あ つもり 株。 【公式】社員教育読本

つもり投資ダイエット法

あ つもり 株

Q 超!超!株初心者です。 まずは小額からちょっとずつ勉強しながらオンライントレードを始めてみようと思っているところです。 株の本を2冊ほど読みました。 おおざっぱには理解できました。 まだ分からない事があります。 また、50回まで定額とは 売買で一回なのでしょうか。 2 振込み手数料がかからない銀行口座の関係で、証券口座を妻名義にしようと思っております。 (妻:収入なし) 実際、使用する人が夫である場合、何か問題があるでしょうか。 実際、トレードを行う夫名義にしたほうがいいか。 3 スタンスとしては デイトレード か 2-3 日でのトレードを考えております。 手数料などで、お勧めの証券会社はありますでしょうか。 的外れな質問であるかもしれませんが、よろしくおねがいします。 超!超!株初心者です。 まずは小額からちょっとずつ勉強しながらオンライントレードを始めてみようと思っているところです。 株の本を2冊ほど読みました。 おおざっぱには理解できました。 まだ分からない事があります。 A ベストアンサー こんにちは >1 約定手数料は、あくまで約定ごとの手数料です。 買う>約定>手数料 買う>未約定>手数料なし 売る>約定>手数料 売る>未約定>手数料なし また、ある銘柄を、10株単位で10回注文すると、 10回分の約定手数料が必要になり、 その同じ銘柄を、まとめて100株で1回注文すると、 基本的には1回分の約定手数料しかかかりません。 50回定額では、あくまで50回の約定回数になります。 >2 証券口座と銀行口座の名義人が同一であれば、 取引は可能ですが、株式の名義人は口座人の名義になります。 よって、このケースでは、奥様名義の株券になります。 >3 こちらは、取引の額及び形態によって様々です。 10万円以下の手数料が不要なところや、 一日定額で何度も取引可能な物もありますので、 理想に近い物を探してみてください。 hikaku. best50. htm こんにちは >1 約定手数料は、あくまで約定ごとの手数料です。 買う>約定>手数料 買う>未約定>手数料なし 売る>約定>手数料 売る>未約定>手数料なし また、ある銘柄を、10株単位で10回注文すると、 10回分の約定手数料が必要になり、 その同じ銘柄を、まとめて100株で1回注文すると、 基本的には1回分の約定手数料しかかかりません。 50回定額では、あくまで50回の約定回数になります。 Q まったくの投資信託ど素人です。 最近になり投資信託に興味を持ち、まずは、大和・野村・日興等の比較的入りやすそうに見えた所から資料を送って頂きました。 知識が無いので・・・と言い訳して、皆様に教えて頂くというのは失礼と思うのですが、本当に知識はありません。 それでも、一言でもお教え頂けたらうれしいです。 各証券会社から送られた資料を見てみて、手数料や税金、その他にかかる費用が多く、例えば10万円弱程度の投資では、よっぽどのことが無い限り、儲けはほとんどないように感じました。 皆様教えて下さい、実際のところ予算10万円弱程度で、儲けとはどのくらいの期待ができるのでしょうか?金額と期間の具体例が知りたいです。 もちろん、商品にもよるし、証券会社の担当、投資先、運・・・等で異なるのは100も承知です。 自己責任であるし、捨てる覚悟とまではいかなくても、リスクあってのものとも承知しているつもりです。 それでも、多くの人が一生懸命勉強してまで利用している魅力とは何なのだろうと興味があります。 よろしくお願い致します。 その商品にもよるでしょうけど、投資信託に醍醐味なんて無いです。 儲けや醍醐味を感じたいなら、小型株でも買ったほうが良いです。 実体験が聞きたいとのことですので書きますと、 グローバルソブリンオープンというファンドがあります。 有名なので恐らく聞いたことがあるでしょう。 一万口あたり40円の分配金が毎月出ています。 現在の基準価格で7800円くらいですので、信託報酬を差し引いても円の銀行預金とは比べ物になりません。 インデックス形のファンドも持っていますが、こちらは買ったときの値段が高かったこともあり、マイナスですね。 あと、アメリカの不動産に投資するリートも持っていますけど、こっちは円が高い時に買ったことと、やはり毎月決算で分配金を再投資するので、複利で増えていっています。 株は素人の浅はかさで適当に買ったので、一番損しています。 上がると思ったんだけどな・・・ 宝くじのつもりで買ったので、別にいいですけど。 経済に疎い人が預金より高い金利を求めると、投資信託になるということじゃないですかね。 その商品にもよるでしょうけど、投資信託に醍醐味なんて無いです。 儲けや醍醐味を感じたいなら、小型株でも買ったほうが良いです。 実体験が聞きたいとのことですので書きますと、 グローバルソブリンオープンというファンドがあります。 有名なので恐らく聞いたことがあるでしょう。 一万口あたり40円の分配金が毎月出ています。 現在の基準価格で7800円くらいですので、信託報酬を差し引いても円の銀行預金とは比べ物になりません。 インデ... A ベストアンサー ある会社Aの株を空売りするとします。 売ります。 しかしA社の株は持っていません。 そこで、A社の株を借りて、売ります。 借りる先は証券会社からの説明の通りです。 借りたものは返さなければなりません。 返すためにA社の株を買います。 買って、株を返します。 以上で終了です。 借りて売る際、100円だったとします。 そして、買って返す時が80円だったとします。 売った際に100円を得て、買ったときは80円を払っています。 この差額20円が利益になります。 期限が来たら(ふつう半年)、どうしても返さなければいけません。 もし120円になっていたら・・。 120円で買って返さないといけません。 20円損します。 Q 初めて株購入したばかりの超初心者です 金曜日の15時くらいに約定してそのまま月曜日を楽しみにしてまっていました・・・・・暇だからイートレの株価を見ると参考PTS株価という所に当初あった価格がありません・・・横線です 何だこれは!???と思いチャートを見ると一日のチャートでうっすら点々と線があるではないですか??? しかも私は480円で買って金曜終値が479円だったから今は軽く損してると思ってましたが今チャートを見ると一時485円周辺で点があり赤線が2本上向きに書いてあります・・・・????? まさか一部の人だけは売買できるって事ですか??? もしそこに参加できたら483円でもいいから初売買したかったのに・・・・ いったいこれは何事なんですか?自分が無知ルールも知らないで参加したから悪いのですが案の定腹がたってきました・・・結局478円くらいのとこに点は下がってます 月曜の朝9時を楽しみにしていたのにいったい何事なんだ?? 昔テレビでみた時間外取引とはこの事なんですか?誰がなぜこの取引をできるのですか?これはルール違反じゃないんですか? 今自分の無知さにすごくいらだってます お詳しい方私の悩みを解決してください どうかよろしくお願い致します 初めて株購入したばかりの超初心者です 金曜日の15時くらいに約定してそのまま月曜日を楽しみにしてまっていました・・・・・暇だからイートレの株価を見ると参考PTS株価という所に当初あった価格がありません・・・横線です 何だこれは!???と思いチャートを見ると一日のチャートでうっすら点々と線があるではないですか??? しかも私は480円で買って金曜終値が479円だったから今は軽く損してると思ってましたが今チャートを見ると一時485円周辺で点があり赤線が2本上向きに書いてあります... A ベストアンサー もちろん、土曜日・日曜日は市場が開いていませんので売買は行われていません。 参考PTS株価が表示されていないのは、市場が開いてないからだと思われます。 チャートの赤い線は、おそらく移動平均線というもので、5日間とか25日間の株価の平均値をグラフ化したものです。 なぜ、そういうものがあるかと言いますと、売買のタイミングを見極めるために利用している人が多いからです。 株価の変化を見て売買を決める方法をテクニカル分析と言いますが、テクニカル分析はここに書ききれないほど奥が深いですので、もし興味があれば「移動平均線」、「ゴールデンクロス」、「デッドクロス」などのキーワードで調べてみてください。 それから、日本の市場は9時~15時 11時~12時30分は休憩 開いているのは、ご存じだと思いますが、この時間の他に行われる取引は、時間外取引です。 ですから、質問者さんも参加できる夜間PTSも"広い意味では"時間外取引です。 ニュース等で言われる時間外取引は、大口投資家が大量の株を売買したいときに利用されます。 例えば、市場では1万株しか買い注文がでていないのに、100万株を売りたい大口投資家がいたとします。 もしその100万株を市場で売ると株価が暴落してしまいますよね?そこで、その時の株価がら何%か割引してでも買ってくれる人を相対で探すわけです。 それが市場外取引です。 もちろん、逆に大量に買いたい人が何%かプレミアムを乗せることもあります 1回の売買高が巨額になりますので個人投資家が参加することはありません。 なお、時間外で株を買うときは保有割合が33%を超えてはいけないというルールがありますが、それを満たせばルール違反ではありません。 むしろ、市場の株価の変動を押さえるというメリットがあります。 もちろん、土曜日・日曜日は市場が開いていませんので売買は行われていません。 参考PTS株価が表示されていないのは、市場が開いてないからだと思われます。 チャートの赤い線は、おそらく移動平均線というもので、5日間とか25日間の株価の平均値をグラフ化したものです。 なぜ、そういうものがあるかと言いますと、売買のタイミングを見極めるために利用している人が多いからです。 株価の変化を見て売買を決める方法をテクニカル分析と言いますが、テクニカル分析はここに書ききれないほど奥が深いですので、もし...

次の

株式会社エヌアイエス、見積積算システム・安全書類作成ソフトの開発販売。

あ つもり 株

小ネタです。 まず、この上昇傾向を示すグラフを見て頂こう。 安定的な推移は投資対象として適切…、と言いたいところであるが、残念ながらこれは 僕の体重の推移である。 昨日時点で71. 2kg、増えていく一方だ。 目標体重の66kgがはるか下に見える。 増えている原因は単純で、 食事の量が増えているからである。 もともと運動はあまりしておらず、通勤時に1日1時間を歩く程度。 なんだかんだで1日1万歩は達成している。 運動量つまりアウトプットに変化がないのだから、インプットつまり食事が増えたというわけだ。 食事量が増えた原因は確か、今年の夏ごろに風邪気味状態が長く続いて、「食べてエネルギーを補給するのって大切だよね~」と思ってからだ。 そこから食習慣を戻せていない。 ではどうするか。 空腹を是とするのもアリなのだが、もっと投資家らしく、「 つもり投資」というのを考えた。 例えば、仕事帰りにダイエーでつい買ってしまう和菓子。 安くて旨い。 しかし確実に、太る原因の一つになっているだろう。 これを止めるために、 和菓子に掛けているお金を投資に回す。 週500円、月2,000円と概算して、これをWealthNaviに突っ込む。 つまりこんな風に。 もともと月20,000円だった積立額を月22,000円とした。 これで、ダイエーの和菓子が目に入っても、人質に取られた2,000円の事が頭にチラついて買う気が起こらない。 そういう寸法だ。 この方法は別に新しいものでもなんでもなく、「つもり貯金ってダイエットにもなるよね」という古来の手法の「貯金」を「投資」に変えただけである。 とはいえ、 預貯金の金利が塵のようになって久しい昨今、老後に必要な2000万円も視野に入れていくのであれば、 つもり貯金よりもつもり投資の方がはるかに優位であることは自明であろう。 ただし一点、ご注意頂きたいことがある。 この手法は、 投資対象の選定を誤らないことが大切である。 ローリスク・ローリターンならまだしも、ハイリスク・ハイリターンの場合、 投資額が大幅に減ってしまう可能性があるからだ。 だが、その場合も大丈夫。 安心して頂きたい。 投資額が大幅に減ってしまってお金が無くなった時、それは真にダイエットできる好機となるのだから。

次の

一生持ち続けるつもりで株を買おう

あ つもり 株

日本経済を勉強するために始めた株式投資• 早期退職して本格的に株式に取り組む• 株式投資は生涯のライフワーク 株式投資で資産1億円超となった64歳の横田正さん(仮名)に、投資を始めたきっかけや投資の勉強の仕方、売買ルールなどについてお話を伺いました。 (聞き手:金野和子氏) 日本経済を勉強するために始めた株式投資 横田さんが投資を始めたのは、中学校の社会科の教師をしていた42歳の時でした。 「懇意にしていた中小企業の社長さんに、日本経済を勉強したかったら株がいいとすすめられたのがきっかけです」と横田さん。 当時は、資産を殖やしたい、というよりも日本経済の勉強のためという気持ちの方が強かったそうです。 気になる最初の投資額は200万円。 給料から天引き貯金していたお金を充てました。 「儲かったらクラウンでも乗ろうかと思って。 ダメだったら軽自動車」という気楽なつもりでした。 横田さんが最初に購入した銘柄は「サガミホールディングス」 当時サガミチェーン と「中部電力」に「トヨタ自動車」。 「サガミホールディングスは、近くに『和食麺処サガミ』があるので、株主優待目当てです。 他にも、高配当だった中部電力、トヨタ自動車も買いました。 これが出発点です」 これらの企業はお住まいの地域の地元企業であったこと、他にマネー雑誌なども参考にして「確実なところだ」と思って決めたそうです。 サガミホールディングス株は、現在でも保有中。 「年3万円分の優待がもらえる。 自分が食べたかったし、女房も納得するからね。 親を連れていく時もあるよ」と横田さん。 横田さんの愛犬cocoちゃん。 株式投資に没頭してしまいがちな毎日の癒しとなっているそうです 早期退職して本格的に株式に取り組む 株式投資に本格的に取り組んだのは、3年前の58歳で早期退職した時。 「約2,000万円の退職金を全部使いました。 基本的に株だけど、教え子が銀行や証券会社で働いているので、頼まれて投信や債券を買ったりしたこともありますよ」 株式を始める時も、退職金を使ったときも奥様の反対はなかったそうです。 「女房には話したけど、最初は勉強するためだったから何も言われていない。 僕がいくら持っているかも知らないと思う。 退職金もすぐ返すと言って株式に使ったけど、実際に利益が出たから返すことができているからね。 すべてマネックスのおかげです」と笑う横田さん。 株式投資は、元々は近くの地場証券でスタートしました。 「地場証券は担当者がついているから、何かあったときは連絡してくる。 当時、携帯を持っていなかったので、勤務先の学校に連絡が度々来ていた。 投資についての失敗といえば、あの頃担当者任せにしていたことだね」 そんなこともあってか、横田さんは2004年にメインの証券会社をマネックス証券の前身であるマネックス・ビーンズ証券に変えました。 「変えた理由は手数料が安かったことが大きいね。 また、ネット証券は担当者がつかないので、自分で判断してできるところもよかった。 それに、情報量も多くて株式投資にとても役立っています」 ネット証券の利便性を生かして、自宅ではパソコンで、外出先ではスマホで取引きしているそうです。 株式投資は生涯のライフワーク 現在の投資金額は1億円以上。 「これ以上儲けようと思っていないが、車とかパソコンとか、何か大きな買い物をするときに、その購入金額分を儲けようと目標を立ててやっています」 横田さんのように株式投資で成功するための売買ルールが気になる人も多いはず。 「僕の場合は、最初に銘柄ごとに2~3万円、あるいは10万円、50万円といった目標利益を決めておいて、それに達したら売ることにしています。 ただ、もう少し上がりそうだなと判断すれば、目標利益を設定し直すことはありますよ。 目標利益は長年のカンです。 大体、日々見ているのでわかります」 これまで欲しいものは株の利益で買えているといううらやましい生活です。 とはいえ、下がることもあるはずです。 「下がっても気にしません。 そのうち戻るだろうと思っているし、実際戻っているからね。 基本的にプラスじゃないと売りません。 ただ、他に有望な銘柄を見つけて、その時に損している銘柄を売ってその株の購入に充てることで、今までの損を取り戻せると思ったときに売ることはあるよ」 現在、約100銘柄を保有中で、このうち優待絡みは20銘柄程度。 日々、日本経済新聞にマネー雑誌、東洋経済やプレジデント、テレビ東京の「モーニングサテライト」や日経CNBCなどもチェックして、日本経済や株式の勉強は継続中。 これから投資を始める人には、「若い人にも、株式や日本経済のことを勉強することをおすすめします。 最初は、個別の銘柄云々よりも、今後どういう分野が伸びるのかを見極めてから投資した方がいいね」とアドバイスしています。 横田さんにとって株式投資は「生涯のライフワークだね。 ボケるまで続けていきますよ」と笑顔で話してくれました。 横田さんの経験談は、いかがでしたでしょうか?銘柄選びは知っている企業からというのは、投資初心者のセオリーですし、株価の上げ下げに一喜一憂しないようにご自身のルールは守りながら、時に次のために割り切って行動する。 など、資産運用にあたっての基本的な心構えについて、独学ながら実行されているご様子でした。

次の