お 礼状 例文。 寄付を頂いた感謝が伝わるお礼状・メールの書き方と例文

寄付を頂いた感謝が伝わるお礼状・メールの書き方と例文

お 礼状 例文

あなたは転職面接の後にお礼状を書いたことがありますか?「意中の会社で、面接でも手応えがあった。 プラスして最後の一押しがしたい」「面接でどのような印象を持たれたかよくわからなかったからこそ、面接のお礼を伝えて誠意をアピールしたい」「お世話になったので、純粋に感謝の気持ちを伝えたい」そんな時に検討するのが、面接官へのお礼状。 ただ、どのように書くべきか、どのタイミングで送るべきか、どんなところに気をつければいいのか、そもそも送ったほうがいいものなのか…などなど、詳しいことは意外と知られていないもの。 そこで今回は、お礼状の書き方やポイントについて解説します。 例文もあわせて、ぜひ参考にしてみてください。 面接のお礼状は書くべき? お礼状に対する面接官の印象 最初にお伝えしておくと、お礼状は絶対に書かなければいけないというものではありません。 それを踏まえたうえで、そもそも面接したことに対するお礼状を受け取った面接官は、どのような印象を持つでしょうか。 面接を終えた時の印象や選考状況によって違ってくるため、それぞれ状況別に面接官に与える印象について考えてみましょう。 もちろん、お礼状を受け取ったからといって面接官からの評価が大幅に上がるものではありませんが、合否ラインの判断で迷っている場合や同条件の候補者が複数いて悩んでいる場合は、お礼状という丁寧な対応が、合否に影響を与える可能性はあります。 お礼状でアピールできるのは志望度・感謝 お礼状を送る目的は、「面接を通じて志望意欲が高まった」「やり取りを通じて自分のやりたいことが整理できた」など、感謝の気持ちを純粋に伝えるためのものです。 そのため、面接時に伝えきれなかった自己PRなどを行なうのはあまりオススメしません。 そもそものお礼状の目的からズレてきますし、何より面接官に「PRするなら面接でしてよ…」と思われてしまう可能性があるからです。 そのため、好印象を持ってもらうためには以下の点を意識しましょう。 志望度の強さを伝えること 志望度の高さは合否を決める際の重要なポイントのひとつと考える面接官が多いです。 だからこそ、「面接でのやり取りを通じて企業や仕事に対する理解がより深まった」「企業のなかでどのように活躍していきたいかをより明確に描くことができた」など、志望度の強さをアピールすることは大切。 せっかくお礼状を書くのですから、自身の気持ちを伝えましょう。 感謝や熱意を伝えること 面接の最後に「ありがとうございました」と感謝の言葉を述べることは多いですが、あらためてお礼状で伝えるのは当たり前の行為ではありません。 ですが、ビジネスの場では相手がしてくれたことに対してきちんとお礼をすることは基本的なこと。 お礼状を出すことで、そうした配慮ができることを示せるほか、必ず必要なものではないお礼状を書いたということ自体が、気持ちの強さ、熱意の表れにもなるはずです。 お礼をメールで送った場合のメリット・デメリット お礼状を送る場合、次に悩むのがその手段ですよね。 できるだけ丁寧に連絡したいという場合はメールよりも手紙の方が気持ちは伝わります。 とはいえ、それぞれ特長があるため、手紙を書くことを基準とし、メールにした場合は何が違うのか、メリット・デメリットにわけて比べてみましょう。 メールのメリット 郵送の日数がかからない。 メールの場合は送信してからのタイムラグがないため、面接が終わってすぐに連絡することができます。 面接官も早い段階でお礼状の内容を確認することが可能なので、面接の記憶が新しいうちに再度印象づけることができるでしょう。 質問なども含めて連絡できる。 気軽にやりとりできるのがメールの利点です。 面接後に気になることが出てきた場合、メールであれば感謝の気持ちを伝えると同時に質問をすることもできます。 手紙に比べると面接官から返信をもらえる可能性が高いと思います。 メールのデメリット 相手によっては適さない。 やはり、丁寧さは手紙の方がより伝わります。 そのため、年齢や地位の高い相手には失礼だと受け取られる場合も。 せっかくお礼状を送っても、誠意が伝わらないのは残念です。 相手の立場なども把握しておくと、連絡する際の判断材料になるでしょう。 連絡が遅いと、逆効果になる。 素早く連絡できるのがメールの利点。 だからこそ、メールでの連絡が遅くなると本当に意欲があるのか、誠意があるのかといった面で疑問を持たれてしまう可能性が高いです。 事情があって面接当日や翌日中に送れなかった場合は、速達の手紙などにした方が良いかもしれません。 このような違いを意識し、送る相手や状況にあわせてメールを選択するのも良いでしょう。 面接では、貴社の事業内容・営業職の仕事内容に関する詳細なご説明だけでなく、業界の展望までご解説いただき、大変感謝しております。 ご説明をお聞きし、益々貴社で働かせていただきたいという気持ちが強くなりました。 特に、今後の展望についてのお話は非常に興味深く、前職の経験を活かしてぜひとも貴社に貢献したいと考えております。 今後共、なにとぞ宜しくお願いいたします。 文章を書く時は頭語から始めて結語で結びます。 ビジネス上の手紙のやりとりでは、「拝啓」「敬具」を使うのが一般的。 ビジネスの手紙では季節に関わらず使える「貴社益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。 」といった文章が使われることが多いです。 頭語が「拝啓」であれば、結語は「敬具」です。 お礼状を書く上での注意点 マナーを守る 内容はもちろん自身で言葉を選ばなければ気持ちが伝わりませんが、頭語・結語、時候のあいさつ、結びのあいさつなど、手紙を書く時の決められたルールを把握し、受け取った側が不快な気持ちになってしまわないよう、マナーを守りましょう。 適切な便箋・封筒を使う 個性を出したいと考える方がいらっしゃるかもしれませんが、これはあくまでビジネスの場面。 柄物の便箋・封筒などではなく、白・無地のものを使用しましょう。 縦書きでも横書きでもかまいません。 便箋はA4サイズ、封筒は長形3号をおすすめします。 筆記具としては、ボールペンよりも万年筆が良いです。 お礼状を送付するタイミング、封の仕方のポイント タイミングとしては、面接が終わってから期間をあけず、できるだけ早く送ります。 遅くとも次の面接の前日までには面接官の手元につくように送りましょう。 出すのが遅くなってしまった場合は、速達にするなどの対応も検討してみてください。 送る際、A4サイズの便箋と長形3号の封筒を選んだ場合は、便箋を三つ折りにして封筒に入れます。 封筒の表面には「面接を受けた企業の郵便番号・住所・企業名・面接担当者名」を記載。 担当者の名前がわからない場合は「採用ご担当者様」とします。 裏面には送り主がわかるよう、「ご自身の郵便番号・住所・名前」を書きましょう。 お礼状の例文 最後に、例文をいくつかご紹介します。 全く同じ内容にする必要はありません。 よくあるテンプレートのような文章ではなく、あなた自身が面接で感じたことなどを盛り込むことが大切。 例文を参考にビジネスマナーを意識し、面接官に気持ちが伝わるお礼状を書いていただければと思います。

次の

面接のお礼状は書くべき?|お礼状の書き方やポイントを解説(例文あり!)

お 礼状 例文

「いつもお世話になっている人から贈り物を頂いたけれど、お礼状ってどう書けば良いの?」• 「上司から取引先宛てのお礼状を書けと言われたけれど、いきなり白紙からなんて無理!」• 「はがきでお礼の気持ちを伝えたいけれど、失礼な文にならないか不安…」 お礼状を書く時、こんな不安がありませんか? お世話になっている相手から贈り物をもらったらお礼状を送るのが礼儀ですが、いざ便せんやはがきを前にすると「何を書けば良いの…?」と困ってしまいますよね。 お礼状はあまり気張らず、素直に相手の心遣いに感謝する言葉を書くことが大切です。 具体的にどうやって書けば良いのか、文例を紹介しますので、参考にしてみてください。 【贈り物へのお礼状の文例】 拝啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 平素は格別のご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。 さて、この度はご丁寧なご挨拶に加え、滅多に手に入ることのない特産品をいただきまして、誠にありがとうございます。 早速家族一同でおいしく賞味致しました。 名産品ならではのおいしさに、子供たちも大変喜んでおります。 まずは書中にて御礼を申し上げます。 親しい人であれば横書きでも良いですが、そうでない人や目上の人には正式な縦書きで書きましょう。 文例では家庭に届いた贈り物を想定していますが、会社に届いた贈り物であれば、お礼状も企業単位になります。 その場合「家族一同」を「弊社一同」または「スタッフ一同」に書き換えると良いでしょう。 相手が取引先などの企業や組織単位なら、「ご清祥」も「ご清栄」に書き換えます。 【贈り物へのお礼状の文例】 拝啓 時下益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。 この度は結構なお品を頂きまして、誠にありがとうございます。 スタッフ一同美味しく賞味させていただきたいと存じます。 いつも温かいお心遣いを頂き、誠に恐縮しております。 今後とも変わらぬご厚誼のほどよろしくお願いいたします。 略儀ながら書中にて御礼申し上げます。 敬具 はがきは手紙と比べて書く面積が小さいので、内容もコンパクトにしましょう。 お中元のような複数の相手から送られる贈り物の場合、まとめて送るのにも便利です。 本来、はがきでお礼状を出すのは「略儀」と言って正式なお礼のし方ではありません。 正式なお礼状はお手紙なので、相手の立場によっては失礼になるのです。 正式なお手紙を出すか、届いた日の内に取り急ぎはがきを出し、その後お手紙を出すようにしましょう。 はがきにも「略儀ながら書中にて御礼申し上げます」という断りを入れておくのがマナーです。

次の

職場体験の「お礼状」。書き方のポイントや例文を紹介

お 礼状 例文

お礼状は手紙やはがきだけでなくメールで書いても良い 便箋やはがきだけではなく、メールでお礼状を書いても良いでしょう。 もちろん時と場合によりますが、かしこまった場合や、目上の人に対する場合でなければ、メールでお礼状を送るのも問題ありません。 むしろ、お礼状を送らないよりも印象はグッと良くなるでしょう。 メールでのお礼状の書き方で気をつけておきたいのが、署名を忘れないということです。 署名とは、自分の名前だけではなく、社名や電話番号、メールアドレス、住所などのことです。 これが自動的に挿入されるようになっていれば問題ないのですが、もしいつも手打ちしているという場合は、お礼状にも同じように書くようにしましょう。 お礼状にだけ署名がないというのは不自然です。 お礼状の書き方の例文 実際にお礼状の書き方の例文を見ていきましょう。 お礼状は色々な場面で活躍するものですから、しっかりと押さえていきましょう。 ある程度書き方の基本がわかれば、それを応用することも難しくはありませんから、マナーを守って使えるようにしておきましょう。 お歳暮へのお礼状の書き方例文 拝啓 年の瀬も差し迫ってまいりましたところ、ご多忙の時期に恐れ入ります。 わたくしどももおかげさまで変わらず元気に過ごしております。 さて、この度は結構なお品をお贈りいただきまして誠にありがとうございます。 一家ともども、大変喜んでおります。 寒さ厳しくなります折、どうぞご自愛くださいませ。 この点がぼやけてしまっていると、受け取った相手は何のための手紙なのかわからなくなってしまいます。 「結構なお品」というのは、お歳暮に関してだけではなく贈り物を受け取った時によく使われる表現なので覚えておくと良いでしょう。 相手からいただいた贈り物を丁寧に表現し、ありがたい物だと伝えるための言い回しです。 更に、一言「一家ともども、大変喜んでおります。 」のように付け加えることで、感謝の気持ちを強調することができます。 ありがとうございます、だけだと味気ないと感じられてしまう文面になってしまいますから、 どのように喜んでいるのかを一言付け加えておきましょう。 また、お礼状の書き方としては時候の挨拶も忘れてはいけません。 「年の瀬も差し迫ってまいりましたところ、ご多忙の時期に恐れ入ります。 」というのが時候の挨拶にあたりますが、これは「拝啓」が文中にあるためにくだけた表現を使っているのです。 「拝啓」を使うと、時候の挨拶の中に「~候」といった言葉を含んだかしこまった表現を入れる必要がなくなります。 そのため、柔らかい時候の挨拶を使うことになるのです。 時候の挨拶は季節を感じさせるものであればどのようなものでも構いません。 自分の気持ちが伝えられる表現を探しましょう。 結びの挨拶としても、時候の挨拶を忘れないようにしましょう。 「寒さ厳しくなります折、どうぞご自愛くださいませ。 」というのは、冬の寒さが厳しくなってきた頃に使えるフレーズです。 年末などには重宝できるでしょう。 こういった季節にあった挨拶を書いておくことは、お礼状の書き方のマナーのひとつです。 また、書き方としては、拝啓で始まった場合には最後は敬具で締め、その下に日付、更に下に差出人、一番下に大きめの字で宛名をフルネームで書くのが良いでしょう。 さて、先日はお時間を頂戴しまして誠にありがとうございました。 わたくしの不慣れな質問にも快くお答えくださって、感謝の気持ちでいっぱいです。 良い報告ができるように全力を尽くしてまいります。 結果が分かり次第、またご連絡させていただきます。 この度は、誠にありがとうございました。 重ねてお礼申し上げます。 お忙しいとは存じますが、お身体にはお気をつけください。 話題を飛ばしたり、余計なエピソードを詰め込んだりせずに、ただ感謝の気持ちを伝えることだけに徹しましょう。 そうしないと、受け取った先輩は結局何が言いたいのかわからずに混乱してしまいます。 これで本当に就活を進めていけるのか、と心配をかけてしまう場合もあるでしょう。 まずは時候の挨拶からです。 拝啓を差し入れているので、ここはやはり軽い季節の挨拶を書いておけば問題ないでしょう。 今回は初夏を想定しています。 そして、先日OB訪問を受け入れてくれた、ということに対するお礼状なのですが、ここでポイントなのが「OB訪問をしてくれてありがとうございます。 」と直接表現しないところです。 もちろんそれでも問題はないのですが、より相手に丁寧な印象を与えるためには直接的な表現は避けるべきでしょう。 そのため、「お時間を頂戴しまして誠にありがとうございました。 」という書き方が適していると言えます。 「不慣れな質問にも~」というくだりは、へりくだった書き方をすることで相手を立てる意味合いを持っています。 こういった書き方を覚えておくと、相手を優位に立たせる書き方ができるので非常に便利です。 お礼状を書く時は感謝の表現のレパートリーを多く持っていると良い 「誠にありがとうございました。 」と「感謝の気持ちでいっぱいです。 」は両方覚えておきましょう。 どちらかだけを二回続けて使うと違和感が生じてしまうため、感謝の表現はなるべく多くレパートリーを持っておくべきです。 また、貴社で働きたい気持ちが強くなってきた、ということや、貴社への憧れや自分の力を発揮したいという気持ちが確かなものになったということを伝えることにおいて、先輩から話を聞いたことが理由になった、という点は必ず書くべきでしょう。 その点を全く書かないと、先輩はなぜOB訪問をしたのか、意味があったのかどうか、と勘繰ってしまう可能性があります。 そして、先輩から教えてもらった対策を活かしてエントリーシートや面接の対策に励みたい、ということにも触れておきましょう。 こういった言葉を付け加えておくことによって、OB訪問をしたことの意味がグッと強まります。 「良い報告ができるように全力を尽くしてまいります。 」という書き方は、こういった場面ではよく使われます。 「良い報告ができるように~」という書き方をすると、それだけで相手にのちにまた報告をします、という意味が伝わるからです。 「結果が分かり次第、またご連絡させていただきます。 」という書き方は、それを受けたものです。 よく聞かれるフレーズであるもので、就活の面接の結果などを連絡する時などによく使われた、という人も多いでしょう。 「この度は、誠にありがとうございました。 重ねてお礼申し上げます。 」とは、「先日はお時間を頂戴しまして誠にありがとうございました。 」と先の文で同じフレーズを使ってしまっているために、もう一度お礼を言います、という意味で使われます。 「重ねてお礼申し上げます」という書き方は、締めの文に良く使われるフレーズなので、覚えておきましょう。 そして、「お忙しいとは存じますが、お身体にはお気をつけください。 」という一文で締めます。 相手のことを気遣う一文で、季節を問わずに使える書き方です。 ポイント 1. 時候の挨拶 2. OB訪問のお礼 3. 自分の決意 4. 努力すること 5. また報告するという旨 6. これ以上に「このようなこともありましたね」など、具体的なエピソードを盛り込むのはやめましょう。 お礼状を書くときは送るタイミングが大切 お礼状を書く時に押さえておきたいのが、相手に送るタイミングです。 お礼状をいつ相手に送るかによって、与える印象はだいぶ変わってきます。 お歳暮などの贈り物を受け取ったり、相手に頼んでいたことをしてもらった時、例えば打ち合わせの申し出を受けてもらったりした時などには、なるべく早くお礼状を送るようにしましょう。 大体、 2~3日後を目安に送れば問題ありません。 お礼状を出す前に、一言お礼の電話を入れることも忘れないようにしてください。 いきなりお礼状だけを送るだけではなく、電話でお礼を述べておけば、その方が礼儀を尽くしていると感じてもらえます。 特に目上の人に対して何らかのお礼をしたい場合などには、電話でのお礼を欠かさないようにしましょう。 そうすることで、好感を持ってもらえます。 一方で、お見舞いに対するお礼状などはそれほど急を要するものではありません。 事態がある程度落ち着いてから、お礼状を出せばそれで構わないでしょう。 このように、お礼状と一言で言っても出すタイミングはまちまちなので、何かがあったらすぐに慌てて送らなくてはならないというわけではないのです。 それよりも、大事なのは文面であり、書き方なのだと言えます。 お礼状を手紙で出すとき封筒はどう書けばいい? お礼状を出す時には、便箋を使うかはがきを使うかという問題がありますが、これは用途に合わせて使い分けるべきでしょう。 長い文章になるのであれば便箋を、それほど書くことがない、という場合にははがきを使うという、シンプルな考え方で問題ありません。 便箋を使う場合には、ビジネスで使われるような茶封筒ではなく、中身が見えにくく丈夫である二重になっている封筒を使いましょう。 無地で白い、縦罫のものを選び、かしこまったものであることを伝えてください。 封筒の宛名は、 書き文字が縦である場合には全て漢字であるということも押さえておきたいところです。 ですから、番地やアパートの部屋番号、オフィスの階なども全て漢数字で書かなければなりません。 こういった書き方をきちんとしておかないと、体裁がぐちゃぐちゃになってしまいます。 もちろん 横書きの場合には、それに合わせて算用数字を使ってください。 ここで漢数字を使ってしまうと、そこだけ浮いてしまうので注意が必要です。 また、はがきを使う場合には、縦書きで書いていきましょう。 絵柄が書かれているものだとより華やかで使い勝手が良いので、見栄えがするものを選んでください。 お礼状の書き方を身につけて気持ちを伝えられる人になろう お礼状に気持ちを乗せるためには、書き方を知っていなければなりません。 今までお礼状を書く機会がなかった、という人や、これまで書くことがあったけれど、書き方を守っていなかった、という人は、ぜひ正しい書き方を覚えてみてください。 どんなに感謝の気持ちを持っていたとしても、それを伝える術がなければ意味がないと言えるでしょう。 お礼状の書き方はシンプルなもので、決して難しくはありません。 どういった言葉を使うかを考えて、自分なりにアレンジしてみてください。

次の