スピッツ 遥か 歌詞。 正夢 スピッツ 歌詞情報

スピッツの歌詞一覧リスト

スピッツ 遥か 歌詞

スピッツと言えば「ロビンソン」や「チェリー」など、これまで数々の名曲を生み出しているバンドグループ。 1991年にメジャーデビューをして以来、独特の淡いメロディーや爽やかな歌詞でヒット曲を連発しているため、今では幅広い世代から愛されています。 そこで今回はAWAで聴ける楽曲の中から、名フレーズが使用された作品をまとめてみました! この記事を最後まで読めば、スピッツならではの世界観を実感できるはず。 ぜひ最後まで読み進めていきましょう! 感動的なフレーズ! 歌詞で心を温めてくれるスピッツの名曲集 大切な人への愛情が、シンプルな言葉で綴られている作品。 全体の雰囲気としてはやや明るい曲ですが、歌詞やメロディーからは切なさも少し感じられる作品であり、スピッツ独特の世界観が作られています! 中でも耳に残りやすいフレーズは、Aメロで使用されている「明日 君がいなきゃ 困る 困る」という部分。 素朴な言葉が使用されていて分かりやすい歌詞なので、大切な人にラブソングとして贈ってみても良いでしょう。 「君と出会った奇跡が この胸にあふれてる」のフレーズで有名な、温かみを感じられる名曲。 メロディーやサウンドに優しさが満ちあふれている作品であり、ただ聴き流すだけでも心を温めてくれます! サビの歌詞はシンプルですが、AメロからBメロのフレーズは歌詞表現に工夫が見られ、やや理解が難しいポイント。 想像をかきたてられる要素もあるので、一度歌詞をじっくりと読んでみてはいかがでしょうか? 春を感じさせる淡いメロディーと、ボーカルの透き通るような声が耳に残る1曲。 温かみを感じられる作品ですが、歌い出しで「君を忘れない」とあるように、実は失恋をイメージさせるようなフレーズがいくつか見られます。 失恋と言えば悲しいものですが、ポジティブな表現やメロディーによって、その悲しさを感じさせない点がこの曲の魅力。 例えば「失恋からなかなか立ち直れない…」のように悩んでいる方が聴くと、気持ちを上向きにさせてくれるでしょう。 1997年にリリースされた、爽やかなメロディーが印象的な作品。 全体的にキャッチーなメロディー・サウンドが使用されており、90年代ならではの懐かしさを感じさせてくれます! 歌詞中で描かれているのは、運命の人と出会った主人公が、ポジティブに未来を考えている姿。 情熱的な愛情が伝わる1曲でもあるので、大切なパートナーにラブソングとして贈ることもおすすめです。 「あふれそうな気持ち 無理やりかくして」と、片思いのような淡いストーリーが綴られている作品。 タイトルの「魔法のコトバ」については、歌詞中にどんな言葉なのかが分かるフレーズはありませんが、だからこそ想像をかき立ててくれる魅力があります! 主人公の心情やストーリーを想像しやすい歌詞なので、「魔法のコトバが何なのか?」を想像しながら聴くことがおすすめ。 メロディーも優しい雰囲気に満ちあふれているため、心を温めてくれる1曲です。 1995年にリリースされた、12枚目のシングル作品。 ゆったりとしたリズムに、心がほっとするようなメロディーが乗せられており、スピッツならではの魅力が詰まっている1曲です! 歌詞では幸せな恋愛ストーリーが描かれており、サビの「同じ涙がキラリ」というフレーズに聴き覚えがある方も多いはず。 「星」や「夏の景色」など、美しい風景をイメージさせる表現が多いので、ロマンチックな雰囲気も演出しやすい楽曲でしょう。 メロディーと歌詞によって、優しい世界観が作り出されている作品。 幸せな夢を見た主人公が、大切な人が近くにいればそれは「夢じゃない」「孤りじゃない」と悟り、「いびつな力で 守りたい」と決意する温かいストーリーが描かれています。 温もりにあふれたメロディーと歌詞は、まさにラブソングにぴったり。 大切なパートナーに気持ちを伝えたい方は、この楽曲を贈ってみてはいかがでしょうか? 渚を舞台として、主人公が恋に落ちていくストーリーが描かれた楽曲。 渚で気になる人と過ごす主人公が、幸せを感じながら「幻よ 醒めないで」と願っているなど、ストーリー性が分かりやすい構成になっています! また、歌詞を意識しながら聴くと、頭の中できれいな砂浜や海がイメージできる点も、この作品の大きな魅力。 言葉選びや言い回しが美しいので、ぜひ歌詞を細かくチェックしてみて下さい。 爽やかさ、鮮やかさが魅力的! 歌詞で心をスッキリとさせてくれるスピッツの名曲集 「壮大で、爽やかな曲が聴きたい」という方におすすめな、1995年リリースの名曲。 素朴で少し切ないサウンドに、美しさを感じさせる歌詞が乗せられている作品です! 恋愛をイメージさせる歌詞ですが、特に耳に残るのはサビの最後で歌われる「ルララ 宇宙の風に乗る」の部分。 ほかにも、スピッツならではの独特な表現が使われており、サビで盛り上がるドラマチックな曲構成も相まって、壮大な世界観が作り出されています。 メロディーと歌詞の両方から、春の雰囲気を存分に感じられる1曲。 「まさに春の歌」と言えるぐらい爽やかであり、「トゲのある藪」や「長いトンネル」など、風景を描写するフレーズが多い点も魅力的な作品です! また、単に春を歌っている曲ではなく、主人公の切ない失恋をイメージさせてくれる点も面白いポイント。 頭の中で歌詞をイメージしながら聴くと、さらなる魅力に気付けるような楽曲です。 歌詞からは少し切ない雰囲気が伝わってくるものの、聴いていると心地よい感覚に浸れるような作品です。 歌詞にはややネガティブな表現もありますが、サビで歌われる「すぐに飛べそうな気がした背中」のように、ポジティブで壮大さを感じさせるフレーズも少なくありません! 人によって解釈が少し変わるような歌詞ですが、全体を通してサウンドや歌声が優しいので、疲れている時に聴くと心をフッと軽くしてくれるような1曲でしょう。 福岡県の地下鉄駅である、天神駅を舞台とした恋愛ストーリーが綴られている作品。 歌詞には「花」や「春」、「優しい風」など爽やかなワードが使用されていますが、細かく見ると大人の恋愛観のようなフレーズがいくつかあり、妖艶さも感じられる楽曲に仕上げられています! ドロドロとした物語ではないものの、大人の世界観を爽やかなメロディー・歌詞で表現してしまう点は、スピッツならではの魅力。 歌詞を細かく読むことで印象がガラっと変わる作品なので、ぜひ様々なフレーズに目を向けてみて下さい。 大切な人が住む「水色の街」に向かう、爽やかな恋愛ストーリーが描かれている楽曲。 歌詞ではプレゼントを持った主人公が、飛び跳ねながら相手のもとへと向かう、心温まるストーリーが綴られています! メロディー・歌詞ともに非常にシンプルな曲ですが、だからこそ風景を頭の中でイメージしやすく、物語に入り込みやすい作品でしょう。 特に片思いをしている人などが聴くと、主人公の心情や行動に強く共感できるはずです。 各楽器が作り出す軽快なサウンドと、ボーカルの透き通った声がクセになる1曲。 「海へ行こう」や「見に行こう」など、主人公のこれからの願望が詰まっている作品であり、淡いラブストーリーのような物語が綴られています! メロディーや歌詞には夏の雰囲気が満ちあふれており、目を閉じて聴くと青い海や空など、鮮やかな光景が自然とイメージできる1曲。 真夏のドライブなどでかけると、気分を一気に高めてくれるでしょう! 透明感のあるメロディーや、心にスッと入ってくるような歌詞が魅力的な楽曲。 歌詞に「星」や「羽」などきれいな言葉が使われており、少しロマンチックな雰囲気も漂わせている1曲です! シンプルなワードが多い歌詞ですが、各フレーズをひとつずつ細かく見ていくと、まるで人生の縮図のような歌詞になっている点が魅力的。 解釈が少し難しい曲ですが、自身の人生に当てはめながら聴いてみると、深く考えさせられるような作品でしょう。 , , , Copyright AWA Co. Ltd. All rights reserved. Apple and the Apple logo, iPhone, Mac, Apple Watch, CarPlay are trademarks of Apple Inc. , registered in the U. and other countries. App Store is a service mark of Apple Inc. Google Play is a trademark of Google Inc. Windows は米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標です。 Copyright AWA Co. Ltd. All rights reserved. Apple、Apple ロゴ、iPhone、Mac、Apple TV、iPad、Apple Watch、CarPlayは米国および他の国々で登録された Apple Inc. の商標です。 App Store は Apple Inc. のサービスマークです。 Google Play、Android、Android TV、Android Wear、Android Auto、Chromecastは、Google Inc. の商標または登録商標です。 Windows は米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標です。

次の

198時限目:ランプ

スピッツ 遥か 歌詞

J-Pop• 前に出るような派手な曲ではなく、静かな曲ですが、草野さんの綺麗な弾き語りが引き立って聴こえるので、それが存分に堪能できる曲です。 のも美しく、メンバー以外の演奏としては、CDのクレジットによると、オルガン(は分かったのですが)とが使われているようですが、その演奏も印象的に聴こえてきて、この曲の雰囲気を高めています。 アルバム『小さな生き物』は、後に作られた、にとっての初めてのアルバムでした。 タイミングがタイミングなだけに、随所に震災の影響を感じざるを得ませんでした。 それは、震災によって心に負った悲しみはもちろんですが、(僕が言えることでないかもしれませんが)復興に対する希望や応援も含めています。 何かのラジオで、そこまで気にしていない、と本人たちは語っておられましたが、実際に聴いてみて、皆さんどうですかね?影響を受けていない、と思うことの方が何だか不自然のように感じます。 ここ大学でも、『小さな生き物』に収録されている曲をたくさん紹介してきたのですが、ほぼ全曲を通じて、このアルバム全体から受け取ったイメージはいつも共通していました。 震災によって感じた悲しみや無力感、被害を被った方々や関係者へのいたわりや鎮魂、そして、その未曽有の災害からの復興を果たすべく立ち上がろうとしている人々へ希望を与えるべく歌われた応援や労いの言葉など…無意識だとしても、草野さんの込めたたくさんの想いが、アルバム『小さな生き物』にたくさん詰まっています。 一つ目。 まず、出だしの2行の歌詞を紹介します。 * ただ信じてたんだ無邪気に ランプの下で 人は皆もっと自由に いられるものだと * ここは、何ていうか、今の生活が当たり前にずっと続いていくんだと思い込んでいる、まさに僕たちのことを表しているような歌詞だと感じます。 それはそれで、幸せなことなのでしょうけど。 しかし、そこへ来てあの未曽有の災害です。 僕たちはそこで気付いたわけですよ、命の脆さと尊さとともに、今の自分の生活が当たり前にあるものではないんだなっていうことに。 灯りや、ひいては、電気が当たり前のものではないということに。 そういうことも、実際に直面して、僕は初めて知りました。 Bメロからサビにかけての歌詞を紹介してみます。 ここは、大切な人と何か理由があって離れて、自分が取り残された、と考えることができます。 人一人に、ひとつずつ与えられた灯り…すなわち命。 その炎は微かで、時には簡単に吹き消されてしまう弱々しいものです。 しかし、だからこそ、何より尊く(尊くないといけない)、強い(強くないといけないのです)のです。 これはずっと思っていたことですが、この時期に書かれたの歌詞に、共通して出てくる単語があるんですが、それがこの【ランプ】にも出てきます。 少し書き出してみますね。 同じ時期に、これだけ共通していますからね。 無意識なのか、それとも、意図があるのなら、どんな意図があるのでしょうか。 まぁ、曲によって、同じ単語でも違う印象を受け取りますけどね。 実際は、どうなんでしょうね。 itukamitaniji.

次の

スピッツ 遥か 歌詞

スピッツ 遥か 歌詞

スポンサーリンク こんにちは、スピッツファンクラブ会員にょけんです。 いきなりですが、スピッツの 「仲良し」って曲を知っていますか?   いわゆる隠れ人気曲なのですが、ちょっと 歌詞が良すぎるんですよ。 隠れさせとくのはもったいないので、ファンクラブ会員代表として、世界に発信します。 特にヤバいのが、冒頭3行です。 つまり、 「好きだ」と言いたいが、仲が良すぎて関係が壊れるのも嫌だ。 でも、付き合いたいという気持ちは溢れる。 これらも、歌詞中には一切明言されていません。 勝手に聴き手が想像するんですよ。 詩人すぎるぜマサムネ。 1番:サビ 「時が過ぎた今も妄想は終わらない」 時はこぼれていくよ ちゃちな夢の世界も すぐに広がっていくよ 君は色褪せぬまま 悪ふざけで飛べたのさ 気のせいだと悟らずにいられたなら ある変化に気づきましたか? ヒントは語尾。 そうです。 「現在形」になっています。 「Aメロ=回想、サビ=現在」ですね。 では、現在は何を考えているのでしょうか?• ただ、サビ終わりに予想外のフレーズが。 「気のせいだと悟らずにいられたなら」 つまり、「君も僕を好きだろう」と感じていたのが、気のせいだったのですね。 切ない。 2番:Aメロ 「やっぱり君に恋していた」 サンダル履きの足指に見とれた 小さな花咲かせた あれは恋だった マサムネの得意技 「急に身近な現実を入れる」ですね。 「サンダル」「足指」という実体があるモノを放り込むことで、物語に現実感が加えられるんですよ。 絶妙なタイミングでの現実感IN ただ、次の「小さな花咲かせた」では、また空想へ戻っています。 おそらく、 花が咲いたのは「心の中」 足指を見て「やっぱり好きだ」と感じ、 「心に花が咲いた=恋心が芽生えた」と言っていますね。 2番:サビ 「妄想から抜け出した」 時はこぼれていくよ ちゃちな夢の世界も すぐに広がっていくよ 君は色褪せぬまま 雨上がりの切れ間から 差し込む陽の光たち 街を洗う 前半は1番と同じですね。 「付き合えたらなぁ」の妄想が広がリング。 後半は、 気持ちを風景描写に重ねているパターンですね。 まず歌詞にある風景を頭に描きましょう。 雨が上がり、雲の切れ間から光のシャワーが差し、街全体を照らしています。 どうでしょう。 ジメッとした雨が止み、晴れやかな街の様子が浮かびませんか? これを歌詞のストーリーと照らし合わせてみましょう。 つまり、 「雨=付き合う妄想」を表していて、今は妄想から抜け出した。 こんなことを示しているのではないでしょうか? 余談ですが、「洗う」って言葉を雨ではなく光に使うあたりも、センスが爆発していますよね。 ラスト 「過去の恋と訣別」 いつも仲良しでいいよねって言われて でもどこかブルーになってた あれは恋だった 冒頭3行に戻る神ワザ。 ただ、直前で妄想から抜け出しているので、ここでは 恋を「過去のこと」として訣別できています。 にしても、ここで冒頭に戻るのは鳥肌ですね。 いやぁヤバい。 表現もストーリーも満点の歌詞です。 スピッツ「仲良し」歌詞のまとめ 簡単にまとめます。

次の