辰年の特徴。 辰年(たつどし)生まれの性格や特徴【男性・女性別】

辰年(たつどし)生まれの性格や特徴・相性・2020運勢を徹底解説!|恋愛から運勢まで分かる干支占い

辰年の特徴

興味のあるところから読んでくださいね• 辰年生まれの長所と短所 辰年生まれの人の長所は、 先見の明があり、常識にとらわれない発想をし、他の人の1歩も2歩も先をゆくところです。 くだらないことで揉めたり、言い争いなどをしたりしない、大らかな一面もあります。 壮大な人生計画を持っている人が多いので、つかみどころがないと思われることもあります。 しかし、その大らかさゆえ、頼りにされることも多く、リーダーに抜擢されることもしばしばあります。 裏表がなく根に持たない性格も、人間関係を築く上での長所といえるでしょう。 辰年生まれの人の短所は、 自分の思い通りにならないと怒り出したり、敵対心をあらわにしたりするところです。 周囲にはぶっきらぼうな雰囲気を与え、愛想を振りまくことがないため、友人にはあまり恵まれません。 人の協力があってこそ輝ける辰年ですから、協調性をもって行動することが大切です。 才能を持っていながらも、あまり努力をしない傾向があります。 非常にプライドが高く、人を見下すこともあるので、謙虚な姿勢を心がけると良いでしょう。 辰年生まれの仕事に対する姿勢 視野が広い辰年は、専門分野で才能を発揮し『その道のプロ』となることが多いです。 主に建築関係の仕事や、独立経営などが向いているといわれています。 理学療法士や作業療法士、放射線技師など医療系の仕事もやりがいを感じられそうです。 いわゆる会社員や公務員などはあまり向いていません。 辰年の人自身も、人とは異なる職を持ちたいと考えるでしょう。 辰年生まれの恋愛傾向 辰年生まれの人は、自由で発想力が豊かです。 恋愛に関しても、どうしてあの人を選んだんだろう? と思われるような、意外な相手を選ぶことがあります。 もともと異性には縁がありモテる辰年なのですが、本人は奥手で恋愛下手といえます。 いざ恋に落ちると、自分たちのことしか見えなくなってしまうため、知らずに第三者を傷つけていることも。 周りからは前途多難な恋に見えても、本人は幸せを感じています。 辰年生まれの健康運 辰年生まれの人は、胃腸病、腰痛に気をつけましょう。 また、自由に振舞いながら小心者でもあるため、ストレスが蓄積されて爆発してしまうことがあります。 アルコールで悪酔いしたり、依存気味になったりしないよう注意してください。 怒りが爆発し、パニックになることもごくたまにあります。 辰年生まれの相性 子年・・・理想を語る辰年の話をよく聞いてくれる子年は、とても良い相性です。 丑年・・・ライバル視してしまいうまくいきません。 辰年が一歩引き下がりましょう。 寅年・・・強運な者同士気が合います。 近すぎず、離れすぎない距離感が大切です。 卯年・・・裏表のある卯年に対し辰年は不信感を抱きます。 相性は良くありません。 辰年・・・感情がぶつかり合って喧嘩も多く、あまりうまくいきません。 巳年・・・巳年は辰年の良き理解者となり、巳年がリードすることで良い相性になります。 午年・・・負けず嫌い同士ですが、お互いに認め合える良い関係を築くことができます。 未年・・・性格が異なるため惹かれることはないでしょう。 共通点は少ないです。 申年・・・器用な申年と行動的な辰年の良いところが合えばとても良い相性です。 酉年・・・寛大な酉年に辰年は魅力を感じます。 酉年も辰年を包んでくれるでしょう。 戍年・・・価値観が異なりあまり合いませんが、共通点があればきっかけにできます。 亥年・・・性格の違いを理解し認めることができればまずまずの関係になれます。 2016年の運勢 辰年の2016年は、とても忙しく慌しい1年になりそうです。 しかし、忙しいほど運気は上昇するので前向きに捉えてください。 プレッシャーにも耐えられるパワーが、2016年の辰年には授けられてきますので、困難も乗り越えることができます。 息をつく暇もないほどめまぐるしく状況は変わり、自分がもう1人いてくれたらいいのにと思うこともあるでしょう。 途中で努力を止めてしまう傾向のある辰年ですが、最後まで努力してやりきるようにしてください。 責任感の強い辰年ですから、努力をすれば、人からも信頼され、その先に大きな成果が待っていることでしょう。 2016年は運気の波が激しいので、なかなか気持ちが落ち着かないかもしれません。 そんなときは深呼吸して、ワンクッション入れるとリラックスできます。 なかなかゆっくりできる時間が取れないと思いますが、意識して休めるときには休むことが大切です。 無理をしすぎると、爆発してしまうことがあります。 信頼できる人に打ち明けることで、気持ちが楽になります。 2017年の運勢 辰年生まれの2017年の運勢は、 これまでに経験したことがないレベルの大きな変化を体験しそうです。 うまく勢いに乗れれば、かなり充実した1年を過ごすことができるでしょう。 恋愛運も順調で、おめでたいことに縁がある年となりそうです。 仕事運は、新しい人間関係が構築され、独立や転職といった職場環境の大きな変化が起こる可能性があります。 金運は、2016年に比べて良くなってきています。 とはいえ、まだまだ回復途中の運勢ですので、大きな出費は控えてください。 健康運は良好ですが、胃腸に関係する疾患には気をつけましょう。 2018年の運勢 2019年の運勢 2020年の運勢 辰年生まれの有名人 辰年生まれの有名人として、佐々木希さん、奈々緒さん、木村佳乃さんなどが挙げられます。 そのほか、新垣結衣さん、観月ありささんなど、天性の才能を持った人が多いですね。 坂本龍一さん、芥川龍之介さんなど日本を代表するアーティストもいます。 強運の持ち主でありながら、独特の感性で才能を開花させることができるのが、辰年です。 辰年の女性は、理想が高く勝気なところもあります。 音楽や演芸などを好む人が多いので、周囲には華やかなイメージを与える人が多いでしょう。 まとめ 辰年は、負けず嫌いで強情な性格の持ち主です。 そうかと思えば、根に持たないさっぱりした性格でもあるので、世間的には付き合いやすい印象を与えます。 中年期に苦労をすることがありますが、努力を続ければ幸福な晩年を送ることができます。 辰年は運が強い干支ですから、衣食住に困ることはないでしょう。 自分のワガママを通すのではなく、人の意見に耳を傾けていくことで開運につながります。

次の

【干支占い】辰年(たつどし)生まれの性格と相性

辰年の特徴

辰年生まれの男性は我が道を行くタイプの性格であることが多いです。 基本的には自由人で団体行動はあまり好きではありません。 自由に物事を考え、自分がやりたいことをやります。 そのため、研究者やクリエイターというような専門的な仕事に就くことが多いです。 さらに、裏表がなく思ったことをそのまま口に出します。 コミュニケーション能力はそれほど高くありません。 しかし人と関わることを自分から避けている面もあります。 辰年生まれの男性は誰かのペースに合わせることが苦手ですので、自分勝手なところもあります。 周りはそれに振り回されることになるでしょう。 本人に悪気があるわけではありませんが、気遣いができるタイプでもないため、嫌われてしまうことも多いです。 そしてプライドが高く沸点が低いため、悪口を言うとすぐにキレてしまいます。 このような点でも扱いが難しい相手となるため、周りから人が離れて行きやすい性格です。 辰年生まれの女性は誰かを支えることを生きがいとする性格です。 自分のためではなく、誰かの役に立ったり、奉仕したりすることにより自分の存在価値を見出します。 陰で男性を支えるようなタイプなのです。 友人は多いですが、親友はあまりいません。 しかしそのことを本人は気にしておらず、自ら望んで人と深い関りを持つことを避けているようなところもあります。 また、辰年生まれの女性は恋愛に興味がないことも多いです。 周りの友達は恋愛の話をして盛り上がっていても、その会話に入っていけないこともあるでしょう。 しかし結婚できないわけではありません。 同じ人と長く付き合い、そのまま結婚することが多いです。 恋愛面では一途な人と言うことができるため、恋人としては安心でしょう。 家庭に入れば旦那さんをしっかり支えてくれます。 仕事のパートナーとしても、辰年が感情的になっても子年がしっかりとサポートできる関係なので、安定した関係を築くことができます。 足を引っ張る関係で、常に争いが絶えない関係になるでしょう。 丑年の人が、忍耐強くなってくれる分には良いのですが、関係性が近ければ近いほど、厳しい間柄になるでしょう。 お互い強運の持ち主でもあるので、バランスがとれた関係を築くことができます。 お互い集団行動が苦手なので、共感できる部分もあるでしょう。 恋愛関係になると、現実主義な寅年と創造力豊かな辰年を上手にあやしてくれるので、安定した関係を築くことができます。 卯年の二面性に辰年が敏感になり、衝突が多く分かり合うことが難しい関係だと言えます。 信頼関係を築くことができないというところも、厳しいと言えます。 お互いの良い面を引き出し合う関係といより、摩擦が多い関係になります。 似た者同士は仲が良くなるパターンと、逆のパターンがありますが、自己顕示欲が強い二人は、喧嘩が絶えない関係であると言えます。 お互いフォローし合える関係なので、言葉足らずな辰年を理解してくれるところがあります。 ただ、恋愛関係となると巳年は束縛をする傾向が強く、束縛が嫌いな辰年は、厳しい関係になると言えます。 辰年の良い面を引き出し、サポートしてくれる存在が午年でもあるので、良いのですが、恋愛となると、午年の浮気癖がでてきて、あまり良いとは言えません。 ただ、魅力を感じることもあるので、恋愛関係では、上手に付き合うことができるとベストパートナーになるでしょう。 お互い元々持っている性質が異なるため、ない部分に対して、尊敬し合える関係でもあります。 仕事面においても、円滑にすすめることができる関係なので、仕事のパートナーとしても抜群に良いと言えます。 お互いの第一印象もよく、違う性質なのに、信頼し合えるので、恋愛関係においても仲良くいられる存在となります。 辰年の豊かな発想力を、酉年が形にしてくれるという特徴もあります。 まじめな戌年と、自由人である辰年の考えや行動を理解することが、難しく衝突というより、関わりたくないと思うところがあるようです。 恋愛においても、価値観が異なり過ぎるので、惹かれ合うことはありません。 お互いの性格が真逆ですが、理解できない関係ではありません。 とは言え、ギャップが激しい部分もあるので、生まれた日によっては、欠点を補えますが、まったく受け付けないという関係ではなさそうです。

次の

【干支占い】辰年(たつどし)生まれの性格と相性

辰年の特徴

辰年のポジティブな性格・特徴 辰年の性格・特徴? :感性が豊か 辰年生まれの人には感受性があります。 感性豊かな考え方から生み出されるアイデアの数々はどれも奇抜です。 感受性が優れているということはつまり、他の人にはない視点で物事を見つめられるということに他なりません。 ですので辰年の人は天才肌と言われることが多く、実際才能に溢れた人物が多いという特徴があります。 感性は言い換えればセンスのことなので、時代を切り開く力を持っている場合が多いのです。 どんな才能を持っているかに気づきさえすれば、大成することでしょう。 さらに辰年だからこその感性に惹かれる人も多いです。 傲慢にさえならなければ、カリスマ性のある人として、周囲を引っ張るリーダーになることもできるでしょう。 このように感性の豊かさは、様々な面で力を発揮するというわけです。 辰年の性格・特徴? :文才に恵まれる 辰年の基本的な性格は、突拍子もないアイデアを思いつくことです。 人よりも感受性が豊かなところがあり、発想力にも優れているため、芸術的才能に溢れている傾向にあります。 そのうえ頭の回転が速いという特徴もあり、それゆえか文章力に秀でています。 他の人にはない感受性から溢れ出る言葉の数々は、人を惹きつけるものがあります。 頭が良いということはすなわち分かりやすい文章を書けるということでもあるため、辰年の人には文才があります。 実際、辰年は作家に向いているとも言われており、小説家として活動している人も多いです。 もちろん作家に限った話ではなく、コピーライターやエッセイストなど、文章にかかわる仕事ならなんでも向いていると言えます。 辰年の性格・特徴? :発想力が豊か 辰年は空想上の生物、龍のことを指しています。 空想の中の生物というだけあって、辰年の人は発想力に優れている傾向にあります。 言い換えれば常識に囚われない考え方ができる柔軟な思考の持ち主ということです。 誰もが思いつかないようなアイデアを閃くことができ、唯一無二の発想力を持っているため、時代を切り開く大人物になれる可能性が高いです。 実際辰年の特徴の一つに先見の明に優れているというものがあるため、流行に先んじたアイデアを思いつけるかもしれません。 こうした発想力こそが辰年のポジティブな特徴と言えます。 誰にも真似できない才能と言い換えても良く、常識はひとまず置いておき、思いつく限りの発想を実行に移していくと大成功するかもしれません。 辰年の性格・特徴? :そっけない 柔軟性や客観性に富み、物事を冷静に見られるという長所がある辰年の人。 しかし、時にはその性格のために、周りからは冷たく素っ気ないと評価されてしまうことが少なくありません。 本人からすれば、結論の見えた事態や話に全力を投じるのはうまくないと思って距離を置いているだけなのですが、傍からすると、その態度が気に入らないということで、不和の原因にもつながりかねない部分です。 皆、案外内心では辰年の態度が理にかなっていると思っているからこそ、ぶつかり合いが出てくるわけですね。 もちろんクールな態度を貫き通すのも良いですが、場合によっては若干熱があるフリをしてみせるというのも手です。 どの道、結論が変わらない以上、自分の評価を下げる事態を呼び込まない方が賢いという部分もあるかも知れません。 辰年の性格・特徴? :熱しやすく冷めやすい 辰年生まれは積極性や行動力があり、集中力も高いです。 一つのことに対して意識を集中させたときはとてつもない力を発揮します。 反面、熱が冷めるのも早いです。 いわゆる熱しやすく冷めやすいタイプであるため、長続きしません。 辰年の人は非常に好奇心旺盛であるため、いろんなことに興味が向くのです。 ですので興味を惹かれたものはとことんまでのめり込みますが、すぐに別のものに意識が向いてしまうため、いろいろなものに手を出してしまう傾向にあります。 それに加えて行動力に溢れているため、興味を惹かれたら即座に動き始めます。 周囲に流されることなく自分のペースで動くタイプなので、周りを巻き込んで思わぬチャンスを掴むかもしれません。 その一方ですぐに飽きてしまうため、芽が出る前にビッグチャンスを手放してしまう可能性が高いです。 なので根気強く続けることも大事だと言えます。 辰年の性格・特徴? :二面性がある 建前と本音の部分で大きく違いがあるのはままあることですが、辰年の人に関して言えば、本音の部分でも二面性があると見なされることがままあります。 のんびりしている時と激しく気持ちをぶつけている時のギャップがあるために、こうした評価になってしまうことが少なくないのです。 また、愛想をふりまいたりといった処世術の部分にさほど関心を払っていない気質のため、好悪の差が極めて多く出てしまい、相手から悪印象を持たれかねない部分にもなっています。 もっとも、多くの人が言う「二面性」というのは本音と建前の裏表を指すことが多く、性格的にメリハリがあってもそれほど嫌われたりはしないものです。 態度を取り繕うよりも、自分の性格はこうだと、周りに認知して貰った方が良いかも知れません。 恋愛を成功させるポイントは正直に気持ちを伝えること 自由な発想力を持ち、懐が広い一方で、何を考えているのか分からないと評価されてしまいがちなのが辰年の人です。 仕事上では毎日の働きで補うことは十分に可能ですが、より距離が近く、将来を左右しかねない恋愛の場となると、どこまで本気なのか分からないと受け取られてしまい、後々に至るまでネックとなりかねないのが正直なところです。 ここは、少々照れ臭くても、本当に好きな相手に対しては正直に好意を伝え、相手の返答を待つというのはベターかと思います。 そうすれば、意中の人以外への対応を無理に変えたりしなくても、思いは伝わってくれるので、周囲からも怪しまれず、結果としてより良い形で関係を進めていくことが可能になってくるでしょう。 辰年と恋愛の相性がいいのは巳年! 優秀で貫禄があり、しかも希少性の高い分野で実力を発揮するなど、まさにスター性十分な辰年の人は、恋愛の方面においても、多くから熱視線を集めることにもなることが多いですが、実際満足できる交際につながるかというと難しい面もあります。 しかし、巳年の人であれば、辰年の人の意外なほどの二面性や、逆鱗に触れたかのような感情の変化にも、クールかつ理知的な面が強いため十分に対応することができ、また、うまくなだめてくれるなど、内心期待しているベターな反応も期待できます。 また、タイプが近いところもあるので、何でもないような話題でも好みがカチっと一致し、退屈することがないのも恋愛相手として最適なところと言えるでしょう。 辰年の仕事運の特徴は企画力で勝負 同じように仕事をしていくにも、強引なほどの突破力で道を切り開いたり、クレバーなほどの組織力を活かして販売実績を上げたりと、様々な結果の出し方があります。 中でも、辰年の人に向いているのは、柔軟な思考力や広い視野を活かした方法を選んでいくことです。 具体的には、より優れた企画力を活かして、アイディアで他の人を先んじるようなやり方でスパートをかけていくのが適していますね。 もちろん、実働ではなく企画担当に回ったりと、自分のポテンシャルをより活かせる部署に回っておくのも悪くない考え方ですし、いいやり方を開発して、他のところから仲間を引き寄せていくのも優れた方法の一つでしょう。 ガムシャラに頑張るのもいいですが、より賢くスマートに成功を掴みたいものですね。 仕事を成功させるポイントは奇抜な発想力で身を滅ぼさないように注意 仕事運を上げるポイントは、辰年ならではの発想力にあります。 辰年の人は常識に左右されない奇抜な発想力を持っており、そのアイデアの数々はきっと周囲をあっと言わせるはずです。 反面、あまりにも奇抜すぎて、周囲から賛同を得られない恐れがあります。 そうなっては逆に仕事運が下がってしまいます。 なので常識に囚われない発想でありながら、なおかつ次の仕事に繋がるアイデアを生み出すことが大事です。 奇抜なアイデアは諸刃の剣でもあるため、自分自身の身に不利益が被らないように注意しましょう。 だからといって失敗を恐れすぎて、常識内の発想力に留まっていては仕事運も向上しません。 ときには勝負に打って出るのも重要です。 自分自身の力を信じて、とんでもないアイデアをぶちかましてみましょう。 辰年と仕事の相性がいいのは申年! 能力が高く瞬発力もある辰年ですが、状況や気分によって態度が一変したり、ビシリと感情的になったりすることもあるので、周りから敬遠されてしまうことがあります。 能力的には認められつつも、一緒に何かをするのは、と思われて距離を取られてしまうわけですが、申年の人であればかなり事情は違ってきます。 コミュニケーションの能力に長け、何かと相手の気持ちを汲んでくれる申年の存在は、孤高に至りやすい辰年にとってもありがたく、また申年にとっても強力な実働をしてくれる辰年は理想的なパートナーと言えるでしょう。 また、一緒にいることで、互いの弱点を補え合えるので、他の人を惹きつけることにもつながり、業務全体が円滑になっていく効果も期待できるでしょう。 辰年 たつ年)の2020年運勢 2020年の辰年のテーマは「地に足をつけること」です。 頑なな思考や心を柔らかくすることが運勢アップのコツです。 辰年はチャレンジ精神が旺盛なので、いろいろなことにチャレンジすることが多かったはず。 昨年まで蓄えてきた力をより強固にすることが2020年の使命となります。 また、辰年はどんなことにも立ち向かう精神力があるために、自分を信じる力が強い傾向があります。 その分周囲を頼ることが少し苦手。 ほっと一息つける場所や相手が少なく、いっぱいいっぱいになってしまうこともあるかもしれません。 2020年は肩の力を抜いて、足元がふらついたときには寄りかかれるような存在に出会える1年でもあります。 弱い自分も受け入れて、自分も他人も愛せる1年になるでしょう。 辰年の守護神は普賢菩薩! せっかちなタイプである辰年の守護神となってくれるのは普賢菩薩です。 冷静な物の見方が出来るように、精神的な支えとなってくれるでしょう。 物事の本質を見抜くことに優れた辰年ですが、緊張状態に置かれると焦ってしまいがちであると言えます。 そうした短所を、少しずつ改善させていく上で、普賢菩薩は大きな力を授けてくれるのです。 一つ一つの出来事を丁寧に見定めて、自分の行動に反映させることが可能となります。 将来を見据えて、いかに自分らしく対峙していけるか考える切っ掛けも与えてくれるのです。 落ち着いて、最良の答えを見出す姿勢を、時間をかけてゆっくり育んでいけるでしょう。 大局観を持って真実に迫る力をもたらしてくれます。

次の