テヨン アルバム。 「少女時代」テヨン、18日にソロアルバムを発売!│韓国音楽K

テヨンおすすめの曲ランキングTOP10

テヨン アルバム

【収録曲】 01. Fine 02. Cover Up 03. 翼(Feel So Fine) 04. I Got Love 05. I'm OK 06. Time Lapse 07. Sweet Love 08. When I Was Young 09. Lonely Night 10. 水彩画(Love in Color) 11. Fire 12. Eraser 13. 白黒 の上記2種類となりますが、ランダム出荷となりますので予めご了承ください。

次の

「少女時代」テヨン、18日にソロアルバムを発売!│韓国音楽K

テヨン アルバム

【収録曲】 01. Fine 02. Cover Up 03. 翼(Feel So Fine) 04. I Got Love 05. I'm OK 06. Time Lapse 07. Sweet Love 08. When I Was Young 09. Lonely Night 10. 水彩画(Love in Color) 11. Fire 12. Eraser 13. 白黒 の上記2種類となりますが、ランダム出荷となりますので予めご了承ください。

次の

‎テヨンをApple Musicで

テヨン アルバム

数に限りがございます。 無くなり次第終了となります。 開演後も当選枠が残っている場合は予約いただけます。 ・終演後のご予約に関しましては、抽選対象外となりますので、ご了承ください。 ・ツアー会場でのご予約には、CDショップ別特典は付きませんので、ご了承ください 5月9日、NHKホール。 『TAEYEON JAPAN TOUR 2019 ~Signal~』のステージで、 「新曲をお届けします」とテヨンから、少し緊張している様子が、客席に伝わってきた。 このツアーでは、日本1stミニアルバム『VOICE』に収録されている新曲を披露していたが、 翌日、そのことを本人に聞くと「音源が公開されたばかりでしたので、 やはりファンの皆さんのことを意識して緊張しました」と、照れ臭そうに語ってくれた。 意外だった。 それは、2015年ソロデビュー以来、自国ではミニアルバム3作、フルアルバム1作、 シングル3作(デジタル含む)をリリースし、アジアでも圧倒的な人気を誇るアーティストが、 まだ日本で作品を発表していなかったからだ。 昨年、日本でショーケースツアーを成功させ、 まさに満を持しての1stミニアルバムになる。 「ショーケースツアーは、ソロとしての自分自身を改めて振り返り、 知る時間、成長する機会になったと思います」。 そんなツアーを経て制作に臨んだのが『VOICE』だ。 「ソロアルバムなので、 私自身のことを歌詞に込めたいと思いました。 今という現実にいる私の気持ちや情緒を伝えたいと思いました」。 『VOICE』に収録されている6曲は、どの曲にも日本語の細かいニュアンス、繊細な部分をきちんと感じさせてくれる。 その表現力には脱帽だ。 表題曲の「VOICE」は溢れる感情を抑えきれずに吐き出している。 ラブソングでありながら、<背中を押してくれるから だから歩いて来れたんだ>という歌詞も含め、 ファンへのメッセージともとれる歌詞が印象的だ。 「様々な種類の愛があると思います。 友情もあれば男女の間の愛もありますし、親子の愛もあるので、本当に様々ですよね。 その受け取り方、解釈は人によって違うと思いますが、それが歌というものだと思います」。 『VOICE』は、最新のサウンドに親しみやすいメロディが乗った楽曲を、 一曲一曲様々な表情を見せてくれる歌で表現している。 そんな中でも、色々な意味で、特に印象に残っている曲をテヨンに聞くと、 「『Vanilla』が好きです。 歌詞の意味がいいなと思ったのが『HORIZON』です。 レコーディングで大変だったのも『HORIZON』。 メロディが持っている雰囲気ってあるじゃないですか。 それを最大限に活かして、魅力的に表現するというのが私の役目なんですが、 その日その時で感情が違うので、レコーディングの日は、『HORIZON』の持っている感性と、 私の感情の状態が合わなかったみたいで、大変でした 笑 」。 歌と真摯に向き合い続けた。 ジャンルは関係なく、自由に歌を楽しんでいるテヨン。 シンガーとして大切にしていることを聞くと、 「やはり伝えることと、コミュニケーション、触れ合いです。 歌手としてだけでなく人間テヨンとしても大切にしていることです。 ひとつのコミュニケーションとして、歌で、何かを伝えられると思っています」。 少女時代から日本のファンに愛されているテヨンの目には、日本のファンはどう映っているのだろうか。 「皆さん涙もろくて、でもそういうところを最初は隠しているんですけど、 それが一気に出てくる瞬間があって、私もいつもウルっときます。 とても熱い方が多いです」。 日本はもちろん、アジアで絶大な人気を誇るテヨンは、これから日本、アジアでもっとツアーを行いたいという。 「今すぐにでもフルアルバムを作って、日本のみなさん、アジアのみなさんに会いに行きたいです。 音楽以外の部分では私はコスメが大好きなので、CMとかやってみたいです! 笑 」と瞳を輝かせながら、笑顔で語ってくれた。 テヨンの屈託のない笑顔、笑い声はライブでも歌同様、ファンを幸せな気持ちにしている。

次の