東京 梅雨明け いつ頃。 東京の梅雨明け!時期はいつ頃

東京の梅雨入りと梅雨明け2019の時期はいつ?雨の日の割合も

東京 梅雨明け いつ頃

関東・東京の梅雨明け2020年の時期を予想しようと、気象庁の過去のデータを元に傾向を考えました。 気象庁には昭和26年(1951年)から現在までの過去データが蓄積され、それを私たちも見ることができるので活用できるのですね。 そこから出た 関東・東京の梅雨明け予想は7月の半ばごろになります。 そして 関東・東京の梅雨明けの平年時期や、観測が始まって過去最速の梅雨明け日。 もしくは、過去最も遅かった梅雨明け日などもわかりました。 関東・東京は沖縄が梅雨明けしてから一ヶ月ほどでやってくることが多く、2020年もそこまで変わらないと思います。 では、具体的に関東・東京の梅雨明けはいつごろになるのか、その予想をご覧ください。 一般的に関東地方は1都6県を指して呼びます。 茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県 今回は、ここに「長野県と山梨県」を入れて関東地方として扱っていますので注意してください。 関東・東京の梅雨明け時期は平年いつから? 気象庁のホームページには、昭和26年(1951年)から現在までの過去データが蓄積されています。 それは私たちも自由に見ることができます。 そのデータでは関東・東京の梅雨明け時期、平年の様子も出ています。 それを2000年以降でまとめました。 data. jma. html この表をまとめると、 関東・東京【2000年~2019年】 スポンサードリンク あとがき 2020年関東・東京の梅雨明けの時期の予想ですが、これまでの結果を表にしてまとめました。 関東の梅雨 日にち、期間 梅雨明け予想 7月15日~7月24日ごろ 平年 7月21日ごろ 過去最も早い日 2018年6月29日ごろ 過去最も遅い日 1982年8月4日ごろ あくまで予想ですので、その年の気象状況によっても大きく変化します。 ただ、毎年のデータからの予想ですが参考にはなると思います。 また、「梅雨明けしたとみられる」と気象庁から発表があっても、普通に雨が降り続く場合もあったりします。 そのくらいこの時期の天気の見極めは難しいのでしょうね。 梅雨の時期はジメジメした日が続きますが、晴れの日でも雨に注意してレインコートや折り畳み傘など備えはしてくださいね。

次の

梅雨明け2020東京や関東地方はいつ?夏の天気や気温はどうなる?

東京 梅雨明け いつ頃

スポンサーリンク 1年に1度は必ずやってくる梅雨の時期は とても憂鬱な気分になりますね。 もちろん雨は必要な自然の恵みですが、 洗濯物は乾きが悪くなってしまいますし 外出も少し避けるようになってしまいがちです。 特に外出する時に傘と言う荷物が ひとつ増えてしまいますし、 雨が止んだら何処かに忘れてしまいがちになります。 こんな時に待ち遠しいのが 梅雨明けの発表の天気予報です。 地域によって違いますが 今回は東京の梅雨について調べてみました。 東京の梅雨の始まりは 一年中で5月~7月にかけて毎年巡ってくる 雨の多い時期を梅雨というのですが・・・ 東京の梅雨の始まりは毎年平均的に 6月8日頃だと予想されています。 ちなみに 2013年は 5月29日と凄く早く梅雨に入りました。 毎年の東京の梅雨の期間ははと言うと 平均的に見て44日間続くと データで計算されています。 改めてみてみると約1ヶ月と少しやはり 長く感じる期間梅雨を過ごしているのですね。 スポンサーリンク ちなみに梅雨に入ってしまうと梅雨明けの時期も 待ち遠しいですよね。 果たして梅雨明けはいつ頃になるのでしょうか? 毎年の平均データを検索してみると 7月21日頃に 梅雨があけるそうです。 最近は梅雨入りも早くなるに従って梅雨明けも 毎年早くなってきているようです。 7月21日と言えば学校が夏休みに入る頃なので 外で遊びたい学生にとっては嬉しい情報かもしれません。 ちなみに梅雨入りの日も梅雨明け日も毎年確定している わけではなく自然現象なので、 梅雨入りするでしょう・梅雨明けするでしょうと 予定日みたいな言い方しか出来ないそうです。 梅雨の晴れ間とは じめじめの毎日で気分が憂鬱な時に ひょっこり何日か太陽が顔を出す日 があります。 この太陽が出ている日の事を言い、この晴れ間の間に主婦の方は 溜まっている洗濯物を片付けたりします。 気候的には高温多湿的な気候が続いているので、 最近はこの時期に熱中症にかかる人も増えていているみたいです。 梅雨は雨の恵みをもたらすのでなくてはならないものだとわかっています。 もちろん農家の人にとっては尚一層大切な雨です。 でも、この梅雨の雨が毎年少なくなっていると聞きます。 雨ばかり降っていても困りますが、適度な雨は必要ですね。 昔はよく今はめっきり見かけなくなりましたが昔は梅雨の 時期の晴れて欲しい時にてるてる坊主をみかけたりもしました。 梅雨に入るまでにしっかり傘・レインコート・長靴などを準備して 梅雨を乗り切りたいですね。

次の

2019年(令和元年) 梅雨入り・梅雨明けの状況 | お天気.com

東京 梅雨明け いつ頃

スポンサーリンク 関東の梅雨入りと梅雨明けについて 「関東」とは? 一般的に「関東」というと、一般的には1都6県(茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県)をイメージする方が多いのではないでしょうか。 でも、気象庁のデータは「関東甲信」地方となっています。 これは、1都6県に甲信地方(山梨県、長野県)を加えた地域を意味していて、一般的な「関東」よりもやや広いエリアを指しています。 このサイトでも気象庁の発表に基づき、「関東甲信」としていきます。 「梅雨入り」・「梅雨明け」とは? 実は、梅雨入りや梅雨明けの日付は確定日ではありません。 比較的天気の良い日が続いてから、比較的雨が多く、日照時間が少ない時期に突入するまでの移り変わりの期間がおおむね5日間程度ありますが、その5日間の真ん中の日を「梅雨入り日」としているのです。 梅雨入りも梅雨明けも、各地方気象台の観測結果と、1週間後までの中期予報を組み合わせて決めています。 晴れが続いている日(初夏)から、今後数日間は天気が悪く雨模様だろうという予想(中期予報)を出し、実際に雨が降りだした日を梅雨入りとしているのです。 雨の日が続いている状態で、中期予報で晴れが続くと予報をし、最初に晴れ始めた日を梅雨明けというわけです。 確定値は9月に結果を再検討し、修正された後に決まります。 関東甲信の梅雨入り 2020年はいつごろ? 気象庁のデータによると、平成22年(2010年)までの過去30年の平均(入り・明けを特定しなかった年は除外)である「平年」の梅雨入りは「6月8日ごろ」となっています。 最も早い梅雨入りは1963年の「5月6日ごろ」で、最も遅い梅雨入りは、1967年と2007年の「6月22日ごろ」になります。 スポンサーリンク 関東甲信の梅雨明け 2020年はいつごろ? 続いて、2020年の関東甲信の梅雨明け予想をしてみたいと思います。 梅雨入りと同様に、気象庁発表の過去のデータを参照してみます。 2017年までの最も早い梅雨明けは2001年の「7月1日ごろ」でしたが、2018年の梅雨明けは「6月29日ごろ」と、2019年は「7月24日ごろ」との確定値が発表されています。 一方、最も遅い梅雨明けは、1982年の「8月4日ごろ」でした。 気象庁のデータによると、平成22年(2010年)までの過去30年の平均(入り・明けを特定しなかった年は除外)である「平年」の梅雨明けは「7月21日ごろ」となっています。 また、関東甲信の梅雨明け時期のトレンドは遅くなっている傾向がありましたが、2018年は一度早まったものの、昨年は以前のトレンドに戻っています。 過去5年間はどうなっているの? 関東甲信地方の過去5年間の梅雨明けの確定値は、• 関東甲信の梅雨入りは、 6月5日ごろから6月10日ごろの間くらい• 関東地方の梅雨明けは、 7月15日ごろから7月25日ごろの間くらい となります。 2017年から2018年にかけては、平年よりかなり早い梅雨明けとなっていますが、関東の梅雨は長いスパンで見ると長期化していると言えます。 関東では、過去に九州地方の梅雨のように大きな洪水などは起こっておらず、基本的にはジメジメと降り続く一般的な雨模様ですが、天気は比較的安定的で、降水量も全国平均であることが多いようです。 ただ、梅雨の時期は、朝から雨だとその日一日はずっと雨であることが多く、降ったり止んだりという天気は少ないようです。 梅雨入りから梅雨明けの期間の平均雨量は、2016年から2017年にかけては平年の平均雨量より25%以上少なく、最も梅雨明けの早かった2018年ではほぼ平年並みの降水量になっていますが、梅雨明けの遅かった2019年は平年より30%以上も多く降りました。 梅雨でなくても雨の日は何となく憂鬱な気分になりますが、元気に乗り切って、楽しい夏を待ち受けましょうね。

次の