津田沼高校 倍率。 津田沼高校(千葉県)の情報|進研ゼミ 高校入試情報サイト

津田沼高校(千葉県)の偏差値や入試倍率情報

津田沼高校 倍率

前期選抜 入学願書等提出期間:2020年2月3日(月)、2月4日(火) 学力検査等の期日:2020年2月12日(水)、2月13日(木) 選抜結果の発表:2020年2月19日(水) 入学確約書提出期間:2020年2月19日(水)、2月20日(木) 入学許可候補者発表の期日:2020年3月6日(金) 前期の選抜枠は普通科および(普通科を改編した)総合学科は、募集定員の30~60%で、ほとんどが60%。 1日目は1教科50分・5教科の学力検査、2日目は各高校・学科が、面接、集団討論、自己表現、作文、小論文、適性検査などから1つ以上の検査を選択し実施。 選抜は「学力検査の成績」「各高校が実施した検査の結果」「内申書」などの資料をすべて得点化し、(原則として)それらの総得点で判定される。 後期選抜 入学願書等提出日:2020年2月25日(火) 志願または希望の変更受付期間:2020年2月26日(水)、2月27日(木) 学力検査等の期日:2020年3月2日(月) 入学許可候補者発表の期日:2020年3月6日(金) 後期の選抜枠は、募集定員から前期選抜などの合格者を除いた人数。 専門学科などでは後期選抜を実施しないケースもある。 1教科40分・5教科の学力検査が行われる。 また、各高校が必要に応じて面接などを実施する。 合否判定は2段階で行われる。 K値は高校・学科ごとに設定され、多くが「1」。 詳しくは、千葉県のWebサイトでご確認ください。 高校入試情報サイトには千葉県の高校入試情報、先輩体験談が満載!.

次の

後期に津田沼高校受けましたが、自己採点380点で受かるでしょう...

津田沼高校 倍率

第3学区の柏の葉高校は、また高倍率っぽいですね。 2020年が高倍率だったらこれで3年連続です。 偏差値ランクをそろそろ変えていかないとダメかもしれないですね。 あまり受からないんですね。 そういうわけで、柏中央の志望校ダウン受験では、柏の葉は選択しづらくなり、結果的に我孫子高校や流山おおたかの森へ流れていきます。 もちろん柏の葉からも後期は、我孫子高校や流山おおたかの森に流れていきます。 つまりこれら2校の難易度が近づいてくるにつれて、 後期入試では 我孫子高校や 流山おおたかの森高校あたりが玉突き的に 後期入試は難易度上がってしまいそうだと思いました(本来であれば後期入試の方が簡単になるはずなのに)。 今後一本化されるときには、現在の後期での受験生の動きが影響してくると思うんですね。 一本化した場合、 願書提出後に倍率が示され(これが現在の前期選抜にあたります) その後、志願変更が行われる(これが現在の後期選抜にあたります) のですから、現在の後期入試での人の動きを分析しておくと、一本化した場合の人の動きを事前に予測しておけると思うんです。 ちょっと調べてみようと思います。 【関連記事】 レポート レポート.

次の

津田沼高校に合格出来るでしょうか?

津田沼高校 倍率

大前提:受験の超安定志向化 震災の翌年も そうでした。 まず、社会情勢に大きな不安のある出来事が起きた場合、 安定を選ぶ家庭が増えます。 さらに、 今年は「千葉県公立入試改革」も重なっているんです。 中3生も、 「先生!今年からは試験が1回きりなんだよ!」といっていました。 取る人数はかわらないんですが、みんなそれを ネガティブに考えるんですよね。 よって、 多くの生徒が志望校のレベルを下げます。 特に、女子にはその傾向が強いですね。 結果的に、倍率だけでなく受験生のレベル自体も上がりやすいといえるでしょう。 また、都心はコロナリスクがあるため、郊外へも受験者は分散するでしょう。 実際の動きの予想 倍率はそもそも前期後期制から1回制になるので比較のしようがないのですが・・・ 前提を踏まえて、私の予想は・・・ 志望者が増える ・偏差値45~55あたりの「ちょうどいい」高校 ・前回倍率の低かった高校 ・もともと倍率が安定している郊外の高校 志望者が減る ・ガチガチのトップ校 ・倍率が元々高い人気校 ・ターミナル駅の近くにある高校 ・募集人員の少ない高校(40人程度の) 具体的な名前を挙げてみる 国府台高校 昨年は、前1. 9倍 国付駅から近く、複数の学校に囲まれた立地は、閑静で勉強には最適。 オンボロ校舎のため人気が下がり気味ですが・・・ 自転車通学率が多めなことを考えると 志望者は増えそうです。 最上位クラスから降りてきて、手ごろな上位校として狙い目ですからね。 国分高校 昨年は、前2. 0倍 行ったらわかりますがまわりには何もない。 最寄りの秋山駅はそこそこ栄えていますが、 そこから徒歩で15分、周りはコンビニすらありません。 その分自転車通学が主流なので、今は逆に通わせやすいですね。 志望者は同じ程度と予想。 市川東 昨年は、前2. 武蔵野線上にあるとはいえ、やや郊外という感じ。 志望者は割と減りそう。 ただ国府や国分から降りて来る生徒がいて、 受験レベルはやや上がりそう。 津田沼 前回前期3. 去年制服が変わって超人気が出ました。 位置的にも昨年倍率的にも、 かなり志望者は減るでしょう。 船橋芝山 昨年は、前2. 郊外にありますが 現状維持だと思います。 船橋啓明 昨年前1. 8倍 5科目オール3受験生の手頃な学校として見られそうですね。 志望者は増えると思います。 市立船橋 昨年前1. ターミナル近郊、人気校ですので、 おそらく今年は 志望者が減るでしょう。 「確実」を求めるなら例年以上に鍛えるべき 結局のところ、 例年の偏差値+5を安定してとっていれば落ちることはまず無いですからね。 目標を決めて、ひったすらに鍛えて今年の困難に立ち向かうしか有りません。 ただ、今年はチャレンジが成功しやすい傾向はあると言っていいでしょう。 どうしても行きたい学校があるなら、いつもよりはチャンスのある年だと思いますよ。

次の