ファミリー カー 外車。 家族が快適なちょっと良いミニバン!外車おすすめ人気ファミリーカー5選

オシャレパパが選ぶべきファミリーカー・外車3選

ファミリー カー 外車

日本ではかっこいいファミリーカーとして根強い人気のミニバン minivan は、自動車のカテゴリーのひとつで、フルサイズバンより小さいからミニバンという名称で呼ばれています。 ワンボックスよりかっこいいし室内空間も広く4WDも選べて実用性にも優れているおすすめのミニバンですが、 ミニバンは、比較的に新しい自動車のカテゴリーで、特に「規格」とか「技術的定義」は存在せず、 例えば、乗車定員は大抵6名以上のファミリーカーが多いですが、軽自動車のミニバン(軽トールワゴン)の場合は乗車定員は4名です。 また、ミニバンは3列シートが多いですが、2列シートでもメーカー側が「ミニバン」と称して紹介する場合もあったりします。 さらに、同じ車種でも、3列シートモデルと2列シートモデルが用意される場合もありますので、シートレイアウトは、ミニバンの分類根拠にはなりません。 (個人的には3列シートモデルがおすすめですが。 ) ちなみに、ヨーロッパでは「MPV」とか「ピープルムーバー」などと呼ばれています。 また、アメリカではミニバンはファミリーカーでも"商用車のライトトラック"に区分され、 安全性や排ガス規制が緩和されますが、日本では"乗用車のステーションワゴン"と区分されるなど、国によりそれぞれ扱いに差があります。 7人乗りのゆったりしたミニバンは、ドライブやファミリーユーズにもピッタリで、日本ではファミリーカーとして大人気のミニバンですが、現状、輸入車のミニバンが少ないです。 なので、ファミリーカーとして外車のミニバンに乗ってみたいと思っている人の中には物足りない思いをしてる人もいるかも知れません。 なぜ、外車のミニバンは数が少ないのか? その理由は分かりませんが、たぶん、海外では日本ほどファミリーカーとしてのミニバン人気が高くないからだと思われます。 セダンやクーペの方がかっこいいと思われてるんでしょうか? 自動車メーカーの立場で考えれば、かっこいいとかは関係なく要は売れない車種にはお金はかけたくないですよね。 そんな状況のミニバンですが、少ないながらも外車のミニバンで輸入されているクルマもあります。 以下では、ランキング形式で、外車輸入車のミニバンを紹介します。

次の

ファミリーカーのおすすめ人気ランキング9選【2020年最新版】

ファミリー カー 外車

【ミニバン編】ファミリーカー人気おすすめランキング ファミリーカーの王道はやっぱりミニバン まずはファミリーカーの王道「」をご紹介します。 といってもサイズによって、「Lサイズ」「Mサイズ」「Sサイズ」3つのクラスに大別されます。 「Lサイズ」は高級感がありサイズが大きい、主にの車、「Mサイズ」はそれより小さく、主にの車を差します。 また、「Sサイズ」はMサイズよりコンパクトであり、プチバン・コンパクトカーなどと同じジャンルと考えられます。 ミニバンSサイズのランキングは、「ファミリーカー人気おすすめランキング【コンパクトカー編】」で紹介します。 そもそもミニバンとは?という方は以下の記事をご覧ください。 ミニバンの3ナンバー・5ナンバーとは? にはとがあります。 車の見た目ではわかりにくいですが、排気量と車体のサイズが違います。 下記のような規格が決められていて、排気量やサイズが1つでも上回っていると、ということになります。 (ミニバンMサイズ) (ミニバンLサイズ) 排気量 ~2. 0L 2. 0L~ 全長 ~4. 7m 4. 7m~ 車幅 ~1. 7m 1. 7m~ 全高 ~2. 0m 2. 0m~ 「は高級車、維持費が高い」といわれていますが、それはサイズが大きい分、価格が高い、排気量などの関係でが高い、という印象があるためです。 しかし税金に関しては、3ナンバーでもと同額の場合があります。 車体のサイズは3ナンバーでも、排気量は並という場合です。 3ナンバー・5ナンバーについては以下の記事でも詳しく紹介しています。 【ミニバン・Mサイズ編 ファミリーカー】人気おすすめランキング Mサイズ編のファミリーカー人気おすすめランキングを紹介します。 車への乗り降りのステップ高は36cmと低く、スライドドアの開口部も80. 5cmと広いため出入りがしやすくなっています。 ドアのそばに大型のアシストグリップやチャイルドグリップがついているので、乗り降りが心配な家族にも安心です。 最新「ノア」中古車情報 第2位 日産 セレナ【ミニバン・Mサイズ編 ファミリーカー】 セレナ e-POWER 日産 セレナは、 乗り味や燃費を考慮するとe-POWERモデルがおすすめ。 エンジンを発電のみの利用とし、動力としてはモーターのみを使うe-POWERはミニバンでも大きな効力を発揮します。 2019年のマイナーチェンジにより、後側方衝突防止支援システム、後側方車両検知警報、後退時車両検知警報、車線逸脱防止支援システム、車線逸脱警報、標識検知機能を含む「全方位運転支援システム」が全車標準装備に。 安全性が高められました。 また、足を使ってスライドドアを開けられる「ハンズフリーオートスライドドア」も便利な機能。 子どもを抱きかかえながらでも、荷物を持ちながらでも簡単にドアが開きます。 「スマートマルチセンターシート」を採用。 シートアレンジでは1列目と2列目、または2列目と3列目をウォークスルーにでき、車内の移動も楽々です。 最新「セレナ」中古車情報 第3位 ホンダ ステップワゴン【ミニバン・Mサイズ編 ファミリーカー】 先ほど紹介した車種よりもややコンパクトなホンダ ステップワゴンですが、車内高はゆったりとしているので、広さを感じられるでしょう。 2020年のマイナーチェンジにより、高効率・低燃費な2モーターシステムを搭載した仕様が「e:HEV(イー エイチイーブイ)」の名前となりました。 ステップワゴンの特徴的は荷室のドア「わくわくゲート」。 縦にも横にも開くので、「ちょっとだけ開けたい」というときは横開けで、ガバッと開けたいときは縦開けができるのは便利なドアです。 マイナーチェンジによって、わくわくゲート非搭載のモデルも選択できるようになり、選択肢が広がりました。 最新「ステップワゴン」中古車情報 ミニバン・Mサイズ編 1位~3位のスペック比較 トヨタ ノア 日産 セレナ ホンダ ステップワゴン 車両総重量 1,945~2,040 kg 2,090~2,230 kg 1,660~1,820 kg 総排気量 1. 0 L 1. 0 L 1. 0 L 乗車定員 7~8人 7~8人 7~8人 室内高 1,400 mm 1,400 mm 1,405~1,425 mm 燃費 14. 8~23. 0~26. 0~25. スーパーロングスライドで、助手席でのんびりくつろぐこともできます。 その居住性の高さは、ファミリーカーとしてだけでなく、高級ハイヤーとしても折り紙付きです。 第2位 ホンダ オデッセイ【ミニバン・Lサイズ編 ファミリーカー】 ゆったりとした高級感のあるデザインのホンダ オデッセイは、ステップが低く乗り降りしやすいミニバンです。 超低床とシステムを小型・効率化し、バッテリーなどの配置も工夫することで広い車内空間を作っています。 また、低重心化することで運動性能や乗り心地も向上。 2017年のマイナーチェンジ後も引き続き人気の高いミニバンです。 最新「オデッセイ」中古車情報 ミニバン・Lサイズ編 1位~3位のスペック比較 トヨタ アルファード ホンダ オデッセイ 日産 エルグランド 車両総重量 2,345~2,625 kg 1,730~1,880 kg 2,315~2,500 kg 総排気量 2. 5 L 2. 4 L 2. 5 L 乗車定員 7~8人 7~8人 7~8人 室内高 1,400 mm 1,305~1,325mm 1,300 mm 燃費 9. 6~14. 0~20. 2~10. しかし2列シートで主に5人乗りのモデルです。 Sサイズミニバンよりも小さいですが、軽トールワゴンよりも広く、乗車定員も多いため使い勝手がよい車です。 そんなプチバン、Sサイズミニバン、コンパクトカーのファミリーカーランキングを紹介します。 第1位 トヨタ シエンタ【コンパクトカー・プチバン編 ファミリーカー】 第1位には2018年9月に初のマイナーチェンジが敢行されたトヨタのシエンタ。 5人乗り2列シート車の追加だけでなく、新たに歩行者検知機能が追加されて安全装備が強化されたうえ、車の燃費も向上されました。 5L 1. 5L 1. 8L 乗車定員 5~7人 6~7人 5~7人 室内幅 1,470m 1,455mm 1,520mm 燃費 15. 4~28. 4~28. しかし、普段は通勤のために1人で乗り、休日は家族みんなで出かける、という使い分けをしている人も多くいるはずです。 休日に遊びに行く時、車に乗る人数は何人でしょうか。 普段は5人乗りのコンパクトカーでもいいけれど、たまに6名以上乗れるミニバンが欲しくなる、ということです。 「うちの」ファミリーカーを探そう!ミニバン以外のファミリーカー 以外にもファミリーカーとして使える車はたくさんあります。 例えば家族でアウトドアを楽しむ家庭であれば、3人家族でも荷物が積めるミニバンやが使いやすいという考え方があります。 また、雨が降った時に子どもを駅まで迎えに行き、自転車も車に載せたい、でも大きい車だと運転しにくい、というときはプチバンや軽トールワゴンも便利です。 ほかにも、平日は通勤に使うのでじゃないとカッコ悪い、という考えもあります。 夫婦でお出かけするためのスポーツカーも、ファミリーカーと言ってもいいでしょう。 「自分や家族が車をどんな時に使うか」を念頭に置いて考えてみれば、ベストな1台が絞られるでしょう。 あまり世間の「ファミリーカー」にとらわれず、自分の乗りたい車を「ファミリーカー」として選ぶのもありですね。 ここからは、いろいろな家族で使えるおすすめファミリーカーを紹介します。 ジャンル別で分かれているので、家族の人数や使い方を想像しながら見ていきましょう! 【軽自動車編 ファミリーカー】人気おすすめランキング 近年、軽自動車のジャンルで「軽トールワゴン」の人気が高まっています。 家族でお出かけするため、学校への送迎や自転車なども乗せられる、といったさまざまな使い方ができます。 特に居住空間の広さとスライドドアがポイントになっています。 第1位 ホンダ N-BOX【軽自動車編 ファミリーカー】 2019年の軽自動車販売台数1位のホンダ N-BOXは、シンプルな四角いボディが特徴です。 ホンダの特許技術「センタータンクレイアウト」は通常後席にある燃料タンクを前席の下に移動させることで、車内の空間をより広くすることができます。 そのため、車内高も140cmでのびのび過ごせて、荷室の開口部地上高も48cmで荷物の出し入れもしやすいです。 8 L 2. 0 L 2. 4 L 乗車定員 5~7人 5~7人 7人 燃費 9. 0~11. 6~20. 6~16. 2018年の改良を経て、ディーゼルモデルのほか、ガソリンモデルも選択できるようになりました。 上質な走りと乗り心地を追求した車ですが、3列シートという実用性も支持され、からの乗り替えユーザーもいるとか。 スタイリングもクールな印象で、まさに「かっこいいファミリーカー」の代名詞と言ってよいでしょう。 【スポーツカー編 ファミリーカー】人気おすすめ車紹介 家族がいてもスポーツカーを楽しみたい!という人には、ファミリーカーとしても使いやすいスポーツカーがあります。 例えば4ドアのモデル。 荷室の広いタイプであれば、家族でお出かけもできます。 価格は比較的高いものが多く、維持費も高くなりがちですが、「はちょっと……」という人は選択肢に入れてみても良いでしょう。 【スポーツカー編 ファミリーカー】人気おすすめ車・スバル WRX S4 家族でも使いやすいスポーツカーといえばスバル WRX STIです。 子供があと何年かしたら独り立ちする、というときにもおすすめ。 広々した居住性、大容量のトランクで使いやすい、ファミリーカーとして使える上に、パワフルな走り、というのが魅力です。 オプションのを選べば、開放感もプラスできます。 スバル WRXのスペック スバル WRX S4 車両重量 1,540 kg 総排気量 2. 0 L 乗車定員 5 燃費 12. 4~13. 最近は広々とした車内が売りのも多くあるので、ファミリーカーとして相応しくない、というわけではありません。 最近は広々とした車内が売りのセダンも多くあるので、ファミリーユーズにも適しています。 【セダン編 ファミリーカー】人気おすすめ車・トヨタ プリウス 燃費のよさで人気のトヨタ プリウス。 2018年のフルモデルチェンジにより、スタイリングを刷新。 見た目も走りもリフレッシュしてさらに人気を高めています。 5人乗りハイブリッドセダンとしては日本車のお手本といってよいほど、オーソドックスで使いやすいモデルです。 トヨタ プリウスのスペック トヨタ プリウス 車両重量 1,320~1,450 kg 総排気量 1. 8 L 乗車定員 5人 燃費 34. 0~39. の嬉しいところは、荷物がたっぷり入ることでしょう。 それでいてデザインが上品なモデルも多いので、ファミリーカーとしても使いやすいですね。 先に紹介したとの違いについては以下で詳しく解説しています。 【ステーションワゴン編 ファミリーカー】人気おすすめ車・トヨタ カローラツーリング トヨタ カローラシリーズは2019年にフルモデルチェンジ。 往年のワゴン・カローラフィールダーも継続販売されていますが、新型として登場したカローラツーリングも、ステーションワゴンの実用性とスポーティな外見を兼ね備えた注目モデルです。 トヨタ カローラツーリングのスペック トヨタ カローラツーリング 車両重量 1,290~1,410 kg 総排気量 1. 8 L 乗車定員 5人 燃費 14. 6~29.

次の

【2020年版】ファミリーカー人気おすすめランキングTOP20|おしゃれSUVから外車まで一挙紹介!

ファミリー カー 外車

もちろんノーマルの2. 普段は営業でお客さんを乗せて走れるようなジェントルな4人乗りが、峠道やサーキットではスポーツカーに豹変するという魅力があります。 130系と言われる現行モデルで、318PSを発生する3. 5Lエンジンモデルの中古平均価格は約290万円となっています。 最新「マークX」中古車情報 ホンダ シビックタイプR もともとは4人乗りファミリーカーのシビックのホットバージョンであったタイプRですが、4代目からはニュルブルクリンクFF車最速タイムを目指して設計された、完全なスポーツカーになりました。 歴代タイプRは、3代目までNA(自然吸気)でしたが、4代目から化され、現行モデルではなんと320PSを達成! FF車でこの数値は驚異的です。 それでいて4ドア4人乗りの使い勝手の良さはありがたいところ。 4代目以降のモデルはまだ新しいためかなりの高値ですが、3代目FN型(2009~2012年)の中古平均価格は220万円程度です。 スバル (インプレッサ)WRX ランサーエボリューションの対抗馬であるスバルの4人乗りスポーツカーがこちら、WRX。 最新「インプレッサWRX」中古車情報 スズキ アルト ターボRS 新車で買える国産現行車種6選の最後に、軽自動車の4人乗りスポーツカーを紹介します。 普通車のスポーツカーにはとても手が届かない、という人でも軽自動車のこのアルト ターボRSであれば手に入れられるかも知れません。 80~90年代にかけてアルトワークスという軽4人乗りのスパルタンモデルがありましたが、絶版になり久しい時代がありました。 それがまたこのターボRSで、5MTのミッションと共に走りの軽が戻ってきたのです! 軽ですが4ドアで居住性バツグンというのも、家族持ちにはうれしい点ではないでしょうか。 現行モデルのアルト ターボRSの中古平均価格は105万円となっています。 さらに、2015年にはアルトワークスも復活しました! まだ中古はあまり出回っていませんが、あと2-3年もすればワークスの中古もたくさん出回るはずです。 最新「アルトターボRS」中古車情報 生産終了だが中古でまだまだ購入可能なモデル 既に生産・販売が終了しているものの、中古として市場に出回っている4人乗りスポーツカーを2車種追加でご紹介します。 マツダ RX-8 最後のスポーツカー、RX-8、4人乗りです。 スタイリングについては賛否両論ありますが、もうなくなってしまったロータリーの、独特のフィーリングを味わえるのは大きな魅力ではないでしょうか。 観音開きのドアのおかげで後部座席も乗降りがしやすく、先代のRX-7と比べて十分な後部座席の広さも確保しています。 生産終了からまだ5年ですので、比較的良好な状態の中古車が残っています。 RX-8の中古車の平均価格は96万円です。 三菱 ランサーエボリューション 世界ラリー選手権(WRC)チャンピオン獲得4回の、三菱が世界に誇る高性能4ドア4人乗りスポーツカー、ランサーエボリューション。 4ドアのランサーがベースですので、リアルスポーツといえども居住性は抜群です。 大変なロングセラーモデルでしたが、2016年のXファイナルエディションをもって、惜しまれつつ販売終了となりました。 最終型ランサーエボリューションXの中古車の平均価格は約300万円となっています。 大人が4人乗って長距離のドライブをするのはきついですが、送迎などの短距離の移動や子供を乗せるには使用可能なレベルです。 FRのレイアウトを採用し、2L自然吸気エンジンの152PSをめいっぱいに使って、走る楽しみを味わえる入門用スポーツカー。 86の中古車の平均価格は197万円、BRZは217万円です。 最新「86」中古車情報 日産 GT-R NISMO仕様 男ならだれもがいつかは乗りたいと思う、国産スポーツカーの王者、日産 GT-R。 この車も実は4人乗りです。 現行型のR35は、480PS以上のスーパーカー級のモンスターパワーを発揮します。 その分値段もスーパーカー級、中古車ですら平均価格は665万円! となっています。 ですが、スカイラインGTRの最終R34型の中古であれば、もう少し安い400万円台から購入できます。 とはいえ、新車販売価格が500万円台だった車が15年以上経った今も400万円台で取引されているというのは、異常なプレミア状態と言えるでしょう。 そして様々な電子制御も搭載し、高燃費と走る楽しみを両立させています。 CR-Zの中古車平均価格は160万円。 2017年春に一旦生産終了となりましたが、ニューモデルでの復活がうわさされています。 これは、スーパーチャージャー搭載により156を発生しながらもエコ性能を犠牲にせず、走りの性能が隅々まで磨かれたスポーツカーです。 販売終了から既に15年が経過してしまいましたが、流通量が多かったため、最終S15型なら探せばまだいくらか状態のよいタマも見つかるでしょう。 チューニングパーツも豊富にあり、ドリフト仕様やサーキット仕様、ドレスアップ仕様など、自分好みのスタイルにカスタマイズできる楽しみがあります。 最終モデルS15型(1999~2002年)スペックRの中古平均価格は約130万円です。 元々の価格が高いため、また流通量が少ないためです。 しかし、外車の個性あふれるデザインや高級感は国産車にはない魅力で、どうしても外車でないとダメという熱心なファンも多いのではないでしょうか。 では、今度は4人乗りスポーツカーの外車、現行モデルを5選見てみましょう。 外車4人乗りスポーツカー現行モデル5選 フィアット アバルト500 愛らしいデザインのフィアットの4人乗りモデル500。 それもそのはず、その先代のヌォーヴァ500はアニメ、ルパン三世のルパンの愛車なのです。 しかし、スポーツモデルのアバルトは小粒でもピリリと辛い味付けがされています。 140PSを絞り出す1. 4Lのパワーは、わずか1,110Kgのボディを引っ張りまわすには十分だと言えるでしょう。 中古車の平均価格は191万円となっています。 プジョー 208GTi フランスのコンパクトカーメーカー、プジョーの208はもともと走りのモデル、その中でもGTiというグレードはさらにハイパフォーマンスなモデルです。 特にプジョースポーツ限定モデルの208GTiは、208PSのパワーと1,200Kgの軽量ボディが素晴らしい走りを実現し、サーキット走行まで視野に入れた4人乗りスポーツカーです。 プジョー208GTiの中古車はタマ数が極端に少なく、グーネットでは258万円と149万円の2台のみが見つかりました。 GTiは中古で狙うと苦労するので、素直に新車を買うのか賢明かも知れません。 ルノー メガーヌ プジョーの対抗馬である同じフランスのコンパクトカーメーカー、ルノーのスポーツカー、メガーヌです。 特にRSと呼ばれるルノースポールモデルは、F1で培われた技術がふんだんに使われた4人乗りスポーツカーです。 フランスの車らしく、デザインもとてもおしゃれ。 メガーヌRSの中古車の平均価格は約300万円です。 ルノーは他にもルーテシアRSや、トゥインゴ ゴルディーニといった4人乗りのスポーツモデルが存在します。 シボレー カマロ SS どうせスポーツカーに乗るなら、ドッカンパワーが堪能できるアメ車が一番、燃費なんて関係ない! という人にはこの、カマロ SSがオススメでしょう。 4人乗りですが、その6. 2リットルV8エンジンのアクセルを一杯に踏み込むと、タイヤが空転し、身体がシートに吸い付けられる程の異次元の加速を味わえるのです! カマロは年式が高いものは高価ですが、古くなるにつれて値段が下がっていきます。 アメ車は故障が多いことを考慮し、購入するならある程度高年式のものがよいでしょう。 2009年以降モデルのSSの中古平均価格は470万円です。 ミニ クーパー S ミニ クーパーというと、イギリス生まれのおしゃれなファッションカーと思うもの。 実際その通りなのですが、Sというグレードは別です。 Sは、小さくておしゃれで峠道もブイブイ走らせられる、ハイパフォーマンスモデルなのです。 さらに、ジョンクーパーワークスという最上級グレードが存在し、これは1,200Kgの軽量ボディに対して、なんと231PSを発揮する、まさに4人乗りスポーツカーと言えるモデルです。 ジョンクーパーワークスの中古はタマ数が少なく、価格は300万円台後半~という感じです。 フェラーリ・デザインセンターによる美しさと空力抵抗を両立させたデザインのボディに、ハイパワーの3. 9L V8を積んでいます。 を徹底的にチューンナップし、ギアにも性能をフル活用するシステムを搭載するなど走行性能も抜群となっている、フェラーリ渾身の新型車です。 すでに受注は始まっており、2018~2019年に納車が見込まれており、価格は2,530万円殻となっています。 みなさんが所有したいと思う一台は、見つけられたでしょうか? ここに挙げた4人乗りスポーツカーの多くは、現行モデルで新車でも購入できます。 しかし、予算的に難しければ中古を選択肢に含めることで、あこがれのスポーツカー購入がさらに身近になることでしょう。 最後に今回ご紹介した4人乗りスポーツカーの価格比較表を表示します。 購入の際のご参考になれば幸いです。 国産4人乗りスポーツカー12選価格比較表 車名 新車時価格 中古相場 トヨタ マークX(3. スポーツカーの他の関連記事はこちら.

次の