12月~ 2015年3月 高速機(40枚~) XEROX A3カラー複合機 DocuCentre-IV C3375 2011年12月~ 2015年3月 中速機(20~40枚) XEROX A3カラー複合機 DocuCentre-IV C2275 2011年12月~ 2015年3月 中速機(20~40枚) XEROX A3モノクロ複合機 DocuCentre-IV 7080 2011年12月~ 2017年3月 ハイエンド(60枚~) XEROX A3モノクロ複合機 DocuCentre-IV 6080 2011年12月~ 2017年3月 ハイエンド(60枚~) XEROX A3モノクロ複合機 DocuCentre-IV 5080 2011年12月~ 2017年3月 高速機(40枚~) XEROX A3カラー複合機 DocuCentre-IV C2263 2011年12月~ 低速機(20枚未満) XEROX A3モノクロ複合機 DocuCentre-IV 4070 2011年12月~ 2016年12月 高速機(40枚~) XEROX A3モノクロ複合機 DocuCentre-IV 3070 2011年12月~ 2016年12月 中速機(20~40枚) XEROX A3カラー複合機 DocuCentre-IV C5570 2011年12月~ 2015年3月 高速機(40枚~) XEROX A3カラー複合機 DocuCentre-IV C4470 2011年12月~ 2015年3月 高速機(40枚~) XEROX A3カラー複合機 DocuCentre-IV C3370 2011年12月~ 2015年3月 中速機(20~40枚) XEROX A3カラー複合機 DocuCentre-IV C2270 2011年12月~ 2015年3月 中速機(20~40枚) XEROX A3モノクロ複合機 DocuCentre-IV 3060 2011年7月~ 2016年12月 中速機(20~40枚) XEROX A3モノクロ複合機 DocuCentre-IV 2060 2011年7月~ 2016年12月 中速機(20~40枚) XEROX A3カラー複合機 DocuCentre-IV C7780 2011年1月~ 2014年3月 ハイエンド(60枚~) XEROX A3カラー複合機 DocuCentre-IV C6680 2011年1月~ 2014年3月 ハイエンド(60枚~) XEROX A3カラー複合機 DocuCentre-IV C5580 2011年1月~ 2014年3月 高速機(40枚~) XEROX A3カラー複合機 DocuCentre-IV C2260 2009年11月~ 2012年4月 低速機(20枚未満) XEROX A3カラー複合機 DocuCentre-III C7600 2008年11月~ 2012年2月 ハイエンド(60枚~) XEROX A3カラー複合機 DocuCentre-III C6500 2008年11月~ 2012年2月 ハイエンド(60枚~) XEROX A3カラー複合機 DocuCentre-III C5500 2008年11月~ 2012年2月 高速機(40枚~) XEROX A3カラー複合機 DocuCentre-III C3305 2008年11月~ 2010年3月 中速機(20~40枚) XEROX A3カラー複合機 DocuCentre-III C2205 2008年11月~ 2010年3月 中速機(20~40枚) XEROX A3モノクロ複合機 DocuCentre-III 7000 2008年11月~ 2011年10月 ハイエンド(60枚~) XEROX A3モノクロ複合機 DocuCentre-III 6000 2008年11月~ 2011年10月 ハイエンド(60枚~) XEROX A3モノクロ複合機 DocuCentre-III 5000 2008年11月~ 2011年10月 高速機(40枚~) XEROX A3モノクロ複合機 DocuCentre-III 4000 2008年11月~ 2012年11月 高速機(40枚~) XEROX A3モノクロ複合機 DocuCentre-III 3010 2008年11月~ 2012年11月 中速機(20~40枚) XEROX A3カラー複合機 DocuCentre C1101 2008年11月~ 2011年5月 低速機(20枚未満) XEROX A3カラー複合機 DocuCentre C2101 2008年3月~ 2010年4月 低速機(20枚未満).

次の

ゼロックス製のコピー機・複合機の特徴。メリットやデメリットについて|オフィス桃太郎

ゼロックス 複合機

ゼロックスの正式名称は「富士ゼロックス株式会社」ですが、その名前の通り、富士フィルムグループの一つです。 複合機の歴史は古く、1959年に複合機を販売しましたが、その最初の複合機を販売したのがゼロックスです。 その後、複写技術の特許が切れたタイミングでや が参入したという歴史があり、複合機の元祖がゼロックスです。 昔は「コピーして!」を「ゼロックスして!」という言葉が一般的だった背景もあります。 自動車でいうと、 が「トヨタ自動車」、ゼロックスが「メルセデス・ベンツ」という感じですね。 また、単純に複合機が高いのもそうですが、他メーカーでは標準で付いているものが、ゼロックスではオプションというものがあります。 USBメモリーキットは、スキャンした時にUSBメモリーにデータを送る時に使います。 今では一般オフィスで使う分には、複合機の耐久性や色写り等はどこのメーカーでも問題ないので、ゼロックスの価格の高さはネックです。 大体 他メーカーの1. 3倍は高いですね。 弊社では見積書を出すときに、2種類のメーカーで出す事も多いですが、ゼロックスとその他のメーカーで出すと「何でゼロックスこんな高いの?」と言われる事も多くあります。 また、カウンター料金もそうですが、も非常に高いです。 基本的に「毎月1000円」が基準ですが、ゼロックスの場合「毎月2550円」が基準で、交渉しなければ下がりません。 カウンターを多く使えば全然問題ないのですが、今は業務用複合機も安くなっているので、リースにすると携帯代ぐらいで導入が可能です。 するとあまり印刷枚数が多くないお客様だと毎月1550円の差が発生するので、リース期間にもよりますが、トータルで10万円以上の価格差になってしまうのです。 本体価格と同様に一般オフィスだと、 こだわりが無ければゼロックスはおすすめしません。 弊社では反響営業というスタイルととっているので、お客様からのご要望を伺いますが、やはりゼロックスと は頭一つ抜けてお問い合わせが多いです。 WEB上で機種名を出して販売しているという理由もありますが、やはり「信頼出来る」「故障が少ないと聞く」という理由で、見積書が欲しいという方が多いです。 現に、私が売ってきた中で、 と僅差ではありますが、ゼロックスが一番故障率が低いです。 長野県安曇野市にゼロックスユーザーがいますが、かなりの田舎と言われているこの地域でも30分でメンテナンス来るぐらいです。 色の専門家として「デザイン」という業界がありますが、この業界の8割がプリンターや はゼロックスを使っています。 ゼロックスの印刷の特徴として、元データに近い発色が出来ます。 複合機の各メーカーは、微妙に色写りの特徴が違います。 元データよりも鮮やかであったり、コントラストが強かったりするんですね。 で、ゼロックスの様に元データに近いというのは、デザイン業界にとっては最も重要な事であるので、ゼロックスが選ばれるのです。 ただ、専門化から見て違いが判る程度のものなので、普通に会社で事務作業を行うのであれば、ゼロックスとその他メーカーの違いというのは分からないと思いますね。 訪問までのスピードで悪いイメージはないでしょう。 数字上の総合的評価では2位ですが、 弊社がお客様におすすめする順番的には、4番手ですね。 ゼロックス独自の強みが明確にあるので、これからもゼロックスという名はブランドであり続けるでしょう。 また、「 」という業務管理ソフトも相当な企業に入っており、必然的にゼロックス機でないと連系がとれないので、ゼロックスの複合機で囲うという戦術は非常に得意です。 先陣を切って他メーカーが追うという構図は「ゼロックス」と「 」が強いイメージがあります。 関連記事 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ >>.

次の