オーストラリア ン ラブラ ドゥードル ブリーダー。 ラブラドールとプードルを交配した「ラブラドゥードル」生みの親が後悔

オーストラリアン・ラブラドゥードルの日本のブリダーさんを探しています...

オーストラリア ン ラブラ ドゥードル ブリーダー

歴史 [ ] 1980年代にのオーストラリア王立盲導犬協会が、在住のから、犬の毛のある夫のためにを起こしにくいの依頼を受けた際に、盲導犬協会の仔犬繁殖マネージャーを務めていたWally Conronが、とを交配させたことがラブラドゥードルの始まりである。 知的で繊細な骨格を持ち、抜け毛が少なく症状を引き起こしにくいと、にぎやかで元気、愛嬌と忠誠心のあるの交配が試みられた。 誕生した3頭の仔犬のうち1頭の毛が、依頼者の夫にを起こさないことが分かり 、としての訓練の後、依頼者に引き渡された。 その後、交配の結果に一貫性が見られないことから、盲導犬協会はラブラドゥードルの繁殖を継続させることはなかったが、関心を持った少数の達によって、・フレンドリーな家庭犬、としてと改良が続けられた。 にオーストラリアン・ラブラドゥードル協会(Australian Labardoodle Association Inc. )が設立され、には、単なるとだけの雑種ではなく、、、、を交配した犬種として、 オーストラリアン・ラブラドゥードルが同協会によって正式に認定された。 とラブラドゥードルは厳密には異なる犬種であるが、同一視されることが多い。 一方、オーストラリアン・ラブラドゥードル協会(Australian Labradoodle Association)は、その保護と育成を進めながらの公認を受けることを目指している。 オーストラリアン・ラブラドゥードル協会の2009年改訂版の「グレーディングスキーム」では、交配に使用する先祖犬(parent breed)として、、、、の4犬種が示されている。 また同スキームの規定する純血のオーストラリアン・ラブラドゥードルの作出するプロセスによると、との2犬種のみの血統を持つものをラブラドゥードル・オリジン(LO)と呼ぶ。 LOは、コッカー・スパニエルの血統が加えられることにより、オーストラリアン・ラブラドゥードル・ファウンデーション(ALF)に昇格することができる。 LOどうし、ALFどうしの交配で世代を進めることができ、その進度は数字で示され「LO3」、「ALF2」のように表記される。 LOどうしの交配の場合、世代が大きい方の数字が1つ進み、ALFの場合、世代が小さい方の数字が1つ進む。 の基準に準じ 、純血の(purebred)オーストラリアン・ラブラドゥードルはALF4以上とされている。 ラブラドゥードルは2009年にに就任したが、犬の娘に配慮して、とともにファーストドッグの候補にしたことから注目を集めた。 またラブラドゥードルの作出は、後に抜け毛の少なさが特徴であるやといったのブームを起こすきっかけとなった。 特徴 [ ] ラブラドゥードルの最大の特徴は、のやとしての聡明で柔順な性格と、の抜け毛の少なさという身体的特徴を併せ持つことである。 ただし、誕生する犬すべてに必ず抜け毛が少ない性質が受け継がれるわけではなく、抜け毛が少ない個体から得られる仔が、親と同じ性質を備える保証もない。 大きさは、小さいものではコッカー・スパニエル程度で、大きいものではスタンダード・プードル程になる。 オーストラリアン・ラブラドゥードル協会では、オーストラリアン・ラブラドゥードルの犬種標準を作成しており、大きさはスタンダード(体高53-63cm、体重23-30kg)、ミディアム(体高43-52cm、体重13-20kg)、(ミニチュア:体高35-42cm、体重7-13kg)、 トイ:体高35cm以下、体重7kg以下 の4段階に分けられる。 毛色にはブラック、シルバー、クリーム、ゴールド、アプリコット、レッド、カフェ、ブラウンなどがある。 毛質は通常短くカールした房状だが、ウェーブまたはカールした長い毛の場合もある。 オーストラリアン・ラブラドゥードルでは、単色の毛色(ソリッド・カラー)では、チョーク、クリーム、ゴールド、キャラメル、レッド、ブラック、シルバー、ブルー、チョコレート、カフェ、ラベンダー、パーチメントと、バリエーションが豊富である。 通常は非常に賢く社交的、コミカルで嬉しそうでエネルギッシュであり、人に扱われている時には穏やかで静かである。 機嫌良くフレンドリーに人に接し、集中力があり訓練しやすい。 人の感情やニーズへの洞察力がある。 まつ毛が長く伸びる犬種。 脚注 [ ]• 2013年6月12日閲覧。 デズモンド・モリス著、福山英也監修『デズモンド・モリスの犬種事典』誠文堂新光社、2007年、457ページ• 2014年7月24日, at the. , (2007年7月10日). 2013年6月12日閲覧。 Trivedi. (2004年2月9日). 2013年6月12日閲覧。 Simon Hattenstone. (2010年11月13日). 2013年6月13日閲覧。 2013年6月13日閲覧。 2013年6月12日閲覧。 2013年6月12日閲覧。 Sharon Otterman. (2009年1月1日). 2013年6月12日閲覧。 2013年6月12日閲覧。 2013年6月12日閲覧。 外部リンク [ ]•

次の

犬種ラブラドゥードルの生みの親が「怪物を作り出してしまった」と後悔していることを表明

オーストラリア ン ラブラ ドゥードル ブリーダー

歴史 [ ] 1980年代にのオーストラリア王立盲導犬協会が、在住のから、犬の毛のある夫のためにを起こしにくいの依頼を受けた際に、盲導犬協会の仔犬繁殖マネージャーを務めていたWally Conronが、とを交配させたことがラブラドゥードルの始まりである。 知的で繊細な骨格を持ち、抜け毛が少なく症状を引き起こしにくいと、にぎやかで元気、愛嬌と忠誠心のあるの交配が試みられた。 誕生した3頭の仔犬のうち1頭の毛が、依頼者の夫にを起こさないことが分かり 、としての訓練の後、依頼者に引き渡された。 その後、交配の結果に一貫性が見られないことから、盲導犬協会はラブラドゥードルの繁殖を継続させることはなかったが、関心を持った少数の達によって、・フレンドリーな家庭犬、としてと改良が続けられた。 にオーストラリアン・ラブラドゥードル協会(Australian Labardoodle Association Inc. )が設立され、には、単なるとだけの雑種ではなく、、、、を交配した犬種として、 オーストラリアン・ラブラドゥードルが同協会によって正式に認定された。 とラブラドゥードルは厳密には異なる犬種であるが、同一視されることが多い。 一方、オーストラリアン・ラブラドゥードル協会(Australian Labradoodle Association)は、その保護と育成を進めながらの公認を受けることを目指している。 オーストラリアン・ラブラドゥードル協会の2009年改訂版の「グレーディングスキーム」では、交配に使用する先祖犬(parent breed)として、、、、の4犬種が示されている。 また同スキームの規定する純血のオーストラリアン・ラブラドゥードルの作出するプロセスによると、との2犬種のみの血統を持つものをラブラドゥードル・オリジン(LO)と呼ぶ。 LOは、コッカー・スパニエルの血統が加えられることにより、オーストラリアン・ラブラドゥードル・ファウンデーション(ALF)に昇格することができる。 LOどうし、ALFどうしの交配で世代を進めることができ、その進度は数字で示され「LO3」、「ALF2」のように表記される。 LOどうしの交配の場合、世代が大きい方の数字が1つ進み、ALFの場合、世代が小さい方の数字が1つ進む。 の基準に準じ 、純血の(purebred)オーストラリアン・ラブラドゥードルはALF4以上とされている。 ラブラドゥードルは2009年にに就任したが、犬の娘に配慮して、とともにファーストドッグの候補にしたことから注目を集めた。 またラブラドゥードルの作出は、後に抜け毛の少なさが特徴であるやといったのブームを起こすきっかけとなった。 特徴 [ ] ラブラドゥードルの最大の特徴は、のやとしての聡明で柔順な性格と、の抜け毛の少なさという身体的特徴を併せ持つことである。 ただし、誕生する犬すべてに必ず抜け毛が少ない性質が受け継がれるわけではなく、抜け毛が少ない個体から得られる仔が、親と同じ性質を備える保証もない。 大きさは、小さいものではコッカー・スパニエル程度で、大きいものではスタンダード・プードル程になる。 オーストラリアン・ラブラドゥードル協会では、オーストラリアン・ラブラドゥードルの犬種標準を作成しており、大きさはスタンダード(体高53-63cm、体重23-30kg)、ミディアム(体高43-52cm、体重13-20kg)、(ミニチュア:体高35-42cm、体重7-13kg)、 トイ:体高35cm以下、体重7kg以下 の4段階に分けられる。 毛色にはブラック、シルバー、クリーム、ゴールド、アプリコット、レッド、カフェ、ブラウンなどがある。 毛質は通常短くカールした房状だが、ウェーブまたはカールした長い毛の場合もある。 オーストラリアン・ラブラドゥードルでは、単色の毛色(ソリッド・カラー)では、チョーク、クリーム、ゴールド、キャラメル、レッド、ブラック、シルバー、ブルー、チョコレート、カフェ、ラベンダー、パーチメントと、バリエーションが豊富である。 通常は非常に賢く社交的、コミカルで嬉しそうでエネルギッシュであり、人に扱われている時には穏やかで静かである。 機嫌良くフレンドリーに人に接し、集中力があり訓練しやすい。 人の感情やニーズへの洞察力がある。 まつ毛が長く伸びる犬種。 脚注 [ ]• 2013年6月12日閲覧。 デズモンド・モリス著、福山英也監修『デズモンド・モリスの犬種事典』誠文堂新光社、2007年、457ページ• 2014年7月24日, at the. , (2007年7月10日). 2013年6月12日閲覧。 Trivedi. (2004年2月9日). 2013年6月12日閲覧。 Simon Hattenstone. (2010年11月13日). 2013年6月13日閲覧。 2013年6月13日閲覧。 2013年6月12日閲覧。 2013年6月12日閲覧。 Sharon Otterman. (2009年1月1日). 2013年6月12日閲覧。 2013年6月12日閲覧。 2013年6月12日閲覧。 外部リンク [ ]•

次の

かわいくて賢い「オーストラリアン・ラブラドゥードル」がブレイク寸前

オーストラリア ン ラブラ ドゥードル ブリーダー

オーストラリアン・ラブラドゥードルのアニィを連れて散歩していると、以前は「なんという犬種ですか?」と聞かれていたのに、最近では「ラブラドゥードルですよね? 飼いたいのですが、実際どうですか?」と聞かれることが多くなりました。 今回は、見た目のかわいさと賢さからブレイク寸前の、「オーストラリアン・ラブラドゥードル」がどのような犬種で、どんなご家庭にオススメかを解説します。 ラブラドール・レトリーバーとプードルの「ミックス」ではない オーストラリアン・ラブラドゥードルの血統は、ラブラドール・レトリーバーとプードルが起源です。 そのほかに、能力やカラーバリエーションを増やすため、アイリッシュ・ウォーター・スパニエル、カーリー・コーテッド・レトリーバー、アメリカン・コッカー・スパニエル、イングリッシュ・コッカー・スパニエルの血統が取り入れられています。 血統が確定しつつある現在では、オーストラリアン・ラブラドゥードル同士のみが交配されています。 ラブラドール・レトリーバーとプードルが交配された「ミックス」(純血種同士の異犬種が交配されたF1ミックス)ではありません。 未だ血統は確定途上にある、という考え方のようです。 従って、日本においてオーストラリアン・ラブラドゥードルは「雑種」(公認犬種以外の犬。 いわゆるミックス)というとらえ方になり、JKC発行の血統書は出ません。 日本では、オーストラリアン・ラブラドゥードルの血統書は(Australian Labradoodle Association Japan:略称ALAJ )が発行しています。 アレルギーフリーのセラピードッグとして大人気 オーストラリアン・ラブラドゥードルの起源は、アレルギーフリーな介助犬を作出するため、賢くて訓練能力が高いラブラドール・レトリーバーと、抜け毛や体臭が少ないスタンダード・プードルを交配したことにあります。 それゆえ、抜け毛や体臭が少なく、とても賢いワンちゃんです。 老人ホームなどを慰問して、心のリハビリテーションを行うセラピードッグとして活躍するオーストラリアン・ラブラドゥードルも多いです。 そのクマのぬいぐるみのような愛らしい見かけと賢さで、どこへ行っても大人気です。 オーストラリアン・ラブラドゥードルはサイズとカラバリが豊富 オーストラリアン・ラブラドゥードルの大きさには「ミニチュア」(体高35~42cm程度、体重7~12kg程度)、「ミディアム」(体高42~52cm程度、体重13~20kg程度)、「スタンダード」(体高52~62cm程度、体重23~30kg程度)の3パターンがあります。 ミニチュアは柴犬、ミディアムがボーダー・コリー、スタンダードがゴールデン・レトリーバーなどと似たかんじのサイズ感です。 ただ、ボリューム感には個体差があり、筆者がともに暮らすアニィは体重13kgでぎりぎりミニチュアですが、毛量が豊富なのでボーダー・コリーくらいの大きさに見えます。 カラバリはゴールド、チョコレート、ブラック、レッド、クリームなどの単色のほかにブラックパーティ、ゴールデンパーティなどのパーティカラー(白地に一色または二色のはっきりした色の斑がボディにあるもの)も認められており、カラバリは10種類以上あります。 また、毛質にはアンゴラヤギのようにやわらかいフリース、ゆるい巻き毛のウール、細毛のヘアーの3種類があります。 カラバリと毛質によって見た目や触った感じが異なるのも非常に興味深い犬種です。 筆者のアニィはレッドのウール。 見た目はまさにクマのぬいぐるみです。 人懐っこくて明るく賢いのでお子様がいらっしゃるご家庭にもオススメ 性格は、とにかく明るくポジティヴで、考えていることがすぐ尻尾に出るのでわかりやすい犬種です。 怖いとき、悲しいとき、叱られたときは尻尾を巻き、嬉しいときは飾ってある花瓶を倒すほど尻尾をぶんぶん振り回します。 プードルは尻尾からでは考えが読みにくいところがあるので、オーストラリアン・ラブラドゥードルのいい意味での「単純さ」にはとても癒されます。 筆者は様々な犬と暮らしてきましたが、オーストラリアン・ラブラドゥードルは介助犬が起源だからかとても賢く、しつけがしやすい犬種だと思います。 オヤツにあまり興味を示さない子も多いので、しつけはオヤツよりもオーバーリアクションで誉めまくるほうが効果的です。 子どもが大好きなので、お子様がいらっしゃるご家庭にもオススメです。 我が家のアニィは息子のいい遊び相手で、お友達が来ると仲間に交ざりたがります。 もともとワンちゃんは家庭という群れの中で序列をつけたがる生き物ですが、オーストラリアン・ラブラドゥードルは賢さゆえに、特にその傾向が強いように思います。 お子様からワンちゃんに「オスワリ」をさせて誉めてあげるなどして、ワンちゃんは子どもより下の序列であることを教えるようにしてください。 意外にも泳ぐのはさほど好きではありません 子守もお手の物です お散歩は必須ですが運動量が豊富というわけではないです 運動量は豊富で、朝晩のお散歩は必須ですが、もともとキツネ狩りのお供だったジャック・ラッセル・テリアや、牧羊犬のボーダー・コリーほどは運動させなくても大丈夫です。 かじるのが好きで噛む力が強いので、ワンちゃん用のぬいぐるみなどは瞬時に破壊します。 ワンちゃん用のガムなどをあげたほうがいいでしょう。 また、かじって遊んでもいいものと、絶対にかじってはいけないものを子犬のうちに教えてあげてください。 賢い子なので、すぐに覚えてくれます。 毎日のブラッシングと定期的なトリミングは必須です オーストラリアン・ラブラドゥードルは抜け毛が少ないですが、毛が伸びるので定期的なトリミングは必須です。 また、毛量が非常に多く、毛玉になりやすいので毎日必ずブラッシングをしてください。 脇の下、胸毛、尻尾などはブラッシングを怠るとすぐに毛玉ができます。 オーストラリアン・ラブラドゥードルはどこから迎える? 筆者はからアニィを迎えましたが、そのほかにもブリーダーさんがいます。 オーストラリアン・ラブラドゥードルは血統を確定するために、交配が特に厳しく管理されています。 オーストラリアン・ラブラドゥードルの血統を正しく残せると判定されたワンちゃん以外は、不妊去勢手術を施されてから譲渡されるのが通常です。 交配をさせたい場合は、オーストラリアン・ラブラドゥードルを迎える前に必ずブリーダーさんに相談をしてください。 不妊去勢手術を施さず、交配について特に言及しないブリーダーさんから迎えることは避けたほうがいいでしょう。 かわいくて賢く、迎えればすぐその魅力の虜になってしまうオーストラリアン・ラブラドゥードル。 ぜひ、ご家庭に迎えることを検討してみてください。 — おすすめ記事 —.

次の