ガラケー女 名前。 喜本奈津子の顔画像あり!インスタ,フェイスブック特定!ガラケー女正体

あおり運転ガラケー女のモザイク無し顔画像が流出!名前や現在の居場所、撮影の理由も判明?

ガラケー女 名前

宮崎文夫容疑者(43)が常磐道で、あおり運転と暴行を行い傷害事件として報道された当初から「ガラケー女」として注目が集まっていた女が逮捕されました。 宮崎文夫容疑者を自宅に匿っていた容疑として、 犯人蔵匿と 犯人隠避の疑いで逮捕された女の名前は川崎市出身の 喜本奈津子容疑者(51)。 このガラケー女に関してネットでは、一時、別人が名指しで特定され事実無根の他人のFacebookやインスタが拡散、炎上する事態になっていました。 今回、喜本奈津子容疑者の逮捕後にもインスタやFacebookが特定されコメント欄が荒れています。 この記事では、喜本奈津子容疑者のインスタをはじめ、一時、ガラケー女として名指しされた女性の法的措置に発展している現状を紹介します。 — 2018年 3月月4日午前1時49分PST 投稿された画像のコメント欄には以下のようなコメントが多数。 「相手が煽ってきたから」「ひど過ぎるー」だと。 酷いのはおまえ。 外見から中身までオール -100点 の完璧なクズぶり。 ほんま気持ち悪い寄生物だな。 「乱暴しないで!」にはワラタ🤣オマエラ何した?ガラケーで撮ってるんだから、証拠充分だわな• ババアの顔が危険でオマス• ブッサイクの癖にグラサンかけんなや。 もう車に一生乗るな! 特定後からフォロワー数がすごい勢いで伸びています。 喜本奈津子容疑者Facebookの情報から川崎市出身と判明 出典: 喜本奈津子容疑者のFacebookにはインスタグラム同様、料理の画像を中心に投稿しており、プロフィール欄には川崎市出身と掲載されています。 Facebookの背景画像にポルシェの画像が使われており、宮崎文夫容疑者同様に高級車が好きだったのか、それとも宮崎文夫容疑者の彼女になったきっかけだったのかもしれません。 喜本容疑者とは別人が名指しされた女性が法的措置へ 宮崎文夫容疑者の事件が発覚した当初から「ガラケー女」が誰なのか、ネットでは特定情報が拡散されており、一時まったくの別人がガラケー女として名指しで特定されました。 今回の喜本奈津子容疑者のインスタ同様、別人の女性に対して誹謗中傷、嫌がらせが発生して問題に。 この事実無根の疑いをかけられた女性は、偽特定情報を発信した人物を対象に、弁護士を通して法的措置を行う姿勢を示しています。 以下がインテグラル法律事務所所属の代理人弁護士・小沢一仁さんを通して、いろコミュ株式会社のHPに掲載された文章の全文となります。 令和元年8月18日 インテグラル法律事務所所属 いろコミュ株式会社、笹原えりな代理人弁護士 小沢一仁 当職は、いろコミュ株式会社(以下「当社」といいます。 )及び当社代表者笹原えりな(以下「笹原」といいます。 )の代理人として、近時報道されている、茨城県守谷市の常磐自動車道で発生した、あおり運転暴行事件(以下「本件事件」といいます。 )に関する情報に触れた皆様方に対し、以下のとおり告知します。 さて、本件事件につきましては令和元年8月16日、所轄警察署が、被害者に対しあおり運転ないし暴行をした男性(以下「男性被疑者」といいます。 )に対する逮捕状を請求したとの報道がされました。 また、その後指名手配もされたことから、男性被疑者の氏名も公表されました。 その際、男性被疑者とともに車に同乗していた女性(以下「女性被疑者」といいます。 )については、一部で逮捕状が請求されたとの報道はありましたが、指名手配はされず、氏名の公表もされなかったことから、インターネット上で女性被疑者が誰かにつき大きな関心が持たれました。 すると、翌同月17日の早朝までの間に、匿名掲示板「5ちゃんねる」やSNSサイト「Twitter」などにおいて、同乗していた女性が笹原であるとの情報が公開され、これが直ちにインターネット上で広まりました。 その結果、一時は笹原の氏名がTwitterのトレンドに表示されるなどしました。 しかしながら、当該情報は全く事実無根のものです。 笹原は同月17日午前に、知人から本件事件に関するまとめサイトの存在を知らされるなどして女性被疑者として自身の名前が挙がっていることを知りましたが、心当たりが全くなく、なぜこのような状況に陥っているのか理解できず、現在においても強く困惑しています。 また、同月17日午前から、当該情報に触れたと思われる人物からの電話が当社に殺到しており、業務に必要な電話を取ることができず、無用な電話がかかってくることを防止するために当社ホームページの一部を非公開にせざるを得なくなるなどの業務上の支障が生じています。 そして、当該情報は当社及び笹原の名誉権を著しく侵害するものです。 なお、女性被疑者が笹原であることを積極的に発信する記事を投稿することのみならず、これを引用して広める行為(リツイートを含みます。 )も、当社及び笹原の名誉権を侵害する行為にあたる可能性があるものですから、その旨を付言します。 以上の状況を踏まえ、当社及び笹原は当職と協議の上、虚偽の情報を広めている者に対し法的措置を取ることを検討しています。 本件事件については、女性被疑者が笹原であるとされた根拠として、男性被疑者が笹原のInstagramのアカウントをフォローしていること、本件事件当時女性被疑者が身につけていた帽子、サングラス、洋服が、Instagramにアップロードした自身の写真で笹原が身につけていたものと似ていること、帽子やサングラスを付けている状態の女性被疑者と笹原の顔が似ていることが挙げられているようです。 しかし、根拠として極めて薄弱なものと言わざるを得ません。 このような極めて薄弱な根拠でもって、社会的関心の高い刑事事件の被疑者であると安易に断定し、伝播性の高い5ちゃんねるやTwitter等で公表し、これを信じた膨大な数の人たちからの事実無根の誹謗中傷を招き、事件とは全く無関係の人が極めて大きい社会生活上の不利益を被ってしまう現在の風潮は、非常に危険なものと考えます。 インターネットを利用される皆様方におかれましては、本件事件について、是非とも根拠の不明確な情報に惑わされないよう、ご留意くださいますようお願いします。 また、既に女性被疑者が笹原であるとの記事を公表された方におかれましては、訂正記事を投稿して頂きたくお願いします。 以上 本件に関するお問い合わせは 引用:.

次の

煽り運転のガラケー女

ガラケー女 名前

常磐自動車道での事件の振り返り 8月10日茨城県の常磐自動車道の事件 前を走る白の高級SUVがおよそ5分間にもわたって煽り続け、「降りてこい」「殺すぞ」な どと叫んで後続の被害者の車を無理やり停車させた。 さらに、SUVから降りてきた男が被害者 男性を窓越しに殴打。 顔面を計5発も殴られた被害者男性は流血していた。 スポンサーリンク それでも社長か! 株式会社オマス及び宮崎プロパティマネジメント株式会社の社長 これが宮崎文夫容疑者の肩書である 宮崎容疑者は大阪府出身で関西の有名私大(関西学院大学)を卒業後、 会社勤務などを経て不動産事業、コンサルティング会社などを設立。 祖父が所有していたマンションを受け継ぎ、2003年から個人事業主 として自社物件を含めた不動産の管理・取り引きや賃貸業を始めました。 そして、昨年2018年2月に法人化したんです(略)グループ会社を設立し、 経営などのあらゆるご相談や、困りごとにお応えするコンサルティング 業務を手がけている そんな人があおり運転を行い今回は傷害事件まで起こした。 スポンサーリンク 大阪市内のマンショントラブル 宮崎文夫容疑者は自らオーナーのマンションの一室に住んでいた。 大家さんなのにトラブルメーカー。 今年6月、住民の駐輪場に車を2~3台置いて 自転車が置けなくなった。 文句を言っても『オレのマンションや』『何言うとるねん、 いてまうぞ』と凄まれて何も言えなくなった 普段でも、マンションの廊下を汚すなとか、住民に食ってかかる。 それがイヤで 引っ越した人もいる。 深夜にマンションに戻ってきて、コラァ、とか叫んだりして、 近寄りにくい大家さんでした スポンサーリンク 実は前科が有った 逮捕された理由は「女性を監禁したから」。 昨年は京都でタクシー 運転手を監禁した。 実刑判決を受ける。 ガラケー女『喜本奈津子』容疑者は これが常磐自動車道で助手席から出てきた女です。 スポンサーリンク ネットの反応 まずは逮捕されたということで、良かったと思います。 あおり暴行事件については男性、女性ともにデマが拡散しています。 男性については指名手配されたことから拡散している名前がデマと確定しましたが、女性については被害女性が否定している状況にも関わらず、「警察発表がない」ことを理由にまだ疑っているような心ない発言が見受けられ ます。 そもそも出どころが怪しい不確かな情報なのですから、そのようなデマに惑わされないように注意して欲しいものです。 同乗女性が何らかの理由で逮捕されれば、いまも続いているデマ被害を抑えられると思うのですが…… 以前に女性監禁の逮捕歴があることから宮崎文夫の暴力性はあきらかですね。 今回の傷害罪は是非実刑としてほしいものです。 これで執行猶予をつけるようであれば裁判官の資質が問われると思います。 これだけのことをしておきながら、逃走。 逮捕されてよかったが、逃走したことを含めても刑罰がそれほど重くならないような気がする。 あおり運転を処罰する法律を作るべき。 自動車での重大な事故の処罰は「こんなに軽いのか」と解せないものが多い。 飯塚容疑者はなぜ何の処罰も受けないのだろう。 ようやく反社会的凶悪犯人が捕まってよかったです。 つるんでいた女も相当な前歴がありそうです。 別のニュースソースによれば、日頃から近隣住民にも暴力的態度をとって怖がられていたとのこと。 過去から洗いざらい取り調べて、厳罰に処してもらいたいです。 こういった人間を長期刑に処せる法改正を強く望みます。 そうした行動力のある議員、政治家はいないものでしょうか? スポンサーリンク まとめ ついに宮崎文夫容疑者が逮捕されました。 次は同乗の女です。 早く身柄を確保してほしいものです。

次の

喜本奈津子(ガラケー女)の顔写真は?自宅はどこ?インスタグラムも特定!

ガラケー女 名前

情報が広がるスピードは速く、2時間もあれば数百万人が、自分を犯罪者として叩き始める。 家族まで危険にさらされ、仕事の信用も失う。 そんなこと、自分の身には降りかかるはずがないと思っているのではないだろうか。 しかし、こういったネットでの誹謗中傷事件は10年ほど前から増え続けている。 なぜ、こんなことが起こるのか…。 誹謗中傷書き込みで犯罪者にされた被害者を取材。 彼らもまた、まさか自分にこんなことが…と思っていた。 常磐自動車道で2019年8月10日に発生した「あおり運転殴打事件」では、宮崎文夫被告が、当時24才の男性にあおり運転を仕掛け、その後無理矢理停止させ、「殺すぞ」などと怒鳴りながら殴打した。 その様子を脇でガラケーを使い撮影する「ガラケー女」も注目された。 1件の投稿がツイッターに上がった。 このツイートは瞬く間に広がり、その女性の顔と名は犯罪者として日本中に知れ渡ることとなった。 【2019年8月17日(土) 午前6時】 彼女が事態に気づいたのは午前6時のことだった。 「あの日は、休日だったにもかかわらず、早朝からたくさんのメールが送られてきたんです。 タイトルには『宮崎の女だろう』などと書かれており、わけがわかりませんでした。 電話も執拗に鳴り続けていたのですが、知らない番号だったので無視していると、友人から連絡が。 慌てて出ると、私を犯罪者とする内容の情報がネットに流れており、実名と顔写真も公開されていると教えられました。 何が起こっているのか状況がわかりませんでしたが、自分が犯罪者扱いされている事実に対し、どう対処すべきなのかを考えました」 当時を振り返り、そう話すのは、茨城県で起きたあおり運転殴打事件の容疑者と間違われ、ネットに個人情報を流されてしまった被害女性Aさんだ。 落ち着いた物腰、冷静な語り口調の彼女だが、当時はパニックを起こしたという。 この事件は、8月10日に起こった。 宮崎文夫被告の車に同乗し、その蔵匿・隠避にかかわった、通称「ガラケー女」と、インスタグラムにアップされたAさんの写真の服装やサングラスがたまたま似ていたことと、宮崎被告がAさんのインスタグラムをフォローしていたことから、Aさんが「ガラケー女」だというデマが流されたのだ。 【2019年8月17日(土) 午前7時44分】 苦情の電話が300件以上鳴り、インスタグラムへの誹謗中傷だけでも1000件以上。 知らない人からのいわれのない悪口や脅迫にさらされ、通常なら、恐怖で思考停止になってもおかしくはない状態だ。 にもかかわらず、彼女の行動は早かった。 「何をしていいのかわからなかったのですが、とにかくなんとかしなきゃと必死でした。 周囲の人に相談しても、誰も経験のないことで、答えが見つからない。 なのに、私への投稿はものすごいスピードで増え続け、一時、インスタグラムが読み込み中のまま開かない状態にまでなりました。 怖くて仕方がなかった。 それでとりあえず、フェイスブックに自分の声明を投稿することにしたんです」(Aさん) それが7時44分のこと。 《起きたら犯罪者扱いされててびっくりですが完全に事実と異なりますので無視してください》 こう投稿するが、これがさらに火に油を注ぐこととなった。 《捕まれBBA(ババア)》《殺人未遂犯した後にのうのうと生きてインスタ更新できないよね。 (中略)精神異常者》をはじめ、文字にすることもはばかられるような誹謗中傷が殺到。 Aさんは、自分では対応しきれないと、朝9時に知人に相談。 そこからさらに弁護士の小沢一仁さんを紹介してもらった。 ここで、ネット炎上に詳しい小沢さんと巡り合えたのは幸運だったといえる。 【2019年8月17日(土) 午前9時〜午前中】 「私はまず、Aさんに警察へ相談に行くこと、そしてデマを否定する声明文を出すことを提案しました。 間違った情報が流れて騒ぎになった場合、なるべく早く、当事者からデマを否定する正式な文書を出した方がいいからです」(小沢さん) とはいえ、Aさんも午前7時の段階でデマを否定する投稿を上げたが、余計に炎上した。 早く弁明することは重要だが、タイミングと文章の内容が大切で、これらは専門家に任せた方がいいと小沢さんは注意を促す。 その後、Aさんは小沢さんの言う通り、警察の生活安全課に相談に行く。 ところが…。 「警察に説明しても信じてもらえませんでした。 相談に来たという記録だけ残すと約束してもらい、帰りました」(Aさん) こういった件で、すぐに警察が動くことはまれだそうだが、後々、脅迫やストーカー行為など、別の刑事事件に発展することも考え、相談の履歴は残すべきだという。 【2019年8月17日(土) 午後〜深夜】 Aさんが警察に行き、ネット環境から少し離れている間に、情勢は変わっていた。 それまでは罵詈雑言一色だったのだが、朝7時台に出したAさんの声明などを受け、「人違いだったら大変ですよ」などといった冷静なツイートが増えたのだ。 そして夕方には「デマだ」という声が大きくなっていった。 「Aさんがガラケー女であるという根拠が、サングラスや着ている服が似ているということだけ。 あまりに理由がお粗末なことに気づいた人が増えていったんです」(小沢さん) デマだという声が増えつつある今こそ、あらためて正式な声明文を出すタイミングだと小沢さんは考え、早急に文書を作成。 日付が変わった18日深夜に、Aさんが代表を務める会社のホームページ上に、デマを否定する声明文を公表した。 【2019年8月18日(日) 夕方以降〜現在】 声明文のおかげで事態は落ち着いたが、さらにAさんの無実を決定づける出来事が、18日夕方に報道された。 これで完全に解決したように思われたが、実はこの件に関する被害が、事件から半年たった今でも続いている。 「容疑者の逮捕で、私への疑いは晴れましたが、会社関係者や取引先への説明を兼ねて記者会見を開きました。 これですべてが明らかとなり、嫌がらせも収まると思ったのですが…。 一度ネットで炎上すると、思いがけない方向へ飛び火してしまうのだ。 「Aさんは、あくまでも被害者です。 ですから、誹謗中傷の中でも内容が悪質だった人やリツイートして拡散した人などに対して訴訟を起こすべく動いています。 これは当然のことです。 今回の件は、犯罪者を懲らしめたいという思いで多くの人が誹謗中傷の投稿を流したのだと思います。 しかし、たとえ正義感に基づく行動でも、無関係の人を傷つければ、違法行為になるんだということを知ってほしいですね」(小沢さん) 人を貶めるような情報は信じない、拡散しないようにするべきだと小沢さんは続ける。 そしてAさんは、今回のことは誰にでも起こり得ることだと警鐘を鳴らす。 「私に起きた一件が、SNSやインターネットを利用するすべての人の意識を変えるきっかけになってくれればと思っています。 それは被害者になり得るんだ、ということだけでなく、リツイートボタンひとつで簡単に加害者にもなり得て、逆に訴えられる可能性もあるんだということも含めてです」(Aさん) ネットに意見を投稿する際は、一度立ち止まって、情報の真偽を見直す癖をつけるべきだと、Aさんと小沢さんは口をそろえる。 自分の素性をさらした状態で言えないせりふは決して吐くべきではないのだ。

次の