ハウスクリーニング 開業 失敗。 ハウスクリーニング・おそうじで独立開業・起業|JHAビジネススクール福島校

掃除屋やハウスクリーニング独立で失敗する前に考えておきたいこと|ガラス再生研磨認定講座

ハウスクリーニング 開業 失敗

「 最近、掃除機やハウスクリーニング業界に転職しようか迷っている」 「 ハウスクリーニング業界はフランチャイズが良いって聞くけど実際はどうなのだろう」 掃除屋やハウスクリーニングの需要が高まる中、上記のようなお悩みを抱える方も多いのではないでしょうか。 たしかに、ハウスクリーニングは以前よりも需要が増しており市場規模も拡大しています。 だからこそ、手に職をつけたいというご意見も納得ができますよね。 しかし、掃除屋やハウスクリーニング業界に勢いだけで参入するとおそらく後悔するでしょう。 ここでは、元清掃会社としての実績もある弊社が掃除屋やハウスクリーニングで独立する前にぜひ知っていただきたいポイントをご紹介します。 なぜ弊社が清掃会社からガラス業界へ移行したのか、そのあたりの理由も踏まえてお届け致します。 掃除屋やハウスクリーニング業界の需要について 出典: 上記グラフは、「 富士経済ネットワークス(東京都中央区)」が民泊サービスやハウスクリーニングサービス、家事代行業などの国内市場について調査した結果によるものです。 (調査期間2018年4月〜8月) これに基づくと、ハウスクリーニングの需要は家事代行業と共にゆるやかに需要が拡大していることがわかります。 特にハウスクリーニングについては、共働き世帯や高齢世帯の増加により市場規模を伸ばし、2020年予測では 「 1,820億円」規模に成長すると言われています。 このように掃除屋やハウスクリーニングの需要の拡大が見込まれており、多くの方が参入を検討している状況です。 さらに、今後AIやロボット等が数多くの仕事を代替えすると予測されているため、より手に職をつけたいという傾向が強まっているものと思われます。 掃除屋やハウスクリーニングの独立で失敗する前に考えたいこと 前章でもお伝えした通り、掃除屋やハウスクリーニングの需要が高まっているため、手に職をつけて転職をしたい方などから注目を集めています。 それと同時に、ハウスクリーニングのフランチャイズで独立を検討する方も増えていますが、何事も勢いで参入するのは危険です。 ここでは、掃除屋やハウスクリーニング業界で独立する前に考えておきたいことを元清掃会社だからこその目線でお届けします。 閑散期と繁忙期の差が激しい 掃除屋やハウスクリーニング業界は需要があるから独立すればうまくいくのではないかと考える方も多いですが、元清掃会社である弊社の意見としますとそこまで簡単ではありません。 実は、時期関係なく需要がありそうなハウスクリーニング業界ですが、閑散期と繁忙期との差が激しいのが現状です。 たとえば、 繁忙期は毎年2月〜4月と年末に集中します。 この時期は、引っ越しシーズンや大掃除と重なるため、エンドユーザーからのご依頼も多く、依頼が殺到することもあります。 アパート等の空室クリーニングなどの場合には、徹夜で作業をすることもざらにあるんです。 一見、ハウスクリーニングは需要があるから魅力的だと感じるかもしれませんが、上記以外の閑散期ともなると依頼が月に1件しかないなど本当に依頼の差が激しいのが現状。 また、繁忙期にかんしても独立し従業員がいない段階では1日あたりの作業量に限界があります。 というのも、空室クリーニングのご依頼だと3LDKのサッシなどをクリーニングするだけでも現場によっては7時間もかかることがあります。 つまり、繁忙期であっても1日1件現場を回るのがやっとなんです。 顧客単価が低い 繁忙期には大変需要のある掃除屋やハウスクリーニング業界ですが、独立前に考えておくべきことに「顧客単価」があります。 実は、繁忙期には大変多くの依頼がありますがエンドユーザーからの顧客単価がそう高くはありません。 たとえば、先ほどもお伝えした「空室クリーニング」の場合には、ワンルームの空室クリーニングで「 28,000 〜30,000円」が相場となります。 1件あたりこの価格なら、1日2件回れば十分なのではと感じるかもしれませんが、1件あたり長い場合7時間もかかるため、1日1件回るのがやっとです。 つまり顧客単価が高くはない分、件数を重ねないといけませんが、現実問題として何件も作業ができません。 弊社も元清掃会社として、数多くの同業者が辞めていく姿を目の当たりにしました。 その理由は、参入前には検討していなかった顧客単価や繁忙期と閑散期とのギャップがあることは否めません。 フランチャイズの場合には高額な開業資金が必要 掃除屋やハウスクリーニングで独立をお考えの方で、フランチャイズを検討している方も多いかと思います。 フランチャイズは、フランチャイズ本部が営業ノウハウや独立時に必要なスキルを全てサポートしてくれるため、独立への最短ルートという認識が強いです。 しかし、必要なスキルや道具などをサポートしてくれる反面、「加盟金」や「保証金」、「研修費」、「器材費」、「開業資金」、「システム使用料」などさまざまな開業資金が必要です。 フランチャイズを導入している会社によっても異なりますが、 開業資金が200万円を超えることも。 それに加えて、 毎月数万円のロイヤリティが発生するフランチャイズもあり、顧客単価が少ない中で、利益を上げるのがやっとという同業者もたくさんいらっしゃいます。 掃除屋で独立をお考えの方には、このような高い開業資金の存在を契約直前まで知らずに「なんとかなるだろう」と参入した結果、後悔してしまったという場合も見られます。 競合との差をつけ掃除屋の独立をサポートするガラス再生研磨認定講座 ここまで、掃除屋やハウスクリーニングの独立前に知ってほしい事柄をお伝えしました。 その中で、安易に参入すると仕事の獲得から顧客単価などで参入前とのギャップが生まれ、思うようにいかないという方もおられます。 もちろん、全てこのような場合ではなく掃除屋やハウスクリーニングで高い利益を上げている同業者もたくさんいます。 しかし、高い成果を上げている同業者がいる中で新規参入者が高い利益を上げることは容易ではありません。 そこでおすすめしたいのが、弊社がお届けする「 ガラス再生研磨認定講座」です。 ここでは、掃除屋やハウスクリーニングで独立を考えている方に、なぜ弊社のガラス再生研磨認定講座がおすすめなのかご紹介します。 掃除屋やハウスクリーニングとの相性が非常に良い 実は弊社のガラス再生研磨認定講座は、掃除屋やハウスクリーニング業界との相性が非常に良いです。 たとえば、空室クリーニングの際に「 浴室のガラスウロコや水垢除去も一緒に綺麗にならないか」との依頼が実際にあります。 しかし、掃除屋やハウスクリーニング業者は清掃の技術はあるものの、ガラス再生技術は持ち合わせていない場合が多いです。 そこで、 ガラス再生研磨技術を身につけていると、同業者では対応できない案件もセットで獲得できるため、顧客単価が底上げできます。 費用対効果が高い 掃除屋やハウスクリーニングで独立をお考えの方が、ガラス再生研磨技術を身につけるとそのほかにも多くのメリットがあります。 それは、ガラス再生研磨はもともと設置されているガラスに施工するため、ガラス交換などと比較をしても費用がかかりません。 ガラス交換を前提とすると、交換費用や輸送費などが加わり予算を圧迫する場合があります。 しかし、ガラス再生研磨であれば、輸送費や交換費用がかからず費用対効果が高いのです。 業種問わずニーズがある 掃除屋やハウスクリーニングで独立を考える場合、前述した通り繁忙期と閑散期とで依頼の差が激しいです。 また繁忙期であっても1件に時間がかかり、多くの件数を回ることができず、利益を上げづらいという特徴がありました。 しかし、ガラス再生研磨であれば旅館や温泉施設、ホテル、マンション、船舶などあらゆる業種に対応しているため、常にニーズが見込めます。 掃除屋やハウスクリーニングの依頼がない場合でも、ガラス再生研磨技術を身につけることで補えるのが最大のメリット。 まとめ 掃除屋やハウスクリーニングで独立している事業者全てがそうであるわけではありませんが、実際に独立をしてみると理想とのギャップに戸惑ってしまう場合も。 まずは、掃除屋やハウスクリーニングの独立を急がずに慎重にメリットやデメリットを検討してみましょう。 また、弊社がお届けしている「 ガラス再生研磨認定講座」では、掃除屋やハウスクリーニング業を営む方のスキルアップとしての研修でもご利用いただいております。 確実に手に職をつけて、ビジネスチャンスを広げたい方もぜひ無料相談会へのお問い合わせをお気軽にお待ちしております。 無料相談会では、元清掃会社だからこその業界事情やガラス再生研磨技術のニーズや今後についてもご相談可能です。 みなさまのご参加を心からお待ちしております。 関連記事一覧.

次の

掃除屋やハウスクリーニング独立で失敗する前に考えておきたいこと|ガラス再生研磨認定講座

ハウスクリーニング 開業 失敗

もくじ• ハウスクリーニングで独立することを応援するべきか? いつもブログ拝見しています。 私と主人は結婚して3年半が経ちました。 交際期間を含めると6年になります。 結婚して1年ほどで主人の会社がつぶれてしまい、家の家賃を払えなくなってしまったので主人の実家で同居することになりました。 同居してからというもの姑に嫌味を言われたり色々とこきつかわれたりして、 とっても辛いのでなんとか早く家を出たいと思い、必死で貯金をしていました。 主人の再就職先は、清掃のフランチャイズ加盟店に求人募集からなんとか雇っていただくことが出来ました。 給料は毎月25万円ほど頂けるようになったのですが、再就職した当時は主人の給料が安定するまで半年は貯金が出来ませんでした。 その後1年たってなんとか50万円貯める事ができました。 これでやっと家を出て この苦しみから解放される! と私はとても嬉しかったのですが、それを主人に話したら驚くべきことを言われました。 『その50万円は家を出るお金じゃなくて、ぼくの独立資金に使いたい』 と言われたのです・・・ 主人は付き合った当初から独立したいと話しており、現在働いてる職場では主人の働きだけで毎月100万以上は売上があるそうです。 ですが、主人の売上と給料は違うので、給料は25万しかもらえていません。 それに納得できないから独立したいんだそうです。 主人はハウスクリーニングの仕事をしており、業務用エアコンの掃除を1台やるだけで2万 円。 5台やれば10万。 それを20日やるだけで 200万になります。 なので、依頼が来れば大変儲かる仕事なのですが、依頼が来るかはわかりません。 それでもし失敗したらまた同居が伸びると思うと踏み切れませんが、 成功すれば2ヶ月ぐらいで家を出れますし、今までより裕福な暮らしが出来ます。 私が貯めた50万は 仕事用の車と仕事道具を買うのに使うらしいです。 主人を信じるて独立を応援するべきでしょうか? 以上です。 ご相談ありがとうございます。 ハウスクリーニングは作業の腕だけで稼げるのか? まず、ご主人の独立はぼくは賛成です。 奥様からすると少し心配でしょうが、漢(おとこ)の決意に水を指すことはぼくは辞めていただきたいと思います(笑) ご主人の売上だけで100万円あるということで、作業のスキルはかなりの持ち主だと感じました。 でも、業務用エアコンを一人で1日に5台とういのは本当かな? でも、少なく見積もって仮に1日2台の業務用エアコンを洗浄出来たとしても1日で40,000円ですね。 経費を差し引いたとしても35,000円は残るので一人でこの金額を稼げるとなるとやっぱりおそうじビジネスは おいしい仕事です。 フランチャイズに加盟しているお店で働いているということなのですが、 おそらく100万円の売上のうちご主人の雇い主の会社は本部に100万円のうち、 数十パーセントのロイヤリティーを支払っていると思います。 それでも、100万円のうち最低でも70万円ぐらいは会社の利益としてあります。 そのうちの25万円が人件費としての経費となりますので、かなりの利益率があるのがおそうじビジネス業界だということですね。 ただ、その考えだけで独立開業することはとても危険というか、あなたが心配されている通り不安があることは確かです。 ぼくたちがやっている「おそうじビジネス業界」というのは 廃業率が40パーセントと言われているぐらい、 新たなハウスクリーニング店が開業されては、その開業された店の数だけ廃業していっているという現実があります。 では、なぜそれだけの数のハウスクリーニング店が開業されては、廃業していくのかと言うと、 一つの原因は 簡単に開業できてしまう業種ということ。 ほとんどの人たちが、脱サラから作業ノウハウだけを学んでからの開業ということが原因なのですね。 サラリーマン気分が抜けていない? では、脱サラからの独立開業の何がいけないのかと言うと、 それは、ほとんどの人たちが、サラリーマン気分、雇われ気分が抜けていないということが原因で、 経営の難しさにメンタルがやられてしまい、もっと楽に稼げる方へと逃げようとするか、 もしくは、現実の厳しさを思い知ってしまい、 結果、多くの開業者の人たちが廃業へと追い込まれてしまうのです。 そりゃそうです。 フランチャイズで 経営のやり方、考え方までは教えてはくれません。 経営のやり方、考え方を教えてしまってはフランチャイズ加盟なんてバカらしくてすぐに脱退してしまうでしょう。 それほどロイヤリティーで持っていかれてしまいます。 おそらくそういうメンタルがやられてしまった方たちというのは、同業者さんの下請けなどに落ち着いてしまうか、 日給同然の 安い単価で請け負い、また 雇われていた当時と同じような生活に戻るか、 廃業してまた別の職業で雇われの選択をしてしまうかです。 いくらおそうじビジネスが敷居の低いビジネスと言われていても、 やっぱりビジネスということに変わりはありません。 ビジネスの基本である、 サービスの質とリピート客の確保という、 簡単に出来そうに見える、これらの一番大事な部分が出来ていない人たちが大多数の人たちなんです。 ですが、ご主人は作業のスキルはあると思いますので、この辺りは大丈夫そうですね。 健全にサービスを提供していけばリピートのお客さんというのも出てくると思われます。 あともう一つ絶対に必要なビジネスの基本というものが、 集客スキルです。 この 集客のスキルが無いと一番肝心なお金を払ってもらえる、会社の売上となるお客さんを集めることが出来ません。 開業したからといって、お客さんが勝手にやってきてくれるというような甘い世界ではありません。 これはおそうじビジネスだけではなく他のどんなビジネスでも同じことが言えるのではないでしょうか。 この集客の部分はなかなか、実践的な方法を教えてくれる人がいません。 みんなが自分のお客さんの確保で精一杯です。 ビジネスの基本は集客 ビジネスでうまく稼げている人たちというのは必ずといっていいほど これらの 3つのことがうまく出来ている人です。 ・集客して ・質のいいサービスをして ・リピートをもらう です。 このどれが欠けてしまっていてもビジネスはうまくいきませんので、 独立して失敗したくないというのであれば、肝に銘じておいたほうがいいと思います。 大体の人が 腕は良いのに集客の部分が苦手だということで、ぼくの所にもたくさんの相談に訪れてくれています。 ですので、あなたのご主人がこの集客の部分ができるのか? この集客の部分が出来るのであれば、絶対に独立開業して今の生活から脱出するべきだとぼくは思います。 おそうじビジネスはやり方次第でかなり稼げる職業だと思いますよ。 もしあなたがこの事実をご主人に言うと、 おそらく 『言われんでもわかってるわ!」と 返されると思うので、 さり気なくぼくのこのブログでも紹介されてみるといいかもしれません(笑) ご検討をお祈りしますね。 少し熱く語ってしまいましたが、 もしこの記事を読んで少しでもこのブログの読者さんたちが ハウスクリーニングやその他のビジネスで失敗する人が少なくなればと思い、 今回こうして記事に書かせていただきました。 最後まで読んでいただきありがとうございました。 集客スキル、いいサービス、リピートを上げることの答えは 全てぼくが運営しているメール講座の方で解決できるのではと思いますので、 よかったら受け取ってみてくださいね。

次の

新築でハウスクリーニングしてるはずなのに汚いのはなぜ?

ハウスクリーニング 開業 失敗

脱サラされて開業を考えている方、退職後セカンドビジネスとしてお掃除ビジネスを検討している方にお薦めしたい内容です。 今、TV-CMなどで有名なお掃除ビジネスを展開中の フランチャイズ店への加盟を考えておられますか? でも、待って下さい!アントレなどビジネス独立起業関連雑誌を隅々まで読む前に、先ず今回のブログを読んで下さい。 アナタが本当に知りたいリアルで厳しい現実の一部分をお伝えします。 これから 「お掃除をビジネスとして始めよう!」 という方や 退職後のセカンドビジネスとして 「掃除なら経験が無い素人の 私でもできそうだし、 ちょっと開業してみよう!」 と考えておられるアナタに 薦めたい内容です。 東京 府中から 東京の武蔵野・多摩地区周辺を中心に 都内23区内外と埼玉、神奈川の 一部地域へ出張対応中の 汚れの解決請負人こと オフィスねこの手 代表の山下です。 お掃除ビジネスのハウスクリーニング という仕事は、 他の飲食業や小売店業に比べて 敷居が低く、お店を始める前に 多額な開業資金を準備しなければ お店が開けない、仕事が始められない という性格の業種ではありません。 とはいえど ある程度の開業資金があった方が 会社を継続する上で大切なことは 間違いありません。 ですが、大事なことは 資金だけではありません。 お掃除の専門知識や 実際に実務的な経験が無くても 昨日まで素人の方でも誰でも 始めることはできます。 極端なことを言えば、 開業するだけなら誰でもできます。 高校生でも大学生でも できるでしょう。 しかし、お掃除ビジネスを 継続することは素人では無理です。 120%、いや200%不可能です。 「誰でもできそうだから ちょちょっとやれば楽に稼げるだろう」 と安易な考えなら必ず失敗します。 何故だと思いますか? その理由を解説していきましょう。 至極当たり前なことですが、ご自宅のお掃除を依頼されるお客様は、ど素人に仕事は依頼しません。 絶対にです。 極端なことを言えば、ど素人に自分の大事なお金を支払うおめでたい人はこの地球上に、いや銀河系には1人も存在しません。 これは紛れもなく揺るがない事実です。 アナタがおウチの中のキッチンや トイレの水漏れ発生して困った時 アナタなら、どうしますか? 100人中99人の人は 水道設備修理のプロの信頼できる 会社を調べて、連絡をして 早急な修理、修復してもらうよう 頼みますよね? ハイ、ここがポイントです。 おウチの水漏れの対応する 水道設備修理業者を お掃除ビジネスの ハウスクリーニング会社へ そのまま置き換えて考えましょう。 つまり、アナタが お客さんにしたい人たちは 自分が困っている 速やかに解決したい問題を ど素人には絶対に任せない! という当たり前な事実。 「何言ってんの!そんなの当たり前でしょ?」 と自分がお客さんの立場の時は 普通に考えることです。 水漏れを直して欲しいから頼んだのに いざ来た人が 「いや~、私経験が無くてー プロじゃないんで素人ですんで ちょっと無理ですねー」 などと言われたら 誰しも(はぁ?!)と怒りますよね。 追い返して玄関にあら塩でも 蒔きたくなります。 ところが、商売としてお客さんに 自分がサービスを提供する時には この大事な部分が 割と多くの方が頭の中から すっぽり抜け落ちてるのです。 かなり大雑把に言えば 水道業者さん、内装業者さん リフォーム業者さん達と ハウスクリーニングは 同じようなような仕事です。 餅は餅屋といいます。 人は誰しもが自分の抱えた悩みや 問題は豊かな経験と裏付けされた 専門知識を備えている その道のプロ、専門職の人に 任せたいと考えます。 だからアナタがど素人のままでは お客様はおろか世界中 いや地球上の誰一人として アナタにお掃除を依頼しません。 だって、素人では 掃除のプロではないのですから。 では、どうしたら良いのか? カンタンです。 アナタがプロになればいいのです。 一言付け加えると プロになるといっても そうそう甘いものではありません。 では、経験を積んで 仕事を依頼されるプロになるには どうしたら良いのか? それは私がお教えすることでは ありませんよね? もしアナタが本気ならば アナタご自身の頭で考えて 行動に移そうするでしょうから。 ハウスクリーニングの仕事は、 自分の命の時間を毎日削って 削りまくって提供する仕事です。 やってみれば分かりますが 体力的にもかなりキツイことも 多々あります。 もちろん毎日勉強し続ける意識と 習慣も必要になります。 決して甘い世界ではありません。 そんなアナタに伺います。 まぁ、どんな仕事でもそんなに 甘いものではないことは アナタが一番お分かりですよね? 誰でも気軽に踏み入れられて 始めることができる お掃除ビジネス。 しかし、 お客様からご依頼1つを頂くこと。 継続し続けることが 実は一番何よりも厳しく 難しいことなのです。 今現在実際に数多くのお客様へ ハウスクリーニングサービスを 提供し続けている この私がいうのですから 間違いありません。 ハウスクリーニングの仕事を片手間で誰でもできる片付け屋として考えるか? それともアナタの技術とノウハウをお客さまがお金を出してでも頼みたいと考え、一時でもお客さまの【お家】という財産と健康をお預かりして清潔さと快適さをお渡しする仕事と考えるか? この目には見えない意識の持ち方でアナタの道は大きく変わります。 その道のプロになるということは 一朝一夕になれるものではありません。 経験を積むための長い時間も必要です。 繰り返しになりますが、 安易な、安直な心構えで 始められる、続けられる仕事は この世にありません。 楽なことばかりではありません。 むしろ大変なことばかりです。 アナタが辛いと思うことも 山のようにあります。 しかし、この仕事には それらの全てを チャラにしてしまうだけの 意義のあること 価値のあることがあるのも また事実です。 アナタがお掃除ビジネスを 始めようと思われ縁あって このブログを読んで下さったなら 是非もう一度アナタ自身に こう自問自答されてください。 『なぜ私はこの仕事を したいのだろうか?』 と。 強い覚悟と信念をもった方が お掃除ビジネスの世界に 来ていただけるなら 私は大歓迎です。 価値があること、と思うものを 是非アナタ自身の手で 創り出して下さい。 生み出して下さい。 何かに挑戦しようと 行動を起こすそんなアナタを 私は応援しています。 皆さま、初めまして。 当社オフィスねこの手の 代表 山下晴重と申します。 よろしくお願いいたします。 ハウスクリーニングに どういったイメージをお持ちですか? ご自分で落とせない汚れだけ 落としてさっさと帰る お掃除屋さん、 と思われていませんか? 当社は、もしかしたら アナタがこれまでに ご利用された他社さんや 漠然とイメージをされていた ハウスクリーニングとは、 全く異なるものかも知れません。 当社は、 いつでも安心な価格体系や サービスの内容を ご利用されるアナタのために 分かりやすさにこだわっています。 ご利用されるアナタに 分かりやすくなければ 意味がありません。 サービスの価値とは お客様である、アナタのために あるものです。 アナタのおウチのお掃除で お困りな事は何でも お気軽にご相談下さい。 どのような些細な事でも 親切・丁寧にお答えします。

次の