あさだ じゅん や。 連続テレビ小説「あさが来た」

味のじゅん天

あさだ じゅん や

4歳からピアノを習い始め、音楽が大好きに。 小学校では吹奏楽でトランペット、中学からは声楽でイタリア歌曲を習うが日本語の歌にも興味を持ちポップスも歌い始める。 そして高校生の時にNHKのど自慢に出場。 この頃、作詞作曲も始める。 卒業後上京し、CM曲を歌ったり、GLAYのアルバムにコーラスとして参加したりしたが、いつも「どんなジャンルを歌いたいの?」と問われて、悩みながら歌う日々が続いていた。 その時「ジャンルにこだわらなくていい。 ゆあさみちるの歌は、ゆあさみちるの歌だ。 自分の思いを信じて、自分の歌人生を歩んでいきたい。 」と強く心に決めた。 2020年4月15日『私の花』で、信じる力、魂(こころ)の力、愛する力でメジャーでの初めの一歩を歩き出す。 2020年春、上映予定。 プロフィール.

次の

あさナビ

あさだ じゅん や

zendesk. 2020. 24 「君がオーロラを見る夜に」 角川文庫 2019. 5 「あの冬、なくした恋を探して」 ポプラ文庫ピュアフル 2019. 28 『君を忘れたそのあとに。 』 スターツ出版文庫 2019. 9 『私たちは失いながら生きている』 メゾン文庫 2019. 28 『ログイン0』 スターツ出版文庫 2019. 24 『無人駅で君を待っている』 スターツ出版 単行本 2019. 05 『願うなら、星と花火が降る夜に』 LINE文庫 2019. 28 『ラストは絶対、想定外。 25 『死んでも絶対、許さない』 野いちご文庫 2019. 28 『いつか、眠りにつく日2』 スターツ出版文庫 2019. 25 『いつか、眠りにつく日』 ケータイ小説文庫 2019. 05 『この冬、いなくなる君へ』 ポプラ社ピュアフル文庫 [メディア] 「いつか、眠りにつく日」 連続ドラマ FODフジテレビオンデマンドにて配信中 FMラジオ K-mix「ピンソバ」 奇数週木曜日コーナー「いぬじゅんのゐ」 出演中 よろしくお願いします~.

次の

【公式サイト】愛知県碧南市の焼きいも専門店

あさだ じゅん や

平成27年度後期の連続テレビ小説 「あさが来た」。 波瑠さん演じるヒロイン・あさ。 彼女をとりまく出演者の方々が発表となりました。 <あさの家族・今井家(京都)> ヒロイン 今井あさ …波瑠 幕末の1849年(嘉永2年)生まれ。 京都の豪商の次女。 正義感が強く、相撲も強い、好奇心旺盛なおてんば娘。 「なんでどす?」が口ぐせ。 生まれた時から大阪有数の両替屋に嫁ぐことになっていたが、姉のはつが大好きで、勉学にも興味があり、一度は嫁入りを拒否する。 しかし、許嫁の優しさと器の大きさにふれ、嫁入りを決意する。 嫁いですぐに明治維新をむかえると、動乱の中、家業が傾いてしまう。 あさは、趣味人の夫に代わって、店のために働き始める。 そして、子育てをしながら炭鉱事業や銀行、生命保険会社と次々に事業を立ち上げる。 さらに女性の未来のため、日本初の女子大学校の創設に尽力する。 結婚してからもなお夫の魅力を発見し続け、生涯を通じ夫への愛を深めていった。 奔放なあさと違い、つつましく凛とした美しさが評判で、琴や裁縫が得意。 あさにとっては、何でも相談できる良き姉。 大阪の老舗両替屋「山王寺屋」に嫁ぐ。 嫁ぎ先になじめず苦労する中、幕末から明治への混乱期を迎える。 危機に瀕する家と夫を支え、「新しい時代」の幸せを見つけていく。 父 今井忠興 …升毅 あさの父。 呉服屋と両替屋を営む京都の豪商・今井家の当主。 頭脳明晰で優秀なビジネスマン。 幕末から明治への混乱を乗り切ろうと、巧みに時代を読もうと試みる。 父としては、あさやはつを今井家の娘として、久太郎を今井家の跡継ぎとして共に厳しく育てる。 特に自由奔放なあさには厳しい。 母 今井梨江 …寺島しのぶ あさの母。 常に忠興を陰から支え、子供たちにも優しい良妻賢母。 あさやはつが嫁いだ後も、娘たちを心配して嫁ぎ先にも訪ねていく。 三従(女性は幼にしては父兄に従い、嫁しては夫に従い、老いては子に従う)の考えで生きてきたが、あさの成長に伴い、女性の生き方について考えを改め始める。 祖父 今井忠政 …林与一 あさの祖父。 今井家の前当主。 隠居しているが、度々今井家を訪れ、孫娘あさをかわいがる。 あさの個性を認め、自由奔放に生きるよう促す。 <両替屋・加野屋(大阪) 白岡家> ヒロイン・あさの夫 白岡新次郎 …玉木宏 あさの許嫁。 両替屋「加野屋」の次男。 明るく朗らかな性格で、三味線や茶道に夢中な道楽者。 少年期におこったある事件をきっかけに、家の商売には距離をおく生き方をしている。 あさの行動力と情熱に惚れ込み、夫婦となる。 結婚後は、あさの事業家としての才能を見出し、生涯にわたってその奮闘を支える。 新次郎の父 白岡正吉 …近藤正臣 新次郎の父。 両替屋「加野屋」の当主。 大阪商人として「信用」を第一におき、家業を営んでいたが、従来の風習にとらわれないあさの商売への情熱と才能をいち早く見抜き、理解を示すようになる。 商いの手ほどきをし、その成長を厳しく見守る。 新次郎の母 白岡よの …風吹ジュン 新次郎の母。 両替屋「加野屋」の奥様。 女は商売のことには出しゃばらず、家のことをしていればよいという考えをもっている。 自分ではしっかり者のつもりだが、抜けているところも多い。 あさの大胆な行動をたしなめる。 <両替屋・山王寺屋(大阪) 眉山家> はつの夫 眉山惣兵衛 …柄本佑 大阪の両替屋「山王寺屋」の長男。 あさの姉・はつの許嫁。 無愛想で何を考えているか分からない。 口うるさい母・菊に対して複雑な思いを抱えている。 明治維新からの激動の時代、妻・はつと共に新しい人生を歩み始める。 惣兵衛の父 眉山栄達 …辰巳琢郎 両替屋「山王寺屋」の当主。 元々は番頭で、婿養子に入った。 妻の菊には頭が上がらないが、根は優しい性格で、家族をまとめていくことに腐心する。 惣兵衛の母 眉山菊 …萬田久子 惣兵衛の母。 老舗両替屋「山王寺屋」の女将であることに高いプライドを持っている。 夫をさしおいて、何でも自分で決めたがる性格である。 息子の嫁・はつの行動にも色々と口出しをする。 <両替屋・加野屋(大阪) 番頭> 大番頭 雁助 …山内圭哉 両替屋「加野屋」の大番頭。 主人である正吉の生き方に心酔し、店の商いに新風を持ち込むあさに困惑しつつも協力をする。 ところが、やがてたもとを分かつ運命に。 中番頭 亀助 …三宅弘城 両替屋「加野屋」の中番頭。 家業に距離をおく次男・新次郎とも仲が良い。 面倒見がいい性格だが、あさのとっぴな行動に振り回される。 <新次郎の三味線の師匠> 三味線の名人 美和 …野々すみ花 新次郎の三味線の師匠。 京都府出身。 元男子新体操選手、競技者としての音楽の選曲から伴奏音楽の世界へ傾倒していく。 音楽経験は無かったが、大学在学中に独学で作曲活動を始める。 卒業後、hideo kobayashiにトラックメイキングの基礎を学び、競技系ダンス全般の伴奏音楽制作を本格的に開始、さまざまなジャンルの音楽を取り込み、元踊り手としての感覚から映像との一体感に重きを置く独自の音楽性を築く。 数多くのドラマ音楽を手がけ、NHKのドラマでは木曜時代劇「吉原裏同心」、土曜ドラマ「限界集落株式会社」などを担当。 あさの実家の今井家、あさの夫・新次郎の実家・白岡家、そしてあさのかけがえのない姉・はつの嫁ぎ先・眉山家の三家はそれぞれの家風があり、それぞれの事情があります。 幕末から明治への歴史の流れの中、三家はそれぞれの道を進んでいきます。 そして、連続テレビ小説では初めて幕末から描くドラマとして、登場人物が本当に様々な人生を歩む姿を、色鮮やかに演じていただける出演者の方々をお迎えすることができました。 わくわくする気持ちを抑えることが出来ません! 10 年先でも忘れられないドラマを目指し、制作に取り組んでいきますので「あさが来た」どうぞご期待ください。 平成27年度後期 連続テレビ小説 『あさが来た』 【放送予定】 2015年9月28日(月)~2016年4月2日(土)《全156回》 【制作スケジュール】 2015年5月 クランクイン予定 【原案】 古川智映子 「小説 土佐堀川」 【脚本】 大森美香 【演出】 西谷真一、新田真三、佐々木善春 【制作統括】 佐野元彦 【プロデューサー】 福岡利武、熊野律時.

次の