台風 お 風呂 の 水。 【防災】台風の備え、私の大失敗。

【防災】台風の備え、私の大失敗。

台風 お 風呂 の 水

大地震が発生すると電気、ガス、水道のライフラインが寸断します。 今回の熊本地震では場所によっても違いますが、私の住む地域では最初の震度7の前震では電気、ガス、水道ともに寸断しませんでした。 しかし、2回目の震度7の本震ですべてのライフラインが寸断しました。 被害の最も大きかった益城町では、最初の震度7の前震でライフラインが寸断したところも多かったようです。 普段当たり前のように使っている電気、ガス、水道のライフライン、これがないと一気に不自由な生活を余儀なくされます。 家族ともよく話しますが、当たり前に使っている電気、ガス、水道のライフラインがどんなに有り難いか、これほど身に染みたことはありませんでした。 台風の影響でたまに停電することはありますが、水の豊富な熊本で断水は近くで水道工事がない限り経験したことがありませんでした。 その水の豊富な熊本で、多くの人が水に困ってしまったんです。 飲み水もそうですが、それ以上に困ったのが生活用水です。 飲み水は何とかなる 飲み水がないと命にかかわります。 私の場合、飲み水についてはご近所でストックを分け合ったり、行政や自衛隊が給水車で給水したりと、どうにかなったんです。 熊本はあちこちで湧き水が湧いていますので、最悪の場合、そこまで行けば飲み水の確保はどうにかなるという変な安心感がありました。 熊本地震では飲み水について行政や自衛隊の対応は早く、私も近くの小学校に飲み水をもらいに行きました。 道路が寸断されて孤立した地域にもヘリコプターで対応していましたので、命にかかわる飲み水については、国や行政も何とか対応すると思います。 困ったのは生活用水 飲み水は何とかなりましたが、困ったのは生活用水です。 生活用水と一言で言っても色々ありますが、最も困ったのは水洗トイレを流す水なんです。 洗濯などできませんし、風呂も入れません。 それは仕方ないんですが、トイレだけはどうしようもないんです。 小だけなら何とかなりますが、大はそのまま放置するわけにはいきません。 おまけに、水洗トイレを流すにはバケツ1杯、約10リットルの水が必要です。 10リットルの水って結構な量なんです。 地震が発生したらとにかく風呂の浴槽一杯に水を溜める 水洗トイレを流す水として役立ったのが浴槽に溜めた水でした。 私は浴槽に水を溜めていなかったんですが、隣にある実家で母が浴槽に水を溜めていたんです。 これも地震があって溜めたのではなく、風呂の残り湯を洗濯に使おうと溜めていたものだったんです。 ですから、入浴剤入りの薄い緑がかった水(残り湯)でした。 これが本当に役に立ったんです。 隣の実家の両親と弟、私と家内の5人は地震から身を守るため、新築の私の家の方が安全だろうと私の家に集まっていました。 5人もいると結構トイレも頻繁に使います。 その都度、隣の実家の風呂場からバケツ1杯の水を汲んできて使っていました。 ここから得た教訓は、大地震が来たらとにかく浴槽一杯に水を溜めるということなんです。 大地震ではいずれ水道も止まりますが、すぐには止まりません。 近くの水道管が断裂した場合はすぐに止まってしまうかもしれませんが、そうでなければしばらくは水が出るはずです。 我が家も震度7の本震後数時間は水が出ていました。 (水の出がだんだん悪くなり最後は止まってしまいますが) その際はできるだけ鍋、やかん、ペットボトルなどに飲み水も溜めておきましょう。 生活用水は浴槽だけでなく、バケツや洗面器にも溜めておきます。 マンションの場合は屋上に給水タンクで水が溜めてあるところも多いでしょうから、タンクにある分の水は確保できるはずです。 妹はマンション暮らしですが、結構な時間水が出ていたそうです。 浴槽に溜めた水は口にすることはできませんが、上述の通り水洗トイレの水としても使えますし、手洗いや洗顔にも使えます。 当分は風呂やシャワーも使えませんから、体を拭いたり頭を洗うことだってできます。 避難所となった近所の小学校の体育館では、歯磨きで口をすすいだ水をバケツに溜めて、その水をトイレを流すのに使っていました。 それくらい水は大事なんです。 大地震が起こったら、風呂の浴槽一杯に水を溜めましょう。 必ず役に立ちます。

次の

台風19号が来るまでに、備えておきたい大切なこと 8つのポイントに分けて解説します: J

台風 お 風呂 の 水

「防災のためにお風呂に水を貯めておく」ことが論争の火種に?(写真はイメージです) 防災の中でも、争いの火種となっている一つに「風呂に水をためる」問題があります。 万一に備え、風呂に水をためるのが正しい判断なのでしょうか。 そこで今回はこの問題について、アウトドア流防災ガイド・あんどうりす氏が解説します。 防災というのは、常々、多様な背景を持つ方をつなげる力があるのだなと感動することしきりなのですが、こと「お風呂に水をためるべきか」という問題については、逆に、争いの火種になっているという現状を目にします。 読者のみなさまはこの問題にお気づきですか?今週はこれを検証します。 1月17日が近づくと、阪神・淡路大震災の時の体験談でもあった「お風呂に水をためておきましょう」という情報が、いつもより多く流れてくるように感じます。 しかし、田舎に帰省した際、親に「お風呂に水をためろと言われて本当に困った」という意見が多く出てくるのが、この時期でもあるのです。 特に、子育て世代から若い世代にかけて、このような「困った」という声を訴える方が多いです。 では、なぜお風呂に水をためたくないと思っているのでしょうか? まず、お風呂の水をためたほうがいいよという理由が、いまだに災害直後にトイレの水を流すために必要ということであれば、これは世代を問わず止めて欲しいと思います。 詳しくはこちら。 risktaisaku. 配管確認後のトイレの生活用水に使う場合、2Lペットボトル100本だなんてそうそう備蓄できませんから、お風呂に水をためる最大の利点は、その容量にあるといえます。

次の

台風接近の数日前からやっておくべき対策「被災地などでは避難準備を」(中澤幸介)

台風 お 風呂 の 水

11 東日本大震災では、電気、ガス、水道が止まりました。 マンション一階にある貯水タンクも、ポンプが使えず当然栓をひねっても水は出ません。 貯水タンクに非常用の蛇口をつけていただき、たまっている分を飲み水として住民で大事に使いました。 しかし、電気が復旧しエレベーターの点検が終わるまでは、階段での上り下りです。 自衛隊も被害を受けていて、すぐには給水がありませんでした。 トイレを流す水、手を洗うのには残り湯はなくてはならないものでした。 お子さんが小さいうちはためておくのは心配でしょうが、絶対にためておくことをお勧めします。 ユーザーID: 1065840673• 話題ランキング• 必ず貯めています お風呂のお湯をそのままにしていたら、湿度と温度が上がって、あっという間にかびだらけになります。 うちはマンションなのでお湯をためるだけですから、沸かし直すこともできませんし。 災害時にそれをどう使うか... トイレを流すためじゃないですか? 大きな災害があったとき、トイレを流してはいけません。 上水が止まるということは、下水も通常通りには流れないと言うことです。 どこか下流で下水管が破損していれば、アナタの流した汚物はそこからあふれ出します。 さらに下流の汚水処理施設が、大災害の後も通常とおりに稼働すると思いますか? 動いても処理能力ははるかに落ちている可能性があります。 処理しきれない汚物はどうなるか............ あふれ出すんですよ。 これは東北で、現実に起こったことです。 汚水処理施設の近所に住む知人は、雨が降ると家の前に汚物が漂っている状況で 何ヶ月も過ごす羽目になりました。 水をためるのはいいけれど、それでトイレを流してはいけません。 入浴後のお湯ではすでに汚れているので、食器を洗うことも出来ませんね。 では一体なんの役に立つのか、考えてみて欲しいと思います。 ユーザーID: 0221868248• 貯めてあります 昔の、木造住宅とか長屋など一旦火がでたらまわりが早いなどの事情で風呂には水を貯めておいた方がいいと言われているのではないでしょうか。 メリットとデメリットを考えると、水は早く抜いた方が絶対にいいです。 湯気で家が早く腐ります。 脱衣所の天井、床が湯気と湿気でじわじわとやられます。 浴室だって、ちょっとの隙間から湿気は床下などにもぐります。 また、細菌は爆発的に増えます。 それは恐ろしい数になります。 抵抗力が落ちた時、赤ちゃん、年寄りなどは注意が必要です。 うちは入浴後、服を着たらすぐに風呂掃除して窓全開の上換気扇を一晩中まわします。 こうすることでカビも生えませんし、清潔は保てます。 火事なんて普通一生起きません。 もし発生しても、風呂の水を汲みに走りますか? 丁度火元が風呂のそばにあればいいですが。 油火災は水かけは厳禁ですよ。 消火器があれば十分です。 また、ため水は溺死の原因にもなります。 事故は思わぬことで起きます。 地震に備えるなら、消火器を揃える、耐震工事をする方がいいと思います。 ユーザーID: 1022724871• 貯めておきます 東北に住んでいます。 今まで大きな震災に2回あっています。 東日本大震災の時にはお風呂の残り湯さえ助かりました。 直後に母が食洗機の中の食器をすべて手洗いしてくれ、その間風呂にいっぱいの水をはりました。 残り湯プラスです。 間もなく水道も電気も切れて、まずトイレの水に使い始めました。 給水車に並び何度も水を運びました。 我が家は古くからこの地に住んでいるので、物置を探せば何かは出てきます。 大鍋がたくさんあり重宝しました。 夫は水の専門家です。 給水車の水の安全は3日間だと言われ、それを過ぎた水で頭を洗ったりしましたがそのすすぎ水までバケツに取り置きトイレに流しました。 ガスがプロパンで助かりました。 その日から土鍋でご飯を炊きました。 私は電気が付いた日が復興の日と思いましたが母は水が出た日だと言います。 寒くて暗くて重労働の日々でした。 目の前を川が流れてはいましたが、トイレのために川から水をくむ体力は残っていませんでした。 ただし開業医等のトイレ対策には消防が川の水を届けていました。 又あるのは嫌ですが、忘れられない苦労は風呂水さえ捨てられません。 ユーザーID: 5746474049• お風呂の後は掃除するので空です。 義理の両親が仙台に住んでおり、東日本大震災を経験しています。 その両親から強くお風呂の水は貯めておくように言われました。 幸い両親の住まいは津波や倒壊の危機を免れましたが、水道が復旧するまで 本当に大変だったそうです(今でも話を聞くと涙が出てきます)。 我が家は飲み水、お風呂の水以外に使用済みペットボトルに水を貯めた物も何本か保存しています(トイレや洗浄のために)。 下手したら水垢だらけの水でも生きるために必要になるかもしれませんよ。 災害は突然やってきます。 正直水垢と比べるなんて平和呆けしていますね。 きれいな水があって当然と思っているんですね。 後はご自分の判断で。 ユーザーID: 0208050220• 捨てていますよ 私の住んでいる地域は、阪神淡路も東日本大震災もほとんど被害が無かったです。 私は40代後半ですが、今まで大きな自然災害に遭った事がないので、他の方より意識が低いかもしれません。 お風呂の水は翌朝、洗濯に使ってから捨てます。 我が家はオール電化なので、電気温水器を使っています。 いざという時は、温水器のお湯を使えばいいかと思っています。 (断水したら蛇口からは出せないので、結構面倒な作業をしなければいけませんが) 飲料水としては使用できないので、それは家にあるペットボトルのお茶や水で数日はしのげないかなと思っています。 私はオール電化なので、断水よりも停電の方が心配です。 最新式の住宅でソーラーパネル付きで蓄電出来る家なら安心出来るのかな〜。 ユーザーID: 6706325472• トピとレスを読んで たしかに抜いちゃった方が水垢…というか水カビは付き難いでしょうけど、掃除すればいいもんね。 それより地震経験者としてはリスクに備えておきたいです。 揺れたら栓が抜けるかもしれない…というのも抜けないかもしれないですよね? それは事が起きてみないとわかりません。 あと家が痛むという件ですが、風呂の蓋をした後、浴室は冷水で冷やして拭き取り換気すれば、浴室と脱衣所以外はそんなに湿度上がらないですよ。 私はカビの臭いに敏感なので各部屋湿度計をおき、家の設計時に全室空気が循環するようにしてもらいましたが、脱衣所以外の部屋に湿度が高いところは無いです。 うちは戸建だけど、今時のマンションの換気設備なら同じくらいなんじゃないかな? ただ、これに関してはいつかは起こるかもしれないリスクより、日々のお手入れに重きをおくか否かは人それぞれなんで、どっちがいいとか結論は出ないんじゃないかな? 私はああいう思いをするなら無駄になろうが、なるべく色々な備えをしておきたい派なだけです。 ユーザーID: 3044469151• 浴槽に貯水機能はありません.

次の