鬼 滅 の 刃 オメガ バース。 鬼滅の刃について。

「鬼滅の刃」、描き下ろし梅雨イラストをデザインしたオリジナルグッズが登場!

鬼 滅 の 刃 オメガ バース

鬼滅の刃について。 鬼殺隊達よりも、鬼に共感する人いませんか? 私は、鬼滅の刃を読んでいて、鬼のエピソードを読むといつも、どの鬼もかわいそうだと思います。 そして、そりゃあ鬼になるよなと思います。 確かに鬼のしていることは、無実の人を傷つけたり殺したり許されることではありません。 でも、鬼の一生は人間の頃からずっと救われないなぁと思います。 あんまりだと感じます。 反対に、炭治郎は恵まれていると思います。 そもそも、炭治郎には家族愛が存在します。 しかし鬼にはそれがもともと存在しません。 手に入れようとしても自分だけの力ではどうしようもできないのが家族愛です。 これでは、鬼は鬼になる運命が決まっていたように感じます。 鬼を救う方、または鬼になる前に彼らを救う方法はなかったんでしょうか。 私は、家族愛をあまり感じず20代半ばまで生きてきたので、鬼滅の刃を読んでると鬼に感情移入して、寂しく虚しい気持ちになることがあります。 なんでも思うことコメント下さい。 鼓鬼の話は山月記の李徴を思わせる展開でしたが、あれは家族愛ではなく自己嫌悪と嫉妬が原因でしょう。 半天狗は人間のころからダメダメですし、童磨は人間のころからサイコパスだと思います。 黒死牟は頼壱より家族から愛されたように見えましたし、累の両親は累のことを愛してたと思います。 鬼殺隊員の中で、「両親の愛情をたっぷり受け、愛されて育った」という人物は少数派のように思います。 無一郎は幼少期に両親を亡くしてますし、伊黒さんは生け贄としての生、宇髄さんは道具としての生です。 母親の愛情を知っているだけマシかもしれませんが、不死川家はアル中のDV親父ですし、煉獄家の父親も酷いもんです。 親情報がないんで分かりませんが、悲鳴嶼さんは鬼殺隊に入る前に身よりなし、義勇さんは姉が唯一の家族です。 カナヲは育児放棄の末に売られてますし、善逸は捨て子、伊之助もほぼ捨て子です。 全うな親に愛情を持って育てられた「家族愛を知っているメンバー」なんて、胡蝶姉妹・甘露寺さん・竃門家くらいじゃないでしょうか。 少し道が違ったら、カナヲが堕姫だったかもしれないし、善逸が獪岳だったかもしれない…と思いながら読んでました。 人と鬼は紙一重だと思います。

次の

#4 宇髄αと雛鶴βと夢主♂Ωのオメガバース小ネタ

鬼 滅 の 刃 オメガ バース

鬼滅の刃について。 鬼殺隊達よりも、鬼に共感する人いませんか? 私は、鬼滅の刃を読んでいて、鬼のエピソードを読むといつも、どの鬼もかわいそうだと思います。 そして、そりゃあ鬼になるよなと思います。 確かに鬼のしていることは、無実の人を傷つけたり殺したり許されることではありません。 でも、鬼の一生は人間の頃からずっと救われないなぁと思います。 あんまりだと感じます。 反対に、炭治郎は恵まれていると思います。 そもそも、炭治郎には家族愛が存在します。 しかし鬼にはそれがもともと存在しません。 手に入れようとしても自分だけの力ではどうしようもできないのが家族愛です。 これでは、鬼は鬼になる運命が決まっていたように感じます。 鬼を救う方、または鬼になる前に彼らを救う方法はなかったんでしょうか。 私は、家族愛をあまり感じず20代半ばまで生きてきたので、鬼滅の刃を読んでると鬼に感情移入して、寂しく虚しい気持ちになることがあります。 なんでも思うことコメント下さい。 鼓鬼の話は山月記の李徴を思わせる展開でしたが、あれは家族愛ではなく自己嫌悪と嫉妬が原因でしょう。 半天狗は人間のころからダメダメですし、童磨は人間のころからサイコパスだと思います。 黒死牟は頼壱より家族から愛されたように見えましたし、累の両親は累のことを愛してたと思います。 鬼殺隊員の中で、「両親の愛情をたっぷり受け、愛されて育った」という人物は少数派のように思います。 無一郎は幼少期に両親を亡くしてますし、伊黒さんは生け贄としての生、宇髄さんは道具としての生です。 母親の愛情を知っているだけマシかもしれませんが、不死川家はアル中のDV親父ですし、煉獄家の父親も酷いもんです。 親情報がないんで分かりませんが、悲鳴嶼さんは鬼殺隊に入る前に身よりなし、義勇さんは姉が唯一の家族です。 カナヲは育児放棄の末に売られてますし、善逸は捨て子、伊之助もほぼ捨て子です。 全うな親に愛情を持って育てられた「家族愛を知っているメンバー」なんて、胡蝶姉妹・甘露寺さん・竃門家くらいじゃないでしょうか。 少し道が違ったら、カナヲが堕姫だったかもしれないし、善逸が獪岳だったかもしれない…と思いながら読んでました。 人と鬼は紙一重だと思います。

次の

TVアニメ『鬼滅の刃』二大ゲーム化プロジェクトのプロモーション映像&ゲーム画面が公開!【ビーズログ.com】

鬼 滅 の 刃 オメガ バース

鬼滅の刃について。 鬼殺隊達よりも、鬼に共感する人いませんか? 私は、鬼滅の刃を読んでいて、鬼のエピソードを読むといつも、どの鬼もかわいそうだと思います。 そして、そりゃあ鬼になるよなと思います。 確かに鬼のしていることは、無実の人を傷つけたり殺したり許されることではありません。 でも、鬼の一生は人間の頃からずっと救われないなぁと思います。 あんまりだと感じます。 反対に、炭治郎は恵まれていると思います。 そもそも、炭治郎には家族愛が存在します。 しかし鬼にはそれがもともと存在しません。 手に入れようとしても自分だけの力ではどうしようもできないのが家族愛です。 これでは、鬼は鬼になる運命が決まっていたように感じます。 鬼を救う方、または鬼になる前に彼らを救う方法はなかったんでしょうか。 私は、家族愛をあまり感じず20代半ばまで生きてきたので、鬼滅の刃を読んでると鬼に感情移入して、寂しく虚しい気持ちになることがあります。 なんでも思うことコメント下さい。 鼓鬼の話は山月記の李徴を思わせる展開でしたが、あれは家族愛ではなく自己嫌悪と嫉妬が原因でしょう。 半天狗は人間のころからダメダメですし、童磨は人間のころからサイコパスだと思います。 黒死牟は頼壱より家族から愛されたように見えましたし、累の両親は累のことを愛してたと思います。 鬼殺隊員の中で、「両親の愛情をたっぷり受け、愛されて育った」という人物は少数派のように思います。 無一郎は幼少期に両親を亡くしてますし、伊黒さんは生け贄としての生、宇髄さんは道具としての生です。 母親の愛情を知っているだけマシかもしれませんが、不死川家はアル中のDV親父ですし、煉獄家の父親も酷いもんです。 親情報がないんで分かりませんが、悲鳴嶼さんは鬼殺隊に入る前に身よりなし、義勇さんは姉が唯一の家族です。 カナヲは育児放棄の末に売られてますし、善逸は捨て子、伊之助もほぼ捨て子です。 全うな親に愛情を持って育てられた「家族愛を知っているメンバー」なんて、胡蝶姉妹・甘露寺さん・竃門家くらいじゃないでしょうか。 少し道が違ったら、カナヲが堕姫だったかもしれないし、善逸が獪岳だったかもしれない…と思いながら読んでました。 人と鬼は紙一重だと思います。

次の