千葉 県 台風 15 号。 台風15号、壊れたままの被災住宅 千葉南部、業者不足:朝日新聞デジタル

千葉県台風15号被害 経験して分かった準備するべき物

千葉 県 台風 15 号

今後は、一日も早い被災者の生活再建および産業の再生を実現するため取り組んでまいります。 復旧・復興本部会議開催状況 第1回(令和元年10月21日開催)• 第2回(令和元年11月13日開催)• 第3回 令和2年3月19日開催• 千葉県災害復旧・復興に関する指針 指針の策定について 令和元年11月 県では、11月13日に「第19回千葉県災害対策本部会議」及び「第2回令和元年台風15・19号及び10月25日の大雨千葉県災害復旧・復興本部」合同会議を開催し、「千葉県災害復旧・復興に関する指針」を策定しました。 この指針に基づいて災害からの復旧・復興の取組を総合的かつ計画的に推進するとともに、市町村による取組を支援し、被災した住民の方が少しでも早く元の生活に戻り、安心して暮らしていただけるよう、地域に寄り添いながら、国や関係機関と連携し、オール千葉で取り組んでまいります。 指針の改訂について 令和2年3月 3月19日に「第3回令和元年房総半島台風・東日本台風及び10月25日の大雨千葉県災害復旧・復興本部会議」を開催し、「千葉県災害復旧・復興に関する指針」を改訂しました。 指針に掲げる各取組の令和元年度実績について 令和2年5月 昨年11月に策定した「千葉県災害復旧・復興に関する指針(令和元年房総半島台風・東日本台風及び10月25日の大雨)」に掲げた各取組について、令和元年度の実績等を取りまとめ、追記しました。 国への要望について 令和元年11月 県では、「千葉県災害復旧・復興に関する指針」に基づき、被災した住民の方が少しでも早く元の生活に戻り、安心して暮らしていただけるよう、復旧・復興に全力で取り組んでいるところです。 こうした中、本格的な復旧・復興の実現のためには、国による様々な支援が不可欠であることから、「令和元年台風15号・19号及び10月25日の大雨による災害からの復旧・復興に関する要望書」を令和元年11月21日に内閣府へ提出しました。

次の

令和元年台風第19号で被災された皆様の医療機関等での窓口での支払いは不要です

千葉 県 台風 15 号

西日本豪雨でのダム管理者批判は間違いだった 昨年の西日本豪雨で愛媛県の大洲市や西予市野村町では肱川が氾濫して甚大な被害が出ましたが、これについて上流の野村ダムと鹿野川ダムの緊急放流が原因だとしてダム管理者が批判されるということがありました。 被災地から声を上げることは大事ですが、こういう批判は無意味です。 緊急放流は緊縮財政が招いた災害 そもそも緊急放流に至った原因は下流の堤防が十分に整備されていないためにダムの本来の放流能力をフルに発揮できなかったことや、ダム堤体の上部にしか放流口がないために事前放流に限界があったことなどです。 この事実を無視してダム管理者を批判したところで同じような規模の豪雨にまたなれば同じ対応をせざるを得ないことは変わらないでしょう。 これを解決するには、堤防の強化やダムの改良を進めるための積極財政を政府に対して求める声を被災地から上げるべきなのです。 千葉の台風災害でも似たようなことがあった 先月の台風15号災害でもこれと似たようなことがいくつかありました。 行政や電力会社の対応への批判や、市原市のゴルフ練習場の鉄柱倒壊の件でのオーナーへのバッシングなどです。 行政や電力会社の対応に改善の余地が全くないとまではいえませんが、国が電力自由化で電力会社を競争にさらし非常時対応へのコストをかけにくい状態にし、そのうえ無電柱化などの事前対策への財政支援も不十分、地方への国庫からの交付金をケチり自治体職員の不足を放置などの緊縮財政下では対応能力向上にも限界があります。 鉄柱の倒壊に関しても、練習場側の日ごろのメンテナンスに不備はあったかもしれませんが、消費税増税などによるデフレの長期化による経営悪化がメンテナンスに影響したり、政府の公共事業費削減で撤去作業ができるような業者が減ったこと、予算の問題で自治体が積極的な対応をできなかったことなど緊縮財政も被害発生とその長期化の一因ではないでしょうか。 緊縮財政という最大の問題を無視して行政や電力会社を感情的に批判しても何も解決しません。 一方、積極財政を求める世論の声が大きくなれば被災地の多くの問題を解決できるのです。 日本の「国の借金」は全く問題ない 「日本には多額の国の借金があるので積極財政はダメだ」と、思っている方も少なくないと思いますが、日本など自国通貨建ての国債のみを発行している政府に財政破綻のリスクは皆無で、インフレ率の許容範囲内なら政府支出拡大に制約はないという事実は、米国発の「現代貨幣理論 MMT 」によって証明されています。 積極財政は多くの被災者を救える 千葉では1万棟以上の被災家屋のほとんどが現行制度では国の財政支援の対象外となってしまう一部損壊で、今回は国もようやく重い腰をあげ特例で財政支援を行うようですが、それも微々たるものでしかありません。 しかし、MMTの考え方を政府の財政政策に導入すれば、全壊、半壊、一部損壊などの損傷度合いに関係なく再建費用の全額か最低でも9割を国費負担としたり、無電柱化や住宅耐震化への財政支援拡充などの平時の防災投資により建設業の供給力を高め、災害時の迅速なインフラ復旧や住宅再建を実現するぐらいは可能です。 また、激甚災害に指定されるか否かに関係なく、地方自治体の災害対応にかかった費用を全額国費負担することとすれば自治体は予算の心配をせずに積極的な対応をできるようになるでしょう。 西日本豪雨の反省を踏まえ、地元国会議員に積極財政について意見を伝えるなど、復興のために反緊縮の声を上げることを提案させていただきたいと思います。 本稿が千葉の復興に少しでもお役に立てれば幸いです。

次の

千葉県の補助金情報、台風15・19号および大雨被害を受けた方へ

千葉 県 台風 15 号

現在、情報はありません。 令和元年台風15号等災害対応検証会議の概要 設置年月日 令和元年11月20日 設置根拠 業務内容 令和元年に発生した台風15号、19号及び21号に伴う大雨による千葉県内の災害に係る県の対応について検証し、その経験や教訓を千葉県地域防災計画等に反映することによって、今後の防災、減災等の対策に資する。 本検証会議は、地方自治法第138条の4第3項に規定する附属機関の性質を有しない。 委員名簿 吉井博明(よしいひろあき)東京経済大学名誉教授(座長) 重川希志依(しげかわきしえ)常葉大学教授(座長職務代理) 大澤克之助(おおさわかつのすけ)株式会社千葉日報社代表取締役社長 関谷直也(せきやなおや)東京大学准教授 坪木和久(つぼきかずひさ)名古屋大学教授 紅谷昇平(べにやしょうへい)兵庫県立大学准教授 山根康夫(やまねやすお)千葉県市長会事務局長・千葉県町村会常務理事 会議開催結果 会議は原則公開で開催されます。 令和元年度• 1 検証の進め方について• 2 台風15号等への対応に関する検証について• 1 台風15号等への対応に関する検証について• 2 市町村アンケートについて• 1 台風15号等への対応に関する検証について• 2 市町村アンケートについて• 1 台風15号等への対応に関する検証について 事務局担当課 総務部行政改革推進課特別監察室電話:043-223-4455.

次の